Tableau Server または Tableau Online へのフローのパブリッシュ

重要: バージョン 2020.4.1 以降では、フローを Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュするためのデータ管理アドオンは必要なくなりました。必要となるのは、スケジュールに従ってフローを実行する場合のみです。

Tableau Server または Tableau Online にフローをパブリッシュしてフローを自動的に実行するスケジュールを設定し、Tableau Prep Conductor を使用してフロー出力を更新します。また、サーバー上で個々のフローを手動で実行することもできます。Web 上で作成または編集されたフロー (バージョン 2020.4.1 以降) は、実行する前にまずパブリッシュする必要があります。

パブリッシュの前に

確実にフローを実行できるようにするには、次のことを確認します。

  1. フローにエラーがないことを確認します。

    エラーを含むフローを Tableau Server または Tableau Online で実行しようとすると、失敗します。フローのエラーは赤の感嘆符で識別され、キャンバスの右上隅にエラー インジケーターとともに赤い点が表示されます。

  2. フローに使用中のバージョンの Tableau Server と互換性のない入力コネクタや機能が含まれていないことを確認します。Tableau Online は常に最新バージョンを実行する必要があります。Web 上で作成されたフローは、作成されたサーバーバージョンと常に互換性があります。

    Tableau Server のお使いのバージョンでまだサポートされていないコネクタや機能を含むフローを Tableau Prep Builder からパブリッシュすることはできますが、実行をスケジュールすることはできません。

    たとえば、SAP HANA コネクタは Tableau Prep Builder バージョン 2019.1.4 で導入されましたが、このコネクタは Tableau Prep Conductor では Tableau Server バージョン 2019.2 までサポートされていません。フローをパブリッシュすると、以下の例のようなメッセージが表示されます。

    : Tableau Server で実行するフローのスケジュールを設定するには、Tableau Server バージョン 2019.1 以降を使用する必要があり、Tableau Prep Conductor を有効にする必要があります。

    Tableau Server でフローを実行するには、フローに互換性を持たせるように適切な対応を取る必要があります。互換性のないフローの使用に関する詳細については、Tableau Prep とのバージョン互換性(Link opens in a new window)を参照してください。

  3. ネットワーク共有への接続を使用したインプットまたは出力ステップを含むフローでは、セーフ リストが必要です。Tableau Online ではこのオプションはサポートされておらず、パブリッシュ時にファイルとフローをパッケージする必要があります。

    : 現在、Web 上で作成されたフローは、パブリッシュされたデータ ソースまたはデータベースにのみ出力できます。

    Tableau Prep Builder の場合:

    ネットワーク共有 (UNC パス) に格納されたファイルを示すフローの入力および出力ステップは、サーバーがファイルとパスにアクセス可能で、組織のセーフ リストに含まれていない限り、許可されません。セーフ リストにファイルの場所を追加せずにフローをパブリッシュすると、フローはパブリッシュされますが、Tableau Server でフローのスケジュールまたは実行を試行するとエラーが発生します。

    ファイルがセーフ リストに記載された場所に保存されていない場合、フローをパブリッシュすると警告メッセージが表示されます。

    許可された場所の一覧を表示するには、メッセージに記載された [リスト] リンクをクリックします。リスト内のいずれかの場所にファイルを移動して、フローがこれらの新しい場所を指定するようにしてください。

    Tableau Server で許可されたネットワーク パスを設定するには、手順 4 - 入力場所と出力場所をセーフ リストに登録する(Link opens in a new window)に記載されている tsm コマンド オプションを使用します。

    ファイルをセーフ リストに記載された場所に移動しない場合は、入力ファイルとフローをパッケージ化し、フロー出力をパブリッシュされたデータ ソースとして Tableau Server にパブリッシュします。これらのオプションの設定の詳細については、このトピックのTableau Prep Builder からフローをパブリッシュするを参照してください。

  4. (Tableau Prep Builder のみ) フロー出力ステップが  [データ ソースとしてパブリッシュ] に設定されている場合、すべてのフロー出力ステップで、フローがパブリッシュされている同じサーバーまたは同じサイトを指定する必要があります。サーバーまたはサイト上の異なるプロジェクトを指定することはできますが、選択できるサーバーまたはサイトは 1 つだけです。

    出力ステップのパブリッシュ場所を設定するには、次の操作を行います。

    1. フローペインで出力ステップを選択します。

    2. パブリッシュペインで[データソースとしてパブリッシュ]を選択します。

    3. サーバーまたはサイトを選択し、フローをパブリッシュしたいプロジェクトを選択します。必要に応じて、サーバーまたはサイトにサインインします。

    4. 各出力の名前と説明を入力します。

      この出力ファイルの名前は、フローを実行するユーザーが更新する出力ファイルを簡単に特定できるようにわかりやすくする必要があります。ファイル名は、Tableau Server または Tableau Online のフローの [概要] ページと [接続] ページに表示されます。

    5. フローを保存します。

      出力ステップをパブリッシュするための構成方法に関する詳細は、データ抽出ファイルとパブリッシュされたデータ ソースを作成するを参照してください。

フローの実行

フロー出力を生成するには、フローを実行する必要があります。フローを実行すると、(作業しているデータ サンプルだけでなく) すべてのデータがフロー ステップを通じて実行されます。すべてのクリーニング操作を完全なデータ セットに適用すると、整理されたクリーンなデータセットになり、データの分析に使用できます。

Tableau Prep Builder および Web 上では、フローをいつでも手動で実行できます。Web 上のフローを実行するには、パブリッシュする必要があります。

また、コマンド ラインからフローを実行したり、スケジュールを使用してサーバー上にパブリッシュされたフローを自動的に実行したりすることもできます。フロー実行のスケジュールを設定するには、サーバーに Tableau Prep Conductor が有効になっているデータ管理アドオンが含まれている必要があります。Tableau Prep Conductor の詳細については、Tableau Prep Conductor についてを参照してください。

コマンド ラインからのフロー実行の詳細については、コマンド ラインからフロー出力ファイルを更新(Link opens in a new window)を参照してください。スケジュールにフローを追加する方法の詳細については、フロー タスクのスケジュールを設定するを参照してください。

フローを手動で実行します

フローを手動で実行する場合、一度に実行できるのは 1 つのフローのみです。フロー全体を実行することも、選択した出力のフローを実行することもできます。

Web 作成 (バージョン 2020.4.1 以降) でフローを実行している場合、フローは、フローを実行するサーバーにパブリッシュする必要があり、最初のフローが終了するまで別のフローを実行することはできません(別のタブからであっても実行することはできません)。

Tableau Online では、1 日あたりのフロー実行の数もサイト管理者によって制限されます。詳細については Tableau オンラインヘルプの「Tableau Online サイトの容量」(Link opens in a new window)を参照してください。

  1. フローを Tableau Prep Builder またはサーバー上で開きます。
  2. 次のいずれかを実行します。
    • トップ メニューから [実行] をクリックしてフロー全体を実行するか、ドロップダウン矢印をクリックしてリストからフロー出力を選択します。

    • サーバーの [検索] ページで、右クリックまたは Cmd キー (MacOS) を押して [その他のアクション] をクリックし、メニューから [今すぐ実行] を選択します。これにより、フロー全体を実行できます。

    • フローの出力ステップをクリックし、出力ペインで [フローの実行] をクリックします。

      フローを Web 上で開いていない場合は、[フローの編集] をクリックして編集モードでフローを開き、[パブリッシュ] をクリックしてフローをパブリッシュするか、フローをパブリッシュするプロンプトを受け入れてから、[フローの実行] をクリックします。

Tableau Prep Builder からフローをパブリッシュする

: パブリッシュされたデータ ソースがインプットとして含まれるフローをパブリッシュすると、パブリッシャーが既定のフロー所有者として割り当てられます。フローを実行するときは、フロー所有者を実行アカウントに使用します。実行アカウントの詳細については、「実行サービス アカウント」(Link opens in a new window)を参照してください。Tableau Server または Tableau Online でフロー所有者を変更できるのは、サイト管理者またはサーバー管理者だけです。

  1. Tableau Prep Builder でフローを開きます。

  2. トップメニューから、サーバー > フローのパブリッシュを選択します。

  3. プラットフォームのフィールドに入力します。次に [パブリッシュ] をクリックします。Tableau Server または Tableau Online が既定のブラウザのフローの [概要] ページに自動的に開きます。

  1. [Tableau Server にパブリッシュ] ダイアログで、次のフィールドに入力します。
    • プロジェクト: ドロップダウン オプションをクリックして、プロジェクト階層からプロジェクトを選択します。これは、出力ファイルのパブリッシュ先プロジェクトと同じである必要があります。
    • 名前: フローの名前を入力します。この名前は、フローページのサーバー上に表示されます。既存のフローを上書きする場合は、ドロップダウンオプションをクリックしてリストから名前を選択します。
    • 説明(オプション): フローの説明を入力します。
    • タグ(オプション)追加をクリックして1つまたは複数のタグを入力し、ユーザーが簡単に検索できるようにフローを識別します。また、パブリッシュ後に、Tableau Server のフロー ページにタグを追加することもできます。
  2. [接続] セクションの [編集] をクリックして、接続設定を編集するか、認証を変更します。

    ファイル

    既定では、ファイル入力接続がフローとともにパッケージされています。パッケージド ファイルは、Tableau Server でフローが実行されている場合は更新されません。すべてのファイルには、[アップロード] または [直接接続] のいずれかの設定が必要です。

    • 出力ファイルを更新するときに最新のデータを取得するには、Tableau Server がファイルの場所に接続可能で、その場所が組織のセーフ リストに含まれている場合は、[直接接続] を選択します。

    • インプットまたは出力ステップがネットワーク共有 (UNC パス) に格納されているファイルを指定しているが、その場所が組織のセーフ リストに含まれていない場合は、警告メッセージが表示されます。メッセージ内のリンクをクリックしてセーフ リストに記載された場所の一覧を表示し、ファイルを移動して、入力および出力ステップで新しいファイルの場所を指定するようにします。詳細については、パブリッシュの前にの手順 3 を参照してください。

    • 組織のセーフ リストに場所を追加する方法については、手順 4 - 入力場所と出力場所をセーフ リストに登録する(Link opens in a new window)を参照してください。

    データベース

    フローが 1 つ以上のデータベースに接続する場合は、フロー入力データ ソースへの接続に使用する以下のいずれかの認証タイプを選択します。

    • サーバーの実行アカウント: サーバーの 実行ユーザー アカウントがすべてのユーザーを認証します。

    • ユーザーの確認: Tableau Server で接続を編集し、データベース認証資格情報を入力してから、フローを実行する必要があります。
    • 埋め込みパスワード: データへの接続に使用した資格情報は、接続とともに保存され、パブリッシュしたフローにアクセスしているすべてのユーザーにより使用されます。

    • 認証資格情報の追加: (バージョン 2020.1.1 以降) クラウド コネクタに接続する場合は、[フローのパブリッシュ] ダイアログから認証資格情報を直接追加してフローに埋め込むことができます。認証資格情報を追加するには、次の手順を実行します。
      • [接続] セクションで [編集] をクリックするか、警告メッセージから [認証資格情報の編集] をクリックします。次に、[認証] ドロップダウン メニューから [認証資格情報の追加] をクリックします。

      • 確認ダイアログで [続行] をクリックします。Tableau Prep Builder に、サインインしているサーバーの [アカウント設定] ページが自動的に開きます。

      • 認証資格情報を追加して、Tableau Prep Builder に戻ります。

      • [認証資格情報の追加を終了する] ダイアログで、[完了] をクリックします。

      • [接続] セクションで [編集] をクリックし、認証資格情報が追加され、フローに埋め込まれたことを確認します。

  1. [Tableau Online にパブリッシュ] ダイアログで、次のフィールドに入力します。
    • プロジェクト: ドロップダウン オプションをクリックして、プロジェクト階層からプロジェクトを選択します。これは、出力ファイルのパブリッシュ先プロジェクトと同じである必要があります。
    • 名前: フローの名前を入力します。この名前は、フローページのサーバー上に表示されます。既存のフローを上書きする場合は、ドロップダウンオプションをクリックしてリストから名前を選択します。
    • 説明(オプション): フローの説明を入力します。
    • タグ(オプション)追加をクリックして1つまたは複数のタグを入力し、ユーザーが簡単に検索できるようにフローを識別します。また、パブリッシュ後に、Tableau Server のフロー ページにタグを追加することもできます。
  2. [接続] セクションの [編集] をクリックして、接続設定を編集するか、認証を変更します。

    ファイル

    Tableau Online では、インプット ステップ データの直接ファイル接続がサポートされていないため、ファイルをそのフローとともにパッケージする必要があります。パッケージド ファイルは、Tableau Online でフローが実行されている場合は更新されません。

    データベース

    Tableau Online へのフローのパブリッシュ時にデータを最新の状態に保つため、クラウドでホストされるデータ ソースにのみ直接接続できます。ただし、オンプレミス データ ソースに接続するときは、データ ソースをパブリッシュされたデータ ソースに変換する必要があります。また、データ ソースに Tableau Bridge が構成されている場合は、Tableau Online で Tableau Bridge クライアントを使用してデータに接続できます。

    Tableau Online でサポートされる直接接続の詳細については、「クラウド プラットフォームでホストされているデータへの直接接続の許可」(Link opens in a new window)を参照してください。

    Tableau Bridge の使用に関する詳細については、「パブリッシャーにオンプレミス データへのライブ接続の維持を許可」(Link opens in a new window)を参照してください。

    フローで直接接続をサポートするクラウドベースのデータ ソースに接続する場合は、次のいずれかの認証タイプを選択して、フロー入力データ ソースへの接続に使用します。

    • ユーザーの確認: Tableau Online で接続を編集し、データベース認証資格情報を入力してから、フローを実行する必要があります。

    • 埋め込みパスワード: データへの接続に使用した資格情報は、接続とともに保存され、パブリッシュしたフローにアクセスしているすべてのユーザーにより使用されます。

    • オンプレミス データ ソースの [データ ソースのパブリッシュ] ラジオ ボタンを選択します。Tableau Online では、データ ソースに直接接続してデータを更新することはできません。このオプションを選択すると、フローを Tableau Online にパブリッシュするときに、データ ソースの入力接続がパブリッシュされたデータ ソースに変換されます。
    • データ ソースに対して Tableau Bridge が構成され、そのデータ ソースが Tableau Online でサポートされている場合は、フローを実行するときにデータを更新できます。詳細については、「クラウド プラットフォームでホストされているデータへの直接接続の許可」(Link opens in a new window)を参照してください。

    • Tableau Prep Builder のフローのオンプレミス データ ソース接続をパブリッシュされたデータ ソースに置き換えるには、フローをパブリッシュする前に [その他のオプション] セクションで [フロー入力を更新してパブリッシュされたデータ ソースを使用する] を選択します。
    • チェック ボックスをオンにしないと、Tableau Prep Builder のフローはローカルのオンプレミス データ ソースに接続されたままとなり、Tableau Prep Builder のフローはパブリッシュされたバージョンのフローと同期されなくなります。フローを使用して操作を継続するには、Tableau Online からフローをダウンロードして編集し、再パブリッシュする必要があります。

    • 認証資格情報の追加: (バージョン 2020.1.1 以降) クラウド コネクタに接続する場合は、[フローのパブリッシュ] ダイアログから認証資格情報を直接追加してフローに埋め込むことができます。認証資格情報を追加するには、次の手順を実行します。
      • [接続] セクションで [編集] をクリックするか、警告メッセージから [認証資格情報の編集] をクリックします。次に、[認証] ドロップダウン メニューから [認証資格情報の追加] をクリックします。

      • 確認ダイアログで [続行] をクリックします。Tableau Prep Builder に、サインインしているサーバーの [アカウント設定] ページが自動的に開きます。

      • 認証資格情報を追加して、Tableau Prep Builder に戻ります。

      • [認証資格情報の追加を終了する] ダイアログで、[完了] をクリックします。

      • [接続] セクションで [編集] をクリックし、認証資格情報が追加され、フローに埋め込まれたことを確認します。

Web 作成でフローをパブリッシュする

Web 上でフローをゼロから作成するか、既存のフローを編集するかに関係なく、フローを実行する前にパブリッシュする必要があります。

  • フローの下書きはサインインするサーバーにのみパブリッシュできます。
  • [ファイル] メニューの [Publish As (名前を付けてパブリッシュ)] をクリックすると、下書きを別のプロジェクトにパブリッシュできます。
  • フローのデータベース接続に認証資格情報を埋め込むことで、フローの実行時に認証資格情報を手動で入力しなくても、フローを実行できます。

Web 上でフローを操作する場合の相違点について詳しくは、Web 上での Tableau Prep」を参照してください。

認証資格情報の埋め込み

資格情報の埋め込みは、実行中のフローにのみ適用されます。現在、認証資格情報は、データベースに接続されているフローを編集する際に手動で入力する必要があります。認証資格情報の埋め込みは、サーバー レベルまたはサイト レベルではなく、フロー レベルでのみ設定できます。

次のいずれかを実行します。

  • トップ メニューから、[ファイル] > [接続の認証資格情報] > [Embeded in Published Flow (パブリッシュされたフローへの埋め込み)] の順に選択します。

  • フローをパブリッシュする場合は、[認証資格情報の埋め込み] チェック ボックスをオンにします。このオプションは、[Publish As (名前を付けてパブリッシュ)] を選択して新しいプロジェクトに初めてフローをパブリッシュしたとき、または他のユーザーが最後にパブリッシュしたフローを編集するときに表示されます。

フローのパブリッシュ

フローをパブリッシュすると、それが現在のバージョンのフローになり、プロジェクトにアクセスできる他のユーザーが実行および表示できます。パブリッシュされていないフローやフローの下書きに対して行った変更内容は、フローをパブリッシュするまで自分以外のユーザーには表示できません。フローのステータスの詳細については、Web 上にフローを自動的に保存します (バージョン 2020.4 以降)を参照してください。

フローをパブリッシュするには、次のいずれかを実行します。

  • トップメニューから、[ファイル] > [パブリッシュ] または[ファイル] > [Publish As (名前を付けてパブリッシュ)] を選択します。

  • 上部のバーで [パブリッシュ] ボタンをクリックするか、ドロップダウン矢印をクリックして [Publish As (名前を付けてパブリッシュ)] を選択します。

実行可能なユーザー

サーバー管理者、サイト管理者 Creator、および Creator は、完全な接続およびパブリッシュ アクセスを許可します。

Creator は、Web 作成タスクを実行できます。

Explorer (パブリッシュ可能) およびサイト管理者 Explorer には、以下のトピックで説明するように、制限付きのパブリッシュ機能があります。

Tableau Server:

Tableau Online: 各サイト ロールで使用できる一般的な機能(Link opens in a new window)

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直してください。