作業の保存と共有

フローの任意の時点で、フローの保存、Tableau Desktop のフローにあるデータのプレビューの表示、フローに適用したすべての操作を含むデータの抽出作成を行うことができます。フローのデータをパッケージして他のユーザーと共有したり、データ抽出をデータ ソースとして Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュすることもできます。

データを最新の状態に保つには、Tableau Prep Builder 内やコマンド ラインから個別のフローを実行します。スケジュールに従ってフローを自動的に実行するには、フローを Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュします。フロー実行の詳細については、コマンド ラインからフロー出力ファイルを更新(Link opens in a new window)またはTableau Server または Tableau Online へのフローのパブリッシュ(Link opens in a new window)を参照してください。

フローの保存

追加操作を実行する前に、フローを保存して作業をバックアップしてください。フローは Tableau Prep Builder フロー (.tfl) ファイル形式で保存されます。

Tableau Desktop でワークブックをパッケージして共有するのと同様に、ローカル ファイル (Excel、テキスト ファイル、Tableau 抽出) をフローと一緒にパッケージして他のユーザーに共有することもできます。ローカル ファイルのみをフローと一緒にパッケージできます。データベース接続のデータなどは含まれません。

パッケージド フローを保存すると、フローはパッケージド Tableau Flow ファイル (.tflx) として保存されます。

  • フローを保存するには、トップ メニューから [ファイル] > [保存] を選択します。

  • データ ファイルをフローと一緒にパッケージするには、トップ メニューから次のいずれかを実行します。

    • [ファイル] > [パッケージド フローのエクスポート] を選択します。

    • [ファイル] > [名前を付けて保存] を選択します。その後、[名前を付けて保存] ダイアログで、[種類を指定して保存] ドロップダウン メニューより [パッケージド Tableau Flow ファイル] を選択します。

Tableau でのデータ サンプルの表示

データのクリーニングを行う際に、進捗を Tableau Desktop で表示して確認したいと思うことがあるかもしれません。Tableau Desktop でフローを開くと、Tableau Prep Builder は永続的な Tableau 抽出 (Tableau のバージョンに応じて .tde または .hyper) および Tableau データ ソース (.tds) ファイルを作成します。ファイルは Tableau リポジトリのデータ ソース ファイルに保存されるので、いつでもデータを試すことができます。

: データを試すことはできますが、Tableau ではデータのサンプルのみが表示されるため、ワークブックをパッケージド ワークブック (.twbx) として保存することはできません。Tableau でデータを操作する準備ができたら、フローの出力ステップを作成し、出力をファイルに保存するかパブリッシュされたデータ ソースとして保存してから、Tableau の完全なデータ ソースに接続します。

Tableau Desktop でフローを開くと、選択したステップまで、操作が適用された状態のフローの作業中のデータ サンプルが表示されます。

Tableau Desktop でデータ サンプルを表示するには、次の手順を実行します。

  1. データを表示するステップを右クリックし、コンテキスト メニュ-から [Tableau Desktop でプレビュー] を選択します。

  2. Tableau Desktop が [シート] タブで開きます。

データ抽出とデータ ソースの作成とパブリッシュ

抽出を作成するには、フローを実行します。フローを実行すると、変更内容がデータ セット全体に適用されます。フローの実行により、Tableau データ ソース (.tds) および Tableau データ抽出 (.tde または .hyper) ファイルが作成されます。フロー出力から抽出ファイルを作成して、Tableau Desktop で使用したり、データをサード パーティに共有したりできます。

バージョン 2020.2.1 以降では、増分更新を使用してフローを実行できます。このオプションを使用すると、時間とリソースを節約でき、全データ セットではなく、新規データのみを更新できます。増分更新を使用して、フローを構成して実行する方法の詳細については、増分更新を使用したフロー データの更新を参照してください。

注: データ抽出やデータ ソースは、Tableau Server バージョン 10.0 以降、また Tableau Online にパブリッシュできます。

抽出ファイルは以下の形式で作成できます。

  • Tableau データ抽出 (.tde): 抽出は Tableau 抽出 (.tde) および Tableau データ ソース (.tds) ファイルの両方として保存されます。Tableau Desktop または Tableau Server のバージョン 10.0 から 10.4 を使用する場合は、このファイルの種類を使用してください。

  • hyper 抽出 (.hyper): これは新しい Tableau 抽出ファイルの種類ですが、Tableau Desktop または Tableau Server のバージョン 10.5 以降でしか使用できません。

  • コンマ区切り値 (.csv): データをサード パーティに共有するには、抽出を .csv ファイルに保存します。エクスポートされた CSV ファイルは、BOM 付きの UTF-8 でエンコードされます。

また、出力はデータ ソースとして Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュし、データを共有したり、クリーニング、加工、組み合わせを行ったデータへの一元的なアクセスを提供したりできます。

: 出力を Tableau Server にパブリッシュするには、Tableau Server REST API が有効である必要があります。詳細については、Tableau Rest API ヘルプの「REST API の要件 (英語)」(Link opens in a new window)を参照してください。セキュア ソケット レイヤー (SSL) 暗号化証明書を使用するサーバーにパブリッシュするには、Tableau Prep Builder を実行しているマシンで追加構成ステップが必要です。詳細については、Tableau Desktop および Tableau Prep Builder 導入ガイドの「インストールの前に」(Link opens in a new window)を参照してください。

抽出ファイルの作成

  1. ステップでプラス アイコン をクリックし、[出力の追加] を選択します。

    以前にフローを実行したことがある場合は、出力ステップでフローの実行 ボタンをクリックします。そうすると、フローが実行され、出力が更新されます。

    [出力] ペインが開き、データのスナップショットが表示されます。

  2. 左側のペインで [ファイルに保存] を選択します。

  3. [参照] ボタンをクリックし、[名前を付けて抽出を保存] ダイアログでファイル名を入力して [許可] をクリックします。

  4. [Output type (出力タイプ)] フィールドで出力タイプを選択します。使用している Tableau Desktop のバージョンに応じ、以下のオプションから選択できます。

    • Tableau Desktop バージョン 10.5 以降では Tableau データ抽出 (.hyper)。

    • Tableau Desktop バージョン 10.0 から 10.4 では Tableau データ抽出 (.tde)。

    • 抽出をサード パーティに共有する必要がある場合は、コンマ区切り値 (.csv)。

  5. (バージョン 2020.2.1 以降) [書き込みオプション] セクションで、既定の書き込みオプションを表示して、新しいデータをファイルに書き込み、必要に応じて変更します。詳細については、書き込みオプションの構成を参照してください。

    • [テーブルの作成]: このオプションでは、新しいテーブルが作成されるか、既存のテーブルが新しい出力に置き換えられます。

    • [テーブルに追加]: このオプションでは、既存のテーブルに新しいデータが追加されます。テーブルが存在しない場合は、新しいテーブルが作成され、以降の実行でこのテーブルに新しい行が追加されます。

      : [テーブルに追加] では、.csv と .tde の出力タイプには対応していません。対応している更新の組み合わせの詳細については、フロー更新オプションを参照してください。

  6. [フローの実行] をクリックしてフローを実行し、抽出ファイルを生成します。

データ ソースとしてパブリッシュ

  1. ステップでプラス アイコン をクリックし、[出力の追加] を選択します。

    以前にフローを実行したことがある場合は、出力ステップでフローの実行 ボタンをクリックします。そうすると、フローが実行され、出力が更新されます。

    : バージョン 2020.1.1 では、Tableau Prep Builder で以前にパブリッシュされたデータ ソースが更新され、データ ソースに含まれている可能性のあるデータ モデリング (計算フィールドや番号書式など) が維持されます。データ ソースを更新できない場合は、代わりにデータ ソースが置き換えられます。

  2. [出力] ペインが開き、データのスナップショットが表示されます。

  3. [データ ソースとしてパブリッシュ] ラジオ ボタンを選択し、以下のフィールドに入力します。

    • サーバー: データ ソースとデータ抽出のパブリッシュを行う Tableau サーバーを選択します。サーバーにサインインしていない場合は、サインインするよう求められます。

      : Tableau Prep Builder バージョン 2020.1.4 以降、サーバーにサインインすると、Tableau Prep Builder はアプリケーションを閉じるときにサーバー名とログイン情報を記憶するので、次回アプリケーションを開いたときには既にサーバーにログインした状態になります。

      Mac では、Tableau Prep Builder が SSL 証明書を安全に使用して Tableau Server や Tableau Online 環境に接続できるよう、Mac キーチェーンへのアクセスを提供するよう求められることがあります。

      Tableau Online に出力している場合は、サイトがホストされているポッドを「serverUrl」に含める必要があります。たとえば、「https://online.tableau.com」ではなく「https://eu-west-1a.online.tableau.com」となります。

    • プロジェクト: データ ソースと抽出を読み込むプロジェクトを選択します。

    • 名前: ファイル名を入力します

    • 説明: データ ソースの説明を入力します。

  4. (バージョン 2020.2.1 以降) [書き込みオプション] セクションで、既定の書き込みオプションを表示して、新しいデータをファイルに書き込み、必要に応じて変更します。詳細については、書き込みオプションの構成を参照してください。

    • [テーブルの作成]: このオプションでは、新しいテーブルが作成されるか、既存のテーブルが新しい出力に置き換えられます。

    • [テーブルに追加]: このオプションでは、既存のテーブルに新しいデータが追加されます。テーブルが存在しない場合は、新しいテーブルが作成され、以降の実行でこのテーブルに新しい行が追加されます。

  5. [フローの実行] をクリックしてフローを実行し、データ ソースをパブリッシュします。

このセクションの他の記事

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください