Tableau Server メッセージング サービス

Tableau Server メッセージング サービスは、バージョン 2019.4 以降の Apache ActiveMQ を使用します。これは、マイクロサービスのセキュリティで保護された、スケーラブルで、パフォーマンスが高く、可用性の高いメッセージ指向の通信を可能にするパブリッシュ/サブスクライブプラットフォームです。メッセージング サービスは、Tableau Server のマイクロサービス間の通信をサポートするために使用されます。

サーバーはメッセージング サービスの単一のインスタンスを実行します。

プロセス メッセージング サービス
ステータス メッセージング サービスの状態は、 tsm status -v コマンドを使用して [状態] ページとコマンド ラインから表示されます。詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。
ロギング ゲートウェイ プロセスが生成したログは C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\activemqserver にあります。詳細については、Tableau Server ログとログ ファイルの場所を参照してください。

メッセージング サービスが正常に実行されていない場合の影響

メッセージング サービスが停止または開始に失敗した場合、結果は比較的軽度です。実際の影響は、メッセージング サービスのインスタンスが 1 つ、または 2 つあるかによって異なります。

メッセージング サービスの複数のインスタンス (マルチノード、バージョン 2020.1 以降)

バージョン 2020.1 以降のバージョンがあり、かつ Tableau Server のマルチノード インストールを使用していて、メッセージング サービスの 2 つのインスタンスをインストールできる場合は、構成されたメッセージング サービスのインスタンスを 2 つ持つことができます。この場合、いずれかのインスタンスに障害が発生した場合、もう一方のインスタンスはすべてのトラフィックを処理し、失敗したインスタンスを削除してインスタンスを再インストールできます。

メッセージング サービスの 1 つのインスタンス

Tableau Server のシングルノード インストールがある場合、またはバージョン 2019.4.x を実行している場合、メッセージング サービスのインスタンスは 1 つだけに制限されます。この場合、構成されているインスタンスでエラーが発生すると、Tableau Server は引き続き動作しますが、ステータスは 「低下」と表示され、コメントに記載されているユーザーはメンションの電子メール通知を受け取りません。データが失われることはありません。

メッセージング サービスが停止すると、自動的に再起動されます。コンピュータ自体が正常である限り、メッセージング サービスを再起動する必要があります。サービスを再起動できない場合は、無効にして、メッセージングが古いメカニズムを使用するようにすることができます。

失敗したメッセージング サービス インスタンスの無効化

自動的に再起動しないメッセージング サービスの単一のインスタンスがある場合は、次の手順を実行します。

  1. TSM CLI を使用してこれらのオプションを false に設定し、保留中の変更を適用することにより、サービスの使用を無効にします。

    tsm configuration set -k features.MessageBusEnabled -v false
    tsm configuration set -k features.ActiveMQ -v false
    tsm pending-changes apply
  2. Tableau Server を再起動します (保留中の変更を適用したときにサーバーを再起動しなかった場合)。

次の手順では、2019.4 より前のメッセージング メカニズムを使用するように Tableau Server を構成します。

マルチノード クラスター内のメッセージング サービス

マルチノード クラスターでメッセージング サービスを構成する方法は、実行している Tableau Server のバージョンによって異なります。いずれの場合も、メッセージング サービスのインスタンスを 1 つ実行する必要があります。

  • 2020.1 以降 - バージョン 2020.1 以降では、マルチノード環境でサービスの 2 つのインスタンスを実行できます。これにより冗長性が提供されるため、2 つのインスタンスを実行することをお勧めします。メッセージング サービスがまだ構成されていない任意のノードに、2 番目のインスタンスを追加できます。マルチノード クラスターでは、合計で 2 個を超えるインスタンスを追加することはできません。
  • 2019.4.x - バージョン 2019.4.x では、サービスの単一のインスタンスに制限されます。マルチノード インストールでは、そのインスタンスを任意の 1 つのノードで実行できます。
ありがとうございます!