増分更新を使用したフロー データの更新

バージョン 2020.2.1 以降では、フローの入力と出力を徐々に更新するように構成して、フローの実行時に新しい行のみを取得して処理することができるため、時間とリソースを節約できます。たとえば、毎日更新されるトランザクション データがフローに含まれている場合、新しいトランザクションのみを毎日取得して処理するように増分更新を設定してから、週単位か月単位で完全更新を実行し、すべてのフロー データを更新できます。

増分更新を使用してフローを実行するには、Tableau Prep Builder に次の情報が必要です。

  • 入力テーブルの新しい行を検出するフィールド。
  • 最後に処理したフロー出力の値と入力の値を比較して、どの行が新しいかを判別するために使用するフィールド。
  • 新しいデータをテーブルに書き込む方法。既存のテーブルに新しいデータを追加するか、新しいデータでテーブル データを上書きすることができます。また、バージョン 2020.3.1 以降では、既存のテーブルのデータを置き換えることができます。

フロー更新オプション

Tableau Prep Builder では、データを更新する方法と、フロー出力でテーブルを更新する方法を選択できます。次の表に、さまざまなオプションとその利点を示します。

更新の組み合わせ 処理されるデータ テーブルの更新 利点
完全更新 + テーブルの作成 すべて テーブルを作成するか、既存のテーブルを完全なデータ セットで上書きします。

すべてのフロー実行時にすべてのデータを更新します。

完全更新 + テーブルに追加 すべて 既存のテーブルに新しい行を追加します。 すべてのフローを実行するときに、新規データと既存のデータを両方とも追跡します。[テーブルに追加] は、.csv の出力タイプに対しては使用できません。
完全更新 + データの置換 (バージョン 2020.3.1 以降) すべて 既存のテーブルの行を置き換えます。 既存のテーブルのスキーマ構造を維持しますが、すべてのフロー実行時にすべてのデータを置き換えます。
増分更新 + テーブルの作成 新しい行のみ テーブルを作成するか、既存のテーブルを新しい行のみで上書きします。

新しい行のみを使用して、新しいテーブルを完全なデータ セットとして作成します。

増分更新 + テーブルに追加 新しい行のみ 既存のテーブルに新しい行を追加します。 既存のテーブルに新しい行のみを追加します。[テーブルに追加] は、.csv の出力タイプに対しては使用できません。
増分更新 + データの置換 (バージョン 2020.3.1 以降) 新しい行のみ 既存のテーブルのすべての行を新しい行だけに置き換えます。 既存のテーブルのスキーマ構造を維持しますが、すべてのデータを新しい行だけに置き換え、このテーブルを完全なデータ セットにします。

増分更新の構成

増分更新を使用するようにフローを構成するには、このオプションを使用する [入力] ステップと [出力] ステップの両方で設定する必要があります。[入力] ステップでは、Tableau Prep Builder が新しい行を検索する方法を指定します。[出力] ステップでは、新しい行をテーブルに書き込む方法を指定します。フローを実行するときに、完全更新と増分更新のいずれかのタイプを選択できます。

ヒント: 増分更新をするためにインプット ステップおよびアウトプット ステップを構成した後、構成を保持して再利用できます。ステップをコピーして貼り付け、現在のフローの他の場所で使用するか、[Save Steps as Flow (ステップをフローとして保存)] を使用して、選択したステップをローカル ファイルまたはサーバーに保存して、他のフローでステップを再利用します。ステップのコピー、貼り付け、再利用の詳細については、ステップ、アクション、およびフィールドのコピーを参照してください。

  1. [フロー] ペインで、増分更新を構成する入力ステップを選択します。
  2. [設定] タブの [入力] ペインにある [増分更新] (前のバージョンの [増分更新の設定] セクション) で次のオプションを設定します。
    • [増分更新の有効化] (前のバージョンの [有効]) を選択します。

    • [インプット フィールド] (前のバージョンの [フィールドを使用して新しい行を識別する]): 入力データで更新するフィールドを選択します。このフィールドには、[数値 (整数)][日付]または [日付と時刻] のデータ型を割り当てる必要があります。現在、選択できるフィールドは 1 つだけです。

      : [アウトプット フィールド] (前のバージョンの [出力のフィールド名]) で指定したフィールドを使用することにより、このフィールドと最新の出力を比較して新しい行を検索できる限り、フローの後半でこのフィールドを削除したり名前を変更したりすることができます。

    • [出力]: 入力に関連し、行の比較に使用するフィールドを含んだ出力を選択します。

    • [アウトプット フィールド] (前のバージョンの [出力のフィールド名]): 最後に処理したフロー出力の値と入力の値を比較して、新しい行を見つけるときに使用するフィールドを選択します。ここには、[インプット フィールド] (前のバージョンの [フィールドを使用して新しい行を識別する]) フィールドを使用して新しい行を識別する]) で指定したフィールドと同じデータ型を使用する必要があります。

書き込みオプションの構成

増分更新の設定を完了するには、出力の [書き込みオプション] を設定して、新しい行をテーブルに書き込む方法を指定します。入力ステップに関連する設定済みの出力ではすべて既定の書き込みオプションが選択されていますが、対応しているオプションに変更できます。バージョン 2020.3.1 以降では、サポートされているデータベースにフロー出力を書き込むことができます。詳細については、フロー出力データを外部データベースに保存する (バージョン 2020.3.1 以降) (バージョン 2020.3.1 以降) を参照してください。

既定では、ローカルであるかパブリッシュされた .hyper 抽出への出力は [テーブルに追加] に設定されます。.csv ファイルへの出力は、[テーブルの作成] に設定されます。

  1. [フロー] ペインで、増分更新を構成する出力ステップを選択します。

  2. [出力] ペインの [書き込みオプション] セクションで、既定の書き込みオプションを表示し、必要に応じて変更を加えます。

    • [テーブルの作成]: このオプションでは、新しいテーブルが作成されるか、既存のテーブルが新しい出力に置き換えられます。
    • [テーブルに追加]: このオプションでは、既存のテーブルに新しいデータが追加されます。テーブルが存在しない場合は、フローを最初に実行したときに新しいテーブルが作成され、以降の実行でこのテーブルに新しい行が追加されます。.csv 出力タイプでは使用できません。対応している更新の組み合わせの詳細については、フロー更新オプションを参照してください。
    • [データの置換] (バージョン 2020.3.1 以降): このオプションは、出力をデータベース内の既存のテーブルに書き戻す場合に使用できます。データベース テーブルのデータはフロー データに置き換えられますが、テーブルのスキーマ構造は維持されます。

フローの実行

Tableau Prep Builder で増分更新を使用するか、コマンド ラインを使用して個々のフローを実行できます。コマンド ラインからフローを実行する方法の詳細については、増分更新を有効にしてフローを実行する (バージョン 2020.2.1 以降)を参照してください。

サーバーで Tableau Prep Conductor (Data Management アドオンの一部) を有効にしている場合は、Tableau Server や Tableau Online でスケジュールを設定することで、増分更新を使用してフローを実行できます。スケジュールに従ってフローを実行する方法の詳細については、フロー タスクのスケジュールを設定するを参照してください。

: 書き込みオプションは Tableau Prep Builder で設定されます。Tableau Server や Tableau Online でフローを実行する際に変更することはできません。

Tableau Prep Builder は、既存の出力が見つからない場合、選択した実行オプションに関係なく、すべての出力で完全更新を実行します。後続のフロー実行では、増分更新の構成データが欠落していないか、既存の出力が削除されていない限り、増分更新プロセスを使用して、新しい行のみを取得して処理します。

  • Tableau Prep Builder で増分更新を使用してフローを実行するには、次のいずれかの場所から [増分更新] を選択します。
    • トップ メニューで、[実行] ボタンのドロップダウン オプションをクリックします。

    • [出力] ペインで、[フローの実行] ボタンのドロップダウン オプションをクリックします。

    • [フロー] ペインで、出力ステップの横にある [実行] ボタンのドロップダウンをクリックします。

    • 増分更新を使用するように構成した 1 つの入力を複数の出力に関連付けた場合は、同じ更新タイプを使用してそれらの出力を同時に実行する必要があります。Tableau Prep Builder で更新を実行すると、両方の出力を一緒に実行する必要があることを示すダイアログが表示されます。

  • ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください