仮想接続は、データへの共有可能な中央アクセス ポイントを提供し、接続レベルで行レベルのセキュリティをサポートする Tableau コンテンツ タイプです。仮想接続は複数ステップのプロセスで作成します。このトピックでは、共有するデータへの接続と、仮想接続エディターの [テーブル] タブでの作業について説明します。

データへの接続

Tableau Online または Tableau Server で仮想接続を作成するには、次の手順を実行します。

  1. [ホーム] または [探索] ページで、[新規] > [仮想接続] をクリックします。
  2. [データに接続] ダイアログ ボックスで、データのコネクタをクリックします。
    仮想接続でサポートされているコネクタのリストについては、Tableau Desktop および Web 作成ヘルプの「Creators: データへの接続(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。
  3. データのコネクタを選択します。
  4. 要求された情報を入力します。
    入力した認証資格情報は仮想接続に保存されるため、接続ユーザーは、データに接続するために認証資格情報を入力する必要はありません。
  5. [サインイン] をクリックして、仮想接続エディターを開きます。

仮想接続は、接続ごとに 1 つのデータベースへの接続をサポートします。コネクタの詳細については、Tableau Desktop と Web 作成ヘルプの「サポートされるコネクタ」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

注: Tableau Online の場合、プライベート ネットワーク データに接続する仮想接続では、Tableau Bridge を使用して、データを最新に保ちます。Tableau Bridge の構成については、「Bridge クライアント プールの構成と管理(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。サポートされる接続については、「Bridge を使用した接続(新しいウィンドウでリンクが開く)」を参照してください。

接続に含めるテーブルの選択

エディターの左側のペインにテーブルがリストされていない場合は、データベースを選択してください。

  1. 左側の [テーブル] でテーブルを選択してクリックするか、右側の [テーブル] タブにドラッグします。資格テーブルを使用している場合は、それを含めます。
  2. (オプション) [新しいカスタム SQL] をクリックして、カスタム テーブル スキーマを作成します。

注: 仮想接続は、空間データ型のテーブルをサポートしていません。

テーブル モードの選択: ライブまたは抽出

[テーブル] タブの上部で、[テーブル モード] を選択します。選択したモードは、仮想接続内のすべてのテーブルに適用されます。

  • ライブのみ - テーブルは、データベースから直接クエリされます(ライブがデフォルトです)。
  • 抽出のみ - テーブルは、抽出されて Tableau に保存されます。次の点に注意してください。
    • 仮想接続をパブリッシュする前に任意の時点でデータを抽出するには、[今すぐ抽出] をクリックします。抽出が実行されている間は、接続を編集できません。
    • 接続をパブリッシュした後、仮想接続のページで抽出更新をスケジュールできます。詳細については、仮想接続の抽出更新のスケジュールを設定するを参照してください。
    • サイトが保存時に暗号化されるように設定されている場合、仮想接続では抽出がサポートされません。サイト全体の抽出暗号化をオフにするか、テーブル モードとして[Live Only (ライブのみ)] を使用できます。

テーブルの表示状態の設定

[テーブル] タブの表示切替トグルを使用して、テーブルとそのデータをユーザーに表示または非表示にします。

チェック マークは表示を意味します ユーザーはテーブル データを見ることができます。どのデータをユーザーに表示するかを管理するデータ ポリシーを作成できます。(表示がデフォルトです)。

X は非表示を意味します ユーザーはテーブル データを見ることができません。非表示のテーブルはデータ ポリシーで使用でき、資格テーブルとして使用できます。

テーブルの詳細の確認

[テーブル] タブの上部にあるテーブルをクリックして、以下の詳細を確認します。[テーブルの詳細] セクションで、テーブル名の変更、列の非表示または名前変更、データ型の変更など、簡単な編集を行うことができます。

次のアイコンを使用して、表示されるテーブル情報を切り替えます。

タグ アイコンは、列データ型を表します。 テーブル内の列のリストと各列のデータ型。
テーブル アイコンは、列のサンプル データを表します。 各列のサンプル データと、可能な場合はリンクされたキー。リンクされたキーは、どの列が他のテーブルにリンクしているかを示します。リンクされたキーは、データベースに主キーと外部キーの情報がある場合にのみ表示されます。
プロファイル アイコンは、列の値の範囲を表します。 選択した各列のヒストグラムの値の範囲。

実行可能なユーザー

仮想接続を作成するには、次の認証資格情報とロールを持っている必要があります。

  • 仮想接続が接続するデータベースにサインインするための認証資格情報
  • サーバー管理者、サイト管理者、または Creator

次のステップ

[テーブル] タブでテーブルを追加して構成した後、行レベルのセキュリティに使用するデータ ポリシーの作成するか、仮想接続のパブリッシュとパーミッションの設定を行うかを選択できます。

ありがとうございます!