作業の保存と共有

フローの任意の時点で、フローの保存、Tableau Desktop のフローにあるデータのプレビューの表示、フローに適用したすべての操作を含むデータの抽出作成を行うことができます。フローのデータをパッケージして他のユーザーと共有したり、データ抽出をデータ ソースとして Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュすることもできます。

フローの保存

追加操作を実行する前に、フローを保存して作業をバックアップしてください。フローは Tableau Prep Builder フロー (.tfl) ファイル形式で保存されます。

Tableau Desktop でワークブックをパッケージして共有するのと同様に、ローカル ファイル (Excel、テキスト ファイル、Tableau 抽出) をフローと一緒にパッケージして他のユーザーに共有することもできます。ローカル ファイルのみをフローと一緒にパッケージできます。データベース接続のデータなどは含まれません。

パッケージド フローを保存すると、フローはパッケージド Tableau Flow ファイル (.tflx) として保存されます。

  • フローを保存するには、トップ メニューから [ファイル] > [保存] を選択します。

  • データ ファイルをフローと一緒にパッケージするには、トップ メニューから次のいずれかを実行します。

    • [ファイル] > [パッケージド フローのエクスポート] を選択します。

    • [ファイル] > [名前を付けて保存] を選択します。その後、[名前を付けて保存] ダイアログで、[種類を指定して保存] ドロップダウン メニューより [パッケージド Tableau Flow ファイル] を選択します。

Tableau でのデータ サンプルの表示

データのクリーニングを行う際に、進捗を Tableau Desktop で表示して確認したいと思うことがあるかもしれません。Tableau Desktop でフローを開くと、Tableau Prep Builder は永続的な Tableau 抽出 (Tableau のバージョンに応じて .tde または .hyper) および Tableau データ ソース (.tds) ファイルを作成します。ファイルは Tableau リポジトリのデータ ソース ファイルに保存されるので、いつでもデータを試すことができます。

: データを試すことはできますが、Tableau ではデータのサンプルのみが表示されるため、ワークブックをパッケージド ワークブック (.twbx) として保存することはできません。Tableau でデータを操作する準備ができたら、フローの出力ステップを作成し、出力をファイルに保存するかパブリッシュされたデータ ソースとして保存してから、Tableau の完全なデータ ソースに接続します。

Tableau Desktop でフローを開くと、選択したステップまで、操作が適用された状態のフローの作業中のデータ サンプルが表示されます。

Tableau でデータ サンプルを表示するには、次を実行します。

  1. データを表示するステップを右クリックし、コンテキスト メニュ-から [Tableau Desktop でプレビュー] を選択します。

  2. Tableau Desktop が [シート] タブで開きます。

データ抽出とデータ ソースの作成とパブリッシュ

抽出を作成するには、フローを実行します。フローを実行すると、変更内容がデータ セット全体に適用されます。フローの実行により、Tableau データ ソース (.tds) および Tableau データ抽出 (.tde または .hyper) ファイルが作成されます。フロー出力から抽出ファイルを作成して、Tableau Desktop で使用したり、データをサード パーティに共有したりできます。

注: データ抽出やデータ ソースは、Tableau Server バージョン 10.0 以降、また Tableau Online にパブリッシュできます。

抽出ファイルは以下の形式で作成できます。

  • Tableau データ抽出 (.tde): 抽出は Tableau 抽出 (.tde) および Tableau データ ソース (.tds) ファイルの両方として保存されます。Tableau Desktop または Tableau Server のバージョン 10.0 から 10.4 を使用する場合は、このファイルの種類を使用してください。

  • hyper 抽出 (.hyper): これは新しい Tableau 抽出ファイルの種類ですが、Tableau Desktop または Tableau Server のバージョン 10.5 以降でしか使用できません。

  • コンマ区切り値 (.csv): データをサード パーティに共有するには、抽出を .csv ファイルに保存します。エクスポートされた CSV ファイルは、BOM 付きの UTF-8 でエンコードされます。

また、出力はデータ ソースとして Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュし、データを共有したり、クリーニング、加工、組み合わせを行ったデータへの一元的なアクセスを提供したりできます。

: 出力を Tableau Server にパブリッシュするには、Tableau Server REST API が有効である必要があります。詳細については、Tableau Rest API ヘルプの「REST API の要件 (英語)」を参照してください。セキュア ソケット レイヤー (SSL) 暗号化証明書を使用するサーバーにパブリッシュするには、Tableau Prep Builder を実行しているマシンで追加構成ステップが必要です。詳細については、Tableau Desktop および Tableau Prep Builder 展開ガイドの「インストールの前に」を参照してください。

抽出ファイルの作成

  1. ステップでプラス アイコン をクリックし、[出力の追加] を選択します。

    以前にフローを実行したことがある場合は、出力ステップでフローの実行 ボタンをクリックします。これにより以前の出力が上書きされます。

    [出力] ペインが開き、データのスナップショットが表示されます。

  2. 左側のペインで [ファイルに保存] を選択します。

  3. [参照] ボタンをクリックし、[名前を付けて抽出を保存] ダイアログでファイル名を入力して [許可] をクリックします。

  4. [Output type (出力タイプ)] フィールドで出力タイプを選択します。使用している Tableau Desktop のバージョンに応じ、以下のオプションから選択できます。

    • Tableau Desktop バージョン 10.5 以降では Tableau データ抽出 (.hyper)。

    • Tableau Desktop バージョン 10.0 から 10.4 では Tableau データ抽出 (.tde)。

    • 抽出をサード パーティに共有する必要がある場合は、コンマ区切り値 (.csv)。

    ヒント: フローから出力を生成する場合には選択肢があります。抽出ファイルを生成するか、データをデータ ソースとして Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュできます。出力ファイルの生成に関する詳細は、データ抽出とデータ ソースの作成とパブリッシュを参照してください。

  5. [フローの実行] をクリックしてフローを実行し、抽出ファイルを生成します。

データ ソースとしてパブリッシュ

  1. ステップでプラス アイコン をクリックし、[出力の追加] を選択します。

    以前にフローを実行したことがある場合は、出力ステップでフローの実行 ボタンをクリックします。これにより以前の出力が上書きされます。

  2. [出力] ペインが開き、データのスナップショットが表示されます。

  3. [データ ソースとしてパブリッシュ] ラジオ ボタンを選択し、以下のフィールドに入力します。

    • サーバー: データ ソースとデータ抽出のパブリッシュを行う Tableau サーバーを選択します。サーバーにサインインしていない場合は、サインインするよう求められます。

      Mac では、Tableau Prep Builder が SSL 証明書を安全に使用して Tableau Server や Tableau Online 環境に接続できるよう、Mac キーチェーンへのアクセスを提供するよう求められることがあります。

    • プロジェクト: データ ソースと抽出を読み込むプロジェクトを選択します。

    • 名前: ファイル名を入力します

    • 説明: データ ソースの説明を入力します。

  4. [フローの実行] をクリックしてフローを実行し、データ ソースをパブリッシュします。

コマンドラインから出力ファイルを更新

: JDBC コネクタまたは ODBC コネクタのいずれかを使用した接続を含むコマンド ラインからのフローの実行は、バージョン 2019.2.3 以降サポートされています。

フローの出力ファイルを更新する場合、Tableau Prep Builder でフローを開いて実行しなくても、コマンド ラインからフローを実行できます。この方法を使用して、一度に 1 つのフローを実行できます。

また、Tableau Prep Conductor を使用し、Tableau Server でフローの自動的な実行をスケジュールすることもできます。Tableau Prep Conductor の詳細については、フロー データを最新に維持するを参照してください。

このオプションは、Tableau Prep Builder がインストール済みの Windows または Mac の両マシンで利用できます。Windows マシンでは、Windows タスク スケジューラを使用して、このプロセスのスケジュールを設定できます。Windows タスク スケジューラの詳細については、Microsoft オンライン ヘルプの「Task Scheduler (タスク スケジューラ)」 (英語) を参照してください。

コマンド ラインからフローを実行する際、Tableau Prep Builder によりフローの出力がすべて更新されます。

注: ファイルの出力場所は、Tableau Prep Builder のフローを実行するときに、フローの出力ステップで指定されます。コマンド ラインからファイルを更新する場合、このプロセスは同じ出力場所を使用し、フローの以前の出力ファイルは、更新されたファイルで上書きされます。

フロー ファイルの出力場所の指定方法に関する詳細は、データ抽出とデータ ソースの作成とパブリッシュを参照してください。

コマンド ラインからフローを実行するには、次が必要になります。

  • フローを実行しているマシンの管理者権限。

  • Tableau Prep Builder のインストール パス。

  • データベースを接続していて出力ファイルをサーバーにパブリッシュしている場合は、必要なすべての認証資格情報を含む .json 認証資格情報ファイル。

  • Tableau Flow (.tfl) ファイルが置かれているパス。

フローを実行する前に

データベースに接続するフロー、またはサーバーに出力ファイルをパブリッシュするためのフローを実行している場合、これらの場所への接続に必要な認証資格情報を含む .json ファイルを作成する必要があります。

プロセスを実行すると、認証資格情報の .json ファイルが提供するホスト名、ポート、ユーザー名が使用され、一致する接続が Tableau フロー ファイル (tfl) で検索され、プロセスの実行前に更新されます。

注: フロー接続後の出力先がローカル ファイルの場合や、Windows 認証 (SSPI) を使用するネットワーク共有上に保管されているファイルまたは入 力ファイルの場合は、このステップをスキップします。Windows 認証の詳細については、Microsoft オンライン ヘルプの「SSPI Model (SSPI モデル)」 (英語) を参照してください。

ファイルを再利用する予定がある場合、Tableau Prep Builder のインストール プロセスによって上書きされないフォルダにファイルを配置してください。

次の表に、.json ファイルに含める必要がある認証資格情報をリストします。接続に必要でない場合は、ポート ID とサイト ID は任意です。

入力の接続 出力場所
  • ユーザー名
  • ホスト名 (サーバー名)
  • ポート ID
  • パスワード
  • サーバーの URL
  • コンテンツの URL (サイト ID: これは Tableau Server または Tableau Online にサインインしたときに URL の /site/ の後ろに表示される情報です)
  • ユーザー名
  • パスワード

次に、認証資格情報の .json ファイルを使用する構文例を示します。

このサンプル フローでは、2 つのデータベース (Microsoft SQL Server と Oracle) に接続して、サイト ID を含むサーバーにファイルを出力します。

{
"inputConnections":[
  {
    "username": "jsmith",
    "hostname":"mssql.example.lan",
    "port":1234,
    "password": "passw0rd"
  },
  {
    "username": "jsmith",
    "hostname":"Oracle.example.lan",
    "port":5678,
    "password": "passw0rd" 
  }
],
"outputConnections":[
  {
    "serverUrl":"http://MyServer",
    "contentUrl":"FinanceTeam",
    "username":"jsmith",
    "password":"passw0rd$"
  }
]
}

認証資格情報ファイルの作成に関するヒント

Tableau Prep Builder は、フロー ファイルと認証資格情報の .json ファイルからの情報を使用して、リモート接続がある場合にフローを実行します。たとえば、リモート接続のデータベース名と、出力ファイル用のプロジェクト名はフローからの情報で、サーバー名とログイン用の認証資格情報は .json ファイルからの情報です。

フロー実行時のエラーを防ぐには、認証資格情報ファイルが次のガイドラインを満たしている必要があります。

  • Tableau Prep Builder バージョン 2018.2.2 から 2018.3.1 までを使用している場合は、入力または出力でリモート接続しない場合でも、"inputConnections" 配列と "outputConnections" 配列を常に含めるようにします。これらの配列を空白のままにします。Tableau Prep Builder バージョン 2018.3.2 以降を使用している場合、空白の配列を含める必要はありません。

    • リモートの入力接続がない場合は、.json ファイルの冒頭に次の構文を含めます。

      {
      "inputConnections":[
        ],
    • リモートの出力接続がない場合は、.json ファイルの末尾に次の構文を含めます。

    • "outputConnections":[
        ]
      }
  • 入力接続用のポート ID がない場合は、.json ファイルの "port":xxxx, 参照を含めないようにします。これは、"port": "" の場合も同じです。

  • "serverUrl": を参照するときに、アドレスの最後に "/" を含めないようにします。たとえば、"serverUrl": "http://server" のようにします。"serverUrl": "http://server/" とはしません。

  • 入力用または出力用の接続が複数ある場合は、接続ごとの認証資格情報をファイルに含めるようにします。

フローの実行

重要: 以下の例には、"Tableau Prep" バージョン 2019.1.2 から "Tableau Prep Builder" への名称の変更が含まれます。本製品の以前のバージョンを使用している場合、代わりに "Tableau Prep" を使用してください。

  1. 管理者としてコマンド プロンプトまたはターミナル コマンド プロンプト (Mac) を開きます。

  2. 以下のいずれかのコマンドを実行します。

    • ローカル ファイルまたはネットワーク共有上に保管されているファイルに接続し、ローカル ファイルやネットワーク共有上に保管されているファイルにパブリッシュするか、Windows 認証を使用するフローはでは次のように実行します。

      : ネットワーク共有上に保管されているファイルに接続するかこのファイルに出力する場合、パスに UNC 形式を使用します: \\server\path\file name。パスワード保護は利用できません。

      Windows

       "\[Tableau Prep Builder install location]\Tableau Prep Builder <version>\scripts"\tableau-prep-cli.bat -t "path\to\[your flow file name].tfl"

      Mac

      /Applications/Tableau\ Prep\ Builder\ [Tableau Prep Builder version].app/Contents/scripts/./tableau-prep-cli -t path/to/[your flow file name].tfl
    • データベースに接続するかサーバーにパブリッシュするフローでは次のように実行します。

      Windows

      "\[Tableau Prep Builder install location]\Tableau Prep Builder <version>\scripts"\tableau-prep-cli.bat -c "path\to\[your credential file name].json" -t "path\to\[your flow file name].tfl"

      Mac

      /Applications/Tableau\ Prep\ Builder\ [Tableau Prep Builder version].app/Contents/scripts/./tableau-prep-cli -c path/to/[your credential file name].json -t path/to/[your flow file name].tfl
    • フロー ファイルまたは認証資格情報ファイルがネットワーク共有上に保管されている (パス: \\server\path\file name に UNC 形式を使用) 場合は次のように実行します。

      Windows

      "\[Tableau Prep Builder install location]\Tableau Prep Builder <version>\scripts"\tableau-prep-cli.bat -c "\server\path\[your credential file name].json" -t "\server\path\[your flow file name].tfl"

      Mac: 検索でネットワーク共有を /Volumes にマップし永続的にしてから、/Volumes/.../[your file] を使用してパスを次のように指定します。

      /Applications/Tableau\ Prep\ Builder\ [Tableau Prep Builder version].app/Contents/scripts/./tableau-prep-cli -c /Volumes/.../[your credential file name].json -t path/to/[your flow file name].tfl

    サンプル コマンドの例は、構文例を参照してください。よくあるエラーと解決策については、コマンド ラインを使用してフローを実行する際の一般的なエラーを参照してください。

コマンドオプション

オプションのヘルプを見たい場合はコマンドラインで -h を含めます。

コマンドオプション 説明 メモ
-c ログイン情報ファイルへの接続パスです。 認証資格情報ファイルが置かれている場所へのパスが必要です。
-d フロープロセスのデバッグを行います。 このオプションを含めることで、フローの更新時に発生する問題のデバッグに役立つ詳細情報が表示されます。ログ ファイルは次の場所に保管されます。My Tableau Prep Builder Repository\Command Line Repository\Logs
-h 構文オプションのヘルプを表示します。

ヘルプ オプションあるいは構文エラーには次のような情報が表示されます。

usage: tableau-prep-cli [-c <arg>] [-d] [-h] [-t <arg>]
-c,--connections <arg>   path to a file with all connection information
-d,--debug               This option is for debugging
-h,--help                print usage message
-t,--tflFile <arg>       The tableau prep builder flow file	
-t .tfl フローファイルです .tfl フロー ファイルが置かれている場所へのパスが必要です。

構文例

以下のコマンド ラインは、下記の条件でフローを実行する場合の 3 種類の例を示したものです。

  • Tableau Prep Builder のバージョン: 2019.2.2

    重要: 以下の例には、Tableau Prep バージョン 2019.1.2 から Tableau Prep Builder への名称の変更が含まれます。本製品の以前のバージョンを使用している場合、代わりに "Tableau Prep" を使用してください。

  • フロー名: Flow1.tfl

  • フローの格納場所: C:\Users\jsmith\Documents\My Tableau Prep Builder Repository\Flows

  • 資格認証情報ファイル名: Flow 1.json

  • 資格認証情報ファイルの格納場所: C:\Users\jsmith\Desktop\Flow credentials

  • ネットワーク共有上の資格認証情報ファイルの格納場所: \tsi.lan\files\Flow credentials

フローの接続先とパブリッシュ先がローカル ファイルの場合

Windows

"\Program Files\Tableau\Tableau Prep Builder 2019.2.2\scripts"\tableau-prep-cli.bat   -t "\C:\Users\jsmith\Documents\My Tableau Prep Builder Repository\Flows\Flow1.tfl"

Mac

/Applications/Tableau\ Prep\ Builder\ 2019.2.2.app/Contents/scripts/./tableau-prep-cli  -t /Users/jsmith/Documents/My\ Tableau\ Prep\ Builder\ Repository/Flows.Flow1.tfl

フローの接続先がデータベースでパブリッシュ先がサーバーの場合

Windows

"\Program Files\Tableau\Tableau Prep Builder 2019.2.2\scripts"\tableau-prep-cli.bat -c "\C:\Users\jsmith\Desktop\Flow credentials\Flow1.json" -t "\C:\Users\jsmith\Documents\My Tableau Prep Builder Repository\Flows\Flow1.tfl"

Mac

/Applications/Tableau\ Prep\ Builder\ 2019.2.2.app/Contents/scripts/./tableau-prep-cli -c /Users/jsmith/Desktop/Flow\ credentials/Flow1.json -t /Users/jsmith/Documents/My\ Tableau\ Prep\ Builder\ Repository/Flows.Flow1.tfl

フローのパブリッシュ先がサーバーで認証資格情報ファイルがネットワーク共有上に保管されている場合

Windows

"\Program Files\Tableau\Tableau Prep Builder 2019.2.2\scripts"\tableau-prep-cli.bat -c "\\tsi.lan\files\Flow credentials\Flow1.json" -t "\C:\Users\jsmith\Documents\My Tableau Prep Builder Repository\Flows\Flow1.tfl"
Mac/Applications/Tableau\ Prep\ Builder\ 2019.2.2.app/Contents/scripts/./tableau-prep-cli -c /Volumes/files/Flow\ credentials/Flow1.json -t /Users/jsmith/Documents/My\ Tableau\ Prep\ Builder\ Repository/Flows.Flow1.tfl

このセクションのその他の記事

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 ご意見の送信中にエラーが発生しました。もう一度実行するか、当社にメッセージを送信してください