バージョン 2020.4 以降、 Tableau Cloud でフローを作成および操作して、データのクリーンアップと準備を行うことができます。データへの接続、新しいフローの作成、および既存のフローの編集を行うことができ、作業は数秒ごとに自動的に保存されます。自分だけが利用できる下書きフローを作成するか、フローをパブリッシュして他のユーザーが利用できるようにします。データ管理 がライセンスされている場合、Web から個別のフローを実行するか、Tableau Prep Conductor を使用してスケジュールに従ってフローを自動的に実行します。詳細については、「Web 上の Tableau Prep」を参照してください。

サイトでのフローの Web 作成をオンまたはオフにする

: この設定は現在、Tableau Server でのみ使用できます。Web 作成はTableau Cloudで有効になっており、無効にすることはできません。

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーにサインインし、Web 作成を有効化するサイトに移動します。そのサイトで、[設定] をクリックします。

  2. [Web 作成] セクションで、[フロー] を選択します。ユーザーがブラウザーでフローを編集して、機能を有効にすることができるようにします。

    チェック ボックスをクリアし、そのサイトの Web 作成をオフにします。

  3. 変更内容をすぐに有効にする場合は、サーバーを再起動します。再起動しない場合、変更内容はサーバー セッションのキャッシュ期限が切れた後、または次回ユーザーがサインアウト後に再びサインインしたときに有効になります。

リンクされたタスクを有効にする

Tableau Cloud および Tableau Server バージョン 2021.3 以降でサポートされています。

[リンクされたタスク] オプションを使用して、最大 20 件のフローを次々に実行するようにスケジュールできます。リンクされたタスクは、[リンクされたタスク] オプションが選択されているスケジュールでのみ実行できます。リンクされたタスクの詳細については、「リンクされたタスクのスケジュール」を参照してください。

バージョン 2022.1 以降、リンクされたタスクは、既定で [サーバー設定] および作成する新しいフロー スケジュールで有効になっています。以前のバージョンでは、管理者は最初にオプションを有効にする必要があります。

複数のサイトがある場合は、以下のチェック ボックスをオフにすることで、個々のサイトの [リンクされたタスク] をオフにできます。

リンクされたタスクをスケジュールした後にサーバー設定をオフにした場合、実行中のタスクはすべて完了しますが、スケジュール済みのリンクされたタスクは非表示になり、[スケジュールされたタスク] タブに表示されなくなります。

リンクされたタスクを有効にする (バージョン 2021.4 以前)

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーにサインインし、フローの [リンクされたタスク] を有効にするサイトに移動します。そのサイトで、[設定] をクリックします。

  2. [リンクされたタスク] セクションで、[リンクされたタスクをスケジュールできるようにする] を選択して、管理者が、リンクされたタスクを実行するスケジュールを設定できるようにします。

  3. [リンクされたタスクを [今すぐ実行] を使用して手動で実行することを許可する] を選択して、ユーザーが [今すぐ実行] を使用して、リンクされたフロー タスクを実行できるようにします。

フロー パラメーターを有効にする

ユーザーがパラメーターを含むフローをスケジュールして実行できるようにします。パラメーターを使用すると、ユーザーはフローを一度構築してから、さまざまなデータ シナリオに対応するようにパラメーター値を変更することで、フローをスケーリングできます。

パラメーターは、ファイル名、パス、テーブル名のインプット ステップ、またはカスタム SQL クエリを使用する場合は、ファイル名、パス、テーブル名のアウトプット ステップ、およびフィルターまたは計算値の任意のステップ タイプに入力できます。

フロー パラメーターの設定は、サーバー レベルで適用して、Tableau Server 上のすべてのサイトを含めることができます。この設定は、サイト レベルで無効にして、特定のサイトのみを含めることができます。

フローでパラメーターを使用する方法の詳細については、Tableau Prep ヘルプの「フローでパラメーターを作成して使用する」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーにサインインし、[フロー パラメーター] を有効にするサイトに移動します。そのサイトで、[設定] をクリックします。

  2. [フロー パラメーター] セクションで、[パラメーターを使用するフローをユーザーが実行およびスケジュールできるようにする] を選択して、機能を有効にします。

  3. [Allow parameters that can accept any input (任意の入力を受け入れるパラメーターを許可する)] を選択して、フローを実行しているすべてのユーザーが実行時にフローに任意のパラメーター値を入力できるようにします。

    重要: このオプションを設定すると、フローのユーザーはパラメーターに任意の値を入力できるようになり、ユーザーがアクセスすべきでないデータが公開される可能性があります。

    このオプションが選択されていない場合、ユーザーは事前定義されたパラメーター値のリストのみから選択でき、任意の値を受け入れるパラメーターを含むフローは実行されないか、実行するようにスケジュールされなくなります。

Tableau Prep Conductor を有効にする

データ管理 がライセンスされている場合は、このオプションを有効にして、ユーザーが Tableau Server および Tableau Cloud でフローのスケジュール設定と追跡ができるようにします。Tableau Prep Conductor の追加の構成要件については、「Tableau Prep Conductor」(新しいウィンドウでリンクが開く)参照してください。

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーにサインインし、Tableau Prep Conductor を有効にするサイトに移動します。そのサイトで、[設定] をクリックします。

  2. Tableau Prep Conductor セクションで、[Let users schedule and monitor flows (ユーザーにフローのスケジュール設定と監視を許可する)] を選択して、機能を有効にします。

[今すぐ実行] を有効にする

[今すぐ実行] オプションを使用して、ユーザーまたは管理者のみがフローを手動で実行できるかどうかを制御します。フローを手動で実行するには、データ管理 は必要ありません。

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーにサインインし、フローの [今すぐ実行] を有効にするサイトに移動します。そのサイトで、[設定] をクリックします。

  2. [今すぐ実行] セクションで、[Let users run jobs manually using Run Now (ユーザーに [今すぐ実行] を使用してジョブを手動で実行するのを許可する)] を選択して、機能を有効にします。

    サーバー管理者のみがフローを手動で実行できる場合は、チェック ボックスをオフにします。

フロー サブスクリプション

スケジュールされたタスクでフローの実行が成功したことについて、ユーザーがフロー通知を受け取るかどうかを制御します。この通知を有効にするには、データ管理 が必要です。

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーにサインインし、フロー サブスクリプションを有効にするサイトに移動します。そのサイトで、[設定] をクリックします。

  2. [フロー サブスクリプション] セクションで、[Let users send or receive emails that include flow output data (ユーザーがフロー出力データが含まれるメールを送受信できるようにする)] を選択して、機能を有効にします。

    : .csv または .xlsx ファイル タイプのいずれかをメールに添付するオプションは、オンプレミス環境のみで使用できます。

Tableau Prep 拡張機能を有効にする

バージョン 2021.2.0 以降の Tableau Server および Tableau Cloud でサポートされています

このオプションを設定して、ユーザーが Einstein Discovery に接続して、フロー内のデータに対して予測モデルを実行できるかどうかを制御します。

Einstein Discovery を活用したモデルを使用して、Web 上でフローを作成するときに、フロー内のデータの予測を一括でスコアリングできます。予測を行うことで、より適切な情報に基づいて意思決定を行い、ビジネス成果を向上させるためのアクションを実行できます。

フローに予測を含めるには、追加の設定を構成する必要があります。詳細については、「Einstein Discovery 予測をフローに追加する」(新しいウィンドウでリンクが開く)および「Einstein Discovery 統合の設定」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  1. Web ブラウザーで管理者としてサーバーにサインインし、Tableau Prep 拡張機能を有効にするサイトに移動します。そのサイトで、[設定] > [Extensions (拡張機能)] の順にクリックします。

  2. [Tableau Prep 拡張機能] セクションで、[Let users connect to Einstein Discovery (ユーザーに Einstein Discovery への接続を許可する)] を選択して機能を有効にします。

自動保存をオフまたはオンにします

この機能は既定で有効になっており、ユーザーのフロー作業を数秒ごとに自動的に保存します。

管理者は、Tableau Server REST APIメソッドの「サイトの更新」と flowAutoSaveEnabled 設定を使用して、サイトの自動保存を無効にすることができますが、これは推奨されていません。詳細については、「Tableau Server REST API サイトのメソッド: サイトの更新(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。Web 上での自動保存の詳細については、自動保存をオフまたはオンにしますを参照してください。

サイト設定の構成については、Tableau Server ヘルプの「サイト設定リファレンス」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

ありがとうございます!