Tableau Prep Conductor

概要

Tableau Prep でフローを構築する場合、Tableau Prep Builder を開いて個々のフローを手動で実行しなくても、Tableau Server を使用し、スケジュールに従ってフローの入力データと出力データを更新するためにフローの実行を自動化することができます。

Tableau Prep Conductor は Tableau Server でのプロセスの 1 つです。フローの実行、接続の認証資格情報の確認、フローが失敗した場合のアラート送信を行います。Tableau Prep Conductor は Tableau Server のスケジュール調整機能および追跡機能を活用しているため、データが変更になる際に、Tableau Prep Builder にログインして個々のフローを手動で実行するのではなく、フロー実行を自動化してフロー出力を更新することができます。

Tableau Prep Conductor は Data Management アドオンによりライセンスされています。Tableau Prep Conductor を使用するには、サーバー上で Data Management プロダクト キーがライセンス認証されている必要があります。詳細については、「Tableau Prep Conductor のライセンス発行」を参照してください。

Tableau Prep Conductor はフローの実行に以下の構成要素を使用します。

  • バックグラウンダー: Tableau Prep Conductor はフローの実行にバックグラウンダー プロセスを使用します。バックグラウンダーはシングル スレッドのため、ノード上のバックグラウンダー プロセスの各インスタンスは一度に 1 つのフローを実行可能です。ノードにさらにバックグラウンダーを追加すると、そのノードで並列で実行可能なフローの数を増やすことができます。バックグラウンダー プロセスの最大数は、そのノードの物理コア数の半数です。

  • コネクタ: Prep Conductor は、データへの接続に、サポートされている Tableau データ コネクタを使用します。サポートされているコネクタのリストについては、「サポートされるコネクタ」を参照してください。

  • データ エンジン: 参照元データ ソースにプッシュできないフロー内のデータや変換ステップに対する変更は、データ エンジン プロセスを使用して処理されます。たとえば、SQL Server は正規表現をネイティブにサポートしていません。SQL Server に接続する際、Tableau Prep を使用すると正規表現計算を記述できます。Tableau Prep Conductor はデータ エンジンを使用してデータを一時的に読み込み、その後、正規表現を実行します。

パフォーマンスと規模に関する推奨事項

  • 別のノードへのフローの分離: 別のノードで Tableau Prep Conductor を実行すると、他の Tableau ワークロードからフローのワークフローが分離されます。Prep のフローは CPU と RAM を大量に使用するため、これが強く推奨されます。

  • フローのスケジュールの管理: フローのスケジュールを作成することにより、フローの実行を制御できます。これらのスケジュールにより、フローの実行タイミング、実行頻度、そのスケジュールの優先度、そのスケジュールでアイテムを順番に実行するか、並列で実行するかが決まります。

  • リソースの追加: Tableau Prep Conductor の環境を拡張する場合、ノードあたり最大 8 つの物理コア ボックスにまで拡張し、各ノードで 4 つのバックグラウンダーを実行することをお勧めします。リソースがさらに必要な場合は、サーバー環境にさらにノードを追加することをお勧めします。

管理ビューを使用し、ユーザー アクティビティとフローのパフォーマンスを監視できます。詳細については、「フローの状態およびパフォーマンスの監視」を参照してください。

トポロジと構成

既定ではインストーラーにより、バックグラウンダーが既に有効で次の条件が該当するすべてのノードで Tableau Prep Conductor が有効になります。

  • Tableau Server に有効な Data Management プロダクト キーがある。

  • ノードの役割がすべてのタスクを許可する、またはフローのみを許可するように設定されている。ノードの役割の詳細については、「Server でのノードの役割」トピックを参照してください。

フロー実行の専用ノードで Tableau Prep Conductor を有効にすることをお勧めします。詳細については、次のトピックを参照してください。

Tableau Server での Tableau Prep Conductor の有効化

Tableau Prep Conductor を有効にするには、Tableau Data Management プロダクト キーを使用します。Tableau Prep Conductor はサーバー レベルでライセンスされ、有効化されるようになりました。

Tableau Server へのフローのパブリッシュを開始できるようになる前に、サーバーレベルおよびサイトレベルの設定を構成または確認し、Tableau Server でフローのパブリッシュ、スケジュール、およびモニタリングを行えるよう準備する必要があります。

以下のトピックを確認して、Tableau Prep Conductor のライセンス発行を理解し、Tableau Prep Conductor を有効にする方法をご覧ください。

 

このセクションの他の記事

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください