フローをパブリッシュし、定期的な実行スケジュールを設定したら、フローが予想どおりに実行されたことや、問題の発生時にどのように解決したかを確認できます。また、フローを監視してそのパフォーマンスを確認することもできます。

このトピックでは、 Tableau Online をフローの監視に役立てるためのさまざまな方法について説明します。

発生した問題を検出して解決する

Tableau Online では、フローが失敗するとメール通知が自動的に送信されます。[アラート] メニューを使用するか、目的のフローのフロー ページを確認して、サーバー上のエラーを検索して確認することもできます。このタイプの監視では、問題が発生したときにそれを検出することができます。

フローが失敗したときに通知を受け取る

Tableau Online では、サイトのメール通知は、既定で有効に設定されています。この設定は、[設定] > [全般] ページに移動すると確認できます。

エラーを表示して解決する

: バージョン 2020.4.1 以降では、Tableau Server および Tableau Online でフローの作成と編集を行えるようになりました。このセクションの内容は、特に記載がない限り、すべてのプラットフォームに適用されます。Web 上でのフローの作成の詳細については、Web 上の Tableau Prepを参照してください。

フローの実行中は、次のようなエラーが発生する場合があります。

  • 接続エラー: 接続エラーは通常、 Tableau Online が 1 つ以上のデータ入力に接続できない場合、または 1 つ以上の出力ステップで接続できない場合に発生します。

    • 入力接続エラーの場合は、[接続] タブの [接続の編集] オプションを使用して接続の詳細を変更してから、フローを再度実行します。
    • 出力接続エラーの場合は、フローの出力ステップが出力する場所を確認します。フローの出力がネットワーク共有で実行される場合は、出力ステップで安全な場所を指定していることを確認してください。変更を行うと、フローが再パブリッシュされ、実行が再試行されます。

      : ファイルまたはネットワーク共有に出力されるフローの出力接続エラーを修正するには、フローを Tableau Prep Builder にダウンロード してから、フローをサーバーにもう一度パブリッシュします。パブリッシュされたデータ ソースまたはデータベースに出力されるフローは、Web 上で直接編集できます。

  • フロー内のエラー: フローの 1 つ以上のステップでエラーがある場合、エラー メッセージが表示されます。フローは、Web 上で直接編集してもう一度パブリッシュできます。フローを Tableau Pre Builder にダウンロードしてエラーを解決し、フローをサーバーにパブリッシュし直して、もう一度実行します。

  • フロー タスクの中断: スケジュールされたフロー タスクの実行が構成した回数失敗すると、このフロー タスクは中断されます。既定では、フロー タスクが 5 回連続して失敗すると、中断されます。

    1 つのフローに複数のスケジュール タスクを割り当てることができますが、失敗したタスクのみが中断されます。他のすべてのフロー タスクは、エラーが発生しない限り引き続き実行されます。中断したタスクを再開するには、エラーを確認して問題を解決してから、フローをオンデマンドで実行するか、割り当てられたスケジュールに基づいて自動的にフローを実行するようにします。

エラーは、次のページで確認することができます。

フローの [概要] ページ

このページでは、最新のフロー実行とエラーのステータスを確認できます。エラー テキストにカーソルを合わせて、エラーの詳細を確認します。スケジュール タスクが中断された場合は、警告アイコンがスケジュールの横に表示されます。アイコンにカーソルを合わせるとステータスが表示されます。

フローの失敗やタスクの中断の原因となったエラーを解決したら、フローを手動で実行するか、割り当てられたスケジュールに基づいてフローを実行できます。フロー タスクの中断の場合は、中断したタスクのツールヒントで [スケジュールされたタスクに移動] リンクをクリックして [スケジュールされたタスク] ページに移動し、[スケジュールされたタスクの再開] ボタンをクリックして中断したタスクを再開します。

[接続] ページ

[接続] ページには、最新のステータスと関連するすべての接続エラーが表示されます。入力エラーを修正するには、入力接続の [その他のアクション] メニューをクリックして接続を編集し、サーバー名、ポート、ユーザー名、パスワードを変更します。

出力接続のエラーを修正するには、Tableau Prep Builder でフローを直接変種するか、フローをダウンロードしてファイル パスを修正し、フローをもう一度パブリッシュして実行します。

[スケジュール タスク] ページ

: このタブを表示するには、Data Management Add-on が必要です。

フローに割り当てられている、スケジュール タスクが表示されます。スケジュール タスクが中断している場合は、そのタスクのステータスが表示され、このページから手動でフロー タスクを再開できます。中断しているタスクを再開する前に、フローにあるすべてのエラーを解決してください。

このページにはエラーの詳細は表示されませんが、[概要] ページまたは [実行の履歴] ページでエラーの詳細を確認できます。[スケジュールの種類] 列のリンクをクリックして、スケジュールされた内容の詳細を表示したり、タスクを編集したりすることもできます。

フローの接続を編集するか、フロー タスクを手動で実行すると、中断したスケジュール タスクは、フロー タスクが再パブリッシュされた時点で自動的に再開されます。中断したタスクを手動で再開するには、[スケジュールされたタスク] ペインで [スケジュールされたタスクの再開] をクリックします。この操作により、中断していたすべてのフローのタスクが再開されます。

タスクを個別に再開するには、スケジュールされたタスクの [その他のアクション] メニューをクリックして、[再開] を選択します。 [今すぐ実行] をクリックして、フローのすべてのタスクをすぐに実行することもできます。

[実行の履歴] ページ

: このタブを表示するには、Data Management Add-on が必要です。

[実行の履歴] ページには、完了済みおよび処理中のすべてのフロー実行の詳細が、出力ごとに表示されます。[エラー] 列のエラーにカーソルを合わせると、エラーの詳細が表示されます。[時間] 列には、フローの実行時間が表示されます。

: バージョン 2020.2.1 以降では、[実行タイプ] フィールドに出力の更新タイプが表示されます。以前のリリースでは、このフィールドに、出力をスケジュールに従って実行したか、オンデマンドで実行したかが示されていました。出力の更新タイプの設定についての詳細は、「増分更新を使用したフロー データの更新(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

アラート

フローが失敗すると、[アラート] メニューに、フローの再実行や、フローをダウンロードしてトラブルシューティングを行うオプションと共にエラーの詳細が入力されます。

フローの所有者、サーバーまたはサイトの管理者は、このメニューを表示できます。

実行可能なユーザー

  • Tableau サイト管理者は、以下を実行できます。
    • サイト レベルでメール通知を設定する
    • エラーを表示する
    • 中断したタスクを再開する
    • アラートを表示する
  • フローの所有者、プロジェクト リーダー、およびフローを表示する権限が付与されているすべてのユーザーは、以下を実行できます。
    • エラーを表示する
    • 中断したタスクを再開する
    • アラートを表示する (フローの所有者)
ありがとうございます!