Tableau Server コンテンツ探索サービス

Tableau Server コンテンツ探索サービスは、検索サービスと参照サービスの機能を拡張したものであり、Tableau Server のすべてのコンテンツのインデックス作成を行います。このサービスは Tableau Server 2021.1 以降で利用でき、データベースやテーブルなどの外部アセットを検索して参照するために必要です。データベースとテーブルは、Tableau Catalog を有効にしている場合にのみ使用できます。

コンテンツ探索サービスは、クイック検索とフィルター検索の両方に適用できます。コンテンツ探索サービスは SOLR に基づいていませんが、Elastic Search によって機能を実行します。

サーバー構成

コンテンツ探索サービスは、アプリケーション サーバー (vizportal) がインストールされている最初のノードに自動的にインストールされます。

マルチノード構成

高可用性とパフォーマンスの向上のために、アプリケーション サーバーを実行している各ノードに、少なくとも 1 つのコンテンツ探索サービスのインスタンスをインストールすることをお勧めします。

プロセス

Content Exploration Service

ステータス Content Exploration Serviceプロセスの状態はステータ スページに表示され、TSM CLI でアクセスして表示することもできます。詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。
ロギング Content Exploration Service プロセスが生成したログは C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\contentexploration にあります。詳細については、Tableau Server ログとログ ファイルの場所を参照してください。

 

管理コントローラー プロセスが失敗した場合の処理

コンテンツ探索サービスが動作を停止すると、そのコンテンツ タイプに対する検索要求は検索結果に表示されません。後続の要求は、正常なサービスのインスタンスにルーティングされます。ノードでコンテンツ探索サービスが起動しない場合は、次のコマンドを実行して手動でサービスを開始できます。

sc start contentexploration_0

パフォーマンスの調整

コンテンツ探索サービスには、ノードで使用可能なメモリに基づいて、必要に応じてスケールアップする機能があります。ただし、サービスで使用できるメモリの最大量を決定するメモリ割り当てがデフォルトで設定されています。メモリ割り当ての不足によるパフォーマンスの問題が発生する場合は、次のコマンドを実行して最大メモリ割り当ての設定を変更できます。ただし、通常、この設定を変更することはお勧めしません。

まず、次のコマンドを実行して、現在の最大メモリ割り当てを取得します。

tsm configuration get -k content-exploration.vmopts -Xmx509m -XX:+ExitOnOutOfMemoryError -Dspring.profiles.active=monolith

-Xmx 値のみを更新して最大メモリ割り当てを変更するには、次のコマンドを実行します。その他のオプションは変更しないでください。

tsm configuration set -k content-exploration.vmopts -Xmx1024m -XX:+ExitOnOutOfMemoryError -Dspring.profiles.active=monolith

tsm pending-changes apply

ログ ファイル

コンテンツ探索サービスにより以下の 2 つのセットのログ ファイルが作成されます。

  • control_contentexploration*.log: これらのログには、開始したり有効にしたりするサービスに関する情報が含まれます。
  • contentexploration_*.log: エラーや問題は、ここに記録されます。

詳細については、「Tableau Server のログとログ ファイルの場所」を参照してください。

検索精度

コンテンツ探索サービスは、いくつかの方法で検索可能なコンテンツを最新の状態に保ちます。

  • Tableau Server または Tableau Online が管理するコンテンツが変更されるたびに (パーミッションの変更も含みます)、コンテンツ探索サービスは、関連するドキュメントのインデックスを再作成して、検索インデックスを最新の状態に保ちます。
  • システムが生成した Backgrounder タスクで、すべてのコンテンツが適切に同期されていることを定期的に検証し、見つかった不一致を再インデックス化します。

インデックスの再作成

復元プロセスでは、Tableau Server が管理するコンテンツと外部アセットを完全に再インデックスする処理が開始されます。このプロセスは CPU リソースを消費し、バックアップと復元中にその消費が顕著になる可能性があります。

ありがとうございます!