データ ソースの日付のプロパティ

データ ソースの日付のプロパティを設定できます。設定するには、[データ] ペインのデータ ソースを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[日付のプロパティ] を選択します。

[日付のプロパティ] ダイアログ ボックスのオプションは次のとおりです。

  • [既定のカレンダー]: 使用するカレンダー システムを、[標準グレゴリオ暦] または [週ベース (ISO-8601)] のいずれかから指定します。カレンダーのタイプはビュー内の日付で自由に切り替えることができますが、既定のカレンダーを設定すると、日付の使用方法が最初にビューへドラッグした時点で決まります。日付関数を参照してください。

  • [週の開始] - 週の最初の日と見なす日を指定します。データ ソース レベルで設定した [週の開始] 値をオーバーライドするには、特定の日付関数 (DATEDIFFDATENAMEDATEPART、および DATETRUNC) を使用して start_of_week 値を含めます。日付関数を参照してください。

    この設定の初期値は、ユーザーのデータ ソースによって決まる場合があります。データ ソースによって週の開始日が初期化されない場合、Tableau はシステムのロケール設定を参考にします。週の最初の日と見なす日は、地域によって異なります。たとえば、米国では日曜日が週の最初の日ですが、欧州では月曜日です。

    この情報はキューブ デザイナが日付/時刻ディメンションを作成するときに定義されるため、多次元データ ソースでは設定が無効化されます。

    データ ソース作成後、ホスト オペレーティング システムで週の開始の既定の設定に対する変更になんらかの問題がある場合 (たとえば、データ ソースが別の国の Tableau Server にアップロードされた場合)、[週の開始] 値は自動的には変更されません。カレンダー コントロールには、データ ソースの [週の開始] 設定ではなく、ワークブック ロケールが反映されます。例外として、カレンダーの一貫した週数値を提供するため、その中で週数を示す週を切り捨てた開始で、データ ソースの [週の開始] 設定が使用されます。

  • [会計年度の開始] - 会計年度の最初の月と見なす日を指定します。"Date (日付)" ディメンションが標準カレンダー (1 月1 日~ 12 月31 日) または会計年度カレンダーを使用するかを指定するには、[データ] ペインのフィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[既定のプロパティ] >[カレンダー タイプ] >[標準カレンダー] または [会計年度カレンダー] を選択します。ビューの任意の日付フィールドで、標準カレンダーまたは会計年度カレンダーを使用するかを指定できます。詳細については、会計年度の日付 を参照してください。

  • [日付形式] - たとえばツールヒントに表示されているように、"Date (日付)" ディメンションの既定形式を指定します。"Date (日付)" ディメンションの既定の日付形式をオーバーライドするには、[データ] ウィンドウのフィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[既定のプロパティ] >[日付形式] > を選択して利用できる形式の 1 つを選択します。

曜日の並べ替え

Tableau がローカル バージョンを提供していない言語で作業している場合は、Tableau が正しい時系列で曜日を並べ替えられるようにワークブック ロケールを設定します。それ以外の場合、Tableau は、アルファベット順に日の名前を並べ替えます。ロケールの設定に関する詳細については、言語とロケールを参照してください。

サポートされるロケールのいずれも適切でない場合、手動で曜日を並べ替えることができます。視覚化内でのデータの並べ替えを参照してください。

サポートされている日付形式

日付で作業を行うと、Tableau はデータ ソースから自動的に日付形式を取得します。

サポートされる日付形式のリストについては、カスタム日付形式でサポートされる日付形式記号の表を参照してください。

 

 

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください