多くの人は、データ ソースにある全ての情報を必要としているわけではなく、自分の職務、たとえば、販売、マーケティング、サポートなどに関連するデータについての視覚化を望んでいます。Tableau 作成者は、このようなさまざまな対象者の「データに聞く」 (Ask Data )を最適化するため、選択したフィールドのサブセットに対してクエリを実行する個別の「データに聞く」 (Ask Data) レンズを作成します。選択したフィールドには、フィールドの名前や値の同義語を指定することができます。たとえば「ロサンゼルス」を「LA」と言うように、レンズの利用者が一般的な言葉で使う用語を織り込んでおくことができます。レンズ作成者は、「データに聞く」 (Ask Data) のクエリ ボックスの下に表示されるビジュアライゼーションの候補をカスタマイズすることもできます。ビジュアライゼーションの候補を利用すると、ユーザーは 1 回のクリックで答えを得ることができます。

注: 「データに聞く」レンズは、Tableau サイトに個別にパブリッシュされたデータ ソースに対してのみ作成できます。ワークブックに埋め込まれたデータ ソースや仮想接続を使用するデータ ソースに対しては、レンズを作成することはできません。

Tableau サイトでレンズのページを作成または構成する

Tableau サイトには、レンズごとに個別のページがあります。そのページで、ユーザーは「データに聞く」に問い合わせることができ、作成者はレンズのフィールドや同義語、質問の候補などを構成できます。

Tableau サイトのレンズ ページ

  1. Tableau サイトにレンズ ページを作成するには、データ ソース ページに移動し、[新規] > [「データに聞く」 (Ask Data) レンズ] を選択します。

    既存のレンズを構成するには、サイトのレンズ ページに移動します。(または、ダッシュボードの「データに聞く」 (Ask Data) オブジェクトで上隅のポップアップ メニューをクリックし、[レンズ ページに移動] を選択します。)

  2. 新しいレンズを作成する場合は、名前、説明、プロジェクトの場所を入力して、[レンズのパブリッシュ] をクリックします。
  3. 左側の [フィールド] ペインの上部で、鉛筆のアイコンをクリックします。レンズのユーザーに関係のあるフィールドを選択し、[保存] をクリックします。

  4. 左側で、個々の表またはフィールドにカーソルを合わせ、鉛筆アイコンをクリックします。

    その後、次のいずれかを実行します。

推奨ビジュアライゼーションのリストを変更する

レンズ ユーザーからの一般的なクエリに対処するために、クエリ ボックスの下に表示される推奨ビジュアライゼーションをカスタマイズできます。

推奨ビジュアライゼーションを追加または置換する

  1. テキスト ボックスにクエリを入力し、Enter キーまたは Return キーを押します。
  2. ビジュアライゼーションが表示されたら、ツールバーのピン アイコンから、[Pin to Recommended Visualizations (推奨ビジュアライゼーションにピン留めする)] または [Replace Recommendation (推奨を置換する)] を選択します。

  3. 推奨を新たに追加する場合は、名前を入力し、それを表示するセクションを選択します。推奨を置換する場合は、上書きする既存の推奨を選択してください。

セクションのタイトルと推奨ビジュアライゼーションの名前を編集するか、推奨を削除する

  • セクション タイトルを編集するには、タイトルの右にある鉛筆アイコン をクリックします。
  • 既存の推奨を変更するには、カーソルを合わせて鉛筆アイコン をクリックします。推奨を削除するには、[X] をクリックします。

ダッシュボードに「データに聞く」レンズを追加する

ダッシュボードに「データに聞く」のオブジェクトを追加して、パブリッシュされたデータ ソースを Tableau サイトのレンズでクエリできるようにします。

  1. Tableau Online または Tableau Server でダッシュボードを編集しているときに「データに聞く」のオブジェクトをキャンバスにドラッグします。

    注: Tableau Desktop でも、「データに聞く」のオブジェクトをキャンバスにドラッグして、配置することもできます。ただし、レンズを選択するには、Tableau Online または Tableau Server にパブリッシュし、そこでオブジェクトを編集する必要があります。

  2. 以前にワークブックに接続されたパブリッシュ済みのデータ ソースを選択します。
  3. 既存のレンズを使用するには、レンズを選択して、[レンズを使用] をクリックします。

    新しいレンズを作成するには、次のいずれかの操作を行います。

    • データ ソースのレンズがない場合は、[データ ソースのページに移動] をクリックします。
    • レンズがすでにある場合は、ダイアログの下部にあるデータ ソース名をクリックします。
  4. (新しいレンズのみ) Tableau サイトでレンズのページを作成または構成するの手順を実施します。
  5. [Toolbar Options for Lens Users (レンズ ユーザーのツールバー オプション)] で、ユーザーが使用できるボタンを選択します。
  6. (新しいレンズのみ) レンズを作成したら、ダッシュボードの [レンズ] オブジェクトに戻り、[更新] をクリックします。次に、新しいレンズを選択し、[レンズを使用] をクリックします。

ダッシュボードの「データに聞く」オブジェクトに別のレンズを適用する

  1. オブジェクトの上部のポップアップ メニューから、[構成] を選択します。

  2. ダッシュボードに「データに聞く」レンズを追加する に移動し、手順 2 以降を繰り返します。

レンズの名前、説明、プロジェクトの場所を変更する

  1. Tableau Online または Tableau Server でレンズのページに移動します。
  2. ページ上部のレンズ名の右側にある 3 つのドット (...) をクリックし、[ワークブックの編集] を選択します。
  3. [レンズの詳細を編集] をクリックします。

レンズを通した「データに聞く」の利用状況を確認する

データ ソースの所有者またはレンズ作成者である場合は、「データに聞く」 (Ask Data) のダッシュボードで、よく利用されるクエリやフィールド、ビジュアライゼーションがクリックされた回数などの有用な情報を確認できます。フィルターを使用して、特定のユーザーや時間範囲にデータを絞り込むことができます。これらの統計情報を活用してレンズをさらに最適化すると、ユーザーの体験を向上できます。

注: Tableau Server を使用している場合は、Tableau Server リポジトリでこのデータにアクセスすることができ、カスタム ダッシュボードを作成できます。

  1. Tableau Server または Tableau Online で、レンズのページに移動します。
  2. 「データに聞く」(Ask Data) テキスト ボックスの左側にある [Ask Data tips (「データに聞く」(Ask Data) のヒント)] アイコンをクリックします。

  3. ヒント ダイアログの左下隅にある [使用状況分析] をクリックします。

ユーザーがレンズに関する質問をメールで送信できるようにします。

レンズ所有者は、ユーザーがデータ構造や期待される結果などに関する質問をメールで送信できるようにすることもできます。このオプションは既定でオンになっていますが、以下のステップを使用してオフにすることができます。

  1. Tableau Server または Tableau Online で、レンズのページに移動します。
  2. 上記の レンズを通した「データに聞く」の利用状況を確認する] に表示されている、「データに聞く」(Ask Data) テキスト ボックスの左側の [i] をクリックします。
  3. ヒント ダイアログの下部で、[Contact the Lens Author (レンズ作成者に連絡)] の横にある目のアイコンをクリックして、フィードバックを有効または無効にします。

レンズのパブリッシュと表示のパーミッション

ダッシュボードの「データに聞く」オブジェクトについては、パーミッションを変更する必要はありません。デフォルトで、既存のワークブック作成者がレンズを作成でき、既存のダッシュボード利用者がレンズを表示できます。ただし、データ ソース ページを介したダッシュボードと直接アクセスについては、必要なレンズのパーミッションについて、概要を参考までに以下に示します。

レンズの作成とパブリッシュに必要な権限:

  • 作成者またはエクスプローラーのユーザー ロール
  • データ ソースに対するレンズ作成パーミッション (デフォルトでは接続パーミッションから継承されます)
  • レンズをパブリッシュする親プロジェクトに対する書き込みパーミッション

パブリッシュされたレンズへのアクセスと操作に必要な権限:

  • 閲覧者以上のロール
  • データ ソースに対する接続パーミッション
  • レンズに対する閲覧パーミッション

注: デフォルトでは、閲覧などのレンズのパーミッションは、ワークブックに対するプロジェクトのパーミッションが反映されます。Tableau 管理者がデフォルトのレンズのパーミッションを変更したい場合、各プロジェクトに対して個別に変更することも、パーミッション API を使用して一括で変更することもできます。

ありがとうございます!