Bridge を使用した接続

Tableau Online が直接接続できないオンプレミス データにデータ ソースを接続する場合、Tableau Bridge を使用すると簡単に接続できます。

サポートする接続

Bridge では、以下で説明する接続シナリオがサポートされます。

サポートされるコネクタ

以下のサポートされていないコネクタにリストされている場合を除き、Bridge では、Tableau Desktop および Tableau Online(新しいウィンドウでリンクが開く) でサポートされているコネクタの組み合わせがサポートされます。

サポートされている接続タイプ

Bridge では、抽出とライブの両方の接続タイプがサポートされます。

  • 抽出接続: 抽出接続を使用してデータ ソースをオンプレミス データに接続する場合、Bridge を使用してそれらの抽出のスケジュールされた更新を実行できます。更新のスケジュールは、ほとんどの場合、パブリッシュ プロセスの一部としてデータソースの所有者が設定できます。抽出をサポートするためのその他の要件については、抽出接続のその他の要件を参照してください。

  • ライブ接続: Bridge では、ライブ クエリと呼ばれる機能を使用してオンプレミス データへのライブ接続を使用するデータ ソースがサポートされます。データ ソースの所有者が、Tableau Online が直接アクセスできないことが検出されたデータへのライブ接続を使用するデータ ソースをパブリッシュすると、ライブ クエリが自動的に使用されてデータ ソースが最新の状態に保たれます。ライブ クエリをサポートするためのその他の要件については、ライブ接続のその他の要件を参照してください。

サポートされているデータ型

Bridge でサポートされるデータ型は、次のカテゴリのいずれかに分類されます。

  • リレーショナル データ

  • ファイル データ - Excell ファイル、テキスト ファイル、統計 (.sas7bdat) ファイルなどがあります。

  • プライベート クラウド データ - Amazon Redshift、Teradata、Snowflake などがあります。詳細については、プライベート クラウド データに対して Bridge を使用するを参照してください。

  • 一部の ODBC データ
  • 一部の Web データ コネクタ (WDC) データ - データには、標準ユーザー名とパスワードを入力してアクセスできます。Bridge は、OAuth を使用したデータ プロバイダーの Web サイトへのアクセスには使用することはできません。

  • Bridge ですべてのコネクタがサポートされる場合に、マルチ接続データ ソースで使用されるデータ (クロスデータベース結合を含むデータ ソース)詳細については、Tableau ナレッジ ベースの「Tableau Bridge でのクロスデータベース結合されたデータ ソースの更新」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

コネクタのサポートの制限

Tableau と同様に、Bridge では、コネクタのプラグイン、Web データ コネクタ、JDBC または ODBC ドライバーを使用してデータに接続するデータ ソースの場合、サポートが制限されます。提供されるサポートの詳細については、Tableau ヘルプの次のトピックを参照してください。

サポートされていない接続

Bridge でサポートされていないシナリオがいくつかあります。これらのサポートされていないシナリオのいずれかが当てはまる場合は、以下のBridge の代替方法を使用するタイミングを参照してください。

サポートされていないコネクタ

  • Google Analytics
  • Google スプレッドシート
  • Microsoft Analysis Services
  • Microsoft PowerPivot
  • Oracle Essbase
  • SAP NetWeaver Business Warehouse

サポートされていない接続タイプ

  • ファイルベースのデータへのライブ接続
  • Google Cloud SQL、OData、Progress OpenEdge、Tableau抽出へのライブ接続
  • OAuth を使用するすべての接続
  • キューブベースのデータへのすべて接続

Bridge の代替方法を使用するタイミング

Tableau Online が直接接続できるクラウド データ

クラウド データの場合、Tableau Online で直接更新スケジュールを設定するのが好ましい選択肢 (または唯一の選択肢) である場合がほとんどです。Tableau Online でサポートされるコネクタのリストについては、クラウド プラットフォームでホストされているデータへの直接接続の許可を参照してください。

注: 一部の WDC データ ソースでは、OAuth が必要になるため、更新のスケジュールはできません。詳細については、以下のOAuth を介してアクセスするデータの操作を参照してください。

その他のクラウド データの抽出の更新

一部のクラウド データでは、標準ユーザー名とパスワードを入力してサインインできます。たとえば、クラウド プラットフォームでホストされる MySQL データベースに接続できる場合があります。このようなシナリオでは、Tableau Online で直接この種類のデータに接続する抽出の更新スケジュールを設定できます。詳細については、Tableau Online での更新のスケジュールを参照してください。

OAuth を介してアクセスするデータの操作

Bridge では、プロバイダーの Web 認可ページ (OAuth) を介してアクセスするデータはサポートされていません。OAuth を使用する人気のプロバイダーには、Salesforce.com、Google、QuickBooks Online で作成された WDC データ ソース、Facebook、Twitter などがあります。

データに OAuth が必要かどうかは、Tableau Desktop からクラウド データにサインインするとき、データ プロバイダーのサインイン ページにリダイレクトされた場合に判断できます。この場合、そのプロバイダーは OAuth または同様の認可標準を使用している可能性が高いため、Bridge は使用できません。

Bridge の代替方法として、OAuth を介して接続するデータを更新するには:

  • Salesforce データと Google データの抽出の場合は、Tableau Online で直接スケジュールを設定できます。

  • Facebook や Twitter、その他の Web サイトで作成した WDC データ ソースの抽出の場合は、[ソースから更新] コマンドを使用するか、データ ソースをもう一度パブリッシュすることで、Tableau Desktop から抽出を更新できます。詳細については、「Tableau Desktop からの抽出の更新」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

ありがとうございます!