その他のデータベース (ODBC)

Tableau の起動時に、[接続] を確認すると、Tableau Desktop でサポートされているファイルやデータベースのタイプを把握できます。詳細なリストを確認するには、[詳細] を選択します。サポートされるファイルまたはデータベースの場合、Tableau はそれらのデータ ソース用に構築および最適化されたビルトイン コネクターを提供します。

重要: ファイルまたはデータベースの種類が [接続] の下に表示されている場合は、この名前付きコネクタを使用してデータに接続します。

お使いのファイルまたはデータベースのタイプが [接続] にリストされていない場合、Other Databases (ODBC) コネクターを使用して接続できる場合があります。ODBC (Open Database Connectivity) は、データベースに接続するための標準の方法です。接続に使用するデータベース ドライバーが ODBC 標準を満たしている場合、お使いのデータベースの ODBC ドライバーおよび Tableau の Other Databases (ODBC) コネクターを使用して Tableau に接続できます。

: Tableau Prep Builder バージョン 2019.2.2 では、Other Databases (ODBC) コネクタを使用してデータへの接続がサポートされています。ただし、Tableau Desktop と同じ機能はサポートされていません。Tableau Prep Builder の場合は、Tableau Prep Builder オンライン ヘルプの「ODBC を使用した接続」に記載された手順に従ってください。

接続を行う

ODBC ドライバーを使用してデータに接続するには、次の手順を行います。

  1. Tableau を起動し、[接続] の下で [その他のデータベース (ODBC)] を選択します。データ接続の完全なリストについては、[サーバーへ][詳細] を選択します。

  2. 接続に必要な情報を入力します。

    表またはスキーマ名が表示されていない場合、検索アイコンをクリックするかテキスト ボックスに名前を入力して検索アイコンをクリックしてから、名前を選択します。

注: データベースへの接続に Other Databases (ODBC) を使用する場合、結果は異なる場合があり、Tableau Desktop 機能との互換性は保証されません。

必要としているとおりに接続が機能する場合は、分析を開始できます。ただし、機能やパフォーマンスを改善するために ODBC 接続をカスタマイズする必要がある場合は、その他のデータベース (ODBC)から記事をご覧ください。

パブリッシュとプラットフォーム間の移植性を構成する

汎用 ODBC 接続で作業する場合、作成したワークブックやデータ ソースを異なるコンピューターやプラットフォームで使用できるようにするには、追加の構成が必要です。

パブリッシュとプラットフォーム間の移植性のために、次のように実行します。

  • システム間の異なるドライバーや構成に対応するようにデータ ソース名 (DSN) を使用することをお勧めします。

  • ドライバーと DSN は、ワークブックまたはデータ ソース接続を照合するようにインストールおよび構成する必要があります。

重要: DSN を設定する際は、機密データ (ユーザー名やパスワードなど) がプレーンテキストでログに記録され、ログにアクセスできるすべてのユーザーから読み取り可能になることに注意してください。

その例として、Ashley Garcia が作成する Other Databases (ODBC) データ ソースを取り上げます。このデータ ソースは、Windows コンピューターにインストールされている関連 ODBC ドライバー向けの DSN を使用して接続できるようになります。次に、Ashley が作成したデータ ソースの構成例 (データ ソース名を含む) を示します。

 

Ashley は、他のユーザーがデータ ソースを使用できるようにするために、データ ソースで次ができます。

  • Ashley はデータ ソースを Tableau Server にパブリッシュできます。このとき Ashley は、Tableau Server の管理者に依頼して、同じ DSN を作成することと、Tableau Server コンピューターに関連付けられた ODBC ドライバーをインストールしてもらう必要があります。こうすると、Ashley と他のユーザーはデータ ソースにアクセスできるようになります。

  • Ashley はメールでデータ ソースを同僚に提供できます。Ashley は同僚に、関連付けられている ODBC ドライバーをコンピューターにインストールして、同じ DSN を作成するように頼む必要があります。こうすることで同僚のユーザーは Tableau Desktop でデータ ソースを開くことができるようになります。

Other Databases (ODBC) コネクターを使用して作成されたワークブックまたはデータ ソースを開こうとしたときに、ワークステーションが正しく構成されていない (ワークブックまたはデータ ソースの DSN が構成されていないか、ODBC ドライバーがインストールされていない) と、Generic ODBC requires additional configuration (汎用 ODBC には追加の構成が必要です) で始まるエラー メッセージが表示されます。このエラーを解決するには、ワークブックやデータ ソースのパブリッシャーか、Tableau Server 管理者に問い合わせて、ワークブックやデータ ソースを照合する DSN と ODBC ドライバー情報を取得してください。それからドライバーをコンピューターにインストールして DSN を構成します。

DSN の作成

DSN の作成方法は、オペレーティング システムによって異なります。

  • Windows。ODBC ドライバー マネージャーを使用して DSN を作成します。

  • OS X。ODBC マネージャー ユーティリティを使用して DSN を作成します。お使いの Mac にこのユーティリティがインストールされていない場合は、http://www.odbcmanager.net/ などからダウンロードできます。または、odbc.ini ファイルを手動で編集することもできます。

DSN を作成するための特定の手順については、お使いのオペレーティング システムのマニュアルを確認してください。

その他のデータベース (ODBC) 接続に対する Tableau サポート

Tableau が提供する Other Databases (ODBC) を使用した接続向けのカスタマー サポートには制限があります。サポートでは、Tableau のマニュアルに提供されているサンプル コードや、Tableau Desktop で接続できても Tableau Server では接続できない場合などにお手伝いします。ただし、Tableau はカスタム TDC ファイルの作成またはデバッグをサポートしていません。ヘルプ情報については、このセクションにあるその他のトピックを参照してください。さらに、Tableau 開発者コミュニティ フォーラムに質問を送信してアドバイスを求めることもできます。

 

このセクションの他の記事

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください