組織内の全員が同じバージョンの Tableau Desktop または Tableau Server を実行できるのが最善ですが、それがいつも可能とは限りません。大きな組織では、異なる個人やグループが異なるバージョンの Tableau 製品する必要がある場合があります。

この記事では、互換性に関する考慮事項と、Tableau Desktop および Tableau Server がどのように一緒に機能するかについて説明しています。

:この記事は、まだ技術サポートの対象となっている Tableau 製品についてのみ説明します。Tableau はリリース後 24 か月の間、製品の各バージョンに関するテクニカル サポートを提供します。バージョンおよびサポート スケジュールのリストについては、Tableau Web サイトのサポート サービス(新しいウィンドウでリンクが開く) ページを参照してください。

この互換性が問題となる時期

互換性の問題は、通常は Tableau 製品のリリース バージョン間でのみ発生します。たとえば、あなたが Tableau Desktop 2022.1 を使用していて、他のユーザーが Tableau Desktop 2021.4 を使用している場合、あるいは、Tableau Server にパブリッシュする必要があるときに、まだバージョン 2021.1 を実行している場合、互換性の問題が起こる可能性があります。

Tableau Desktop を開いた状態で、使用している製品のバージョンを確認するには、次の操作を実行します。

Windows

トップメ ニューから [ヘルプ] > [Tableau について] を選択します。

Mac

トップメ ニューから [Tableau] > [Tableau について] を選択します。

[Tableau について] ダイアログが開き、ダイアログの上部にバージョン番号が表示されます。バージョン番号には、リリース番号とメンテナンス リリース バージョン番号 (該当する場合) が含まれます。

リリース アップグレードは、Tableau から新しい機能が提供され製品の外観と操作性が更新されたときに行うものです。メンテナンス アップグレードによって、製品にセキュリティとバグ修正が含まれるようになります。メンテナンス リリースとアップグレード リリースでは、Tableau Prep Builder と Tableau Desktop は同じ命名規則に従っていません。例:

  リリース アップグレードの例 最初のメンテナンス リリースの例
Prep Builder 2022.1.1 2022.1.2
Desktop 2022.1 2022.1.1

リリース バージョンには、しばしば、新しい機能と更新が含まれます。更新されたワークブックまたはフローを、それらの機能が存在しない前のバージョンの Tableau Server でパブリッシュしようとすると、ワークブックまたはフローの互換性が失われます。

メンテナンス (またはドット) リリース バージョンが違う場合—たとえば、Tableau Desktop バージョン 2021.2.1 と Tableau Desktop 2021.2.3 の間、または Tableau Desktop 2020.3.2 と Tableau Server バージョン 2020.3.7 の間では、互換性の問題はありません。

これには例外が 1 つあります。Tableau では、メンテナンス リリースで新しいコネクタのサポートを導入することがあります。これにより、Tableau Desktop がアップグレードされ、Tableau Server がアップグレードされていない場合に、Tableau Desktop と Tableau Server の間に互換性の問題が生じる可能性があります。

リリースによるデータ ソースのサポートの詳細については、リリース ノート(新しいウィンドウでリンクが開く) ページを参照してください。

Tableau Desktop のバージョン間の互換性

Tableau Desktop ユーザーはメールで送信したり、会社ネットワーク上の場所にコピーすることでワークブックを共有できます。2 人のユーザーが異なるバージョンの Tableau Desktop を使用している場合、共有が常に可能とは限りません。ルールはシンプルです。

  • 新しいバージョンの Tableau Desktop は、それ以前のバージョンで作成されたワークブックを開くことができます。

  • 新しいバージョンで作成されたワークブックを古いバージョンの Tableau Desktop で開くことはできません。

たとえば、Amanda がバージョン 2021.3 の Tableau Desktop を使用して Tableau ワークブックを作成し、それをバージョン 2022.1 の Tableau Desktop を持っている Zachary に送信するとします。Zachary はそのワークブックを開くことができますが、次の警告メッセージが表示されます。

The workbook will be upgraded when it is saved. The upgraded file can't be read by earlier versions of the application.

Zachary がワークブックを編集して Amanda に返送する場合は、開けるように、ワークブックをダウングレードしておく必要があります。ダウングレードしなければ、Amanda がそのワークブックを Tableau Desktop バージョン 2021.3 で開こうとしても、そのワークブックは 2022.1 のワークブックになっているため、読み込みは失敗します。

Tableau Desktop バージョン間のワークブックのダウングレードの詳細は、この記事のワークブックのダウングレードを参照してください。

Tableau 抽出での作業

同じ論理が Tableau 抽出にもあてはまります。より新しいバージョンの Tableau Desktop では古いバージョンで作成された抽出を開くことができますが、古いバージョンの Tableau Desktop は新しいバージョンで作成されたワークブックを開くことはできません。

古いバージョンで .tde 抽出を作成しワークブックを Tableau Desktop 10.5 以降のバージョンで開き、のちに抽出 (完全または増分) を更新または抽出に追加した場合、.hyper 形式に変換され、ワークブックは古いバージョンの Tableau とは互換性がなくなります。

: バージョン 2020.3 以降、Tableau データ抽出 (.tde) ファイルはサポートされなくなり、.hyper 形式に変換する必要があります。

.hyper 抽出形式の詳細については、「抽出の .hyper 形式へのアップグレード(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。ワークブックを以前のバージョンにダウングレードする方法の詳細は、この記事のワークブックのダウングレードを参照してください。

Tableau Desktop と Tableau Server の互換性

任意のバージョンの Tableau Desktop で作成されたワークブックは、サポートされている任意のバージョンの Tableau Server に接続できます。ただし、接続すると、実行するアクションによっては、使用しているバージョンによって互換性が問題となる場合があります。

Tableau Desktop から Tableau Server へのパブリッシュ

Tableau Server のバージョンが Tableau Desktop のバージョンと同じかそれより新しい場合、ワークブックおよびデータ ソースを Tableau Server にパブリッシュできます。たとえば、ワークブックやデータ ソースを Tableau Desktop 2021.2 から Tableau Server 2021.2、Tableau Server 2021.3、または Tableau Server 2021.4 にパブリッシュすることができます。

しかし、Tableau Server が Tableau Desktop よりも古いバージョンの場合は、Tableau Server にパブリッシュする前にワークブックをダウングレードするように求めるプロンプトが表示されます。たとえば、Tableau Desktop バージョン 2022.1 で作成したワークブックをダウングレードして、Tableau Server バージョン 2021.3 にパブリッシュすることができます。ワークブックのダウングレード方法の詳細は、この記事のワークブックのダウングレードを参照してください。

Tableau Server からのワークブックのダウンロード

Tableau Server からダウンロードしたワークブックは、最後に編集を行った Tableau のバージョンと同じバージョンになります。たとえば、Amanda が Tableau Desktop 2021.2 を実行しており、ワークブックを Tableau Server 2021.3 にパブリッシュするとします。Zachary も Tableau Desktop 2021.2 を実行している場合、Tableau Server に接続し、ワークブックをダウンロードして開くことができます。

ただし、一部のシナリオでは互換性問題が発生する可能性があります。

  • 別の人物がサーバー上でワークブックを編集し保存た場合、そのワークブックはそのバージョンの Tableau Server に更新されます。

  • 誰かが Tableau Server から新しいバージョンの Tableau Desktop にワークブックをダウンロードして編集、保存、パブリッシュした場合、そのワークブックは新しいバージョンの Tableau Desktop に更新されます。

たとえば、Elizabeth が Tableau Desktop 2021.2 から Tableau Server 2021.3 にワークブックをパブリッシュするとします。Ted は Tableau Server から Tableau Desktop 2021.3 にワークブックをダウンロードします。彼はワークブックを編集し、サーバーにワークブックを再パブリッシュして戻します。これで、ワークブックは新しいバージョンにアップデートされました。Zachary と Elizabeth は二人とも Tableau Desktop 2021.2 を使用しており、Tableau バージョン 2021.3 に更新されたワークブックをダウンロードできますが開くことはできません。

パブリッシュされた抽出への接続

.Tde ファイル形式を使用する抽出は、更新 (完全または増分) または追加されると、自動的に .hyper 形式にアップグレードされます。.hyper 抽出形式の詳細については、「抽出の .hyper 形式へのアップグレード(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

以前のバージョンの Tableau Server では、Tableau Desktop で作成した抽出が含まれる、パブリッシュ済みのワークブックまたはデータ ソースは、Tableau Server に更新または追加されても元のバージョンを保持します。

Tableau Server ベースのデータ ソースへの接続

Tableau Desktop 内のワークブックは、より新しいバージョンの Tableau Server にパブリッシュされたデータ ソースを使用できます。ただし、以前のバージョンの Tableau Desktop で使用できない機能を使用するデータ ソースに接続する場合は、そのフィールドは使用できません。

Tableau Desktop で作成されたワークブックは常に、以前のバージョンの Tableau Server からのデータ ソースを使用できます。たとえば、Tableau Desktop 2022.1 のワークブックは Tableau Server 2021.1 からのデータ ソースを使用できます。

ワークブックのダウングレード

ワークブックを以前のバージョンの Tableau Server にパブリッシュする必要がある場合や、以前のバージョンの Tableau Desktop を使用して誰かにワークブックを共有する必要がある場合には、ワークブックを以前のバージョンにダウングレードすることができます。ダウングレードしたワークブックは、選択したバージョン以降のバージョンで開くことができます。

Tableau は、リリース後 24 か月間のみ、製品バージョンのダウンロードをサポートします。24 か月より古いバージョンについてはサポートが終了し、提供されなくなりました。

ワークブックの以前のバージョンへのエクスポート

ワークブックを Tableau の別のバージョンにエクスポートするには、Tableau Desktop で [ファイル] > [バージョン名を付けてエクスポート] の順に選択するか、Tableau Online または Tableau Server のワークブックのツールバーで [ダウンロード] > [Tableau ワークブック] の順に選択します。詳細については、「ビューとワークブックのエクスポート」を参照してください。

Tableau Server のワークブックのダウングレード

新しいバージョンの Tableau Desktop と古いバージョンの Tableau Server を使用している場合、パブリッシュする時にワークブックを古い Tableau Server のバージョンにダウングレードすることができます。

ワークブックをパブリッシュするとき、ワークブックがダウングレードされるという警告メッセージが表示されます。

ワークブックのパブリッシュを続行する場合、旧バージョンで利用できなかった特徴や機能性は互換性のために削除されます。ワークブックがダウングレードされたときは、削除された特徴を再度追加する必要がある可能性があります。

注: このオプションはデータ ソースには適用されません。

ありがとうございます!