複数のパブリッシャーの存在するセルフサービス環境では、しばしば同じような名前を持つ、同じまたは類似の参照元データに基づく、あるいは説明情報なしでパブリッシュされているさまざまなコンテンツが Tableau Server 上のプロジェクトに含まれています。その場合、アナリストは使用するデータについて自身を持てない場合があります。

ユーザーが自身の分析種別に合った、信頼され、推奨されるデータを見つけやすいように、所属組織のデータ基準に準拠するデータを認定することができます。

認定はデータをキュレーションを通して推進する方法を提供することで推奨トレーニングのスケジュール機能を補完します。

2019.3 以降、Tableau Catalog は、Tableau Server と Tableau Online に対する Data Management アドオンで使用できます。Tableau Catalog がお使いの環境で有効になっている場合は、パブリッシュされたデータ ソースの認定に加え、ワークブック、フロー、またはデータ ソース コンテンツに関連付けられたデータベースと表も認定できます。Tableau Catalog の詳細については、Tableau Server または Tableau Online ヘルプの「Tableau Catalog について」を参照してください。

認証はどのように信頼できるデータをユーザーから見つけやすくするか

データ ソース (または使用する環境に Tableau Catalog がある場合は、データベースまたはテーブル) を認証する場合、アセットが表示されている場所に応じて、ユーザーに緑色のバッジまたは緑色のチェック マークが表示されます。

データベースの認証バッジ

Web 作成またはデスクトップに表示されるデータ ソースの認証バッジ

サーバー リスト ビューに表示されるデータ ソースの認証バッジ

認定されたデータ ソースは検索結果でより上位にランク入りし、推奨されるデータ ソースに加えられます。

さらに、認証状態についての注記を設定できます。この注記は、ユーザーがバッジをクリックしたときに表示されるか、Web 作成や Tableau Desktop でデータ ソースアイコンにカーソルを合わせたときにツールヒントに表示されます。また、データ ソースが誰によって認証されているかについての情報も表示されます。

詳細については、下記のデータの認定方法の手順を参照してください。

認定するデータの選出ガイドラインを作成する

その他の Tableau 機能と同様、認定には柔軟性があります。データ ソース (またはデータベースか表) の認定の決定に使用する条件を所属する組織に定義することができます。これを行うと同時に、ガイドラインを文書化して共有したいと希望されるかもしれません。新しいデータ ソースがパブリッシュされるとき、ガイドラインは作成者とその保管管理者またはプロジェクト リーダーが認定対象の選出で一貫性を持つ助けになります。ガイドラインは、ユーザーが認定の意味を理解するためにも役立ちます。

全プロジェクトで同じ認定条件を使用していても、各プロジェクトで固有の条件を定義していても、重要なのは認定が今いる環境で何を意味するのかです。

データを認定できる人物

データ ソースを認定するには、次のことが必要です:

  • 管理者であること、または
  • Explorer (パブリッシュ可能) または Creator のサイト ロールを持っており、認定するデータを含むプロジェクトに対してプロジェクト リーダー権限を持っていること。

データベースまたは表を認定するには、お使いの環境で Tableau Catalog が有効になっており、以下のパーミッション レベルのいずれかを所有する必要があります。

  • サイト管理者のサイト ロール。
  • データベースまたはそのデータベース内の表を認定するための、データベースでの "パーミッションの管理" 機能。

データの認定方法

認定できるデータは、お使いの環境で Tableau Catalog を有効にしているかどうかによって異なります。適切なパーミッションを持つすべてのユーザーが、データ ソースを認定できます。適切なパーミッションを持つ Tableau Catalog ユーザーも、データベース、表、およびファイルを認定できます。

  1. Tableau Server にサインインします。
  2. このステップは、認証するアセットのタイプによって異なります。
    • データ ソース - [Explore (探索)] ページで [データ ソース] を選択します。
    • データベースまたはテーブル - [外部アセット] ページで、[Databases and Files (データベースおよびファイル)] または [テーブル] を選択します。
  3. ページで、認定する資産名の隣にある [その他のアクション] メニュー (...) を選択します。
  4. [証明書の編集] を選択し、以下を行います。
    • [このデータは認定されています] チェック ボックスを選択します。
    • ユーザーに認定状態についての背景情報、想定されるデータの使用方法、その他の有用な情報を知らせる注記を追加してから [保存] をクリックします。

      [注記] セクションに追加する情報は、認証はどのように信頼できるデータをユーザーから見つけやすくするかに前述した認証バッジのツール ヒントに表示されます。

ありがとうございます!