: バージョン 2020.4.1 以降では、Web 上にフローをパブリッシュするための Data Management アドオン は必要ありません。作成者は、フローの作成と編集をサーバー上で直接行うこともできます。サーバーで実行するフローのスケジュールを設定する場合は、Data Management アドオン が必要です。Web 上でのフローの作成の詳細については、Web 上の Tableau Prepを参照してください。

フローを特定の時間に実行したり定期的に実行したりするために、スケジュール タスクを作成できます。スケジュール タスクは、事前に設定されたスケジュールに従います。スケジュールはシステム管理者によって作成されます。Tableau Server でスケジュールを作成する方法については、Tableau Server ヘルプの「ステップ 3: フロー タスクのスケジュールの作成(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

バージョン 2021.3 以降では、フローを次々に実行するようにタスクをスケジュールするときに、フローの実行をリンクできます。詳細については、このトピックのリンクされたタスクのスケジュールを参照してください。

バージョン 2022.1 以降では、新しいフロー メソッドである「リンクされたタスクのクエリ」「リンクされた単一タスクのクエリ」 、および「リンクされたタスクを今すぐ実行」を使用して、リンクされたタスクを REST API を介して実行することもできます。詳細については、Tableau REST API ヘルプの「フロー メソッド」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

パラメーターを含む実行中のフロー

バージョン 2021.4 以降、フローにパラメーターを含めて、フローをより動的にすることができます。フローが実行されると、パラメーター値を入力するように求められます。スケジュールに沿ってフローを設定する場合は、その時点でパラメーター値を指定します。

必須のパラメーターの場合は、パラメーター値を指定する必要があります。オプションのパラメーターの場合は、その値を入力することも、パラメーターの現在の (デフォルト) 値を受け入れることもできます。詳細については、Tableau Prep ヘルプの「スケジュールに従ってフローを実行する」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

注: 管理者は、Tableau Server または Tableau Online でパラメーターを含むフローを実行する前に、サーバーとサイトのフロー パラメーター設定をサーバーで有効にする必要があります。詳細については、Tableau Server(新しいウィンドウでリンクが開く) または Tableau Online (新しいウィンドウでリンクが開く) ヘルプの「Web 上でのフローの作成と操作」を参照してください。

フロー タスクのスケジュールを設定する

  1. 次のいずれかを実行します。
    • (バージョン 2022.1 以降) [探索] ページの [リスト] ビューの [アクション] メニューで、[フローのスケジュール設定] > [単一タスク] を選択します。リストでフローを選択すると、上部の [アクション] メニューを使用することもできます。

    • フローの [概要] ページの [スケジュールされたタスク] タブで、[新しいタスク] をクリックするか、ドロップダウンをクリックして [単一のタスク] を選択します。

      出力ステップがタスクに割り当てられていない場合は、[概要] ページから新しいタスクを作成することもできます。このページの [スケジュール] フィールドで、[タスクを新規作成] をクリックします。

  2. [新しいタスク] ダイアログの [単一タスク] (以前のリリースでは [新しいタスク]) タブで、ドロップダウン リストからスケジュールを選択します。

  3. 以下のいずれかのオプションを選択します。

    • このフローのすべての出力ステップを自動的に含める: (既定) このオプションを選択すると、このフローの現在および今後のすべての出力ステップをスケジュール タスクに含めます。時間が経過してフローに新しい出力ステップが追加されると、これらは実行時にスケジュールに自動的に含まれます。

    • このタスクに含める出力ステップを選択: このオプションを選択して、スケジュールされたタスクに含める出力ステップを手動で選択します。 

      すべての出力ステップをフロー タスクに含めるには、[出力ステップ] の横にあるチェック ボックスをオンにします。[このフローのすべての出力ステップを自動的に含める] ラジオ ボタンを選択した場合は、この領域は編集できません。このセクションを有効にするには、他のラジオ ボタンを選択してください。

  4. (バージョン 2020.2.1 以降) [更新タイプ] を選択します。これらの設定についての詳細は、「増分更新を使用したフロー データの更新(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

    : バージョン 2020.2.1 以降で、増分更新を使用するように構成した 1 つの入力を複数の出力に関連付けた場合は、同じ更新タイプを使用してそれらの出力を同時に実行する必要があります。それ以外の場合は、フローを実行できません。

    • 完全更新 (デフォルト): すべてのデータを更新し、フローの出力設定に基づいてテーブルにデータを作成または追加します。

    • 増分更新: 新しい行のみを更新し、フローの出力設定に基づいてテーブルにデータを作成または追加します。増分更新は、増分更新を使用するようにフローを設定している場合にのみ選択できます。

      : Tableau Prep Conductor では、既存の出力が見つからない場合、選択した実行オプションに関係なく、すべての出力に対して完全更新が実行されます。後続のフローを実行するときは、増分更新の構成データが欠落していないか、既存の出力を削除していない限り、増分更新プロセスを使用して、新しい行のみを取得して処理します。

  5. (オプション) フローの所有者である場合は、[完了時にメールを送信] を選択して、フローが成功したときにユーザーに通知します。フロー実行でメール通知を送信する方法の詳細については、フロー実行の成功をユーザーに通知するを参照してください。
  6. (バージョン 2021.4 以降) フローにパラメーターが含まれている場合は、必須またはオプションのパラメーター値を入力します。フローを実行するために必要な値を入力する必要があります。

  7. [タスクの作成] をクリックして、スケジュール タスクを作成します。

リンクされたタスクのスケジュール

Tableau Server および Tableau Online バージョン 2021.3.0 以降でサポートしています。

: バージョン 2022.1 以降、リンクされたタスクの機能はデフォルトで有効になっています。サーバーとサイトの管理者は、[設定] ページおよび [スケジュール] ダイアログのフロー スケジュールでこの機能をオフにできます。以前のバージョンでは、この機能を使用して管理するには、サーバー管理者は最初にこの機能を有効にする必要がありました。詳細については、「手順 2 - Tableau Server のフロー設定の構成」および「手順 3 - フロー タスクのスケジュールの作成」を参照してください。

[リンクされたタスク] オプションを使用して、最大 20 件のフローを次々に実行するようにスケジュールできます。フローの一覧はスケジュールを選択することにより簡単に設定でき、次に後続のフローを選択することにより、選択した順序でフローを実行することができます。

Tableau Online では、個々のリンクされたタスクの継続時間は、フロー ランタイム制限の合計にカウントされます。フロー タスクの実行時にランタイム制限に達すると、フロー タスクはタイムアウトになり、リンクされたタスクは失敗し、ダウンストリーム フローは実行されません。詳細については、Tableau オンライン ヘルプの「ジョブ ランタイム容量(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

フローは、リストで指定された順序で実行されます。メニューを使用すると、リスト内のフローを移動したり、先行のフローや後続のフローをいつでもリストに新しく追加したりできます。

フロー実行に含める出力を選択し、前のフロー実行が失敗したときにスケジュール内の残りのフローをどう処理するかを Tableau に指示する設定を行います。

  1. 次のいずれかを実行します。
    • (バージョン 2022.1 以降) [探索] ページの [リスト] ビューの [アクション] メニューで、[フローのスケジュール設定] > [リンクされたタスク] を選択します。リストで複数のフローを選択した場合は、上部の [アクション] メニューを使用することもできます。

    • フローの [概要] ページの [スケジュールされたタスク] タブで、[新しいタスク] をクリックして [リンクされたタスク] タブを選択するか、ドロップダウンをクリックして [リンクされたタスク] を選択します。

      出力ステップがタスクに割り当てられていない場合は、[概要] ページから新しいタスクを作成することもできます。このページの [スケジュール] フィールドで、[タスクを新規作成] をクリックします。

  2. [新しいタスク] ダイアログの [リンクされたタスク] タブで、ドロップダウン リストからスケジュールを選択します。リンクされたタスクに対して有効になっているスケジュールのみが表示されます。

  3. [出力ステップの選択] ドロップダウンをクリックして、実行するフロー出力を選択します。デフォルトでは、すべてのフロー出力が含まれています。特定の出力を選択するには、[このフローの現在および将来のすべての出力ステップを含める] チェック ボックスをオフにします。

    タスクを開始するフローは、実行する最初のフローとして自動的に設定されますが、フローの実行順序は、リストに他のフローを追加した後でもメニューを使用して変更できます。

  4. 次のオプションから更新タイプを選択します。

    : 増分更新を使用するようにある入力を設定し、その入力を複数の出力に関連付けた場合は、同じ更新タイプを使用してそれらの出力を同時に実行する必要があります。それ以外の場合は、フローを実行できません。

    • 完全更新 (デフォルト): すべてのデータを更新し、フローの出力設定に基づいてテーブルにデータを作成または追加します。

    • 増分更新: 新しい行のみを更新し、フローの出力設定に基づいてテーブルにデータを作成または追加します。増分更新は、増分更新を使用するようにフローを設定している場合にのみ選択できます。詳細については、「増分更新を使用したフロー データの更新(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

      : Tableau Prep Conductor では、既存の出力が見つからない場合、選択した実行オプションに関係なく、すべての出力に対して完全更新が実行されます。後続のフローを実行するときは、増分更新の構成データが欠落していないか、既存の出力を削除していない限り、増分更新プロセスを使用して、新しい行のみを取得して処理します。

  5. (オプション) フローの所有者である場合は、[完了時にメールを送信] を選択して、フローが成功したときにユーザーに通知します。フロー実行でメール通知を送信する方法の詳細については、フロー実行の成功をユーザーに通知するを参照してください。

  6. フロー障害のオプションを設定します。

    • データ品質警告の追加: チェックボックスを選択すると、フローに警告メッセージを設定することにより、データの利用者が問題を認識できるようになります。メッセージは、フローが正常に実行されるまで残ります。データ品質警告がすでにフローに設定されている場合、このオプションは選択済みと表示され、オフにすることはできません。

      注: バージョン 2021.4 以前では、[フロー実行監視] アイコン をクリックして [データ品質の警告] ダイアログを開きます。

    • 残りのタスクの停止: このオプションを選択すると、リスト内の後続タスクが実行キューに入らないようにできます。

    • メールで通知: フローが失敗したり、一時停止したり、キャンセルされた場合に、自動的にフローの所有者にメールで通知されます。
  7. (バージョン 2021.4 以降) フローにパラメーターが含まれている場合は、必須またはオプションのパラメーター値を入力します。フローを実行するために必要な値を入力する必要があります。

  8. 2 番目のタスクのドロップダウンをクリックして、次のフローを追加します。前のフローの出力を使用するフローが自動的に表示されていない場合は、[すべてのフローを表示] をクリックして使用可能なすべてのフローを表示します。

    1 つまたは複数のフローを選択して [追加] をクリックするか、[次のタスクの追加] をクリックしてフロー実行タスクをリストに追加します。

    フローを実行する権限がない場合は、フローをリストに追加する前に、フローの所有者に連絡して権限を付与される必要があります。

  9. 手順 3 ~ 5 を繰り返して、フロー実行オプションを構成します。

    : バージョン 2021.4 以前では、新しいフローの横にある [編集] アイコン をクリックして [オプション] ペインを展開します。

  10. (オプション) 番号の付いたタスクの横にあるドロップダウンをクリックしてメニューを開くと、フロー タスクの順序を変更したり、既存のタスクの間に新しいタスクを挿入したりすることができます。

  11. [タスクの作成] をクリックして、リンクされたタスクのスケジュールを作成します。

実行可能なユーザー

  • サーバー管理者は、サーバー内のすべてのサイトでこれを実行できます。サイト管理者は、自身がアクセス権を持つサイトの設定で、タスクのパブリッシュおよびスケジュールをユーザーに許可している場合、これを実行できます。
  • リンクされたタスクの場合、サーバー管理者は、リンクされたタスクのスケジュールをユーザーに許可しているすべてのサイトで、これを実行できます。サイト管理者は、自身がアクセス権を持つサイトの設定で、リンクされたタスクのスケジュールをユーザーに許可している場合、これを実行できます。
  • フロー所有者およびプロジェクト リーダーは、自身が所有するフローまたはプロジェクトのフロー タスクをそれぞれ作成できます。

詳細については、以下の記事を参照してください。

サイト管理者、フロー所有者、プロジェクト リーダーは、自身が所有するフローやプロジェクトのフロー タスクをそれぞれ作成できます。

詳細については、「ユーザーのサイト ロールの設定」(新しいウィンドウでリンクが開く)および「コンテンツのパーミッションと所有権」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください

ありがとうございます!