Tableau Server プロセス

このトピックでは、プロセス構成の設定オプションについて説明します。Tableau Server プロセスを構成するには、各ノードでどのプロセスのインスタンスをいくつ実行するべきかを指定する必要があります。これには、tsm topology set-process コマンドを使用します。詳細については、ノードのプロセス数を変更するを参照してください。

下記の表で明示的に示す場合を除き、プロセスに変更を適用すると、変更の適用時に Tableau Server が実行中の場合は、それを停止します。変更の適用後、Tableau Server はプロセス構成前の状態に戻るため、適用時にサーバーが実行されていた場合は、再起動されます。

重要:使用するプロセス トポロジは組織のニーズによって異なります。

ライセンス プロセス

Tableau Server の一部としてインストールされた一部のプロセスは "ライセンス" プロセスです。ライセンス プロセスを実行するには、有効な Tableau Server ライセンスが必要です。Tableau Server の一部としてインストールされている他のプロセスは、有効なライセンスと結び付けられません。これにより、次のような影響があります。

  • ライセンス プロセスはすべて、定期的に最初の Tableau Server コンピューター上で実行する Tableau Server ライセンス マネージャー サービスに定期的に接続する必要があります。有効なライセンスがあることを確認できない場合や、最初のノードが利用できない場合、プロセスは実行されず、Tableau Server は適切に機能しない、または安定して機能しない場合があります。

  • コア ベースの Tableau Server ライセンスを持っている場合、ライセンス プロセスを使用するノード上のコアは、ライセンスを持つコアの合計数に対してカウントされます。

    注: Data Management アドオンとコアベースのライセンスを持っている場合は、各ライセンスに含まれるライセンスを持つコアの合計数に対してライセンス プロセスがカウントされる方法を理解する必要があります。詳細については、「Tableau Server で使用する Tableau Prep Conductor のライセンス発行」を参照してください。

以下の表の "ライセンス" 列は、有効なライセンス プロセスと、コアベースのライセンスのコア数に影響を与えるプロセスを特定します。

Tableau Server プロセス これらのプロセスは、Tableau Server の実行時にステータスが running になり、Tableau Server の停止時に stopped になります。
tsm status -v に表示される名前 tsm topology set-process で使用される名前 目的 ライセンス
アプリケーション サーバー vizportal アプリケーション サーバー (VizPortal) は、Web アプリケーションおよび REST API 呼び出しを処理し、参照と検索をサポートします。 アプリケーション サーバーがインストールされている場合は、データ エンジンもインストールされます (ノードにデータ エンジンのインスタンスが含まれていない場合)。 はい
「データに聞く」 (Ask Data) 機能 手動で構成することはできません。 「データに聞く」 (Ask Data) サービスは、「データに聞く」 (Ask Data) 機能により使用されます。 Data Server が実行中のすべてのノードで自動的に実行されます。 いいえ
バックグラウンダー backgrounder バックグラウンダーでは、抽出の更新、サブスクリプション、「今すぐ実行」タスク、tabcmd から開始したタスクなどのサーバー タスクを実行します。

バックグラウンダーがインストールされている場合は、データ エンジンもインストールされます (ノードにデータ エンジンのインスタンスが含まれていない場合)。

バックグラウンダーは単一スレッドのプロセスです。ノードにバックグラウンダーのインスタンスをさらに追加し、ジョブを並行で実行するためにノードの容量を拡張することができます。

たいていの場合、サーバーを停止、再起動せずに実行中のサーバーの既存のノードでバックグラウンダー インスタンスの数を変更できます。これまでバックグラウンダーがなかった既存のノードにバックグラウンダーを追加する場合や、データ エンジンもインストールするその他のプロセスにバックグラウンダーを追加する場合は例外です。詳細については、Tableau Server の動的トポロジの変更を参照してください。

はい
キャッシュ サーバー cacheserver キャッシュ サーバーは、サーバー クラスタ全体で分散および共有されるクエリ キャッシュです。このインメモリ キャッシュは、さまざまなシナリオにわたってユーザー エクスペリエンスを高速化します。VizQL Server、バックグラウンダー、データ サーバー (アプリケーション サーバーも限定的に含む) は、ユーザーまたはジョブの代わりにキャッシュ サーバーへキャッシュ要求を行います。キャッシュはシングル スレッドのため、より優れたパフォーマンスが必要な場合は、キャッシュ サーバーの追加インスタンスを実行する必要があります。 いいえ
クラスタ コントローラ clustercontroller クラスタ コントローラは、さまざまなコンポーネントの監視、障害検出、および必要に応じてフェールオーバーの実行を担当します。 各ノードに必要です。自動でインストールされることはありません。 いいえ
データ エンジン 手動で構成することはできません。 データ エンジンで、データ抽出を作成し、クエリを処理します。 ファイル ストア、VizQL Server、アプリケーション サーバー (VizPortal)、データ サーバー、またはバックグラウンダーをインストールする場合は、自動でインストールされます。 はい
データ サーバー dataserver データ サーバーは、Tableau Server のデータ ソースへの接続を管理します。 データ サーバーがインストールされている場合は、データ エンジンもインストールされます (ノードにデータ エンジンのインスタンスが含まれていない場合)。 はい
Elastic Server elasticserver Elastic Server は「データに聞く」 (Ask Data) により、インデックスの作成およびデータのキャッシュに使用されます。 Elastic Server プロセスは、クラスタ内の複数のノードで実行できます。任意のノードに移動することもできます。実行される Elastic Server プロセスの数は奇数にすることをお勧めします。

Elastic Server のヒープ サイズは、elasticserver.vmopts TSM 構成オプションを使用して構成できます。詳細については、tsm configuration set のオプションを参照してください。

いいえ
ファイル ストア filestore ファイル ストアは、データ エンジン ノード全体で抽出を自動的にレプリケートします。 ファイル ストアがインストールされている場合は、データ エンジンもインストールされます (ノードにデータ エンジンのインスタンスが含まれていない場合)。 いいえ
ゲートウェイ gateway ゲートウェイは、ブラウザー、Tableau Desktop、およびその他のクライアントから Tableau Server へのすべての要求を処理する Web サーバーです。 VizQL Server または Vizportal のインスタンスがあるノードで必要です。 いいえ
リポジトリ pgsql PostgreSQL リポジトリは、Tableau Server 用のメイン データベースです。ワークブックとユーザーのメタデータを保存します。 1 つのクラスタに追加できるリポジトリ インスタンスは最大 2 つに制限されます。また、2 つ目のリポジトリ インスタンスを追加するには、少なくとも 3 つのノードがクラスタになければなりません。

 

いいえ
SAML サービス 手動で構成することはできません。 SAML サービスは Tableau Server と SAML アイデンティティ プロバイダー (IdP) 間のプロキシとして機能します。 Tableau Server をインストールした各ノードに自動的にインストールされています。

サイトの SAML が有効でない限り、stopped 状態で tsm status -v 出力にリストされます。

SAML サービスは手動で構成できません。

いいえ
検索と参照 searchserver 検索サービスは、サーバー上のコンテンツ メタデータの高速検索、フィルター、取得、および表示を処理します。   いいえ
Tableau Prep Conductor flowprocessor

Tableau Prep Conductor はフローの実行、接続の認証資格情報の確認、フローが失敗した場合のアラート送信を行います。

これは Tableau Server のスケジュールおよび追跡機能を活用し、フロー実行の自動化によりフロー出力を更新できるようにします。

これを Tableau Server で有効にするには Data Management アドオンが必要です。既定では、バックグラウンダーが有効になっているノードで自動的に有効になります。

ノードの役割がフローを除外するように設定されている場合、Tableau Prep Conductor はそのノードにはインストールされません。詳細については、ノード ロールによるワークロード管理を参照してください。

はい
VizQL Server vizqlserver VizQL Server は、ビューを読み込んでレンダリングし、クエリを計算して実行します。 VizQL Server がインストールされている場合は、データ エンジンもインストールされます (ノードにデータ エンジンのインスタンスが含まれていない場合)。

たいていの場合、サーバーを停止、再起動せずに実行中のサーバーの既存のノードで VizQL インスタンスの数を変更できます。例外は、VizQL をこれまで VizQL が含まれていなかった既存のノードやデータ エンジンもインストールするその他のプロセスに追加する場合です。詳細については、Tableau Server の動的トポロジの変更を参照してください。

はい
Tableau マイクロサービス コンテナー プロセス このプロセスは、含まれるマイクロサービスのいずれかがノードに追加される際に自動的に追加されます。コンテナーのステータスは、コンテナー内のマイクロサービスのステータスによって決まります。すべてのマイクロサービスを実行中の場合、コンテナー プロセスのステータスは running です。すべてのマイクロサービスが停止している場合、コンテナー プロセスのステータスは error になります。1 つまたは複数のマイクロサービスが実行され、それ以外は実行されていない場合のコンテナ サービスのステータスは degraded です。詳細については、Tableau Server マイクロサービス コンテナーを参照してください。
インタラクティブなマイクロサービス コンテナー   Tableau Server 内部マイクロサービス向けのコンテナー プロセス。展開を容易にするため、またスケーラビリティ目的で一緒にバンドルされています。 これらのコンテナーとそれに含まれるマイクロサービスは手動で構成できません。マイクロサービスは時間の経過とともに変化する場合があります。 いいえ
インタラクティブでないマイクロサービス コンテナー   Tableau Server 内部マイクロサービス向けのコンテナー プロセス。展開を容易にするため、またスケーラビリティ目的で一緒にバンドルされています。 これらのコンテナーとそれに含まれるマイクロサービスは手動で構成できません。マイクロサービスは時間の経過とともに変化する場合があります。 いいえ
Tableau サービス マネージャー (TSM) プロセス これらのプロセスは、TSM の初期化が完了するとステータスが running になり、Tableau Server が停止されてもその実行状態を維持します。
管理エージェント 手動で構成することはできません。 TSM エージェントは、構成またはトポロジーへの変更がないか調整サービスを監視して、新しい構成を各サービス (構成) へ提供するか、新しいサービスを展開して古いものを削除します (トポロジー)。 Tableau Server をインストールした各ノードに自動的にインストールされています。

管理エージェントは手動で構成できません。

いいえ
管理コントローラ 別のノードに移動する以外は、管理コントローラを手動で構成することはできません。詳細については、初期ノードの障害からの回復を参照してください。 TSM コントローラは、TSM への要求を処理し、構成とトポロジの変更、およびサービス プロセス全体のワークフローを調整します。コントローラは REST API のエンドポイント (HTTPS) としても機能します。 TSM を最初のノードにインストールする際に、自動的にインストールされます。

別のノードに移動する以外は、管理コントローラを手動で構成することはできません。詳細については、初期ノードの障害からの回復を参照してください。

いいえ
クライアント ファイル サービス clientfileservice マルチノード クラスタ内のほとんどの共有ファイルは、クライアント ファイル サービス (CFS) によって管理されます。たとえば、認証関連の証明書、キー、ファイル (OpenID、相互 SSL、SAML、Kerberos)、カスタマイズ ファイルが CFS により管理されます。 自動的に最初のノードにインストールされます。他のインスタンスは、ユーザーが明示的に構成しない限りインストールされません。クライアント ファイル サービスの構成を参照してください。

マルチノード展開では、調整サービスを展開する各ノードで CFS のインスタンスを構成することを推奨します。調整サービスを再展開しても CFS に影響はありません。

CFS は [ステータス] ページや [構成] ページには表示されませんが、tsm status -v コマンドの出力では表示されます。

CFS のインスタンスを表示または設定するには、tsm topology コマンドを使用します。

いいえ
調整サービス tsm topology set-process では設定できません。 調整サービスは唯一の真実の参照元の役割を担います。 自動的に最初のノードにインストールされます。新しく調整サービス アンサンブルを明示的に展開しない限り、他のインスタンスはインストールされません。詳細は、調整サービス アンサンブルの展開を参照してください。 いいえ
サービス マネージャー 手動で構成することはできません。 サービス マネージャー 自動的にすべてのノードにインストールされます。

サービス マネージャーは手動で構成できません。

いいえ
ライセンス マネージャー 手動で構成することはできません。 ライセンス マネージャーはライセンシングを取り扱います。 最初のノードに TSM をインストールすると、自動的にインストールされます。

このインスタンスは、Tableau Server に 1 つだけインストールされます。ライセンス マネージャー プロセスは、最初のノードに障害が発生したときのみ手動で構成されるべきです。詳細については、初期ノードの障害からの回復を参照してください。

いいえ
Tableau Server メンテナンス プロセス これらのプロセスは、ジョブを完了するためにアクティブに実行されている場合を除き、ステータスが stopped になっています。
データベース メンテナンス 手動で構成することはできません。 データベース メンテナンス サービスは Tableau Server リポジトリの保守操作を実行します。 Tableau Server をインストールした各ノードに自動的にインストールされています。

データベース メンテナンスを積極的に実行中でない限り、stopped 状態で tsm status -v 出力にリストされます。メンテナンスにはリポジトリへのリモート アクセスを可能にするための更新およびリポジトリにアクセスするために使用されるパスワードの変更が含まれます。

データベース メンテナンス サービスは手動で構成できません。

いいえ
バックアップ/復元 手動で構成することはできません。 バックアップと復元サービスは Tableau Server リポジトリおよびファイル ストアに保管されているデータのバックアップおよび復元操作を実行します。 Tableau Server をインストールした各ノードに自動的にインストールされています。

バックアップまたは復元操作を実行中でない限り、stopped 状態で tsm status -v の出力にリストされます。

バックアップと復元サービスは手動で構成できません。

いいえ
サイトのインポート/エクスポート 手動で構成することはできません。 サイトのインポートとエクスポート サービスはサーバー クラスタ間で Tableau Server を移行します。 Tableau Server をインストールした各ノードに自動的にインストールされています。

インポートまたはエクスポートを実行中でない限り、stopped 状態で tsm status -v の出力にリストされます。

サイトのインポートとエクスポート サービスは手動で構成できません。

いいえ

プロセス ワークフロー

Tableau Server プロセスとその連携方法は、どのようなアクションやアクティビティが行われているかによって異なります。たとえば、使用されているプロセスや、それらのプロセスの連携方法は、ワークブックをパブリッシュする場合と SAML を使用してサインインする場合とで異なります。プロセス ワークフローの一部のインタラクティブ ビューについては、以下のワークブックを参照してください。特定のワークフローを選択し、初めから終わりまで順を追って従うことができます。

免責条項: このワークブックは Tableau Public でパブリッシュされており、Tableau ドキュメントにより保持されていません。最新バージョンの Tableau Server に対応する最新版であることは保証いたしかねます。

 

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください