ビュー内のマークの表示を制限する

[マーク] カードを使用して、ビューのマークの色、サイズ、形状、詳細、テキスト、ツールヒントを制御します。[マーク] カードのボタンにフィールドをドラッグすると、マーク データがエンコードされます。[マーク] カードのボタンをクリックして、マーク プロパティを開きます。マークの関連情報については、ビュー内のマークのタイプを変更するおよび[マーク] カードを参照してください。

色をマークに割当

色をビュー内のマークに割り当てるには、次のいずれかを実行します。

  • [マーク] カードで、[色] をクリックしてメニューからマークの色を選択します。

    これによりすべてのビュー内のマークを選択した色に更新します。[マーク] カードの [色] にフィールドがない場合、すべてのマークは既定の色になります。ほとんどのマークの既定色は青、テキストの既定色は黒です。

  • フィールドを [データ] ペインから [マーク] カードの [色] にドラッグします。

    Tableau はフィールド値およびメンバーに基づいて様々な色をマークに割り当てます。例えば、カテゴリーなどの不連続フィールド(青フィールド)を、色にドロップすると、ビュー内のマークはカテゴリー別に細分化され、各カテゴリーに色が割り当てられます。

    合計(売上)などの連続フィールドを、色にドロップすると、各ビュー内のマークはその売上高をもとに色付けされます。

色の編集

カラー パレットを変更する、または色がマークに適用される方法をカスタマイズするには。

  • [マーク] カードで、[色] > [色の編集] をクリックします。

詳細については、カラー パレットと色効果を参照してください。

マークのサイズの変更

ビュー内のマークのサイズを変更するには、次のいずれかを実行します。

  • [マーク] カードで [サイズ] をクリックし、スライダーを左か右に動かして調整します。

    次の表で説明するように、サイズのスライダーの効果はマーク タイプに応じて異なります。

    マーク タイプ 説明
    円、四角、形状、テキスト マークのサイズが変わります。
    棒、ガント棒 棒の幅が変わります。
    線の太さが変わります。
    多角形 多角形のサイズは変更できません。
    円グラフ 円グラフの全体のサイズが変わります。

    [サイズ] のスライダーを使用してマークを変更した場合、データ ビューのサイズは変更されません。ただし、ビューのサイズを変更すると、新しい書式設定に合わせてマークのサイズが変わることがあります。たとえば、表を大きくすると、マークも一緒に大きくなる場合があります。

  • フィールドを [データ] ペインから [マーク] カードの [サイズ] にドラッグします。

[マーク] カードの [サイズ] に不連続フィールドを配置すると、ディメンション内のメンバーに従ってマークが分類され、各メンバーに固有のサイズが割り当てられます。サイズには固有の順序 (小さなものから大きなものへ) があるので、年度や四半期など、順序があるデータにはカテゴリー別のサイズが最適です。

不連続フィールドを持つサイズ エンコードされたデータでは、[詳細] プロパティと同じ方法でマークが分類され、各マークに追加情報 (サイズ) が指定されます。詳細については、ビュー内のマークをディメンション メンバーで分類するを参照してください。カテゴリー別サイズ エンコードをビューに追加すると、[サイズ] ターゲットのフィールドの各メンバーに割り当てられているサイズを示す凡例が表示されます。これらのサイズをどのように配分するかを [サイズの編集] ダイアログ ボックスで変更することができます。

[マーク] カードの [サイズ] に連続フィールドを配置すると、Tableau は連続範囲を使用して各マークを異なるサイズで描画します。最も小さな値に最も小さなマークが割り当てられ、最も大きな値は最も大きなマークで表示されます。

定量的サイズ エンコードをビューに追加すると、サイズが割り当てられた値の範囲を示す凡例が表示されます。これらのサイズをどのように配分するかを [サイズの編集] ダイアログ ボックスで変更することができます。

マーク サイズの編集

マーク サイズを編集、またはサイズがビュー内のマークに適用される方法を編集するには、

  1. [サイズの凡例カード](フィールドをマーク カードのサイズに追加すると表示)で、右隅にあるドロップダウン矢印をクリックして[サイズの編集]を選択します。

    凡例の詳細については、凡例を参照してください。

  2. 表示される [サイズの編集] ダイアログ ボックスで、変更を苦あえて[OK] をクリックします。

    利用可能なオプションは、[サイズ]に適用されているフィールドが連続または不連続フィールドかによります。

    連続フィールドでは、次の操作を実行できます。

    • [さまざまなサイズ]で、ドロップダウン ボックスをクリックして次のいずれかを選択します。

      • 自動 - このデータに最適なマッピングを選択します。データが数値で、0 をまたがない場合 (すべて正の数または負の数) は、[0 から] のマッピングが使用されます。それ以外の場合は、[範囲ごと] のマッピングが使用されます。

      • 範囲ごと – データ内の最小値と最大値を使用してサイズの配分を決定します。たとえば、フィールドの値が 14 から 25 までの場合は、この範囲内でサイズが配分されます。

      • 0 から - サイズは 0 から補間され、最大のマーク サイズは 0 から最も離れたデータ値の絶対値に割り当てられます。

    • 範囲スライダーを使用して、サイズの配分を調整します。[サイズの変化] から [0 から] のマッピングを選択した場合、低い方のスライダーは常に 0 に設定されるので無効になります。

    • [反転] を選択して、最も大きなマークを最も小さな値に、最も小さなマークを最も大きな値に割り当てます。[0 から] のマッピングを実行する場合、最も小さなマークは常に 0 に割り当てられるので、このオプションは使用できません。

    • サイズの配分を変更するには、[凡例の開始値] および [範囲の終了値] チェック ボックスを選択し、範囲の開始値と終了値を入力します。

      不連続フィールドでは、次の操作を実行できます。

      • 範囲スライダーを使用して、サイズの配分を調整します。

      • [反転] を選択して、最も大きなマークを最も小さな値に、最も小さなマークを最も大きな値に割り当てます。

連続軸マークのサイズ変更

マーク タイプが [バー] で、[行][列] の両方に連続 (緑) フィールドがあるビューの場合、Tableau は、バーが固定されている軸上のバー マークのサイズを変更するための追加オプションと既定をサポートしています。

  • ヒストグラム内のバー マークは既定では連続 (マークの間にスペースなし) ですが、ビンのサイズに合わせてサイズが変更されます。例については、ヒストグラムの作成を参照してください。

  • [サイズ] の上に 1 つのフィールドがある場合は、[サイズ] 上のフィールドを使用してバーが固定されている軸上のバー マークの幅を決めることができます。これを実行するには、[サイズ] カードをクリックして [固定] を選択します。

  • [サイズ] の上にフィールドがない場合は、軸の単位でバーが固定されている軸上のバー マークの幅を指定できます。これを実行するには、[サイズ] カードをクリックして、[固定] を選択してから、[軸単位の幅] フィールドに数値を入力します。

  • バーが固定されている軸上に連続日付フィールドがある場合、マークの幅は日付フィールドのレベルに合わせて設定されます。たとえば、連続日付フィールドのレベルが月の場合、バーは正確に 1 か月の幅になります。つまり、31 日の月は 30 日の月よりわずかに広くなります。[サイズ] カードをクリックして、[固定] を選択してから、[日単位の幅] フィールドに数値を入力してバーの幅を構成できますが、その結果のバーの幅では、月や年などの可変の時間の長さは考慮されません。

マークにラベルまたはテキストを追加

マークラベルまたはテキストを追加してビジュアライゼーションするには:

  • フィールドを [データ] ペインから [マーク] カードの [ラベル]または[テキスト]にドラッグします。

テキスト表を使用すると、ラベル シェルフはテキストに置換され、これによりデータ ビューに関連付けられた数字が表示できます。データ ビューのテキスト エンコードの効果は、ディメンションを使用するかメジャーを使用するかによって異なります。

  • ディメンション – [マーク] カードの [ラベル] または [テキスト] にディメンションを配置すると、ディメンション内のメンバーに従ってマークが分割されます。ディメンション メンバー名によってテキスト ラベルが与えられます。

  • メジャー – [マーク] カードの [ラベル] または [テキスト] にメジャーを配置すると、メジャーの値によってテキスト ラベルが与えられます。メジャーは集計済みでも非集計でもかまいません。ただし、非集計のメジャーではテキストがしばしばオーバーラップされるので、一般的に有益でありません。

テキストはテキスト表の既定のマークタイプで、クロス集計またはピボット テーブルとしても参照されます。

ビュー内のマークをディメンション メンバーで分類する

ビュー内のマークを隔てるには(またはさらなる粒度を追加するには):

  • ディメンションを [データ] ペインから [マーク] カードの [詳細] にドラッグします。

ディメンションを [マーク] カードの [詳細] にドロップすると、そのディメンションのメンバーに応じて、データ ビュー内のマークは分類されます。[行] または [列] シェルフにディメンションをドロップする場合とは異なり、[マーク] カードの [詳細] にドロップすると、表の構造を変えずにより多くのデータを表示することができます。

ツールヒントをマークに追加

ツールヒントは、ビュー内の 1 つ以上のマークをポイントしたときに表示される詳細です。ツールヒントを使用すると、選択した項目のフィルターや削除、参照元データの表示などをすばやく簡単に行うこともできます。静的テキストと動的テキストの両方を含めるようにツールヒントを編集できます。また、ツールヒントに含めるフィールドや、これらのフィールドを使用してビューでマークを選択できるようにするかどうかを変更することもできます。

ツールヒントに含まれるワークシート (ツールヒント内 Viz) のビジュアライゼーションの表示については、ツールヒント内でビューを作成する (ツールヒント内 Viz)を参照してください。

ツールヒントの追加

  1. [マーク] カードの [ツールヒント] にフィールドをドラッグします。

  2. [マーク] カードの [ツールヒント] をクリックして、[ツールヒントの編集] ダイアログ ボックスを開くと、テキストの追加、ツールヒント コンテンツの再配置、追加のフィールドの挿入を行うことができます。

注: ディメンションは、ATTR 集計を使用してツールヒントに追加されます。つまり、ツールヒントがアスタリスクとして表示される場合があります。アスタリスクは、ポイントしているマークに適用される複数のディメンション メンバーがあることを示します。たとえば、すべての地域の売上集計を示すマークがあったとします。"Region (地域)" フィールドをツールヒントに追加すると、そのマークが複数の地域を示すため、アスタリスクが表示されます。アスタリスクを表示しないようにするには、ディメンションを [マーク] カードの [詳細] に追加するか、ビュー内の他の場所で使用して、マークが同じ詳細レベルになるようにします。

ツールヒント オプション

[ツールヒントの編集] ダイアログ ボックスを開いた後、ビュー内のツールヒントの書式設定や、動作を構成するためのオプションの選択肢がいくつか表示されます。以下のオプションから選択できます。

  • 形式のツールヒント: ツールヒントは、シートごとに指定し、[ツールヒントの編集] ダイアログ ボックスの上部にあるツールを使用して書式設定できます。

  • 動的テキストの追加: ダイアログ ボックスの上部にある [挿入] メニューを使用して、フィールド値、シート プロパティなどの動的テキストを追加します。[挿入] メニューの [すべてのフィールド] コマンドは、ビューの任意のマークのツールヒントにビューで使用されているすべてのフィールドの名前と値を追加します。

  • ツールヒントの表示: ツールヒントは既定で表示されます。自動ツールヒントを非表示にするには、[ツールヒントの表示] チェック ボックスをオフにします。

  • ツールヒントの動作の構成: [ツールヒントの表示] チェック ボックスの横にあるドロップダウン リストで次のオプションのいずれかを選択し、ツールヒントの動作を構成することができます。

    • 即時応答 - 即時にツールヒントを表示: このオプションを選択した場合、カーソルをビューのマークにポイントすると即時にツールヒントを表示します。これはすべてのビューの既定です。

      このオプションの場合、ツールヒントにはコマンド ボタンは表示されません。コマンド ボタンを表示するには、最初にビュー内のマークをクリックする必要があります。

    • ポイント時 - ポイントでツールヒントを表示: このオプションを選択した場合、カーソルでマークをポイントした後にのみツールヒントを表示します。ただし、このオプションを使用すると、ユーザーが何のアクションも行わなくてもツールヒントにコマンド ボタンが表示されます ([ツールヒントの編集] ダイアログ ボックスで指定した場合を除く)。

  • コマンドの表示: [コマンド ボタンを含める] チェック ボックスをオンにすると、ツールヒントの上部最下部に [選択したデータのみを保持][除外][メンバーのグループ化][セットの作成] および [データの表示] ボタンが追加されます。これらのボタンは、Tableau Desktop、およびビューが Web にパブリッシュされた場合またはモバイル デバイスに表示された場合に表示されます。

    メンバーのグループ化の詳細については、データのグループ化によりデータエラーの修正またはディメンション メンバーを組み合わせるを参照してください。セットの作成の詳細については、セットの作成を参照してください。

  • ツールヒントのビューでマークを選択します[カテゴリ別の選択を許可] チェック ボックスをオンにして、ツールヒントの不連続フィールドでクリックすることで、同じ値を持つビューでマークを選択できるようになります。このチェック ボックスがオンになっている場合、ビューが Web にパブリッシュされているかモバイル デバイスで表示されていれば、この機能を使用して Tableau Desktop のビューでマークを選択できます。

  • フィールドの追加または削除: 自動ツールヒントを使用している場合、フィールドの追加と削除を行うには、ビュー内のいずれかのシェルフ上のフィールドを右クリックし (Mac では Control を押しながらクリック)、[ツールヒントに含める] を選択します。

注: [ツールヒントに含める] オプションは、ツールヒントをカスタマイズしていない場合にのみ使用できます。ツールヒントがカスタマイズされている場合に自動ツールヒントに戻すには、[マーク] カード上の [ツールヒント] をクリックし、[ツールヒントの編集] ダイアログ ボックスの [リセット] をクリックします。

マークの形状の変更

マークの形状を変更するには:

  • フィールドを [データ] ペインから [マーク] カードの [形状] にドラッグします。

[マーク] カードの [形状] にディメンションを配置すると、ディメンション内のメンバーに従ってマークが分類され、各メンバーに固有の形状が割り当てられます。形状の凡例には、各メンバー名とそれに関連付けられた形状が表示されます。[マーク] カードの [形状] にメジャーを配置すると、そのメジャーは不連続のメジャーに変換されます。

形状エンコードされたデータでは、[詳細] プロパティと同じ方法でマークが分類され、各マークに追加情報 (形状) が指定されます。形状は、メジャーが [行] シェルフと [列] シェルフの両方の内部フィールドである場合の既定のマーク タイプです。

次のビューでは、"Customer Segment (顧客区分)" ディメンションのメンバーに従って、マークはさまざまな形状に分類されます。各形状は、顧客区分の収益と売上高に対する貢献度を反映しています。

形状の編集

既定では、10 個の異なる形状がディメンションのエンコードに使用されます。メンバー数が 10 より多い場合は、同じ形状が繰り返し使用されます。既定のパレットに加えて、塗りつぶし形状、矢印、天気記号など、さまざまな形状パレットを選択することができます。

  1. [マーク] カードの [形状] をクリックするか、凡例のカード メニューから [形状の編集] を選択します。

  2. [形状の編集] ダイアログ ボックスの左側でメンバーを選択し、次に右側のパレットで新しい形状を選択します。[パレットの割り当て] をクリックして、形状をフィールドのメンバーにすばやく割り当てることもできます。

右上のドロップダウン メニューを使用して、別の形状パレットを選択します。

注:形状エンコードは同じデータ ソースを使用する複数のワークシート間で共有されます。たとえば、家具製品を四角形で表すように指定した場合、ワークブックの他のすべてのビューでも自動的に四角形になります。フィールドの既定の形状エンコードを設定するには、[データ] ペインでフィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[既定のプロパティ] > [形状] を選択します。

カスタム形状の使用

ドキュメント フォルダー内の Tableau リポジトリの Shapes フォルダーに形状イメージ ファイルを複製することで、ワークブックにカスタム形状を追加できます。カスタム形状を使用すると、その形状はワークブックと共に保存されます。これにより、ワークブックを他のユーザーと共有できます。

  1. 形状イメージ ファイルを作成します。各形状は独自のファイルとして保存する必要があります。ビットマップ (.bmp)、portable network graphic (.png)、.jpg、graphics interchange format (.gif) など、さまざまなイメージ形式のうちいずれかを使用できます。

  2. 形状ファイルをドキュメント フォルダーの My Tableau Repository\Shapes フォルダーの新しいフォルダーに複製します。フォルダーの名前が Tableau のパレット名として使用されます。下の例では、"Maps (マップ)" と "My Custom Shapes (マイ カスタム形状)" という 2 つの新しいパレットが作成されています。

  3. Tableau で [形状の凡例] のドロップダウン矢印をクリックし、[形状の編集] を選択します。

  4. ドロップダウン リストで新しいカスタム パレットを選択します。Tableau の実行中に形状を変更した場合は、[形状の再読み込み] ボタンをクリックします。

  5. メンバーに形状を 1 つずつ割り当てるか、[パレットの割り当て] をクリックしてメンバーに形状を自動的に割り当てることができます。

注:[リセット] ボタンをクリックすると、既定のパレットに戻すことができます。これは、形状がワークブックの一部として保存されるためです。ただし、[形状の編集] ダイアログ ボックスの [形状の再読み込み] をクリックすると、代わりに自分のリポジトリ内の形状を使用できます。

既定の形状パレットとカスタムの形状パレットの両方を使用するビューの例をいくつか以下に示します。

カスタム形状の作成のヒント

カスタム形状を作成する際に、ビュー内での形状の外観や機能を向上させるために行うことのできることがいくつかあります。独自の形状を作成する場合は、アイコンやクリップ アートの作成に関する次のような一般的なガイドラインに従うことをお勧めします。

  • 推奨サイズ - [サイズ] を使用して形状を非常に大きくする予定がある場合を除き、オリジナルの形状のサイズは 32 × 32 ピクセルに近いサイズにすることをお勧めします。ただし、元のサイズは Tableau で使用可能にするサイズの範囲によって決まります。[マーク] カードの [サイズ] をクリックするか、[書式設定] メニューの [セルのサイズ] のオプションを使用して、Tableau での形状のサイズを変更することができます。

  • 色エンコードの追加 - [色] を使用して形状をエンコードする予定がある場合は、透明な背景を使用することをお勧めします。そうしないと、記号だけでなく、イメージの正方形全体に色が付いてしまいます。GIF および PNG ファイル形式はどちらも透明度をサポートしています。GIF ファイルは 100% 透明な単色の透明度をサポートしており、PNGファイルはイメージのすべてのピクセルで利用可能な透明度の範囲を持つアルファ チャンネルをサポートしています。Tableau で記号を色エンコードする場合は、ピクセルごとの透明度は変更されないため、スムーズなエッジを維持できます。

    注意: イメージの周囲をあまり透明にし過ぎないでください。カスタム形状のサイズは、できるだけイメージと同じサイズにします。イメージのエッジ周辺のピクセルの透明度を上げると、イメージの近くをポイントしたりクリックしたりするときに悪影響が出る可能性があります。特に複数のカスタム形状が重なっている場合は注意が必要です。実際の形状が目に見える形より大きくなる場合、ポイントやクリック動作がより難しくなり、ユーザーが予測しづらくなってしまいます。

  • ファイル形式 - Tableau では、Enhanced Meta File (.emf) 形式はサポートされていません。形状イメージ ファイルは、形状イメージ ファイルは、.png、.gif、.jpg、.bmp、および .tiff です。

マーク間にパスを描く

[パス] プロパティは、[マーク] カード ドロップダウン メニューから [線] または [多角形] のマーク タイプを選択した場合にのみ利用できます。お使いのビジュアライゼーションに表示sれるマーク タイプを変更する方法の詳細については、ビュー内のマークのタイプを変更するを参照してください。

[マーク] カードの [パス] プロパティを使用して、線マークのタイプ (線形、ステップ 、またはジャンプ) を変更したり、特定の描画順序を使用してマークを接続することでデータをエンコードしたりすることができます。ディメンションまたはメジャーを使用してデータをパス エンコードできます。

  • ディメンション - [マーク] カードの [パス] にディメンションを配置すると、ディメンション内のメンバーに従ってマークが連結されます。ディメンションが日付の場合、描画順序は日付順になります。ディメンションに顧客名や商品タイプなどの単語が含まれている場合、描画順序はデータ ソース内のメンバーの順序になります。メンバーの並べ替え順序を変更することで、データ ポイントの接続順序を変更できます。詳細については、視覚化内でのデータの並べ替えを参照してください。

  • メジャー – [マーク] カードの [パス] にメジャーを配置すると、メジャーの値に従ってマークが連結されます。メジャーは集計済みでも非集計でもかまいません。

線のタイプ (線形、ステップ、ジャンプ) を変更する

マーク タイプが線 (自動または線) に設定されている場合、[マーク] カードの [パス] プロパティをクリックして線のタイプを変更できます。

勘定残高、在庫レベル、金利など、変化や差分を目立たせる必要がある、長期間にわたって一定な数値データに、これらの線のタイプを使用します。ステップ ラインは、変化の程度を強調するのに最適です。ジャンプ ラインは、データ ポイント間の変化の期間を強調する場合に役立ちます。

  1. [マーク] カードで [パス] をクリックします。
  2. [線形][ステップ]、または [ジャンプ] を選択して線のタイプを変更します。

パスエンコードされたビューを作成する

パス エンコードされた有益なビューを作成するには、データ表にメジャーが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。カテゴリ データ (ディメンション) のみを連結するパスを作成することはできません。

次のビューは、2010 年の大西洋海盆の暴風雨データを使用して作成されました。このビューでは、暴風雨の日付によって決定されるパスと共に線マークを使用しています。これにより、暴風雨の経路が表示されます。[マーク] カードの [パス] に連続日付を配置することで、Tableau に、時系列に線を描画するよう伝えます。詳細については、時間の推移を示すマップを Tableau で作成する および Tableau で起点と終点の間のパスを示すマップを作成するを参照してください。

このセクションのその他の記事

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 フィードバックの送信時にエラーが発生しました。もう一度実行するか、メッセージを送信してください