仮想接続のメリットの 1 つは、同じ抽出を何回も再利用することにより、データの急増を減らし、冗長な抽出更新ジョブを削除できることです。仮想接続を使用するすべてのコンテンツの抽出データを最新に保つには、接続でテーブルの抽出更新スケジュールを作成します。

テーブルを抽出する

  1. [テーブル モード] ドロップダウン メニューから [抽出のみ] を選択します。
  2. [今すぐ抽出] をクリックします。抽出が生成されている間は、仮想接続を編集できないことに注意してください。
  3. [抽出] をクリックして、テーブルを抽出します。
  4. [パブリッシュ] をクリックして、仮想接続をパブリッシュします。
  5. [ファイル] > [閉じる] をクリックして、仮想接続エディターを閉じます。

Tableau Server または Tableau Online で抽出更新をスケジュールする

  1. 仮想接続のページに移動します([ホーム] または [探索] ページで、ドロップダウン メニューから [仮想接続] をクリックし、使用する仮想接続を選択します)。
  2. [テーブル] タブの [Data is (データは)] 列には、[抽出] が値として含まれている必要があります。そうでない場合は、ブラウザーを更新してください。
  3. [スケジュールされたタスク] タブを選択し、[+New Task (+新しいタスク)] をクリックします。
  4. [Create Scheduled Task (スケジュールされたタスクの作成)] ダイアログ ボックスには、製品に応じてさまざまなオプションがあります。
  5. Tableau Server で次の手順を実行します。

    1. ドロップダウン メニューからスケジュールを選択します。
    2. すべての抽出更新の同期を維持するか (1 つの更新が失敗した場合は、すべての更新が失敗します)、個別に更新するか (抽出は個別に成功または失敗します) を選択します。
    3. [Add or Edit Tables (テーブルの追加または編集)] クリックして、更新するテーブルを選択します。仮想接続は完全更新のみをサポートします。
    4. [OK] をクリックします。
    5. [Create Scheduled Task (スケジュールされたタスクの作成)] をクリックします。
    6. [Create Scheduled Task (スケジュールされたタスクの作成)] ダイアログ ボックス

    Tableau Online で次の手順を実行します。

    1. [Repeats (繰り返し)][Every (間隔)][時刻 (At)] のドロップダウン メニューを使用して、更新頻度を選択します。[On (曜日)] の下で更新する曜日を選択します。
    2. すべての抽出更新の同期を維持するか (1 つの更新が失敗した場合は、すべての更新が失敗します)、個別に更新するか (抽出は個別に成功または失敗します) を選択します。
    3. [Add or Edit Tables (テーブルの追加または編集)] クリックして、更新するテーブルを選択します。仮想接続は完全更新のみをサポートします。
    4. [OK] をクリックします。
    5. [Create Scheduled Task (スケジュールされたタスクの作成)] をクリックします。
    6. Tableau Online の [Create Scheduled Task (スケジュールされたタスクの作成)] ダイアログ ボックス

      プライベート ネットワーク データに接続する仮想接続では、Tableau Bridge を使用して、データを最新に保ちます。詳細については、「Bridge クライアント プールの構成と管理」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

実行可能なユーザー

仮想接続をパブリッシュしたり、パーミッションを設定したりするには、次の認証資格情報とロールを持っている必要があります。

  • 仮想接続が接続する先のデータベースへの認証資格情報を持っている。
  • サーバー管理者、サイト管理者、または Creator である。

次のステップ

仮想接続用の抽出更新をスケジュールした後、仮想接続を使用する仮想接続を使用する

ありがとうございます!