アカウント設定の管理

Tableau Server および Tableau Online では、[アカウント設定] ページで認証資格情報、メール設定、ユーザー インターフェイスのオプションを一元的に管理できます。

[アカウント設定] ページへの移動

ページの一番上でプロファイル画像またはイニシャルをクリックしてから、[アカウント設定] を選択します。

プロファイル画像を変更するには、アカウント設定ページで現在の画像またはイニシャルをクリックします。

認証資格情報とパスワードの管理

データへのライブ接続があり、サインインが必要なワークブックやデータ ソースにアクセスする場合、Tableau ではパスワードが保存されます。同意すると、データ型に応じて、認証資格情報を cookie またはアクセス トークンに保存します。データを使用しなくなった場合や、保存された認証資格情報の最大数を超え、新しい認証資格情報のためのスペースが必要になった場合は、これらの認証資格情報を削除できます。

[保存済み認証資格情報] で、次のいずれかを実行します。

  • 個別のアクセス トークンの横にある [削除] リンクを選択します。

  • [保存済み認証資格情報をすべてクリア] を選択します。

すべての認証資格情報をクリアすると、ユーザー アカウントから次の項目が削除されます。

  • パブリッシュされたデータ ソースやそれらに接続するワークブックへのアクセスに使用しているパスワード。

  • OAuth データ接続 (Google や Salesforce.com データなど) のアクセス トークン。

    注意:アクセス トークンの削除は「鍵の変更」のように効果的です。トークンがパブリッシュされたワークブックやデータ ソースで保存されている場合、トークンを削除すると、これらのワークブックやデータ ソースからのデータへのアクセスも削除されます。抽出接続にトークンが埋め込まれ、抽出がスケジュールで更新される場合、新しい認証資格情報やアクセス トークンを接続に埋め込むまで、更新を完了できません。

個人用アクセス トークンの作成と取り消し

REST API を使用して自動化されたタスクを認証するには、個人用アクセス トークンを作成します。認証が必要な自動タスクごとにトークンを作成することをお勧めします。この方法で複数のトークンを作成することで、タスクを削除する必要がある場合でも自動化された多数のタスクの管理が簡素化されます。タスクを今すぐ削除するには、タスクに関連付けられている個人用アクセス トークンを取り消します。

個人用アクセス トークンの作成

この手順では、シークレット トークンをファイルにコピーする必要があります。シークレット トークンは、自動スクリプトに含める文字列で、Tableau Server への認証に使用されます。シークレット トークンは、パスワードと同じように取り扱って保護し、他のユーザーとは共有しないでください。

  1. [個人用アクセス トークン] の下の [トークン名] フィールドにトークンのわかりやすい名前を入力し、[新しいトークンの作成] をクリックします。
  2. 結果のウィンドウで [クリップボードにコピー] をクリックし、ウィンドウを閉じます。
  3. トークン シークレットをファイルに貼り付けます。ファイルを安全な場所に保存します。

個人用アクセス トークンの取り消し

  1. [個人用アクセス トークン] の下で、取り消すトークンの名前を特定します。
  2. トークン名の横にある [取り消す] リンクをクリックします。
  3. 結果のウィンドウで、[削除] をクリックしてトークンを取り消します。

接続されているクライアントの削除

Tableau Desktop や Tableau Mobile などの Tableau クライアントから Tableau Server または Tableau Online に初めてサインインすると、セキュア トークンがアカウントに保存されます。このトークンにより、サインインしなくてもサイトに直接アクセスできます。

クライアントを使用しなくなった場合や、新しいクライアントを追加したときに接続されているクライアントの最大数を既に使用しているというエラーが出た場合、接続されているクライアント (トークン) を削除できます。接続されているクライアントをアカウントから削除した後、次回そのクライアントから Tableau Server や Tableau Online にアクセスするときに認証資格情報を入力する必要があります。

  • [接続されたクライアント] セクションで、削除するクライアントの横にある [削除] を選択します。

通知設定の変更

通知は、自分が所有するコンテンツや作業しているコンテンツで何かが発生した場合にそれを知らせるメッセージです。ブラウザの右上隅にあるベル アイコンを選択して、メール通知を受信するか、Tableau サイトで表示することができます。

コメントのメンション、共有、フロー実行、抽出ジョブ、および Webhook 通知については、[通知] で [メール] または [On Tableau (Tableau で表示)] を選択するか、その両方を選択します。

サブスクリプション設定の変更

  1. [Subscription time zone (サブスクリプションのタイムゾーン)] から、作成するスケジュールのタイム ゾーンを選択します。
  2. サブスクリプションを変更するには、ページ最上部の [サブスクリプション] をクリックしてからワークブックまたはビューを選択します。

  3. [アクション] ドロップダウン メニューから、[スケジュールの変更][件名の変更][空のビューのモードを変更] または [サブスクライブの中止] を選択します。

    (空ビュー オプションは、ビュー内にデータが存在する場合にのみサブスクリプション メールを送信します。高優先順位アラートに適した選択です。)

スタートページの変更

サインインするときに表示されるスタート ページを変更するには、該当のページに移動し、ページの右上にあるユーザー名をクリックして、[このページをスタート ページに設定] をクリックします。スタート ページの更新は、次回ページが完全に読み込まれたときか、いったんサインアウトしてからサインインしなおしたときに反映されます。

ユーザー アカウント メニュー

既定のスタート ページに戻すには、ユーザー名をクリックして、[マイ アカウントの設定] をクリックします。スタート ページ セクションで、[既定の設定にリセット] をクリックします。(現在のスタート ページの URL もこちらに表示されています。ページに移動するには、リンクをクリックします。)

言語とロケールの変更

[言語] 設定で、ユーザー インターフェイスのオプションで表示される言語を決定できます。[ロケール] は数値の書式や使用する通貨など、ビューに影響を与えます。

[言語] および [ロケール] を変更し、[変更の保存] をクリックします。言語やロケールの設定はただちに反映されます。

Tableau Server を使用中で現在サポートされていない言語を選択する場合は、管理者に連絡してください。

抽出の更新失敗メールの有効化または無効化

更新スケジュールに抽出が含まれる、パブリッシュされたデータ ソースを所有している場合は、スケジュールされた更新が正常に完了しなかったときにメール通知を受信できます。

  • [更新失敗通知] で、オプトインする場合は [抽出の更新に失敗した場合、メールを送信する] チェック ボックスをオン、オプトアウトする場合はオフにします。

メールには、次の情報が含まれています。

  • 抽出またはワークブックの名前。

  • 前回成功した更新の時刻。

  • 連続して更新に失敗した回数。

    5 回連続して失敗すると、ユーザーが失敗の原因を解決する措置を講じるまで、更新は一時停止されます。

  • 埋め込みクレデンシャルや元のデータ ファイルへのパスの更新など、障害の原因を解決するために提案されるアクション、およびアクションを実行するサーバーへのリンク。

Tableau Server 用の表示名、パスワードまたは電子メール アドレスの変更

表示名の変更

Active Directory ではなく、内部ユーザー管理システム (ローカル認証) を使用するようにサーバーが構成されている場合は、表示名を変更できます。表示名のテキストを選択して新しい表示名を入力し、[変更の保存] をクリックします。

パスワードの変更

Active Directory ではなく、内部ユーザー管理システム (ローカル認証) を使用するようにサーバーが構成されている場合は、[パスワードの変更] をクリックしてパスワードを変更できます。[パスワードの保存] をクリックして変更を保存します。

電子メール アドレスの変更

ビューをサブスクライブするかデータ主導アラートを受信すると、[アカウント設定] ページに関連する電子メールアカウントが表示されます。[メール] テキストボックスに新しい電子メール アドレスを入力し、[変更を保存] をクリックします。

Tableau Online 用の表示名またはパスワードの変更

サイトでシングル サインオンが設定されていない場合、Tableau Online 表示名とパスワードは TableauID アカウントに基づきます。TableauID を使用すると、Tableau Online、Tableau Web サイト、カスタマー ポータル、およびその他のリソースにアクセスできます。

パスワードをお忘れの場合

パスワードをリセットするには、https://online.tableau.com にアクセスし、[パスワードのリセット] をクリックして、Tableau Online のサインインに使用している電子メール アドレスを入力します。受信したメールの手順に従います。

Tableau Online にサインインしている場合

  1. [アカウント設定] ページを開き、[パスワードの変更] をクリックします。

    これにより、Tableau Web サイトにリダイレクトされます。

  2. 入力が要求されたら、Tableau Online 認証資格情報を使用してサインインし、上部にある [パスワードの変更] リンクを選択します。

    • 表示されたフィールドに現在のパスワードと新しいパスワードを入力し、新しいパスワードを確認してから [パスワードの変更] をクリックします。

    • 表示名を変更するには、[アカウントの管理] をクリックします。

      [ユーザー プロフィール] ページで姓名を変更し、無効になっている可能性のあるその他の情報を更新してから [更新] をクリックします。

注:表示名やパスワードを変更する場合、TableauID のアカウント プロフィールに移動するために Tableau Online の外部に転送されます。また、Tableau(Link opens in a new window) Web サイトに移動し、[サインイン] をクリックして TableauID プロファイルにアクセスすることもできます。

ありがとうございます!