Tableau サイトの概要

Tableau Server または Tableau Online にサインインすると、次の例のようなページが最初に表示されます。[ホーム] ページでは、新しく追加されたお気に入り、最近表示されたビュー、人気のあるコンテンツにすばやくアクセスできます。

Home page

注: サイトに Data Management アドオン がある場合は、Tableau Catalog や Tableau Prep Conductor が含まれているため、追加機能が表示される場合があります。Tableau Catalog が有効になっている場合、[外部資産] セクションにアクセスし、データの系列情報などを表示できます。Tableau Prep Conductor が有効になっている場合、Tableau Prep Builder のフローをサイトにパブリッシュできます。詳細については、「Data Management アドオンの使用」を参照してください。

コンテンツを移動する

Tableau サイト全体でアクセスできるすべてのコンテンツを表示するには、ナビゲーション ペインで [検索] をクリックします。サイト ロールとのパーミッションにより、表示可能なコンテンツと利用可能なオプションが決まります。

Explore page

既定では、[検索] では [最上位のプロジェクト] を表示します。メニューから異なるコンテンツ タイプを選択して、すべてのプロジェクト、ワークブック、ビュー、データ ソース、データの役割、またはフローを表示できます。

Explore content type menu

プロジェクト

プロジェクトを使用すると、サイト上のコンテンツを整理できます。トップレベル プロジェクトには、他の (ネストされた) プロジェクトを含めることができます。このプロジェクトには、PC 上のファイル システムのように移動できる階層があります。

プロジェクトを開くと、ネストされたプロジェクト、ワークブック、データ ソース、データの役割、フローなど、プロジェクトの単一ページに含まれるすべてのコンテンツが表示されます。

Project page

特定のコンテンツ タイプのみ表示するには、[コンテンツ タイプ] ドロップダウン メニューをクリックし、表示しないコンテンツ タイプの選択を解除します。[ワークブックをビューとして表示] オプションを選択すると、プロジェクト ページに表示されるワークブック内の個別のビューをすべて表示できます。

Project ontent type menu

ワークブック

ワークブック ページには、ワークブックに含まれるビューとワークブックが使用するデータ ソースが含まれます。ワークブックと個別ビューいずれかに対するユーザー サブスクリプションのリストもあります。

Workbook page

ブックの作成の詳細については、「 Creators: Web 作成入門」を参照してください。

ビュー

ビュー ページには、共有、サブスクライブ、編集など、ビューを操作するためのオプションが表示されています。ツールバーで利用可能なオプションは、サイトの設定およびユーザーのパーミッションに応じて異なる場合があります。

View page

[シートをタブとして表示] オプションを選択してワークブックが Tableau Desktop からパブリッシュされた場合、ビュー ツールバーの下部にあるタブをクリックして、各シートを表示できます。

Tabs showing sheets in a workbook

注: 最近使用した 12 のビューが、ご自身の Recents ページに表示されます。

ビューの操作の詳細については、Tableau Web ビューでできることを参照してください。

データ ソース

データ ソース ページには、データベースへの接続やファイルベースのデータ、データ ソースに接続されたワークブックが表示されます。データ ソースが抽出の場合、ページにはスケジュールされた抽出更新が表示されます。

データ ソース ページから直接データを調べるには、「データに聞く」 (Ask Data) を使用します。質問を入力すると、すぐに視覚的な回答が得られます。詳細については、「データに聞く」 (Ask Data) 機能を使用した自動的なビューの構築を参照してください。

Data source page

データ ソースのリストを表示している場合、接続と認証の詳細を確認するには、[表示形式] メニューの [接続] を選択します。

Data source menu options

データの役割

データの役割に関するページには、お使いのサイトまたはサーバーにパブリッシュされたカスタム データの役割が表示されます。データ セット内のフィールド値を使用して Tableau Prep Builder のカスタム データの役割を作成し、Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュして他のユーザーと共有できます。データの役割を使用すると、データのクリーニング時にフィールド値を検証できます。

データをクリーニングするためのデータの役割の作成と使用に関する詳細については、Tableau Prep オンライン ヘルプの「データの役割を使用したデータの検証」を参照してください。

フロー

フロー ページを使用すると、フローを自動的に実行してフロー出力データを更新するようにスケジュールできます。フローを表示して操作するには、Data Management アドオンが含まれており、Tableau Prep Conductor が有効になっている必要があります。

Flow page

フローの操作の詳細については、Tableau Prep ヘルプの「フロー データを最新に維持する」を参照してください。

リストまたはグリッドとしてのコンテンツの表示

[表示形式] アイコンをクリックすると、コンテンツをサムネイルのリストまたはグリッドとして表示することができます。

リスト ビューは次のようになります。

List view

リスト表示:

  • Project icon プロジェクトを示します
  • Workbook icon ワークブックを示します
  • View icon ビューを示します
  • Data source icon データ ソースを示します
  • Data role icon データの役割を示します
  • Flow icon フローを示します

また、グリッド ビューは次のようになります。

Thumbnail view

グリッド ビューでは、サムネイルにカーソルを合わせるとコンテンツの詳細が表示されます。

Tooltip for a view

コンテンツの並べ替え

アイテムを並べ替えるには、[並べ替え] ドロップダウン メニューをクリックします。名前、所有者、ビューの数、作成日などの特徴で並べ替えを行うことが可能です。

この例では、ページ ビュー数の並べ替えオプションが表示されています。

Selecting sort option

列の見出しをクリックしてと、リストを並べ替えることもできます。矢印が昇順 (上矢印) または降順 (下矢印) の順番を示しています。

Clicking heading to sort

サイトの特定と移動

Tableau Server や Tableau Online の各サイトには名前と ID があります。

Tableau Server にサイトが 1 つしかない場合は、そのサイトに [既定] という名前が付けられます。"既定" サイトにサインインすると、ブラウザの URL は次のようになります。

https://server-name/#/home

複数のサイトにアクセスできる場合、サインイン時に 1 つを選択します。

複数のサイトを実行している Tableau Online または Tableau Server のインスタンスでは、ブラウザ URL の #/site/ の後ろにサイト ID が付きます。URL に /site が含まれない場合は、[既定] サイトにサインインしています。

次の URL は、サイト ID が finance のオンプレミス Tableau Server サイトを示します。

https://localhost/#/site/finance/home

サインインすると、サイトピッカーから別のサイトを選択し、それに移動できます。1 つのサイトのみにアクセスできる場合は、サイトの選択が表示されません。

Site menu

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください