tabcmd

注: Tableau Cloud では、ほとんどの場合、 tabcmd コマンドライン ユーティリティ 2.0 (tabcmd 2.0) を使用する必要があります。Tabcmd 2.0 は Tableau tabcmd(新しいウィンドウでリンクが開く) で入手できます。この新バージョンでは、MacOS や Linux で tabcmd コマンドを:実行し、個人アクセストークン (PAT) を使って認証することで、多要素認証 (MFA) に対応することができます。バージョン 2.0 は、Python ベースの Tableau Server クライアント (TSC) で利用可能なパブリック エンドポイントに基づいて構築されています。

Tableau では、Tableau Cloud サイトでのサイト管理タスクの自動化に使用できる tabcmd コマンドライン ユーティリティを提供しています。サイトの管理タスクを自動で実行できます (ユーザー、プロジェクト、グループの作成や削除など)

重要: tabcmd 1.0 は、多要素認証 (MFA) をサポートしていません。Tableau Cloud で tabcmd を使用するには、Tableau tabcmd 2.0(新しいウィンドウでリンクが開く) (新しいウィンドウ) を使用します。Tableau で MFA を使用する方法については、「多要素認証と Tableau Cloud について」を参照してください。

tabcmd のインストール

注: これらの手順は、tabcmd 1.0 コマンドライン ユーティリティをインストールするためのものです。tabcmd 2.0 コマンドライン ユーティリティをインストールするには、Tableau tabcmd(新しいウィンドウでリンクが開く) (新しいウィンドウ) に移動します。

Tableau Server または Tableau Cloud を新しいバージョンにアップグレードする際に、更新後のバージョンの tabcmd が必要な場合は、Tableau Web サイトの Tableau Server リリース ページからダウンロードできます。

Tableau Server の場合は、サーバー バージョンと一致するバージョンをダウンロードすることをお勧めします。Tableau Cloud の場合は、バージョンの不適合によって生じる問題を避けるために、常に最新バージョンをダウンロードすることをお勧めします。どちらの場合でも、古いバージョンの tabcmd を使用すると、エラーや予期しない結果を引き起こすことがあります。

  1. Web ブラウザーを開き、Tableau Server リリース(新しいウィンドウでリンクが開く) ページに移動します。Tableau Online を使用している場合でも、このページに移動します。

  2. 次の製品を使用している場合:

    どちらの場合でも、展開された情報にメンテナンス リリースが表示されていれば、最新のメンテナンス リリースまたはサーバー バージョンと一致するものを選択してください。

    使用するサーバーのバージョンを選択します (Tableau Cloud の最新リリース)

    これによりリリース ノート ページ (解決済みの問題) が表示され、セキュリティ改善と解決した問題について読むことができます。

  3. 解決した問題の下にある [ファイルのダウンロード] セクションまでスクロールして、tabcmd コマンドを実行する予定のコンピューターと互換性のある tabcmd ダウンロード リンクを選択します。 

    使用するコンピューター (32 ビットまたは 64 ビット) の tabcmd インストーラーを選択します

    残りの手順では、このコンピューターを "tabcmd コンピューター" と呼びます。

  4. インストーラーを tabcmd コンピューターまたはそのコンピューターからアクセス可能な場所 に保存します。

  5. tabcmd コンピューターのオペレーティング システムで適切なインストール手順を完了します。

    • Windows

      既定では、tabcmd は C:\Program Files\Tableau\Tableau Server\<version>\extras\Command Line Utility にインストールされています。これはインストール中に変更でき、C:\ドライブ (C:\tabcmd) の tabcmd という名前のフォルダーに tabcmd をインストールすることを推奨します。これにより、検索と実行が容易になり、Windows PATH に tabcmd ディレクトリを追加すると、Windows オペレーティング システムに関するいくつかの制限に対応できます。

      :tabcmd 設定プログラムは、tabcmdディレクトリを Windows PATH 変数に追加しません。手動で追加するか、呼び出すたびに tabcmd への完全パスを含めることができます。

      tabcmd は、Windows に次の 2 つの方法でインストールできます。

      • インストーラーをダブルクリックして、UI の手順に従います。

        1. 使用許諾契約書に同意します。

        2. 既定以外の場所にインストールする場合は、[カスタマイズ] をクリックし、tabcmd をインストールする場所を入力または参照します。

        3. [インストール] をクリックします。

          Windows Defender ファイアウォールまたはユーザーアカウントによるメッセージが表示される場合は、[アクセスを許可] をクリックします。

      • インストーラーをコマンドプロンプトから実行します。

        1. tabcmd コンピューターで管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

        2. Tabcmd インストーラーをコピーしたディレクトリに移動します。

        3. tabcmd のインストール:

          tableau-setup-tabcmd-tableau-<version_code>-x64.exe /quiet ACCEPTEULA=1

          既定以外の場所へのインストール:

          tableau-setup-tabcmd-tableau-<version_code>-x64.exe /quiet ACCEPTEULA=1 INSTALLDIR="<path\to\install\directory>"

          例:

          tableau-setup-tabcmd-tableau-<version_code>-x64.exe /quiet ACCEPTEULA=1 INSTALLDIR="C:\tabcmd"

          tabcmd インストーラーで使用できるコマンド ライン オプションの完全な一覧については、/?を指定してインストーラーを実行します。tabcmd インストーラーのコマンド ライン オプションの詳細については、tabcmd 用のスイッチとプロパティのインストール (Windows)を参照してください。

      tabcmd のセットアップ プログラムでは、tabcmd のインストールで問題が発生した場合に使用できるログが C:\Users\<user>\AppData\Local\Temp 内に作成されます。ログでは、Tableau_Server_Command_Line_Utility_(<version_code>)_##############.log という命名規則が使用されます。

    • Linux

      注: Linux コンピューターで tabcmd を実行するには、Java 11 がインストールされている必要があります。RHEL ライクなシステムでは、これは tabcmd のインストール時に依存関係としてインストールされます。Ubuntu のようなシステムでは、Java 11 がまだインストールされていない場合は個別にインストールする必要があります。

      2022 年 7 月の時点で、Debian ディストリビューションはサポートされなくなりました。詳細については、Tableau コミュニティのこの投稿(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

      1. sudo アクセスのあるユーザーで tabcmd コンピューターにログインします。

      2. ダウンロードした .rpm または .deb パッケージをコピーしたディレクトリに移動します。

        • CentOS を含む RHEL ライクなディストリビューションで、次のコマンドを実行します。

          sudo yum install tableau-tabcmd-<version>.noarch.rpm

        • Ubuntu で次のコマンドを実行します。

          sudo apt-get install ./tableau-tabcmd-<version>_all.deb

    Linux PC から tabcmd をアンインストールするには、実行中の各種 Linux に関するドキュメントを参照してください。

  6. (オプション) tabcmd がインストールされている完全修飾場所をお使いのシステム パスに追加すると、その場所へ変更したり、各コマンドで場所を指定したりせずに tabcmd コマンドを実行できます。この手順は、オペレーティング システムの種類とバージョンによって異なります。詳細については、「PATH (変数)」を参照してください。

tabcmd の使用方法

tabcmd を使用する基本的な手順は次のとおりです。

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

    注: Windows では、PowerShell を使用して tabcmd コマンドを実行しないでください。PowerShell を使用すると、予期しない動作が発生する可能性があります。

  2. Windows コンピューターで、最初のノード以外のコンピューターに tabcmd をインストールした場合は、tabcmd をインストールしたディレクトリに変更します。

    Linux コンピューターでは、インストール ディレクトリに変更する必要はありません。

  3. tabcmd コマンドを実行します。

tabcmd を使用する場合、認証されたサーバー セッションを確立する必要があります。セッションは、Tableau Server や Tableau Cloud サイト、およびセッションを実行している ユーザーを識別します。最初にセッションを開始してコマンドを指定するか、セッションの開始とコマンドの実行を一度に行うことができます。

重要: tabcmd を使用して複数のタスクを実行している場合、各タスクを同時に (並行して) ではなく、順番に (連続して) 実行する必要があります。

コマンド (login など) およびオプション ( -s-u など) は大文字と小文字を区別しませんが、ユーザーが指定する値 (User@Example.com など) は大文字と小文字を区別します。

次のコマンドは、セッションの開始を示します。

tabcmd login -s https://prod-useast-b.online.tableau.com -t mysite -u authority@email.com -p password

次に、1 つのコマンドでセッションを開始し、ワークブックを削除する方法を示します。ここで login は必要ありません。

tabcmd delete "Sales_Workbook" -s https://prod-useast-b.online.tableau.com -t campaign -u admin@email.com -p password

オプションの -s-t-u-p などは、tabcmd間のグローバル変数であるため、任意のコマンドと共に使用できます。

詳細については、tabcmd コマンドを参照してください。

フィードバックをお送りいただき、ありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!