Tableau Prep Builder バージョン 2021.4.1 以降、Tableau Online の Web 上、Tableau Server バージョン 2021.4.0 以降でサポートしています

: このトピックの内容は、特に記載がない限り、Tableau Prep Builder および Web でのフローの作成に適用されます。Web 上でのフローの作成の詳細については、Tableau Server(新しいウィンドウでリンクが開く) および Tableau Online(新しいウィンドウでリンクが開く) ヘルプの「Web 上の Tableau Prep」を参照してください。

同じスキーマでさまざまなデータを使用してフローを頻繁に再利用する場合は、パラメーターを作成してフローに適用すると、シナリオ間を簡単に移行できます。パラメーターは、フローで定数値の代わりに使用できる、数値、テキスト値、Boolean 値などのグローバルなプレースホルダー値です。

複数のフローを作成して維持する代わりに、1 つのフローを作成して、パラメーターを使用することで、さまざまなデータ セットでフローを実行できるようになりました。たとえば、さまざまな販売地域のパラメーターを作成し、パラメーター値を入力ファイル パスに適用して、その地域のデータのみを使用してフローを実行できます。

パラメーターを適用できる場所

パラメーターは、ステップ タイプに応じて、ファイル名、パス、テーブル名、フィルター式、計算フィールドに適用できます。バージョン 2022.1.1 以降では、REST API を使用してフローを実行するときにパラメーター オーバーライド値を含めることもできます。詳細については、Tableau REST API ヘルプの「フロー メソッド」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

次の表に、各ステップ タイプでパラメーターを適用できる場所を示します。

ステップ タイプ: パラメーターの場所
インプット
  • ファイルへの接続: ファイル名やファイル パスでパラメーターを使用
  • データベースへの接続: テーブル名やカスタム SQL でパラメーターを使用
  • 式エディター: フィルター
出力
  • ファイルへの出力: ファイル名またはファイル パスのパラメーター、およびバージョン 2022.1.1 以降では Microsoft Excel ワークシート名を使用
  • サーバーへの出力: パブリッシュされたデータ ソース名でパラメーターを使用
  • データベースへの出力:テーブル名のパラメーター、およびバージョン 2022.1.1 以降ではフロー出力をデータベースに書き込む前後に実行する SQL スクリプトのパラメーターを使用
クリーニング、新しい行、ピボット、結合、ユニオン
  • 式エディター: フィルターと計算されたフィールド値
集計
  • 式エディター: フィルター
スクリプト
  • 式エディター: フィルターと計算されたフィールド値
予測
  • 式エディター: フィルターと計算されたフィールド値

 

パラメーターを作成する

パラメーターは、パラメーターが使用されるフローに固有のものです。トップメ ニューからパラメーターを作成し、パラメーターに適用する値を定義します。すべての値を受け入れるパラメーターを定義することもできます。つまり、フローの実行時に、すべてのフロー ユーザーが任意の値を入力できます。

フロー パラメーター値は、必須またはオプションにすることができます。フローを実行すると、ユーザーはパラメーター値を入力するように求められます。ユーザーがフローを実行する前に、必要なパラメーター値を入力する必要があります。オプションのパラメーター値を入力することも、現在のデフォルト値を受け入れることもできます。このパラメーター値は、そのパラメーターが使用されるすべての場所で実行されるフローに適用されます。

: Tableau Server または Tableau Online でパラメーターを含むフローを実行またはスケジュールするには、管理者はサーバーで [フロー パラメーター] 設定を有効にする必要があります。詳細については、Tableau Server(新しいウィンドウでリンクが開く) または Tableau Online(新しいウィンドウでリンクが開く) ヘルプの「Web 上でのフローの作成と操作」を参照してください。

  1. トップ メニューで [パラメーター] アイコンをクリックしてから、[パラメーターの作成] をクリックします。

  2. [パラメーターの作成] ダイアログで、名前と説明 (オプション) を入力します。パラメーター名は一意である必要があります。これは、パラメーターを追加したときにユーザー インターフェイスに表示される値です。

    説明を含めると、ユーザーは、パラメーター リスト上やパラメーターが使用される場所でカーソルを当てたとき、この情報を確認できるようになります (バージョン 2022.1.1 以降)。

  3. 以下のいずれかのデータ型を選択します。パラメーター値は、選択したデータ型と一致する必要があります。

    • 数値 (整数または小数)
    • 文字列
    • ブール値
  4. [許容値] を指定します。これらの値は、ユーザーがパラメーターに入力できる値です。

    • すべて: このオプションを選択すると、フローを実行している場合でも、ユーザーはパラメーターに任意の値を入力できます。

      : 入力および出力ステップで使用できるパラメーターにこのオプションを使用すると、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。たとえば、任意の値を入力できるカスタム SQL クエリは、データ資産を SQL インジェクション攻撃にさらす可能性があります。

    • リスト: ユーザーがパラメーターを適用するときに選択できる値のリストを入力します。複数の値を入力するには、各入力の後に Enter キーを押します。
  5. (オプション) [実行時に選択を要求] を選択します (以前のリリースでは [実行時に値の入力を要求])。これにより、パラメーターが必須になります。ユーザーは、フローを実行またはスケジュールするときに値を入力する必要があります。
  6. [現在の値] を入力します。これは必須の値であり、パラメーターのデフォルト値として機能します。

    • すべて: 値を入力します。
    • リスト: Tableau はリストの最初の値を使用します。ドロップダウン オプションを使用してリストを変更します。
    • Boolean: [True] または [False] を選択します。
  7. [OK] をクリックしてパラメーターを保存します。

パラメーターのデフォルト値を変更する

パラメーターを作成するときは、現在の (デフォルトの) 値を指定する必要があります。パラメーターがフローに含まれている場合、この値は次の目的で使用されます。

  • 入力ステップで定義されたカスタム SQL クエリを実行します。
  • 実行時に指定されないオプションのパラメーターを指定します。
  • 保存されたステップのパラメーターを静的な値として置き換えます (バージョン 2022.1.1 以降)。
  • パッケージ化されたデータセットを使用してフローを公開する場合、ファイル パスのパラメーターを静的な値として置き換えます。

この値はいつでも変更できます。トップメニューから、パラメーターを編集するか、パラメーター リストの [設定] ボタンを使用できます。フロー内から、パラメーターが適用されている任意の場所で [設定] ボタンを使用できます。これを行うと、カスタム SQL クエリであっても、パラメーターが使用されるすべての場所でパラメーターの現在の (デフォルト) 値がリセットされます。

パラメーターを編集する

  1. トップメニューから、パラメーター アイコンをクリックします。
  2. [パラメーターの編集] をクリックします。
  3. [パラメーターの編集] ダイアログで変更を加え、[OK] をクリックします。

設定ボタンでパラメーターのデフォルト値をリセットする

パラメーターのデフォルト値をすばやくリセットするには、[設定] ボタンを使用します。ボタンには、フロー内でパラメーターを使用している場所の数を示すカウントが表示されます。

フロー内でパラメーターを使用しているステップを強調表示するには、パラメーター ダイアログの [フローで表示] をクリックします。パラメーターが使用される場所が 1 つしかない場合は、[プロファイル] ペインを開いた状態でそのステップに直接アクセスできます。

  1. 次のいずれかを実行します。
    • トップメニューから、パラメーター アイコンをクリックします。このオプションを使用して、フロー内の任意の場所で使用されるパラメーター値をリセットするか、フィルターおよび計算フィールドで使用されるパラメーター値をリセットします。

    • フロー内で適用されているパラメーターをクリックします。このオプションは、ファイル名、ファイル パス、テーブル名、カスタム SQL、および SQL の前後のスクリプトで使用されるパラメーターに使用できます。

  2. パラメーター値を選択または入力します。
  3. [設定] をクリックして変更を適用します。

フローにパラメーターを適用する

パラメーターを作成したら、ステップ タイプに応じて、フロー全体のさまざまな場所にパラメーターを適用できます。フローを実行すると、パラメーター値がフローの実行に適用され、特定のデータ シナリオの出力が生成されます。

入力ステップにパラメーターを適用する

入力ステップでは、ファイル名、ファイル パスのセクション、データベース テーブル名を置き換える場合や、カスタム SQL を使用する場合にパラメーターを使用することができます。

ファイル名またはファイル パス

このオプションは、Web 上でフローを編集または作成する場合は使用できません。

いくつかの例外はありますが、ファイル パスにパラメーターを含めることができます。バージョン 2022.1.1 以降では、パラメーター値のプレビューも表示できます。

例外

  • バージョン 2022.1.1 以降では、入力ファイル パスにパラメーターを含むフローを Web 上でスケジュールおよび実行できます。以前のバージョンを使用している場合は、Tableau Prep Builder またはコマンド ラインからフローを実行します。
  • フローを Web に公開するときにパラメーターをファイル パスに含めるには、直接ファイル接続が必要です。それ以外の場合、パラメーターは現在の値を使用して静的な値に変換されます。

    : 直接ファイル接続では、ファイルの場所が組織の許可リストに含まれている必要があります。詳細については Tableau Server ヘルプの「許可リストのの入出力場所」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

ファイル名またはファイル パスにパラメーターを適用する

  1. [設定] タブのファイル パスで、パラメーターを追加する場所にカーソルを置きます。
  2. パラメーター アイコンをクリックして、パラメーターを選択します。

  3. パラメーター値のプレビューを表示します。現在の (デフォルト) 値がプレビューに表示されます。フローを実行すると、パラメーター値を選択または入力するように求められます。

データベース テーブル

テーブル名でパラメーターを使用する場合は、テーブル名全体をパラメーターにする必要があります。テーブル名の一部にパラメーターを使用することは、現在サポートされていません。

: Google BigQuery 入力接続のテーブル名にパラメーターを使用することはまだサポートされていません。

  1. [設定] タブの [テーブル] フィールドで、ドロップダウン メニューをクリックします。
  2. [パラメーターの使用] を選択し、リストからパラメーターを選択します。

カスタム SQL

  1. [接続] ウィンドウで、[カスタム SQL] をクリックします。
  2. [カスタム SQL] タブで、テキスト ボックスにクエリを入力するか、貼り付けます。

  3. パラメーター アイコンをクリックして、パラメーターを選択します。

  4. [実行] をクリックして、クエリを実行します。フローを実行するまで、パラメーター値の入力を求めるプロンプトは表示されません。代わりに、クエリはまずパラメーターの現在の値を使用して実行されます。

    : パラメーターがフローの他の場所で使用されていて、現在の値がリセットされた場合、その変更はクエリに影響を与える可能性があります。

出力ステップにパラメーターを適用する

出力ステップでは、次の場所でパラメーターを使用できます。

  • ファイル名
  • ファイル パスのセクション
  • パブリッシュされたデータ ソース名
  • データベース テーブル名
  • Microsoft Excel ワークシート名 (バージョン 2022.1.1 以降)
  • フロー出力データをデータベースに書き込む前後に実行されるカスタム SQL スクリプト (バージョン 2022.1.1 以降)

ファイル名またはファイル パス

この出力オプションは、Web でフローを作成または編集する場合は使用できません。

  1. [出力] ペインで、[Save output to (出力の保存先)] ドロップダウン リストから [ファイル] を選択します。
  2. [名前] または [場所] フィールドで、パラメーター アイコンをクリックして、パラメーターを選択します。

    ファイル パスで、パラメーターを追加する場所にカーソルを置きます。

    フローを実行すると、パラメーター値を入力するように求められます。

パブリッシュされたデータ ソース名

  1. [出力] ペインの [Save output to (出力の保存先)] ドロップダウン リストで、[パブリッシュされたデータ ソース] を選択します。
  2. [名前] フィールドで、パラメーター アイコンをクリックして、パラメーターを選択します。

    フローを実行すると、パラメーター値を入力するように求められます。

データベース テーブルとカスタム SQL の前後

  1. [出力] タブの [Save output to (出力の保存先)] ドロップダウン リストで、[データベース テーブル] を選択します。
  2. [テーブル] フィールドで、[パラメーターの使用] を選択し、リストからパラメーターを選択します。

  3. (オプション) [カスタム SQL] タブをクリックします。バージョン 2022.1.1 以降では、データがテーブルに書き込まれるに実行する、パラメーターを含む SQL スクリプトを入力できます。パラメーターを含めるには、[パラメーターの挿入] をクリックして、パラメーターを選択します。

    データベースに出力を書き込むときに SQL スクリプトを使用する方法の詳細については、フロー出力データを外部データベースに保存するを参照してください。

    : SQL スクリプトで使用するパラメーターは、手動で削除する必要があります。詳細については、パラメーターを手動で削除するを参照してください。

    フローを実行すると、パラメーター値を入力するように求められます。

フィルター計算にパラメーターを適用する

パラメーターを使用して、フロー全体でデータをフィルター処理します。入力ステップでデータセットをフィルター処理するか、ステップまたはフィールドの値レベルでフィルター パラメーターを適用します。たとえば、フィルター パラメーターを使用して、特定の地域のデータのみを入力したり、特定の部門のステップでデータをフィルター処理したりします。

: バージョン 2022.1 以降では、コピー&ペーストを使用して、同じパラメーターが同じ名前とデータ型で存在する場合に、他のフローのパラメーターでフィルター計算を再利用できます。

  1. [プロファイル] ペインの入力ステップまたはツールバーで、[値のフィルター] を選択します。パラメーター フィルターをフィールドに追加するには、[その他のオプション] メニューから [フィルター] > [計算] を選択します。
  2. [フィルターの追加] 計算エディターで、パラメーターの名前を入力してリストから選択し (パラメーターは紫色で表示されます)、[保存] をクリックしてフィルターを保存します。

    フローを実行すると、パラメーター値を入力するように求められます。

計算フィールドにパラメーターを適用する

パラメーターを使用して、フロー全体で使用する計算で定数値を置き換えます。ステップまたはフィールド値レベルで計算パラメーターを適用できます。

: バージョン 2022.1 以降では、コピー&ペーストを使用して、同じパラメーターが同じ名前とデータ型で存在する場合に、他のフローのパラメーターで計算を再利用できます。

  1. [プロファイル] ペインのツールバーから [計算フィールドの作成] をクリックします。フィールドでパラメーターを計算に追加するには、[その他のオプション] メニューから [計算フィールドの作成] > [カスタム計算] を選択します。
  2. [フィールドの追加] 計算エディターで計算を入力し、パラメーターの名前を入力してリストから選択し、[保存] をクリックして計算を保存します。

    フローを実行すると、パラメーター値を入力するように求められます。

パラメーターを削除する

不要になったパラメーターを削除するには、[パラメーターの編集] ダイアログの [パラメーターの削除] をクリックします。これにより、フロー全体で使用されているパラメーターのインスタンスがすべて削除され、パラメーターの現在の値に置き換えられます。このアクションは元に戻すことはできません。

: フロー内のパラメーターを削除するオプションは、バージョンによって異なります。バージョン 2022.1 以降については、以下の手順を使用します。以前のバージョンと、データベースへの出力の書き込みの前後に実行されるカスタム SQL スクリプトで使用されるパラメーターを削除する場合については、パラメーターを手動で削除する を使用します。

  1. トップメニューから、パラメーター アイコンのドロップダウン メニューをクリックし、削除するパラメーターの [パラメーターの編集] をクリックします。
  2. [パラメーターの編集] ダイアログで、[パラメーターの削除] をクリックします。

  3. 確認ダイアログで、もう一度 [パラメーターの削除] をクリックします。[フローで表示] をクリックして手順を強調表示すると、パラメーターを削除する前にパラメーターが使用されている場所を調べることができます。

パラメーターを手動で削除する

バージョン 2021.4.4 以前、およびカスタム SQL スクリプトの前後で使用されるパラメーターに適用されます

パラメーター リストからパラメーターを削除する前に、まず、[変更] ペインからでも、フローからパラメーターのすべてのインスタンスを見つけて削除する必要があります。

  1. トップメニューから、パラメーター アイコンのドロップダウン メニューをクリックします。
  2. 削除するパラメーターについては、[View in Flow (フローに表示)] をクリックして、フローでパラメーターが使用されているすべてのインスタンスを検索します。

    パラメーターがフローのどこにも使用されていない場合は、ステップ 4 に進みます。

  3. パラメーターが使用される各ステップで、パラメーターを削除することに加えて、[変更内容] ペインにリストされている変更も削除します。
  4. トップメニューから、パラメーター アイコンのドロップダウン メニューで削除するパラメーターをクリックし、[パラメーターの編集] をクリックします。
  5. [パラメーターの編集] ダイアログで、[パラメーターの削除] をクリックします。

    パラメーターは、パラメーターの現在の値に置き換えられます。

パラメーターを使用してフローを実行する

パラメーターを含む実行中のフローは、パラメーターを含まない実行中のフローと同じですが、実行時、または Tableau ServerTableau Online でフローをスケジュールに追加するときに、パラメーター値を入力するように求められる点が異なります。

パラメーターが必須としてマークされている場合、ユーザーはフローを実行する前に値を入力する必要があります。パラメーターがオプションの場合、ユーザーは値を入力するか、パラメーターの現在の値をデフォルトで受け入れることができます。

必須パラメーターは、[実行時に選択を要求] (以前のリリースでは [実行時に値を要求]) チェックボックスがオンになっているパラメーターです。

コマンド ライン インターフェイスを使用してフローを実行し、現在の (既定) パラメーター値をオーバーライドする場合は、パラメーター オーバーライド .json ファイルを作成し、コマンド ラインに -p --parameters 構文を含めます。詳細については、「コマンド ラインからフロー出力ファイルを更新」を参照してください。

フローを手動で実行

Tableau Prep Builder からフローを実行する場合、あるいは Tableau Server または Tableau Online で手動でフローを実行する場合は、[実行] をクリックすると、[パラメーター] ダイアログが開きます。

  1. パラメーター値を入力するか、選択します。フローにオプションのパラメーターがある場合は、この時点で値を入力するか、現在の (デフォルト) パラメーター値を受け入れることができます。
  2. [フローの実行] をクリックして、フローを実行します。

フローの実行について詳しくは、Tableau Server または Tableau Online へのフローのパブリッシュを参照してください。

スケジュールに従ってフローを実行する

フローをスケジュールして Tableau Server または Tableau Online で実行する場合、フローをスケジュールするときに必要なパラメーター値を入力する必要があります。

  1. [新しいタスク] または [リンクされたタスク] タブの [パラメーターを設定] セクションで、パラメーター値を入力するか、選択します。フローにオプションのパラメーターがある場合は、この時点で値を入力するか、フィールドを空のままにして現在の (既定) パラメーター値を使用することができます。

    新しいタスク

    リンクされたタスク

  2. [タスクの作成] をクリックして、フローをスケジュールします。

フロー タスクをスケジュールする方法の詳細については、Tableau Server(新しいウィンドウでリンクが開く) または Tableau Online(新しいウィンドウでリンクが開く) ヘルプの「フロー タスクのスケジュールを設定する」を参照してください。

ありがとうございます!