クライアント ファイル サービスの構成

複数ノードのクラスタ内でほとんどの共有ファイルを管理するのが Client File Service (CFS) です。例えば、認証関連の証明書、キー、ファイル (OpenID、相互 SSL、SAML、Kerberos)、カスタマイズ ファイルなどが CFS によって管理されます。

Tableau サービス マネージャー (TSM) と Tableau Server を初めてインストールすると、最初のノードで単一インスタンスの CFS が構成されます。他のノードで追加のインスタンスを構成できる必要があります。

クラスターでは、CFS の唯一のインスタンスを実行しているノードに障害が発生すると、CFS によって管理されているファイルが失われるため、証明書とカスタム イメージをもう一度インポートし、関連する構成を変更して、CFS のこれらのファイルをもう一度設定する必要があります。CFS によって管理されるファイルのリストについては、Tableau Server クライアント ファイル サービスを参照してください。

これらの制限事項と推奨事項に留意してください。

  • Tableau Server インストールに最低 1 インスタンスの CFS が必要です。CFS のインスタンスをすべて削除することはできません。
  • いずれのノードにも 1 つを超えるインスタンスを構成することはお勧めしません。追加インスタンスを構成してもメリットは一切なく、リソースの浪費となります。
  • 調整サービスを展開する各ノードで CFS インスタンスを構成することをお勧めします。これにより冗長性が提供され、ノードに障害が発生した場合に予期しないエラーから Tableau Server を保護できます。

この記事では、CFS のインスタンスを追加または削除する方法を説明します。CFS の構成は Web UI から行うことはできません。CFS の追加や削除には、CLI を使用する必要があります。この手順はプロセスをノードに追加するのに使用する手順と同じです。

追加ノードでの CFS の構成

  1. 最初のノードで、管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

  2. CFS を追加しようとしているノードのノード ID を確認します。

    tsm topology list-nodes -v

  3. ノード、プロセス、および単一のインスタンスを指定して、ノードに CFS を追加します。

    たとえば、次のコマンドは、CFS の 1 つのインスタンスを node2 に追加します。

    tsm topology set-process -n node2 -pr clientfileservice -c 1

    CFS を使用して既に構成されているノードに CFS のインスタンスを追加しようとすると、エラー メッセージが表示され、ノードに既にインスタンスが存在していることが通知されます。

    CFS をさらに他のノードに追加するには、ノードごとにこの手順を繰り返します。

  4. 変更を適用します。

    tsm pending-changes apply

ありがとうございます!