ノード ロールによるワークロード管理

ノード ロールを使用すると、Tableau Server インストールで特定のタイプのワークロードが処理される場所を構成できます。ノード ロール機能を使用すると、リソースを特定のワークロード専用にしたり、ワークロードに合わせて拡張したりできます。バックグラウンダーとファイル ストアのノード ロールを構成できます。

バックグラウンダー ノード ロール

バックグラウンダー プロセスでは、抽出の更新、サブスクリプション、フロー タスク、「今すぐ実行」タスク、tabcmd から開始したタスクなどの Tableau Server タスクを実行します。これらのタスクをすべて実行すると、多くのマシン リソースが使用される可能性があります。クラスタ内に複数のバックグラウンダー ノードがある場合は、バックグラウンダー ノード ロール機能を使用してバックグラウンダーがノードで実行できるタスクのタイプを指定することにより、バックグラウンダー ワークロードを管理できます。

現在、この構成オプションは TSM CLI コマンド経由でのみ使用でき、マルチノード クラスタでのみ有用です。ノードが 1 つしかない場合、バックグラウンダーは既定ですべてのタスクを実行するように設定され、これは変更できません。

バックグラウンダー ノード ロールの使用

バックグラウンダー ノード ロール機能は、Tableau Server インストールで特定のタイプのバックグラウンダー ワークロードが処理される場所をより細かく制御して、リソースを特定のワークロード専用にしたりワークロードに合わせて拡張できるようにすることを意図しています。

たとえば、展開で抽出が大量に実行され、ユーザーが多くの抽出更新や暗号化ジョブを実行している場合は、あるノードを抽出更新専用にすると便利です。サブスクリプションの場合も同様で、Tableau Server インストールで大量のサブスクリプションが処理される場合、他のジョブがサブスクリプション用のリソースを取得しないようにするには、あるノードをサブスクリプション専用にすることができます。これらの場合は、他のバックグラウンダー ノードを抽出更新やサブスクリプション以外のワークロード専用にすることもできます。

高可用性をサポートするため、複数のノードをそれぞれ特定のワークロード専用にすることをお勧めします。たとえば、あるノードを抽出更新専用にする場合は、抽出更新ワークロードを処理する 2 番目のノードも構成するとよいでしょう。このようにすると、抽出更新専用のノードが使用できなくなった場合でも、抽出更新を他のノードで引き続き処理できます。

構成オプション

構成 ジョブ
all-jobs (既定値) すべての Tableau Server ジョブ。
flows フロー実行ジョブ。
no-flows フロー以外のすべてのジョブ。
extract-refreshes

次の処理用に作成されたジョブ。

増分更新、完全更新、フロー出力が作成する抽出を含むすべての抽出の暗号化と復号化。

subscriptions サブスクリプション ジョブ。
extract-refreshes-and-subscriptions 抽出更新、フロー出力が生成する抽出を含むすべての抽出の暗号化と復号化、およびサブスクリプション ジョブ。
no-extract-refreshes 抽出更新、フロー出力から作成された抽出を含むすべての抽出の暗号化と復号化以外のすべてのジョブ。
no-subscriptions サブスクリプション以外のすべてのジョブ。
no-extract-refreshes-and-subscriptions 抽出更新、フロー出力から作成された抽出を含むすべての抽出の暗号化と復号化、サブスクリプション以外のすべてのジョブ。

tsm コマンドを使用してノード ロールを設定する方法の詳細については、tsm topologyを参照してください。

注: ノードの役割を構成するには、サーバーを再起動する必要があり、いくらかのダウンタイムが必要になります。詳細については、tsm pending-changesを参照してください。

ライセンス要件

フロー、抽出更新、サブスクリプションなどの特定のタイプのタスクのみを実行するようにノードを構成するには、Tableau Server で次のいずれかのライセンスがアクティブ化されている必要があります。

  • フローを実行するようにノードを構成するには、有効な Data Management アドオン ライセンスがサーバーで有効になっており、Tableau Prep Conductor がそのノード上で実行されている必要があります。Tableau Prep Conductor の詳細については、Tableau Prep Conductorを参照してください。

  • フロー以外のすべてのジョブを実行するようにノードを構成するには、Tableau Prep Conductor がそのノード上で実行されている必要があります。Tableau Prep Conductor を使用するには、有効な Tableau Data Management アドオン ライセンスがサーバー上でアクティブ化されている必要があります。詳細については、「Tableau Prep Conductor のライセンス発行」を参照してください。

  • 抽出更新、サブスクリプション、および抽出やサブスクリプションに関連するあらゆる組み合わせを実行するようにノードを構成するには、有効な Server Management Add-on ライセンスが Tableau Server 上でアクティブ化されている必要があります。ライセンスの有効期限が切れた場合、または非アクティブになっている場合は、サーバー構成に変更を加えるたびにエラーが表示されます。

重要!
フロー、抽出更新、サブスクリプションはコストがかかり、リソースを大量に消費する可能性がありますが、専用のリソースが必要なジョブはこれだけではありません。all-jobs グループには、ワークブックのサムネイル生成など、バックグラウンダーが実行するさまざまなシステム ジョブがあります。抽出更新、サブスクリプション、フロー以外のジョブを実行するノードに十分なマシン リソースがあることを確認してください。

TSM コマンドを使用したノード ロールの構成の詳細については、tsm topology set-node-roleを参照してください。

考慮事項

バックグラウンダー ノード ロールを構成する際は、以下のようないくつかの規則を考慮する必要があります。

  • ノードに対して一度に設定できるノード ロール構成は 1 つだけです。1 つのノードで複数のノード ロールを構成することはできません。

  • ノード ロールを構成するには、そのノードに少なくとも 1 つのバックグラウンダー プロセスが存在する必要があります。

  • バックグラウンダー ノードが 1 つしかない場合は、このノードによってすべてのジョブを実行するように構成する必要があります。これは既定の構成であり、追加のライセンスは必要ありません。

  • 複数のバックグラウンダー ノードがある場合は、その組み合わせによってすべてのジョブを処理するように構成する必要があります。これは、次の方法で実現できます。

    • all-jobs オプションを使用して、すべてのジョブを実行するようにいずれかのノードを構成します。これは最も簡単な方法です。

    • いずれかのノードで以下のいずれかの例外構成を使用します。

      • no-flows
      • no-subscriptions
      • no-extract-refreshes
      • no-extract-refreshes-and-subscriptions

たとえば、3 つのバックグラウンダーがあるクラスタでは、1 台のノードをフローの実行用に構成し、1 台のノードをサブスクリプションと抽出更新の実行用に構成し、1 台のノードをフロー、サブスクリプション、抽出更新を除くすべてのジョブの実行用に構成できます。

注: フロー、フロー以外のすべてのジョブ、またはすべてのジョブの実行用のノード ロールを指定する機能は、2019.1 で導入されました。

ファイル ストア ノード ロール

Tableau Server ファイル ストアは、抽出のストレージを管理します。抽出に依存するワークロードには、大きく分けて 3 つのカテゴリーがあります。

抽出のワークロード 実行サービス
更新 バックグラウンダー
クエリ データ エンジン
バックアップ/復元 バックアップ/復元

ファイル ストア ノード ロールの管理とバックグラウンダー ノード ロールの管理を組み合わせると、サーバー管理者はサーバー ノードを、選択したワークロードを優先的に実行し、抽出負荷の大きいすべてのカテゴリーのワークロードでパフォーマンスを最適化する専用のノードとすることができます。

スタンドアロンのデータ エンジン ノードのみを持つトポロジを使用し、抽出クエリ ワークロードを実行する専用のノードとすることができます。詳細については、クエリ負荷の高い環境向けの最適化を参照してください。とはいえ、これはバックグラウンダー ノードによって実行される抽出更新ワークロードを犠牲にして成り立つものです。トポロジベースの分離アプローチを使用すると、バックグラウンダー ノードのいずれもファイル ストアがなく、すべての抽出更新トラフィックがネットワーク経由で流れるため、抽出更新の負荷が大きいバックグラウンダー ワークロードは遅くなる可能性があります。

ファイル ストア ノード ロールの構成オプションを使用すると、抽出クエリを処理する特定のサーバー ノードを、それが可能なサーバー ノードのリストから優先的に選択するように指定できます。これは、サーバー管理者がバックグラウンダー サーバー ノード上でファイル ストアを有効にするのを許可し、これらのノードで抽出クエリを実行できないようにすることで、バックアップや抽出更新などのワークロードを高速化するのに役立ちます。この機能は、抽出負荷の大きいクエリ ワークロードと更新ワークロードがあり、抽出クエリと更新パフォーマンスを最適化する場合に便利です。

抽出更新ワークロードとバックアップ/復元ワークロードを最適化するためのガイドラインを次に示します。

専用のデータ エンジン ノードを含むトポロジから開始します クエリ負荷の高い環境向けの最適化を参照)。

Topology 1 - Dedicated Data Engine Nodesトポロジ 1 - 専用データ エンジン ノード

  1. ファイル ストアをノード 0 に追加します。
    tsm topology set-process -n node0 -pr filestore -c 1
  2. ノード 2 およびノード 3 を抽出クエリ ワークロードを優先的に実行するように指定します。
    tsm topology set-node-role -n node2, node3 -r extract-queries
  3. ノード 0 を抽出更新ワークロードを優先的に実行するように指定します。
    tsm topology set-node-role -n node0 -r extract-refreshes
  4. ノード 1 を非抽出更新ワークロードを優先的に実行するように指定します。
    tsm topology set-node-role -n node0 -r no-extract-refreshes
  5. 保留中の変更を適用します。
    tsm pending-changes apply

Topology 2トポロジ 2 - 余分のファイル ストア ノード

注: Tableau Server 展開では、既存ノードにファイル ストア ロールを追加すると、新しいファイル ストアを同期しながら、すべてのファイル ストア ノード間のネットワーク I/O が一時的に増加します。この動作期間は、ファイル ストア上のデータ量とネットワーク帯域幅の容量によって変わります。同期のステータスは、TSM Web GUI を使用して監視できます。展開に複数のファイル ストアを追加する場合、それを連続で追加し、各ファイル ストアの追加の間に最初の同期が完了するのを待機することをお勧めします。

構成オプション

構成 ジョブ
all-jobs (既定値) すべての Tableau Server ジョブ。
extract-queries 抽出クエリ用に作成されるジョブ。選択されたノードは all-jobs として実行され、抽出クエリの処理を優先して実行します。

TSM コマンドを使用したノード ロールの構成の詳細については、tsm topology set-node-roleを参照してください。

ライセンス要件

ノードを抽出クエリの実行用に構成するには、有効な Server Management Add-on ライセンスが Tableau Server でアクティブ化されている必要があります。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください