表示形式を使用したビューの開始

表示形式は、ビューで既に使用されているフィールドと、[データ] ペインで選択されているフィールドに基づいてビューを作成します。表示形式を開くには、ツールバー [表示形式] をクリックします。

選択したフィールドに基づくビューの開始

表示形式を使用するには、[データ] ペインで分析するフィールドを選択し、[表示形式] ペインで作成するビューの種類を選択します。Tableau は選択されたフィールドを自動的に評価し、これらのフィールドに適切ないくつかの種類のビューのオプションを示します。さらに、表示形式はデータに最も一致するビジュアライゼーション タイプをハイライトします。

  1. [データ] ペインで、分析するフィールドを選択します。複数選択を行うには、Ctrl キー (Mac では Command キー) を押しながら選択します。

  2. ツールバーの [表示形式] をクリックして、作成するビューの種類を選択します。

    グレーアウトされていないビューの種類では、データのビューが生成されます。各ビューの種類をポイントすると、下部に最小要件が表示されます。この例では [積み上げ棒グラフ] が選択されています。

  3. 結果を表示します。Tableau は自動的にデータのビューを作成します。

    表示形式を使用した折れ線グラフの作成

    この例では、表示形式を使って、収益を時間の関数として表示する折れ線グラフを作成します。

    1. [データ] ペインで [Order Date (注文日)][Profit (収益)] を選択します。フィールドを選択する際、Ctrl キー (また Mac では Command キー) を押したままにします。

    2. [表示形式] カードが表示されていない場合、ツール バーの [表示形式] をクリックすると表示されます。

    3. [表示形式] ペインから、Tableau がどのタイプのビューを推奨しているかを確認してください。

      日付ディメンションとメジャーが選択されているため、Tableau は折れ線グラフ ビューを構築することをお勧めします。たいていの場合、一定の期間にわたってメジャー バリューの変化を観察するには、折れ線グラフが最適な方法です。

    以下のビューは結果のグラフを示しています。線上の各点は、対応する年の収益の合計を表しています。

    ツール バーの [マーク ラベルを表示] ボタンをクリックすると、ポイントがもっと見やすくなります。

    表示形式を使用した散布図の作成

    この例では、表示形式を使用して、製品および顧客ごとの売上高と収益の対比を示すための散布図を構築します。

    1. [顧客名] [商品名] を選び ([データ] ペインの [ディメンション] エリアから)、[Profit (収益)][Sales (売上高)][メジャー] エリアから選択します。複数のフィールドを選択する際、Ctrl キー (また Mac では Command キー) を押したままにしてフィールドをクリックします。

    2. ツールバーの [表示形式] をクリックします。

    3. [表示形式] から散布図のグラフ タイプを選択します。

    Tableau は選択したフィールドを使用して散布図を作成します。フィールドをドラッグして、ビューをさらに調整することができます。

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください