シェルフとカードの参照

Tableau のすべてのワークシートには、列、行、マーク、フィルター、ページ、凡例などのシェルフとカードが含まれています。

シェルフまたはカードにフィールドを配置すると、以下を行えます。

  • ビジュアライゼーションの構造を構築する。

  • データを含めるまたは除外することにより、詳細レベルを向上させ、ビューに含まれるマークの数を制御する。

  • 色、サイズ、形状、テキスト、詳細でマークをエンコードし、ビジュアライゼーションにコンテキストを追加する。

フィールドをさまざまなシェルフやカードに配置して、データの最適な表示方法を確認する。

ビューを開始するためのオプション

フィールドを配置する場所がわからない場合は、Tableau ヘルプによって、データを表示する最適な方法を判別できます。

  • [データ] ペインからフィールドをドラッグし、各 Tableau ワークシートの一部であるカードとシェルフにドロップすることができます。

  • [データ] ペインで 1 つ以上のフィールドをダブルクリックできます。

  • [データ] ペインで 1 個以上のフィールドを選択し、その後、選択したフィールドに適したグラフ タイプを特定する [表示形式] からグラフ タイプを選択することができます。詳細については、表示形式を使用したビューの開始を参照してください。

  • tabular パースペクティブからビューを構成し始めるには、フィールドをドラッグして [Drop field here] (ここにフィールドをドロップする) グリッドにドロップすることができます。

[行] シェルフと [列] シェルフ

[データ] ペインからフィールドをドラッグして、ビジュアライゼーションに適した構造を作成します。

[列] シェルフは表の列を作成し、[行] シェルフは表の行を作成します。シェルフにはフィールドをいくつでも配置できます。

[行] または [列] シェルフにディメンションを配置すると、そのディメンションのメンバーのヘッダーが作成されます。[行] または [列] シェルフにメジャーを配置すると、そのメジャーの定量的軸が作成されます。さらに多くのフィールドをビューに追加すると、表に含まれるヘッダーや軸が増え、データのより詳細なビューが得られるようになります。

下のビューでは、"Segment (区分)" ディメンションのメンバーは列ヘッダーとして表示され、"Profit (収益)" メジャーは垂直軸として表示されています。

A graphic depicting a quantitative axis and column headers in a view.

Tableau はマークを使用してデータを表示します。[行] および [列] シェルフの内部フィールドによって既定のマークタイプが決まります。たとえば、内部フィールドがメジャーとディメンションの場合、既定のマーク タイプはバーです。[マーク] カード ドロップダウン メニューを使用して、別のマーク タイプを手動で選択することもできます。詳細については、ビュー内のマークのタイプを変更するを参照してください。

[行] および [列] シェルフにフィールドを追加すると、行、列、ペインが表に追加されます。

A graphic depicting a quantitative axis and column headers in a view.

行と列の非表示

一般的に、ディメンションやメジャーを追加するのは、表に行や列を作成するためです。そして、すべてのデータを含めたり、フィルターを追加してサブセットだけを表示するようにします。ただし、データをフィルターすると、表内の要約データに対して行われる計算やその他の演算からも除外されることになります。データをフィルターする代わりに、列または行を非表示にして、ビューには表示しなくても計算には含めることができます。

ヒント: 列の非表示は、前後の日付値と比較する表計算を使用する場合に特に役立ちます。このような場合、比較するデータがないためにデータが表示されない行や列があります。空の列を非表示にすると、表計算はそのまま残ります。表計算の詳細については、表計算のタイプを参照してください。

たとえば、前年比成長率を計算する場合、初年度には比較する前の年がなく、列が空白になります。初年度をフィルターすると、ビューに表示されないだけでなく、計算からも除外されます (2 年目と比較する前の年がなく、空白のままとなります)。フィルターするのではなく、空白の列を非表示にすると、計算はそのまま残ります。

行や列を非表示にするには

非表示にする行や列を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して [非表示] を選択します。

非表示のデータを表示するには

非表示の列や行を含むフィールドのフィールド メニューを開き、[非表示のデータを表示] を選択します。

[マーク] カード

[マーク] カードは、Tableau でビジュアル分析を行う際の主要な要素です。フィールドを [マーク] カードのさまざまなプロパティにドラッグして、コンテキストや詳細をビューのマークに追加します。

[マーク] カードを使用してマーク タイプを設定し (ビュー内のマークのタイプを変更するを参照)、データを色、サイズ、形状、テキスト、詳細でエンコードします。マークの設定を変更するには、ビュー内のマークの表示を制限するを参照してください。

この例では、3 つの異なるフィールドを [マーク] カードの異なるプロパティにドラッグしています。"Segment (セグメント)" は [色]、"Region (地域)" は[形状]、"Quantity (数量)" は [サイズ] へとドラッグしています。

フィールドを [マーク] カードに追加した後は、フィールドの隣にあるアイコンをクリックして、使用しているプロパティを変更できます。また、[マーク] カードのプロパティ ボタンをクリックしてこれらの設定を変更することもできます。

多くのプロパティは、複数のフィールドを持つことができます。たとえば、[ラベル]、[詳細]、[ツールヒント]、および [色] には複数のフィールドを追加できます。[サイズ] および [形状] は、一度に 1 つのフィールドのみを持つことができます。詳細については、ビュー内のマークの表示を制限するを参照してください。

注: 既定では、[色] に新しいフィールドをドラッグすると、既存のフィールドが置換されます。既存のフィールドを置換することなく色に新しいフィードを追加するには、キーボードの SHIFT キーを押しながら新しいフィールドを [マーク] カード上の [色] ドラッグします。

[フィルター] シェルフ

[フィルター] シェルフでは、どのデータを含めてどのデータを除外するかを指定できます。たとえば、各顧客区分の収益を分析する際に、特定の出荷コンテナーと配達時刻のみを考慮するとします。[フィルター] シェルフにフィールドを配置することによって、そのようなビューを作成することができます。

注: このセクションでは、フィルターについて簡単に説明します。詳細については、ビューからのデータのフィルターを参照してください。

メジャー、ディメンション、またはその両方を同時に使用して、データをフィルターすることができます。さらに、表の列と行を構成するフィールドに基づいてデータをフィルターすることもできます。これを内部フィルターと呼びます。表のヘッダーや軸にならないフィールドを使用してデータをフィルターすることもできます。これを外部フィルターと呼びます。フィルターされたすべてのフィールドは [フィルター] シェルフに表示されます。

フィルターの基本的な概念を説明するために、次のビューを検討してください。

"Home Office (ホーム オフィス)" のデータには関心がないと仮定します。この列をビューから削除するには、"Segment (区分)" ディメンションをフィルターします。このためには、フィールド メニューの [フィルター] を選択するか、"Segment (区分)" ディメンションを [フィルター] シェルフにドラッグします。[フィルター] ダイアログ ボックスが開きます。既定では、すべてのメンバーが選択されます。"Home Office (ホーム オフィス)" のチェック ボックスをオフにして、ビューから除外します。選択したすべてのメンバーが含まれます。

A graphic depicting the filter dialog.

次に示すように、ビューが更新され、"Home Office (ホーム オフィス)" 列が削除されます。このフィルターは、[フィルター] シェルフの "Segment (区分)" フィールドに示されています。

A graphic depicting a filter applied to the Market Segment field.

製品のカテゴリーに対する収益のみを表示する場合を想定します。"Category (カテゴリー)" フィールドが [行] シェルフおよび [列] シェルフや [マーク] カードに使用されていない場合でも、フィルターを追加できます。[フィルター] シェルフに "Category (カテゴリー)" ディメンションをドラッグします。"Category (カテゴリー)" ビューの一部ではないので、これは外部フィルターの例となります。

[フィルター] ダイアログ ボックスが自動的に開きます。既定では、どのメンバーも選択されていません。ビューの一部にするメンバーを選択します。クリアされたメンバーはすべて除外されます。この例では、"Office Supplies (事務用品)" が選択されています。

変更されたデータ ビューを以下に示します。マーク ラベルには、顧客区分の収益の合計が $56,330 に減少したことが示されています。この数値は、企業市場に関連し、事務用品カテゴリーの一部であるデータ ソースのすべての行を合計して得られたものです。

A graphic depicting a bar chart using a filter on the Market Segment and Ship Container fields.

フィルターは独立しているため、[フィルター] シェルフに配置されたフィールドの順序によってデータ ビューが影響を受けることはありません。つまり、顧客区分でフィルターした後に出荷用コンテナーでフィルターした結果は、出荷用コンテナーでフィルターしてから顧客区分でフィルターした場合と同じになります。操作のフィルタリング順序の詳細については、ビューからのデータのフィルターを参照してください。

[ページ] シェルフ

[ページ] シェルフを使用すると、ビューを一連のページに分割して、特定のフィールドがビュー内の他のデータにどのような影響を与えているかをより詳しく分析できます。[ページ] シェルフにディメンションを配置すると、ディメンションの各メンバーに新しい行を追加することになります。[ページ] シェルフにメジャーを配置すると、Tableauはそのメジャーを不連続のメジャーに自動的に変換します。

[ページ] シェルフは、各ページに異なるビューがあるページのセットを作成します。各ビューは、[ページ] シェルフに配置されているフィールドのメンバーに基づいています。フィールドを [ページ] シェルフに移動する時にビューに追加されるコントロールを使用して、ビューを簡単にめくり、それらのビューと共通軸を比較できます。たとえば、次のビューには、その月のそれぞれの日に対して地域ごとに分類された収益売上が示されています。以下のイメージは、1、2、3、4 日を表しています。月の他の日付を見るには下の方へスクロールします。

このビューをさらに使いやすくするには、"DAY (Order Date)(日 (発注日))"[ページ] シェルフに移動し、関連するコントロールを使用してページをめくります (1 日分ずつ)。これまで見えていなかった事実がたちまち見えてきます。この例で興味深いのは、西部地域において 19 日が売上と収益の面で重要な日になっていることです。

フィールドを [ページ] シェルフへ追加すると、ページ コントロールが自動的にビューの右側に追加されます。

このコントロールを使用してページ間を移動します。ビュー内でページ間を移動する方法は 3 つあります。

  • 特定のページにジャンプ

  • 手動でページを移動

  • 自動でページを移動

特定のページにジャンプ

特定のページを表示するには、ドロップダウン リストから表示するメンバーまたは値を選択します。

手動でページを移動

次のいずれかの方法で、連続するページを手動で進めることができます。

  • ドロップダウン リストの両側にある進むボタンと戻るボタンを使用して、1 ページずつ移動します。

  • ページ スライダーを使用して、連続するページをすばやく前後に移動します。

  • 次のいずれかのキーボード ショートカットを使用して、連続するページを前後に移動することができます。

    F4 前方への移動を開始または停止する
    SHIFT + F4 後方への移動を開始または停止する
    CTRL + . 1 ページ先にスキップする
    CTRL + , 1 ページ後ろにスキップする

    Mac では、同等のキーボード ショートカットがあります。

    F4 前方への移動を開始または停止する
    Shift + F4 後方への移動を開始または停止する
    Command + ピリオド 1 ページ先にスキップする
    Command + コンマ 1 ページ後ろにスキップする

自動でページを移動 (Tableau Desktop のみ)

ビュー内のページのスライドショーを見るには、再生コントロールを使用します。いつでも前方への再生または後方への再生、および再生の停止を行うことができます。コントロールの右下隅にあるスピード コントロールで、再生速度を調整することができます。最も小さなバーが最も遅い再生速度を示しています。

ページ履歴の表示

[履歴の表示] チェック ボックスを使用すると、ページ履歴を表示することができます。ページ履歴を使用すると、前のページのマークは現在のページに表示されます。

Tableau Desktop のみ: 履歴のドロップダウン コントロールを開いて、どのマークをいつ表示するかを指定します。

履歴のドロップダウン コントロールには、次のオプションがあります。

  • 履歴を表示するマーク - 選択したマークだけの履歴を表示するのか、ハイライトされているマークや履歴を表示するように手動で選択したマークの履歴を表示するのか、すべてのマークの履歴を表示するのかを選択します。ビュー内のマークを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[ページ履歴] メニューでオプションを選択することで、マークの履歴を手動で表示することができます。

  • 長さ - 履歴に表示するページの数を選択します。

  • 表示 - 履歴マークと以前の値全体のライン トレース (トレイル) のどちらを表示するか、あるいは両方を表示するかを指定します。

  • マーク - 色を含む履歴マークの書式設定と、色が自動に設定されている場合はどの程度薄くするかを指定することができます。マークは既定のマークの色を使用するか、[色] シェルフの色エンコードを使用します。

  • トレイル - 履歴マークを通じて引かれた線をフォーマットします。このオプションは、[表示] オプションで [トレイル] が選択されている場合にのみ使用できます。

ページ上で色ごとに複数のマークがある場合、ページ トレイルは表示されないことがあります。ビューの詳細レベルが、[ページ] シェルフおよび [色] ターゲットの詳細レベル以下または等しいことを確認してください。また、トレイルは四角、円、形状などの不連続マークタイプのみをサポートします。これらのマークは、マークタイプが[自動] の場合はサポートされません。

ダッシュボードのページ (Tableau Desktop のみ)

ダッシュボードに [ページ] シェルフ上の同じフィールドを使用する複数のビューが含まれる場合、[同期化] オプションを選択することで単一のページ コントロールのあるすべてのビューを制御できます。このオプションは、ダッシュボードのページ コントロール上でのみ利用できます。

 

その他のシェルフ、凡例、カード、およびコントロール

いくつかのシェルフ、凡例、カード、またはコントロールは、ビューで作業する際の結果として表示されるだけです。たとえば、色の凡例は、色にフィールドがある場合にのみ表示されます。

Tableau は、ビューのこれらの要素の移動またはその他のカスタマイズのためのコントロールを提供します。

以下のリストでは、それぞれシェルフ、凡例、カード、またはコントロールについて説明します。

  • メジャー バリュー シェルフ - [メジャー バリュー] は特別なフィールドで、常に [データ] ペインの [メジャー] エリアの一番下に表示され、データのすべてのメジャーが 1 つのフィールドに集められています。Tableau は、同じ軸で複数のメジャーが共有されている場合、ビューに [メジャー バリュー] を自動的に追加します。ビュー内に [メジャー バリュー] がある場合、Tableau は、メジャーが含まれていることを示す [メジャー バリュー] シェルフを表示します。このカードにメジャーを追加したり、このカードからメジャーを削除することができます。メジャー バリューとメジャー ネームを参照してください。

  • 色の凡例 – 色にフィールドがある場合、色が割り当てられている方法を示します。詳細については、色をマークに割当を参照してください。

  • シェイプの凡例 – シェイプにフィールドがある場合、シェイプが割り当てられている方法を示します。詳細については、マークの形状の変更を参照してください。

  • サイズの凡例 – サイズにフィールドがある場合、サイズが割り当てられている方法を示します。詳細については、マークのサイズの変更を参照してください。

  • 地図の凡例 - 地図上の記号およびパターンの凡例を示します。地図の凡例は、すべてのマップ プロバイダーで使用できるわけではありません。

  • パラメーター コントロール – ワークブックのすべてのパラメーターには、個々のパラメーター コントロールがあります。詳細については、パラメーターの作成を参照してください。

  • タイトル – タイトルはすべてのビューのために既定値で表示されます。既定のタイトルは、シートの名前です。それを編集するには、タイトルをダブルクリック (Mac では、Control キーを押しながらクリック) します。

  • キャプション – ビューのキャプションを表示するには、ワークシート メニューから [キャプションを表示] を選択します。詳細については、キャプションを参照してください。

  • サマリー カード – ビューのサマリー カードを表示するには、ワークシート メニューから [サマリーを表示] を選択します。詳細については、サマリー カードを参照してください。

  • ページ コントロール – ページ シェルフのフィールドがある場合、ページ内を移動するためのオプションを提供します。詳細については、[ページ] シェルフを参照してください。

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 フィードバックの送信時にエラーが発生しました。もう一度実行するか、メッセージを送信してください