データ セットの構成

フローに含めるデータ セットの量を判断するため、データ セットを構成できます。データに接続する、またはテーブルを [フロー] ペインにドラッグすると、インプット ステップはフローに自動的に追加されます。これは常にフローの最初のステップになります。インプット ステップを右クリックすると、名前の変更や削除を行えます。Excel またはテキスト ファイルに接続している場合、インプット ステップからデータを更新することもできます。インプット ステップでのデータの更新方法の詳細については、インプット ステップでのデータの追加(Link opens in a new window)を参照してください。

インプット ステップではデータ セットの詳細を表示できます。ここでは、フィールドの検索やサンプル値の表示のほか、データ セットのサイズを削減するアクション (含めるフィールドの選択、操作するデータ サンプルの選択、選択したフィールドまたは行に対するフィルターの適用など) を実行できます。また、フィールドのデータ型やフィールド名を変更することでフィールドのプロパティを構成したり、テキスト ファイルにテキスト設定を構成したりすることもできます。

: 角かっこが含まれるフィールド値は自動的に丸かっこに変換されます。

カスタム SQL クエリへの接続

データベースがカスタム SQL の使用をサポートしている場合、[接続] ペインの下部あたりに [カスタム SQL] が表示されます。[カスタム SQL] をダブルクリックして [カスタム SQL] タブを開き、ここでクエリを入力してデータを事前選択したり、ソース固有の操作を使用することができます。クエリによりデータ セットを取得した後、データをフローに追加する前に、含めるフィールドの選択、フィルターの適用、データ型の変更を行うことができます。

カスタム SQL の使用の詳細については、Tableau Desktop と Web 作成のヘルプの「カスタム SQL クエリへの接続」(Link opens in a new window)を参照してください。

インプット ステップでクリーニング操作を適用

一部のクリーニング操作のみインプット ステップで利用できます。以下の変更はいずれもインプット フィールド リストで行えます。変更内容は [変更内容] ペインで追跡され、注釈は [フロー] ペインのインプット ステップの左側とインプット フィールド リストに追加されます。

  • フィルター: ツールバーの [値のフィルター] をクリックし、計算エディターにフィルター条件を入力します。

  • フィールド名の変更: [フィールド名] フィールドで、フィールド名をダブルクリック (MacOS では Ctrl を押しながらクリック) し、新しいフィールド名を入力します。

  • データ型の変更: フィールドのデータ型をクリックし、メニューから新しいデータ型を選択します。

  • フィールドの削除: フローに含めないフィールドの隣にあるチェック ボックスをオフにします。

フローに含めるフィールドの選択

[入力] ペインにはデータ セットに含まれるフィールドのリストが表示されます。[検索] フィールドを使用してリスト内のフィールドを検索してから、チェック ボックスを使用して含めるまたは除外するフィールドを選択できます。フローですべてのフィールドを含めるまたは除外するには、グリッドの左上にあるチェック ボックスを切り替えます。

インプット ステップでのフィールドへのフィルターの適用

フィールドをフィルターするには、次を実行します。

  1. ツールバーの [値のフィルター] をクリックします。

  2. 計算エディターにフィルター条件を入力します。

計算フィルター タイプは、インプット ステップで使用できる唯一のフィルター オプションです。その他のフィルター オプションは、他のステップ タイプで使用できます。詳細については、データのフィルタリング(Link opens in a new window)を参照してください。

フィールド名の変更

フィールド名を変更するには、[フィールド名] 列で名前を選択し、フィールドに新しい名前を入力します。フィールド グリッドとフロー ペインで、インプット ステップの左に注釈が追加されます。変更内容は、[変更内容] ペインでも追跡されます。

データ型の変更

フィールドのデータ型を変更するには、次を実行します。

  1. フィールドのデータ型をクリックします。

  2. メニューから新しいデータ型を選択します。

    また、フローの他のステップ タイプでフィールドのデータ型を変更したり、データの役割を割り当ててフィールド値を検証できるようにしたりすることもできます。データ型を変更する方法やデータの役割を使用する方法の詳細については、データに割り当てられたデータ型の確認(Link opens in a new window)およびデータの役割を使用したデータの検証(Link opens in a new window)を参照してください。

フィールド プロパティの構成

テキスト ファイルを操作する際、[テキスト設定] タブが表示されます。ここでは、テキスト ファイルのフィールド区切りなど、テキストのプロパティを構成したり、接続を編集したりできます。また、接続ペインでファイル接続を編集することもできます。

テキスト ファイルまたは Excel ファイルを操作する際、フローを開始する前に誤って推測したデータ型を修正することもできます。データ型の変更は、フローの開始後に [プロファイル] ペインのその後のステップでいつでも行なえます。

テキスト ファイルのテキスト設定の構成

テキスト ファイルの解析に使用する設定を変更するには、以下のオプションから選択します。

  • 最初の行にヘッダーが含まれます (既定): 最初の行をフィールド ラベルとして使用するには、このオプションを選択します。

  • フィールド名を自動に生成: Tableau Prep Builder でフィールド ヘッダーの自動生成を行う場合は、このオプションを選択します。フィールドの命名規則は、Tableau Desktop と同じモデルに従っています。F1F2 などです。

  • フィールド区切り: 列の区切りに使用するリストから文字を選択します。カスタム文字を入力するには、[その他] を選択します。

  • テキスト修飾子: ファイルで値を囲む文字を選択します。

  • 文字セット: テキスト ファイルのエンコードを記述する文字セットを選択します。

  • ロケール: ファイルの解析に使用するロケールを選択します。この設定は、使用する小数点および桁区切りを示します。

データ サンプルのサイズの設定

ピーク パフォーマンスを維持するため、Tableau Prep Builder ではデータ セットの代表的なサンプルに対してフローに含まれるデータを既定で制限しています。データ サンプルは、データ セットに含まれる合計フィールド数とそれらのフィールドのデータ型に基づき、最適な行数を計算することにより決定しています。その後、Tableau Prep Builder は可能な限り迅速に、計算された量の最初の行数を取得します。

サンプルを計算する方法および返す方法に応じ、結果のデータ サンプルに必要な行がすべて含まれる場合もあれば、そうでない場合もあります。期待したデータが表示されない場合は、データ サンプル設定を変更し、再度クエリを実行できます。

注: データがサンプリングされる場合、[サンプリング済み] インジケーターが [プロファイル] ペインに表示され、追加するすべてのステップで保持されます。行った変更は、フローで操作しているサンプルに適用されます。フローを実行すると、すべての変更がデータ セット全体に適用されます。

データ サンプル設定を変更するには、インプット ステップを選択し、[データ サンプル] タブで以下のオプションから選択します。

  • 既定のサンプル量 (既定): Tableau Prep Builder により返す合計行数が計算されます。

  • すべてのデータを使用: サイズに関わらず、データ セットのすべての行を取得します。パフォーマンスに影響したり、Tableau Prep Builder がタイムアウトする原因となる可能性があります。

    注: パフォーマンスを維持するため、この設定を選択してもデータ サンプルの制限値 100 万行が集計とユニオンのステップ タイプに適用され、制限値 300 万行が結合とピボットのステップ タイプに適用されます。

  • 固定の行数: データ セットから返す行数を選択します。推奨される行数は 100 万未満です。行数を 100 万超に設定すると、パフォーマンスに影響する可能性があります。

  • クイック選択 (既定): データベースが可能な限り迅速に、要求された行数を返します。これは最初の N 行であるか、データベースが以前のクエリのメモリでキャッシュした行である可能性があります。

  • ランダムなサンプル: データベースは要求された行数を返しますが、データ セットのすべての行を確認し、すべての行のうち代表的なサンプルを返します。このオプションは、データの初回取得時にパフォーマンスに影響する可能性があります。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください