Tableau Server データのバックアップ

サーバーの管理とメンテナンスを適切に行うには、Tableau Server を定期的にバックアップすることが重要です。tsm maintenance restore コマンドを使用し、tabadmin backup および tsm maintenance backup を使用して作成した Tableau Server のバックアップを復元できます。他の方法で作成されたデータベース バックアップや、仮想マシンのスナップショットは、Tableau Server の復元には使用できません。そのため、最新のバックアップを持っていることが重要です。

稼働中のサーバーと同じタイプのアイデンティティ ストアを持つバックアップからのみ復元可能です。たとえば、ローカル認証を使用しているサーバーからのバックアップは、ローカル認証で初期化された Tableau Server に復元可能ですが、Active Directory 認証を使用しているサーバーからのバックアップは、ローカル認証で初期化されたサーバーには復元できません。

Tableau Server データにはデータ抽出ファイルと Tableau PostgreSQL データベースが含まれています。このデータベースには、ワークブックおよびユーザーのメタデータ、構成データが保存されています。TSM を使用してバックアップを作成するときは、このデータすべてが .tsbak 拡張子を持つ 1 つのファイルに保存されます。分散インストールを実行している場合、すべてのノードの Tableau Server データがバックアップされます。

サーバーのバックアップ頻度は、サーバーの使用量や、コンテンツおよびユーザーの変更頻度を含め、環境によって異なります。システムに障害が発生した場合、バックアップより後に行った変更や更新は失われ、Tableau Server を復元する必要があります。アクティビティが多ければ、サーバーのバックアップ頻度を増やす必要があります。

定期的なバックアップに加え、新しいバージョンにアップグレードする前に毎回最新の Tableau Server のバックアップを常に作成することをお勧めします。

データの損失を防ぐため、バックアップを作成した後、.tsbak ファイルを Tableau Server インストール環境に含まれない PC に保存してください。

バックアップのディスク容量使用率

バックアップの作成に必要な空きディスク領域は、Tableau Server リポジトリやファイル ストア サービス内のデータの量、tabadmincontroller サービスとの併置によって異なります。バックアップ中は、古い抽出をクリーンアップするためのバックグラウンド タスクが一時的に一時停止されます。つまり、バックアップの期間中は抽出を更新しても抽出ファイルがそのまま残るため、ディスク領域の使用率が増えます。バックアップに長い時間がかったり、組織で定期的に更新される抽出が多数使用されていたりする場合は、一時ディスク領域の使用率が大幅に増加します。これらの一時ファイルは、バックアップが完了すると削除されます。

次の表に、ノードがリポジトリ、ファイル ストア、コントローラ、またはそれらを組み合わせてホストするかどうかに基づいた、バックアップに必要なディスク領域を示します。

リポジトリ ファイル ストア コントローラー 必要なディスク領域
   

リポジトリ データ x 3 + 250 MB

リポジトリ データの推量を取得するには、<data directory>/pgsql/data/base ディレクトリのサイズを確認します。

リポジトリ データの正確なサイズを取得するには、バックアップ ファイルを開き、workgroup.pg_dump ファイルのサイズを使用します。

   

ファイル ストア データ x 1.5

ファイル ストア データ (抽出、フローなど) の推量を取得するには、<data directory>/dataengine ディレクトリのサイズを確認します。

    リポジトリ データ x 3 + 250 MB + ファイル ストア データ x 2.5
  リポジトリ データ x 3 + 250 MB + ファイル ストア データ x 1.5
  リポジトリ データ x 3 + 250 MB + ファイル ストア データ x 1.5
  リポジトリ データ x 3 + 250 MB + ファイル ストア データ x 2.5
リポジトリ データ x 3 + 250 MB + ファイル ストア データ x 1.5

TSM コマンド ライン インターフェース (CLI) を使用したバックアップの作成

tsm maintenance backup コマンドを使用して Tableau Server に管理されているデータのバックアップを作成します。このデータにはデータ抽出ファイルと Tableau PostgreSQL データベースが含まれています。このデータベースには、ワークブックおよびユーザーのメタデータが保存されています。

Tableau Server をバックアップする前に、次のシナリオでパーミッションが正しく構成されていることを確認します。

  • 既定以外のドライブに Tableau Server をインストールした場合: 既定以外のドライブまたはフォルダーに Tableau Server をインストールしている場合は、ネットワーク サービス アカウントのパーミッションを手動で構成する必要があります。また、実行サービス アカウントに追加のパーミッションを構成する必要がある場合もあります。既定以外の場所へのインストールを参照してください。
  • Tableau ServerWindows でネットワーク ドライブにバックアップする場合、マシンアカウントは、バックアップ ファイルが書き込まれるネットワーク共有への書き込みアクセス権を持っている必要があります (これは通常は当てはまらず、サーバーをネットワーク共有にバックアップする場合は、これを構成する必要があります)。

サーバー構成データをバックアップするには、tsm settings コマンドを使用します。tsm maintenance backup コマンドを使用する場合、バックアップ ファイルに現在の日付が追加されます。

tsm maintenance backup -f <backup_file> -d

詳細については、tsm maintenance backupを参照してください。

アップグレード前のバックアップの作成

Tableau Server をアップグレードする前に、必ずバックアップを作成することをお勧めします。Tableau Server サーバーの実行中にバックアップを作成し、アップグレード中にサーバーを利用できない時間を最小限に抑えることができます。アップグレード前のバックアップの作成プロセスは、定期的なバックアップの作成と同じですが、分散型インストールに対する追加の考慮事項が 1 つあります。

注: 新しいインストールに含めないノードから Tableau Server をアンインストールして、以前のノードと新しいインストールとの間の競合を避けるようにしてください。

バックアップ プロセスのスクリプト作成

頻繁にバックアップを行う場合は、バックアップおよび関連タスクを実行するスクリプトを作成できます。これらのタスクには次が含まれます。

  • バックアップの実行前にファイルやフォルダーをクリーンアップします。

  • バックアップ自体を実行します。

  • 安全に保管するため、バックアップ ファイルを別のコンピューターにコピーします。

このセクションでは、一緒に使用することでバックアップおよび関連タスクを実行できる tsm コマンドについて説明します。

注: TSM はバッチ ファイルです。別のバッチ ファイルで tsm コマンドを実行するには、call コマンドを使用します。たとえば "call tsm maintenance ziplogs" です。このようにすると、バッチ ファイルに制御が返されます。コマンドを発行する前に、TSM を認証する必要もあります。詳細については、tsm CLI での認証を参照してください。

TSM コマンドのスクリプト実行の詳細については、Tableau コミュニティ フォーラムを参照してください。

ログ ファイルを削除して一時フォルダーをクリアする

古い Tableau Server ログ ファイルと一時ファイルを削除してバックアップの作成にかかる時間を短縮し、バックアップ ファイルをできるだけ小さくなるようにします。

数日以上経過したファイルを削除するには、次のコマンドを実行します。

tsm maintenance cleanup

バックアップの実行

注: Tableau ServerWindows でネットワーク ドライブにバックアップする場合、マシンアカウントは、バックアップ ファイルが書き込まれるネットワーク共有への書き込みアクセス権を持っている必要があります (これは通常は当てはまらず、サーバーをネットワーク共有にバックアップする場合は、これを構成する必要があります)。

バックアップを作成するには、tsm maintenance backup コマンドを使用します。

tsm maintenance backup --file <backup_file> --append-date

コマンドに関して、次に注意してください。

  • コマンドに --append-date を追加すると、バックアップ ファイル名に日付が含まれます。

  • バックアップ ファイルは、データ ディレクトリの一時的な場所に集められ、TSM basefilepath.backuprestore 変数に定義したディレクトリに書き込まれます。既定のディレクトリは次のとおりです。

    C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\files\backups\<filename>.tsbak

    バックアップ ファイルの書き込み先とその場所の変更方法の詳細については、tsm ファイル パスを参照してください。注: バックアップの場所を変更する場合でも、バックアップ プロセスではデータ ディレクトリの一時的な場所を使用してバックアップ ファイルを集めます。

バックアップ ファイルを別のコンピューターにコピーする

ベスト プラクティスとして、バックアップの作成後、Tableau Server とは離れた別の場所に、バックアップ ファイルをコピーします。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください