Tableau Prep Conductor を使用すると、Tableau Cloud で利用可能なスケジュール調整機能および追跡機能を活用して、フローを自動的に実行してフロー出力を更新できます。Tableau Prep Conductor は、Tableau Cloud バージョン 2019.1 で導入された データ管理 の一部であり、フローの実行をスケジュールするために有効にする必要があります。

: バージョン 2020.4 以降では、スケジュールに従ってフローを実行するか、メール通知を設定する場合にのみ データ管理 が必要になります。フローをパブリッシュして、Web 上で手動で実行したり、Creator としてサーバー上で直接フローを作成および編集したりする場合、データ管理 は不要になりました。

Tableau Prep Builder で作成されたフローは、その実行をスケジュールする前に Tableau Cloud にパブリッシュする必要があります。フローのパブリッシュは、データ ソースやワークブックのパブリッシュに似ています。フローでファイルをパッケージ化するか、データ ソースへの直接接続を指定して、データの変更に応じてフロー入力を更新できます。フローがデータベースに接続する場合は、認証タイプを指定し、データにアクセスするための認証資格情報を設定します。

フローをパブリッシュして他のユーザーと共有したり、Web 上で編集を続けたりすることもできます。たとえば、不完全なフローを Tableau Cloud にパブリッシュしてから、編集モードで Web 上でフローを開き、作業を続行します。また、入力ステップ (適切に構成されている) のみでフローを作成して同僚と共有すると、その同僚は、フローをコンピューターにダウンロードし、独自のフローを作成してパブリッシュできます。

フローを実行するには、フローに出力ステップが含まれていて、エラーや互換性のない機能が含まれていないようにする必要があります。フローのパブリッシュの詳細については、「Tableau Server または Tableau Cloud へのフローのパブリッシュ」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。非互換性の詳細については、「Tableau Prep とのバージョン互換性」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

次の表は、Tableau Prep Conductor が有効になっているときに データ管理 がある場合とない場合のフロー管理機能を示しています。

データ管理 と Tableau Prep Conductor が有効になっている場合 データ管理 がない場合
  • [Content (コンテンツ)] ページでの最近のアクティビティなど、フローに関する詳細を表示および監視します。

  • フローを編集します (バージョン 2020.4 以降)。
  • [実行履歴] タブにフロー実行の結果とエラーを表示します。

  • [管理ビュー] を使用して、フローのパフォーマンス履歴を追跡する新しいビューなど、サーバーとサイトのアクティビティを監視します。

  • 失敗したフロー実行の詳細なアラートを表示します。

  • フローの実行に失敗したことやその理由を通知するメールをフロー所有者に送信するように、メール通知アラートを設定します。

    アラートの設定の詳細については、「フローの状態およびパフォーマンスの監視」を参照してください。

  • [Content (コンテンツ)] ページでの最近のアクティビティなど、フローに関する詳細を表示します。

  • フローを編集します (バージョン 2020.4 以降)。

  • [接続] タブで接続を表示および編集します。

Tableau Cloud での Tableau Prep Conductor の有効化

データ管理 を購入してライセンスを取得した後、Tableau Cloud で Prep Conductor を有効にする必要があります。詳細については、「お使いの Tableau Cloud サイトで Tableau Prep Conductor を有効にする」およびデータ管理 のライセンスを参照してください。

ありがとうございます!