Salesforce データを使用したワークブックの作成

Tableau で Salesforce データをすぐに作成して分析できます。Tableau Online サイトから直接 Salesforce にサインインし、探索するクラウドを選択します。Tableau は、Salesforce データを統合して、すぐに使用できるスターター ワークブックとデータ ソースを備えたプロジェクトを作成します。それらを自分で探索するか、サイトの他のユーザーと共有するかを選択します。

Salesforce プロジェクトに含まれる内容

Salesforce プロジェクトには、Salesforce データを使用して作成されたスターター ワークブックとデータ ソースが含まれています。スターター ワークブックを使用すると、質問にすばやく回答し、セールス クラウドとサービス クラウドに関する洞察を得ることができます。

セールス クラウド

セールス クラウドに接続すると、セールス ファネルを視覚化し、セールス チームをより適切にサポートできます。

アカウント トラッキングオープン パイプライン商談の概要商談のトラッキング四半期ごとの販売実績トップ アカウントマーケティング リードなどのスターター ワークブックが含まれています。

サービス クラウド

サービス クラウドに接続すると、重要なサービスの指標とケースを分析および調査できます。

サービスの概要ケースのトラッキングなどのスターター ワークブックが含まれています。

Salesforce への接続

Salesforce データへは簡単に接続できます。サインインして探索するクラウドを選択すると、Tableau は新しいプロジェクトを作成し、ワークブックとデータ ソースをサイトにパブリッシュします。パブリッシュのプロセスが完了すると、他と同じように結果のワークブックを編集(新しいウィンドウでリンクが開く)し、要件に合わせてすぐにカスタマイズできます。

Salesforce に接続するには、Site Administrator Creator のサイトロールを持つサイト管理者である必要があります。詳細については、ユーザーのサイト ロールの設定を参照してください。

  1. Tableau Online サイトに管理者としてサインインし、[設定] > [統合] を選択します。

  2. [統合] タブで、[Salesforce データに接続] をクリックし、プロンプトに答えて Salesforce へのアクセスを承認します。

  3. [Salesforce に接続] ダイアログ ウィンドウで、探索するクラウドを選択します。

  4. プロジェクトの名前と初期パーミッションを指定します。管理者のみのパーミッションを設定するか、デフォルトプロジェクトからパーミッションを継承するかを選択できます。詳細については、パーミッションを参照してください。

  5. 選択した内容を確認して、[パブリッシュ] をクリックします。

これで、新しいプロジェクトを作成し、スターター ワークブックをパブリッシュしました。Tableau が Salesforce データの抽出を準備している間、ワークブックに表示されるサンプル データでレイアウトを確認することができます。Salesforce データが更新され、ワークブックに追加されると、メールが届きます。

注: データ ソースのサイズによっては、抽出の作成に時間がかかる場合があります。Salesforce 抽出のステータスは、抽出でのバックグラウンド タスクの管理ビューで表示できます。

アクセスできるプロジェクトやその他のコンテンツを表示するには、ナビゲーション メニューから [探索] をクリックします。

既存の Salesforce 認証情報の使用

すでに Salesforce に接続している場合は、既存の認証資格情報を使用してスターター ワークブックをさらに作成できます。

[統合] タブで、[Salesforce データに接続] をクリックし、使用する Salesforce の認証資格情報をドロップダウン メニューから選択します。Tableau は、ワークブックがサイトにパブリッシュされるたびに新しいプロジェクトを作成します。

注: ワークブックは、Salesforce 認証資格情報が埋め込まれた状態でサイトに公開されます。ワークブックを表示するパーミッションを持つすべてのユーザーは、この認証資格情報に基づいてデータを表示できます。

データを最新の状態に保つための更新スケジュール

ワークブックを表示したりデータ ソースに接続したりするときに確実に最新の情報を表示するには、更新をスケジュールする必要があります。デフォルトでは、スターター ワークブックのパブリッシュ時に作成された Salesforce データ抽出は、自動的に更新されません。更新スケジュールの詳細については、Tableau Online での更新のスケジュールを参照してください。

以下の手順に従って、抽出の更新をスケジュールします。

  1. Tableau Online で、Salesforce コンテンツを含むプロジェクトに移動します。

  2. 更新するデータ ソースを選択し、[アクション] をクリックして、[抽出の更新...] を選択します。

  3. [抽出更新の作成] ダイアログ ウィンドウで、[更新タイプ][更新頻度] を選択し、[作成] をクリックします。

サブスクリプション

Salesforce ワークブックを自動的にサブスクライブし、データが更新されるたびに通知メールを受け取ります。サブスクリプションの設定を更新する場合は、「ビューまたはワークブックへのサブスクリプションの作成を参照してください。

プロジェクト、ワークブック、データ ソースのパーミッションの変更

Salesforce データに接続すると、Salesforce のプロジェクト、ワークブック、およびサイトで公開されているデータ ソースを操作する方法を選択できます。パーミッションを使用すると、スターター コンテンツにアクセスして独自のワークブックを作成できるユーザーを適切に指定できます。サイトのパーミッションを設定する方法については、「パーミッション」を参照してください。

Tableau Online のワークブックの作成

Salesforce データ ソースを使用すると、Tableau Online の Web オーサリングを介して新しいワークブックを作成したり、「データに聞く」を使用してビジュアライゼーションを自動的にクエリおよび作成したりできます。

フィールド名の置換による灰色ビューの修正

組織が Salesforce データのデータ構造をカスタマイズしている場合、データが読み込まれた後、変更したデータ構造をスターター ワークブックで一致させる必要がある場合があります。たとえば、組織が Salesforce のフィールド名を「アカウント」から「顧客」に変更した場合、以下のようにスターター ワークブックで対応する変更を行い、ビューが灰色にならないようにする必要があります。

灰色表示されたビューを修正するには、以下を行います。

  1. ダッシュボードの上で [編集] をクリックします。

  2. 灰色のシートに直接移動します。

  3. 左側にある [データ] ペインで、赤い感嘆符 (!) が横に付いているフィールド名を探します。この感嘆符は、組織では別の名前を使用していることを示しています。

  4. これらのフィールドをそれぞれ右クリックし、[参照の置換] を選択します。その後、正しいフィールド名をリストから選択します。

ありがとうございます!