[データ] ペイン内のフィールドの整理とカスタマイズ

[データ] ペインには、データ フィールドの整理およびカスタマイズ、フィールドの検索、フィールドの非表示を行うために役立つ数多くの機能があります。

[データ] ペインの整理

フォルダーを使用するかまたは並べ替えを行うことで、既定のレイアウトから [データ] ペインの項目を再編成することができます。

フォルダー内のフィールドのグループ化

多くのフィールドを持つデータ ソースを簡単に操作できるようにするために、[データ] ペイン項目をフォルダーへ入れて整理することができます。フィールド、パラメーター、セットなどの項目は、フォルダーごとにグループ化することができます。

[データ] ペイン メニューまたはフィールドのコンテキスト メニューで [フォルダーごとにグループ化] オプションをクリックします。

グループ化オプションに関する注意

  • データ ソースにある単一の表へ接続すると、既定でフォルダーによってグループ化することができます。

  • 複数の表を持つデータ ソースへ接続すると、表によってグループ化することができます。

  • [データ ソースの表ごとにグループ化] オプションが選択されていると、ディメンションとメジャーは属しているデータベース表に従ってグループ化されます。これは複数の結合された表がある場合に特に便利です。

  • [グループ化] オプションを使用できるのは、リレーショナル データ ソースのみです。多次元 (キューブ) データ ソースでは使用できません。

フィールドをフォルダーごとにグループ化する

  1. [データ] ペインで、グループ化するフィールドを選択するかまたは [データ] ペインの何もない場所で右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) します。

  2. [フォルダー] > [フォルダーの作成] をクリックします。

  3. プロンプトが表示されたら、新しいフォルダーの名前を入力します。

フォルダー構成を作成すると、フィールドをフォルダーから別のフォルダーへドラッグしたり、複数のフォルダーで使用できるようフィールドを複製したりすることができます。

フォルダーへフィールドを追加する

  • フィールドをフォルダー名の上へドラッグしてフォルダーへ追加します。フォルダーを展開すると、フィールドをフォルダーへドラッグすることができます。

[データ] ペインでフィールドを並べ替える

フォルダーを使用してまたはフォルダーを使用せずに [データ] ペインを整理すると、Tableau によって項目が並べ替えられます。これらの [並べ替え基準] オプションも、[データ] ペイン メニューにあります。

並べ替えオプションを使用できるのは、リレーショナル データ ソースのみです。多次元 (キューブ) データ ソースでは使用できません。次のいずれかのオプションを使用して並べ替えることができます。

  • [名前で並べ替え] - フィールドの別名に従って、ディメンションとメジャーをアルファベット順に並べます。

  • [データ ソース順で並べ替え] - ディメンションとメジャーを、参照元データ ソースの表示順に並べ替えます。

フィールドの検索

[データ] ペインでフィールド、フォルダー、および階層を検索することができます。データ ソース内に多数のフィールドがある場合、"Date (日付)"、"Customer (顧客)"、"Profit (収益)" などの特定のフィールドや、"xyz" で終わるすべてのフィールドを見つけにくくなることがあります。アイテムを検索するには、次を実行します。

[データ] ペインの最上部にある [フィールドの検索] アイコン をクリックし (Windows では Ctrl + F、Mac では Command-F)、検索するアイテムの名前を入力します。また、文字列を入力して、その文字列を含むすべてのアイテム名を検索することもできます。

検索ボックスに入力すると、[データ] ペインのコンテンツ検索フィルターには、入力した文字列を含むすべてのフィールド、フォルダー、または階層が表示されます。

検索結果はもう一度 [フィールドの検索] アイコン をクリックするか、Ctrl + F を押すまで表示されます。

フィールド名の変更

[データ] ペインでフィールドの名前を変更できます。たとえば、データ ソース内の "Customer Segment (顧客区分)" というフィールドの名前を変更し、Tableau で "Business Segment (事業区分)" と表示することができます。ユーザーが作成したフィールドの名前を変更することもできます。フィールドの名前を変更しても、Tableau ワークブックのみで特別な名前が表示され、参照元データ ソースのフィールド名は変更されません。変更されたフィールド名は、ワークブックと共に保存され、またデータ ソースをエクスポートしたときにも保存されます。すべての種類のフィールド (ディメンション、メジャー、セット、パラメーター) の名前を変更できます。

フィールド名の変更

  1. [データ] ペインでフィールド名をクリックし、フィールド名が編集ボックスに表示されるまで長押しします。

    F2 または Ctrl + Enter キーを押してフィールド名を編集可能にすることもできます。

  2. フィールドの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

[データ] ペインにフィールドの新しい名前が表示されます。

既定のフィールド名への復元

フィールド名が元のデータ ソースから変更されている場合、[データ] ペインでフィールド名をクリックし、フィールド名が編集ボックスに表示されるまで長押しします。編集フィールドの右には小さな環状矢印があり、クリックすると元のデータ ソース フィールド名にリストアできます。

元のデータ ソース内に合った複数のフィールド名を戻すには、すべてを選択してから右クリックし、[名前のリセット] を選択します。

フィールドの組み合わせ

フィールドを組み合わせると、異なるディメンションのメンバーの外積を作成できます。複数のディメンションを使用してデータ ビューをエンコードする場合は、ディメンションを組み合わせます。

フィールドを組み合わせるには、[データ] ペインで複数のディメンションを選択してからフィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して、[作成] > [フィールドの組み合わせ を選択します。

注: キューブ (多次元) データ ソースの場合は、異なる階層のレベルを選択する必要があります。Tableau では、Windows のみでキューブ データ ソースをサポートしています。

たとえば、次の図に示すように選択すると、"Category (カテゴリ)" ディメンションと "Sub-Category (サブカテゴリ)" ディメンションで構成される新しいフィールドが生成されます。

その 2 つのディメンションは 1 つの新しいディメンションにまとめられます。フィールドの名前は元のフィールド名から自動的に作成されます。新しいフィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[名前の変更] を選択して名前を変更します。

ビュー内で新しいフィールドを使用するときには、元の 2 つのディメンションの結合ごとにヘッダーが作成されます。たとえば、次のビューには "Category (カテゴリ)" フィールドおよび "Sub-Category (サブカテゴリ)" フィールドを組み合わせたメンバーが示されます。

注: キューブ データ ソースの場合、[データ] ペイン内で組み合わせたフィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[修飾メンバー名] を選択すると、完全修飾名の表示を選択できます。

フィールドの表示または非表示

[データ] ペインで、フィールドを選択的に表示または非表示にすることができます。フィールドを非表示にするには、フィールドを右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して [非表示] を選択します。

非表示のフィールドを表示する場合は、[データ] ペイン メニューの [非表示のフィールドを表示] を選択します。

非表示のフィールドは、[データ] ペインで灰色に表示されます。1 つ以上の非表示フィールドを選択し、右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) して [再表示] を選択します。

[データ] ペイン メニューで [使用していないフィールドをすべて非表示] を選択すると、ワークブックで使用されていないすべてのフィールドがすぐに非表示になります。

注: 非表示のフィールドは抽出から自動的に除外されるため、フィールドを非表示にすることはデータ抽出ファイルのサイズを小さくするために適した方法と言えます。

[データ] ペインへの計算フィールドの追加

[データ] ペインに表示される計算フィールドを作成することができます。これらの新しい計算フィールドは、他のフィールドと同じように使用できます。[データ] ペインのメニューから [計算フィールドの作成] を選択します。または [分析] > [計算フィールドの作成] を選択します。

 

このセクションの他の記事

ありがとうございます!