サブスクリプションにより、ビューやワークブックのイメージまたは PDF スナップショットが定期的にメールで送信されます。Tableau Cloud にサインインする必要はありません。

: Tableau Catalog がサイトに対して有効になっている場合、管理者は関連するアップストリームのデータ品質に関する警告をサブスクリプション メールに含めるかどうかを判断することができます。Tableau Catalog は データ管理 製品に含まれています。詳細については、「Tableau Catalog について」を参照してください。

Tableau Cloud SMTP アドレス

サブスクリプション メールが正常に配信されるようにするには、会社のセキュリティ ソフトウェアとポリシーで、@cloudmail.tableau.com および IP アドレス 54.240.86.205 と 54.240.86.204 からのメールが許可されていることを確認します。配信できないサブスクリプションは、Tableau に拒否エラーを返し、受信者を一時的にブロックする場合があります。

自分または他のユーザー向けのサブスクリプションの設定

ビューを Tableau Cloud で開いたときに、ツールバーにサブスクリプション アイコン () が表示される場合は、そのビューまたはワークブック全体をサブスクライブできます。ワークブックを所有している場合、適切なサイト ロールを持つプロジェクト リーダーの場合、または管理者の場合は、コンテンツを表示するパーミッションを持つ他のユーザーをサブスクライブできます。

注: データの更新によって開始されるサブスクリプションは、ビューやワークブックが、データを最新の状態に保つために Bridge を使用しているデータ ソースに依存する場合は、サポートされません。

  1. サイトの [検索] セクションから、[すべてのワークブック] または [すべてのビュー] を選択するか、サブスクライブするビューが含まれるプロジェクトを開きます。

    コンテンツ タイプ メニュー

  2. ビューを直接、または含まれているワークブックを開いてから開きます。

  3. ビューのツールバーで、[Watch (視聴)] > [サブスクリプション] を選択します。

  4. サブスクリプションを受信する Tableau ユーザーまたはグループを追加します。サブスクリプションを受け取るには、ユーザーに [表示] および [画像/PDF のダウンロード] パーミッションが必要です。

    ワークブックを所有している場合は、[自分をサブスクライブする] を選択します。

    : グループをサブスクライブする場合、各ユーザーはサブスクリプションの作成時に個別に追加されます。もっと多くのユーザーを後でグループに追加する場合は、サブスクリプションを受信するために、それらの新しいユーザーでグループを再度サブスクライブする必要があります。同様に、グループから後で削除されるユーザーでは、サブスクライブしているビューへのパーミッションが削除されない限り、サブスクリプションは自動的に削除されません。

  5. サブスクリプション メールに現在のビューを含めるか、ワークブック全体を含めるかを選択します。高優先度の情報が存在するときにのみビューにデータを含める場合は、[ビューが空の時は送信しない] を選択します。

  6. スナップショットの形式 (PNG 画像、PDF 添付ファイル、またはその両方) を選択します。

    • PDF の場合は、出力する用紙サイズと向きを選択します。

  7. サブスクリプション メールをわかりやすくするために、件名行をカスタマイズしてメッセージを追加します。

  8. ワークブックでパブリッシュされた接続で 1 つのデータ抽出を使用する場合、その頻度を選択できます。

    • データ更新時: ビューまたはワークブックのデータが、更新スケジュールの実行によって更新されたときにのみ送信されます。
    • 選択したスケジュール: サブスクリプションのスケジュールを選択します。
  9. 頻度が [データの更新時] に設定されていない場合は、現在の設定の左側にあるドロップダウン矢印をクリックして、スケジュールを選択します。

    サブスクリプション メールを好きなときに送信するカスタム スケジュールを指定します。(サーバー負荷が高い場合は、厳密な配信時刻は異なる場合があります)。

    タイム ゾーンを変更するには、「タイム ゾーン」リンクをクリックしてアカウント設定ページに移動してください。

  10. [サブスクライブ] をクリックします。

サブスクリプション メールを受信し、イメージ (または PDF サブスクリプションのメッセージ本文に含まれるリンク) を選択すると、Tableau Cloud のビューまたはワークブックに移動することができます。

サブスクリプションの更新またはサブスクライブ解除

既存サブスクリプションをサブスクライブ解除したり、サブスクリプションの形式、スケジュール、件名、または空のビュー モードを変更することができます。

  1. 次のいずれかの方法を使用して、Tableau Cloud のアカウント設定にアクセスします。

    • サブスクリプション メールの下にある [自分のサブスクリプションの管理] をクリックします。

    • Tableau Cloud にサインインします。ページ上部で自分のユーザー アイコンを選択してから、[マイ コンテンツ] を選択します。

  2. [サブスクリプション] をクリックします。

  3. サブスクライブを解除するビューの横にあるチェック ボックスを選択し、[アクション][サブスクライブ解除] の順にクリックするか、変更したいサブスクリプション オプションを選択します。

一時停止したサブスクリプションの再開または削除

ブックに問題があるか、ビューの読み込みで問題が発生しているために、サブスクリプションが失敗する場合があります。サブスクリプションの失敗が 5 回を超えると、サブスクリプションが一時停止した旨の通知メールを受信します。サブスクリプション所有者または管理者は、いくつかの方法で、一時停止したサブスクリプションを再開することができます。

  • Tableau Web ページの [マイ コンテンツ] エリアで、[前回更新] 列に、サブスクリプションが一時停止になっていることを示すアイコンが表示されます。[...]> [サブスクリプションの再開] を選択して再開します。

  • 影響が出ているワークブックの [サブスクリプション] タブで、[前回更新] 列に、サブスクリプションが一時停止になっていることを示すアイコンが表示されます。[...]> [サブスクリプションの再開] を選択して再開します。

サブスクリプションが再び機能している場合、通知メールが送信されます。

関連項目

Tableau Desktop と Web 作成のヘルプの「サブスクリプション設定の変更」(新しいウィンドウでリンクが開く)

Tableau Cloud ヘルプの「プロジェクト レベルの管理」(新しいウィンドウでリンクが開く)では、どのサイト ロールで完全なプロジェクト リーダー権限が許可されるかを確認できます。

ありがとうございます!