Tableau Catalog について

データのボリュームや形式、重要性が増しているため、環境はさらに複雑になりつつあります。データが変化するペースが急速であることから、そのデータとそのような複雑な環境での使用方法を追跡するのが困難になることがあります。それと同時に、さまざまな場所にあるデータをより多く求めるユーザーが増えているため、ユーザーが適切なデータを見つけるのは難しくなっています。こうしたことから、ユーザーは適切なソースを使用しているか、それが最新かどうかを疑問に感じており、最終的にデータの信頼性が損なわれています。

Tableau Catalog は、系列、インパクト分析、データ ディクショナリ、データ品質に関する警告、検索などの機能を Tableau アプリケーションに統合し、これらの問題をスタンドアロンのカタログと異なった方法で解決するのに役立ちます。IT とエンド ユーザーの両方に重点が置かれているため、Tableau Server または Tableau Online を使用しているすべてのユーザーはデータの可視性と信頼性だけでなく、検出可能性も高めることができます。Tableau Catalog は組織で使用されている Tableau コンテンツからカタログを構築し、次のような包括的な機能を使用できるようにします。

  • インパクト分析と系列
    • 管理している表またはデータ ソースの特定の列やフィールドを利用するワークブックなどの Tableau コンテンツを表示できます。データを変更する必要がある場合は、影響を受ける Tableau の作成者にメールで通知できます。
    • ワークブック作成者は、系列を使用して、利用するフィールドを追跡できます。
    • ユーザーは Tableau のビジュアライゼーションを使用する場合、ビューの作成に使用されたデータの由来を表示することができます。
  • キュレーションと信頼。データ案内人は、説明や証明書など有用なメタデータを追加し、ユーザーが適切なデータを見つけるようにすることができます。データ品質に関する警告の設定、[データの詳細] ペインでのデータ詳細の表示、資産の認証、カタログからの資産の削除を行うことができます。
  • データ ディスカバリ。Tableau Catalog を使用し、Tableau での分析のためにデータベース、表、データ ソースを検索し、検索結果にあるその内容に接続することができます。

2019.3 以降、Tableau Catalog は、Tableau Server と Tableau Online に対する Data Management アドオンで使用できます。プロダクト キーがアクティブで有効になっている場合、上記のカタログ機能は使用中の製品に統合されているため、見つけた場所でデータを操作することができます。

Tableau Catalog のしくみ

Tableau Catalog はサイト上のすべてのコンテンツ (ワークブック、メトリクス、データ ソース、シート、フロー) を検出してインデックスを作成し、コンテンツについてのメタデータを収集します。メタデータよりデータベースと表 (外部資産とも呼ばれます) が特定されます。Tableau がコンテンツと外部アセットとの関係を理解すると、コンテンツと外部アセットの系統を表示できるようになります。また、Tableau Catalog を使用すると、ユーザーは Tableau Server または Tableau Online を使用して外部資産に接続できます。

Tableau Catalog を使用して組織のデータ ガバナンスをサポートする方法については、Tableau Blueprint ヘルプの「Tableau のガバナンス」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

Tableau Catalog の主要な用語

  • メタデータ。データに関する情報。
  • Tableau コンテンツ。ワークブック、データ ソース、フローなど、Tableau で作成されたコンテンツ。
  • 外部資産。Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュされた Tableau コンテンツで使用されるデータベースや表に関するメタデータ。

Tableau Catalog のライセンス

Tableau Catalog は Data Management アドオンによりライセンスされています。Data Management アドオンのライセンスのしくみについては、Data Management アドオンのライセンスを参照してください。

Tableau Catalog の有効化

Tableau Server または Tableau Online を Data Management アドオン でライセンスした後、次のいずれかの作業を行うと Tableau Catalog を有効にできます。

  • Tableau Online の場合、対応は必要ありません。Tableau Catalog は既定でオンで、派生パーミッションを使用するように構成されており使用準備ができています。派生パーミッションの詳細については、メタデータに対するパーミッションを参照してください。
  • Tableau Server の場合、サーバー管理者はまず tsm maintenance metadata-services コマンドを使用し、Tableau メタデータ API を有効にする必要があります。詳細については、Tableau Catalog の有効化を参照してください。

    メタデータ API を有効にした後、Tableau Catalog は既定でオンで、派生パーミッションを使用するように構成されており使用準備ができています。派生パーミッションの詳細については、メタデータに対するパーミッションを参照してください。

機能

Tableau Catalog で使用できる機能の詳細については、次のヘルプ記事を参照してください。

データ ディスカバリ

キュレーションと信頼。

系列とインパクト分析

開発者向けリソース

Tableau REST API のメタデータ メソッドを使用すると、プログラムによって特定のメタデータを更新することができます。メタデータ メソッドの詳細については、Tableau Server REST API の「メタデータ メソッド」を参照してください。

REST API に加えて、Tableau メタデータ API(新しいウィンドウでリンクが開く) を使用すると、Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュされたコンテンツからプログラムによってメタデータに対するクエリを実行することができます。メタデータ API は高速で柔軟性が高く、メタデータとその構造との関係について特定の情報を見つけようとしている場合に最適です。GraphiQL(新しいウィンドウでリンクが開く) と呼ばれるインタラクティブなブラウザ内ツールを使用して、メタデータ API に対するクエリを調査およびテストします。

注: メタデータ API または GraphiQL の使用には Data Management Add-on は必要はありません。

ありがとうございます!