Web コンテンツの管理

このトピックで説明するオプションを使用すると、アイテムの説明を編集したり、Tableau サイトのアイテムの移動や名前の変更などのアクションを実行したりできます。利用可能なオプションは、ユーザーのサイト ロールとパーミッションに基づいて決まります。

注: サイトで Tableau Catalog が有効になっている場合は、パブリッシュされたデータ ソース ページのフィールドに説明を追加できます。外部アセット (データベースや表) にアクセスすることもできます。外部資産のオプションの一部は、Tableau コンテンツ (プロジェクト、ワークブック、ビュー、データ ソース、データの役割、フロー) のオプションとは異なります。

2019.3 以降、Tableau Catalog は、Tableau Server と Tableau Online に対する Data Management アドオン で使用できます。詳細については、Tableau Server または Tableau Online ヘルプの「Tableau Catalog について」を参照してください。

アクセスのオプション

各アイテムのページの先頭には、アイテム名と所有者または連絡先が表示されます。ページによっては、アイテムの説明やアイテムの最終変更日など、追加情報が表示される場合があります。

コンテンツ オプション

アイテム名の隣にあるアイコンは、次の目的で使用できます。

説明の追加または編集

説明を使用すると、組織内のすべてのユーザーが適切なアイテムを見つけやすくなります。アイテムを所有している、または適切なパーミッションがあれば、アイテムの説明を編集することができます。

プロジェクト、ワークブック、データ ソースの説明

  1. ナビゲーション ペインで、[Explore (検索)] を選択します。
  2. 説明するプロジェクト、ワークブック、またはデータ ソースに移動します。
  3. 詳細アイコン i アイコン をクリックします。
  4. [詳細] の右側で [編集] をクリックします。
  5. [詳細] フィールドに説明を入力し、[保存] をクリックします。

プロジェクトの説明

メトリクス、データの役割、「データに聞く」 (Ask Data) レンズ、コレクションについて説明する

  1. ナビゲーション ペインで、[Explore (検索)] を選択します。

  2. 説明するコンテンツに移動します。

  3. メトリクスとデータの役割については、説明のヘッダーにカーソルを合わせ、表示される灰色の背景の任意の場所をクリックします。

    メトリクスの説明

    レンズとコレクションの場合は、説明テキストにカーソルを合わせ、表示される灰色の背景の任意の場所をクリックします。

    コレクションの説明

  4. 説明を入力し、[保存] をクリックします。

フローの説明

  1. ナビゲーション ペインで、[Explore (検索)] を選択します。
  2. ドロップダウン メニューから [すべてのフロー] を選択します。
  3. [名前] 列で説明するフローを選択します。
  4. [概要] タブで [説明] の横にある編集アイコンをクリックします。
  5. 説明を入力し、[保存] をクリックします。

フローの説明

パブリッシュされたデータ ソースのフィールドの説明 (Tableau Catalog が有効になっている場合に使用可能)

  1. ナビゲーション ペインで、[Explore (検索)] を選択します。
  2. ドロップダウン メニューから [すべてのデータ ソース] を選択します。
  3. データ ソース名をクリックして、[データ ソース] ページを開きます。
  4. [系統] タブ、説明するフィールドを選択します。
  5. [Field details (フィールドの詳細)] ダイアログ ボックスの [説明] フィールドに説明を入力し、[保存] をクリックします。

フィールドの説明を入力する例

説明を追加すると、変更が表示されるまでに遅延が発生する場合があります。説明が適用されると、[データ ソース] ページの [系統] タブの [説明] 列に表示されます。ビジュアライゼーションを作成するときは、フィールド名にカーソルを合わせると、[データ] タブに説明が表示されます。

フィールドの説明の継承方法

ローカルの説明がないフィールドのアップストリームに説明が存在する場合、そのフィールドは最も近いアップストリームの説明を継承します。説明の継承元に関する情報も表示されます。

説明の継承の例

Tableau Desktop では、継承された説明は、パブリッシュされたワークブックとデータ ソースに表示されます。

Tableau Server または Tableau Online での Web 作成では、継承された説明は、ワークブックとデータ ソースに表示されます。

継承された説明には、次の注意事項があります。継承された説明は、

  • 計算フィールドには表示されません。
  • データ ソースまたはワークブックに 500 を超えるフィールドがある場合はサポートされません。
  • データ ソースまたはワークブックが大きすぎるため継承クエリがタイム アウトする場合は、サポートされません。

データベースおよび表の説明

  1. ナビゲーション ペインで [外部資産] を選択します (Tableau Catalog が有効な場合は使用できます)。
  2. [Databases and Files (データベースおよびファイル)] または [表] を選択します。
  3. [名前] 列で説明する資産を選択します。
  4. 資産名の右側にあるアクション () ドロップダウン メニューから [説明の編集] を選択します。

    [説明の編集] ダイアログ ボックスを開く方法

  5. [説明の編集] ダイアログ ボックスの [詳細] フィールドに説明を入力し、[保存] をクリックします。

表の列の説明

  1. ナビゲーション ペインで [外部資産] を選択します (Tableau Catalog が有効な場合は使用できます)。
  2. [Databases and Files (データベースおよびファイル)] または [表] を選択します。
  3. リストから、説明する列を含む資産の名前を選択します。
  4. 表ページの [列] より列の名前を選択します。
  5. [Column Details (列の詳細)] ダイアログ ボックスで [説明] の右側にある編集アイコンを選択します。

    [列の説明] ダイアログ ボックスを開く方法

  6. [説明] フィールドに説明を入力し、[保存] をクリックします。

コンテンツへのアクセス

自分が所有しているコンテンツを見るには、ページの上部にあるプロファイル イメージまたはイニシャルをクリックし、さらに [マイ コンテンツ] をクリックします。

オプション

コンテンツ ページには、ユーザー情報と所有するコンテンツが表示されます。このページから、アラート、サブスクリプション、およびアカウント設定にアクセスすることもできます。詳細については、アカウント設定の管理を参照してください。

コンテンツ ページ

所有しているビューで、[このビューを表示したユーザー] を選択して、特定のビューを閲覧したユーザーを確認できます。

アクション メニューで [このビューを表示したユーザー] が選択されている画像

アクションの実行

チェック ボックスをクリックしてアイテムを選択してから、[アクション] ドロップダウン メニューをクリックして、それらのアイテムで利用可能なコマンドにアクセスします。

選択されているアイテムにアクションを実行するパーミッションがない場合、そのアクションは無効になります。複数のアイテムを選択し、選択したアイテムのいずれかにアクションを実行するパーミッションがない場合、そのアイテムにアクションを実行しようとするとエラーが表示されます。

アクション メニュー

注: アイテムのタイプが異なると、使用できるアクションも異なります。ワークブックとデータ ソースなど、2 つ以上のタイプを選択する場合、それらのタイプに共通するアクションのみが表示されます。

現在開いているアイテムのアクション メニューにアクセスするには、ページ上部の […] をクリックします。このページ上の他のアイテムでチェック ボックスを選択した場合にはこのアクション メニューは無効になります。代わりに、上に表示されるアクション メニューを使用し、選択したアイテムを変更してください。

現在開いているコンテンツのアクションにアクセスする

グリッド ビューでは、アクション メニューにサムネイルの右下隅からアクセスします。

サムネイルからアクションにアクセスする

リスト ビューでは、アイテム名の右側にあるアクション メニューにアクセスします。

リストからアクションにアクセスする

コンテンツの削除

コンテンツを削除するには、次のいずれかの基準を満たしている必要があります。

  • Explorer (パブリッシュ可能) または Creator のサイト ロールを持ち、かつ、コンテンツの削除機能を持っている
  • コンテンツの所有者である
  • アイテムがパーソナル スペースではなくプロジェクトにある場合: コンテンツが配置されているプロジェクト所有者またはプロジェクト リーダーである

パーミッションとサイト ロールがどのように相互作用するかについての詳細は、「「有効なパーミッション」を参照してください。

ヒント: サイトからコンテンツを削除するときは注意を払ってください。削除は、ビューを除くすべてのコンテンツ タイプに対する永続的なアクションです。

コンテンツを削除するには:

  1. ナビゲーション ペインで、[Explore (検索)] を選択します。
  2. 削除するコンテンツに移動します。
  3. [アクション] () ドロップダウン メニューから、[削除] を選択します。

コレクション、推奨事項、外部アセットなど、サイトの一部の領域では、アイテムへのリンクまたは参照が提供されます。これらのリンクまたは参照は、アイテム自体には影響を与えません。元のアイテムを削除してしまうことを心配することなく、コレクションからアイテムを削除したり、推奨事項を非表示にしたりできます。

コンテンツを削除した結果

コンテンツ タイプ 結果
ワークブック、メトリクス、フロー、およびデータの役割 コンテンツは完全に削除されます。このアクションは取り消すことはできません。
ビュー ビューはサイトから削除されますが、ワークブックを編集またはダウンロードする場合は、引き続きアクセスできます。この結果は、パブリッシュ時にビューが非表示にされていた場合と同じです。詳細については、シートの表示または非表示を参照してください。
プロジェクト プロジェクト、およびプロジェクト内のコンテンツは完全に削除されます。
コレクション コレクションは完全に削除されますが、コレクションに追加されたアイテムは削除されません。
ありがとうございます!