Tableau Server の検索 & 参照

Apache SOLR ベースで検索サーバーとも呼ばれる、検索 & 参照のプロセスは、サーバー上のコンテンツ メタデータの高速検索、フィルター、取得、および表示を処理します。検索 & 参照のプロセスで高可用性を構成するには、複数のノードでプロセスを構成します。

プロセス

Search & Browse

ステータス Search & Browse のステータスは [ステータス] ページに表示されます。詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。
ロギング Search & Browse プロセスが生成したログは C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\searchserver にあります。詳細については、Tableau Server ログとログ ファイルの場所を参照してください。

検索 & 参照のプロセスが失敗するとどうなりますか? ユーザーは Tableau Server には引き続きサインインできますが、ワークブックのコンテンツは表示されなくなります。コンテンツは実際に存在しないわけではありません。そうではなく、コンテンツは検索結果に返されないため、検索 & 参照のプロセスが再起動した後に再度表示されるようになります。

検索 & 参照のプロセスが 2 つ以上構成されており、エラーが発生したときに複数のノードで実行中の場合、エラーが発生した検索 & 参照プロセスに対して行われた要求も失敗しますが、その後の要求は機能している検索 & 参照プロセスにルーティングされます。それぞれの検索 & 参照プロセスはクラスタ内のすべてのノードでインデックスを作成するため、すべての検索 & 参照プロセスのうち 1 つでもエラーが発生していないものがあれば、すべてのノードで引き続き結果が返されます。

検索と参照のプロセスのチューニング

Tableau Server での検索と参照のプロセスの動作を変更する方法はいくつかあります。ほとんどの場合、何も変更する必要はありませんが、以下のいくつかの構成変更を行うことができます。

最大ヒープメモリの検索と参照

searchserver.javamemopts コンフィギュレーションキーを使用して、検索と参照のオプションを 構成できます。構成できる最も重要な設定は、最大ヒープ メモリの大きさを制御する設定であり、 -Xmx オプションで指定します。既定では、これは、検索と参照サービスを実行しているサーバーノードで使用可能な物理メモリに基づいて、Tableau によって設定されます。使用可能な物理メモリとメモリ使用量に基づいて、できるだけ高い値を設定する必要がありますが、24 GB 以下に設定する必要があります。

最大ヒープ メモリの量を変更する場合は、システム上の他のサービスを考慮する必要があります。Tableau Server を実行しているコンピューターのメモリが不足している場合は、メモリを追加するか、コンピューター上のトポロジをスケールダウンすることを検討してください。他のプロセスが少ないノードや、大量の物理メモリを持つノードで検索と参照を実行している場合は、Search サービスで使用される量を増やすことを検討してください。既定のプロセス数を超えるノードで検索と参照を実行している場合は、サービスが使用可能なメモリを超えるメモリを使用しないように、ヒープ メモリの最大割り当てを減らすことを検討する必要があります。

既定の最大ヒープメモリ割り当て

次の表は、使用可能なメモリに基づいて、サーバー ノードの検索と参照に Tableau が割り当てるヒープ メモリの既定の量を示しています。

システムメモリ SOLR ヒープ メモリ
<= 16 GB 1 GB
<= 32 GB 2 GB
<= 64 GB 4 GB
<= 128 GB 8 GB
> 128 GB 16 GB

最大ヒープメモリの値を変更するには、tsm configuration set コマンドを使用して searchserver.javamemopts-Xmx 値を設定します。

まず、現在の値を取得します。

C:\WINDOWS\system32>tsm configuration get -k searchserver.javamemopts
-Xmx512m -Xms512m -XX:+ExitOnOutOfMemoryError -XX:-UsePerfData

次に、-Xmx オプションの値を変更します。次のオプションを含めますが、その他のオプションは変更しないでください。

tsm configuration set -k searchserver.javamemopts -v "-Xmx256m -Xms512m -XX:+ExitOnOutOfMemoryError -XX:-UsePerfData"

searchserver.javamemopts コンフィギュレーション キーの詳細については、 searchserver.javamemoptsを参照してください。

クライアントセッションのタイムアウト

検索およびブラウズクライアントが検索と参照サーバーと調整サービス (Zookeeper) への接続を確立するまでの待機時間を設定できます。両方のタイムアウト値は比較的高い値に設定されていますが、サーバーコンテンツの参照に問題が発生し、vizportalとバックグラウンドログにSOLRに接続するタイムアウトが表示される場合は、これらの設定を増やしてみてください。この問題が発生しても影響がない場合は、Tableau Server コンピューター上で制限されたリソースを使用している可能性があります。

searchserver.connection_timeout_milliseconds
searchserver.zookeeper_session_timeout_milliseconds

値を変更するには、tsm configuration set コマンドを使用します。

tsm configuration set -k searchserver.connection_timeout_milliseconds -v 

searchserver.connection_timeout_milliseconds 構成キーの詳細については、 searchserver.connection_timeout_millisecondsを参照してください。

起動時の ZooKeeper 接続のヘルスチェックのタイムアウト

Tableau Server の起動時には、特に CPU 使用率に関連するリソースの使用率が高くなります。検索と参照がコーディネーション サービス (動物園の飼育員) に接続しない場合、起動に失敗します。これを考慮して、Tableau Server は、検索と参照を開始する前に調整サービスのヘルス チェックを実行します。

Tableau Server コンピューターが特にビジー状態の場合、または検索と参照が開始できない場合は、このタイムアウト値を増やします。

この正常性チェックが失敗すると、control-searchserver.log ファイルにエラーが書き込まれます。 Failed zookeeper health check. Refusing to start SOLR.

Tableau Server がヘルスチェックが成功するまで待機する時間を増やすには、tsm configuration set コマンドを使用して searchserver.startup.zookeeper_healthcheck_timeout_ms の値を設定します。

tsm configuration set -k searchserver.startup.zookeeper_healthcheck_timeout_ms -v <nnnnnn>

searchserver.startup.zookeeper_healthcheck_timeout_ms コンフィギュレーション キーの詳細については 、 searchserver.startup.zookeeper_healthcheck_timeout_msを参照してください。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直してください。