Creators: Web 上のデータへの接続

新しいワークブックを作成し、Web 上でビューを構築してデータを分析する前に、データに接続する必要があります。Tableau では、Tableau Desktop からパブリッシュされた Web 上のデータ ソースへの接続や、Tableau Online、Tableau Server、Tableau public からデータへの直接接続がサポートされています。

2019.3 以降、Tableau Catalog は、Tableau Server と Tableau Online に対する Data Management アドオンで使用できます。Tableau Catalog がお使いの環境で有効な場合には、[検索] のデータを移動および接続するだけでなく、Tableau Catalog のデータベースや表などさらに多くの種類のデータで移動および接続を行うことができます。Tableau Catalog の詳細については、Tableau Server または Tableau Online ヘルプの「Tableau Catalog について」を参照してください。

注: Tableau Server または Tableau Online で作成されるデータ接続はライブ接続のみです。Web 作成の抽出を使用する必要がある場合は、Tableau Desktop からデータ ソースをパブリッシュできます。Tableau Desktop からのパブリッシュについては、「データ ソースとワークブックのパブリッシュ」を参照してください。ただし、Tableau Public でのデータ接続は抽出のみであり、データ ソースをパブリッシュすることはできません。

[データに接続] ページを開く

Web では接続するデータにアクセスするのに [データに接続] ページを使用します。Tableau Server または Tableau Online にサインインした後、次の 2 つの方法でこのページを開くことができます。

  • [ホーム] > [新規作成] > [ワークブック]
  • [探索] > [新規作成] > [ワークブック]

Tableau Public を使用している場合は、作成者プロフィールからこのページを開くことができます。

  • [マイ プロフィール] > [Viz の作成]

[接続の種類] と [認証済み] でフィルターを適用するフィルター アイコンを選択します。

ご使用の環境でカタログを有効にした場合:

  • [データ ソース][Databases and Files (データベースおよびファイル)]、または [Tables (表)] から選択してデータを検索できます。
  • [データベースとファイル] または [テーブル] を選択すると、データ品質警告 : [すべての資産]、[警告なし資産]、[警告付き資産] で資産をフィルター処理できます。


[データに接続] ページに表示されるタブは、使用している製品によって異なります。

Tableau Server では、[このサイト上]、[ファイル]、[コネクタ] のタブから選択してデータへの接続を行います。

[このサイト上] のデータへの接続

  1. [このサイト上] は、パブリッシュされたデータ ソースの参照や検索を行う場合に選択します。
  2. [名前] よりデータ ソースを選択し、[接続] ボタンをクリックします。

注: Data Management アドオンで Tableau Catalog が有効になっている場合は、[このサイト上] を使用してデータベースや表、データ ソースへの接続を行うことができます。

ファイルへの接続

Tableau は、Excel、テキストベースのデータ ソース (.xlsx、.csv、.tsv)、およびブラウザで直接 1 つのファイル (.kml、.geojson、.topojson、.json、.zip にパッケージ化された Esri シェープファイルおよび Esri File Geodatabases) のみを必要とする空間ファイル形式のアップロードをサポートしています。[データに接続] ウィンドウの [ファイル] タブで、ファイルをフィールドにドラッグ アンド ドロップして接続するか、[コンピューターからアップロード] をクリックします。

コネクタの使用

[コネクタ] タブより、クラウド データベースやエンタープライズのサーバーに格納されているデータに接続できます。作成する各データ接続に接続情報を提供する必要があります。たとえば、ほとんどのデータ接続では、サーバー名とサインイン情報を提供する必要があります。

「サポートされるコネクタ」には、Tableau をこれらの各コネクタ タイプに接続してデータ ソースを設定する方法についての情報が記載されています。[コネクタ] タブに必要なコネクタが表示されない場合、Tableau Desktop からデータに接続し、Web 作成用に Tableau Online や Tableau Server にデータ ソースをパブリッシュできます。Tableau Desktop で「データ ソースをパブリッシュする」方法の詳細をご覧ください。

Tableau でデータへの接続に成功すると [データ ソース] ページが開かれ、分析用データの準備を行ったり、ビューの構築を開始できます。詳細については、「Creators: Web 上のデータの準備」を参照してください。

Tableau Server コネクタ

Actian Matrix*

Alibaba AnalyticDB for MySQL

Alibaba Data Lake Analytics

Alibaba MaxCompute

Amazon Athena

Amazon Aurora for MySQL

Amazon Redshift

Apache Drill

Aster Database*

Box

Cloudera Hadoop

Databricks

Denodo

Dropbox

Exasol

Google BigQuery**

Google Cloud SQL

Google Drive

Kognito*

Kyvos

Hortonworks Hadoop Hive

IBM BigInsights

IBM DB2

IBM PDA (Netezza)*

MapR Hadoop Hive

MariaDB

MarkLogic*

Microsoft Azure Synapse Analytics

Microsoft SQL Server

MonetDB*

MongoDB BI Connector

MySQL

OData

OneDrive

Oracle

Pivotal Greenplum Database

PostgreSQL

Progress OpenEdge*

Qubole Presto

SAP Sybase ASE*

SAP Sybase IQ*

Salesforce

SharePoint リスト

SingleStore (旧 MemSQL)

Snowflake

Spark SQL

Teradata***

Vertica

* Linux サーバーでは利用できません。

**Google BigQuery では、Web からデータ ソースを作成するときに OAuth が必要です。サーバー管理者が Google 用に OAuth を設定する(新しいウィンドウでリンクが開く)方法の詳細をご覧ください。

Teradata Web 作成では、現在クエリ バンディング機能はサポートされていません。詳細については、「Teradata」を参照してください。

Tableau Catalog サポートされるコネクタ

Tableau Catalog は、Tableau Server がサポートする一部のデータ コネクタとの接続をサポートしています。データ ソース、データベース、ファイル、または表がグレー表示されている場合は、Tableau Server から接続することができません。ただし、適切なパーミッションがある場合は、Tableau Desktop の [接続] ペインから接続することができます。

Tableau Online では、[このサイト上]、[ファイル]、[コネクタ]、[ダッシュボード スターター] のタブから選択してデータへの接続を行います。

[このサイト上] のデータへの接続

  1. [このサイト上] は、パブリッシュされたデータ ソースの参照や検索を行う場合に選択します。
  2. [名前] よりデータ ソースを選択し、[接続] ボタンをクリックします。

注: Data Management アドオンで Tableau Catalog が有効になっている場合は、[このサイト上] を使用してデータベースや表、データ ソースへの接続を行うことができます。

ファイルへの接続

Tableau はブラウザからの Excel またはテキストベースのデータ ソース (.xlsx、.csv、.tsv) の直接アップロードをサポートしています。[データに接続] ウィンドウの [ファイル] タブで、Excel またはテキスト ファイルをフィールドにドラッグ アンド ドロップして接続するか、[コンピューターからアップロード] をクリックします。

コネクタの使用

[コネクタ] タブより、クラウド データベースやエンタープライズのサーバーに格納されているデータに接続できます。作成する各データ接続に接続情報を提供する必要があります。たとえば、ほとんどのデータ接続では、サーバー名とサインイン情報を提供する必要があります。

「サポートされるコネクタ」には、コネクタを使用してデータを Tableau に接続する方法についての情報が記載されています。[コネクタ] タブに必要なコネクタが表示されない場合、Tableau Desktop からデータに接続し、Web 作成用に Tableau Online や Tableau Server にデータ ソースをパブリッシュできます。Tableau Desktop で「データ ソースをパブリッシュする」方法の詳細をご覧ください。

: Tableau Online のデータに接続できない場合、データベースが公にアクセス可能かどうかを確認してください。Tableau Online はパブリック インターネットからアクセス可能なデータにのみ接続できます。データがプライベート ネットワークの背後にある場合、Tableau Bridge を使用して接続可能です。詳細については、「パブリッシャー: Tableau Bridge を使用して Tableau Online のデータを最新の状態に維持する」を参照してください。

Tableau Online コネクタ

Amazon Athena

Amazon Aurora for MySQL

Amazon EMR Hadoop Hive

Amazon Redshift

Box

Cloudera Hadoop

Databricks

Denodo

Dropbox*

Exasol

Google BigQuery*

Google Cloud SQL

Google Drive

Hortonworks Hadoop Hive

MapR Hadoop Hive

Microsoft Azure Synapse Analytics

Microsoft SQL Server

MongoDB BI コネクタ

MySQL

OData

OneDrive*

Oracle

PostgreSQL

SharePoint リスト

SingleStore (旧 MemSQL)

Snowflake

Spark SQL

Teradata**

Vertica

*Tableau Online で Google BigQuery、OneDrive、Dropbox 接続に OAuth 2.0 標準を使用する方法の詳細については、「OAuth 接続」を参照してください。

**Teradata Web 作成では、現在クエリ バンディング機能はサポートされていません。詳細については、「Teradata」を参照してください。

Tableau Catalog サポートされるコネクタ

Tableau Catalog は、Tableau Online がサポートする一部のデータ コネクタとの接続をサポートしています。データ ソース、データベース、ファイル、または表がグレー表示されている場合は、Tableau Online から接続することができません。ただし、適切なパーミッションがある場合は、Tableau Desktop の [接続] ペインから接続することができます。

ダッシュボード スターターを使用する

Tableau Online で [ダッシュボード スターター] を使用して LinkedIn Sales Navigator、Oracle Eloqua、Salesforce、ServiceNow ITSM、QuickBooks Online のデータを作成および分析することができます。[ダッシュボード スターター] タブの事前作成されたデザインのリストよりオプションを選択し、[ダッシュボードを使用] をクリックします。詳細については、「クラウドベース データ用のダッシュボード スターター」を参照してください。

Tableau Public では、サポートされているファイルをアップロードしてデータに接続できます。

ファイルへの接続

Tableau はブラウザからの Excel またはテキストベースのデータ ソース (.xlsx、.csv、.tsv) の直接アップロードをサポートしています。[データに接続] ウィンドウの [ファイル] タブで、Excel またはテキスト ファイルをフィールドにドラッグ アンド ドロップして接続するか、[コンピューターからアップロード] をクリックします。データセットがない場合は、Tableau Public Web サイトで、無料のサンプル データセットを確認してください。

コネクタの使用

[コネクタ] タブから、クラウド データベースに格納されているデータに接続できます。作成する各データ接続に接続情報を入力する必要があります。たとえば、ほとんどのデータ接続では、サインイン情報を入力する必要があります。

「サポートされるコネクタ」には、コネクタを使用してデータを Tableau に接続する方法についての情報が記載されています。[コネクタ] タブに必要なコネクタが表示されない場合は、Tableau Desktop からデータに接続し、抽出を作成できます。

: Tableau Public のデータに接続できない場合は、データベースが公にアクセス可能かどうかを確認してください。Tableau Public は、パブリック インターネットからアクセス可能なデータにのみ接続できます。

Tableau Public コネクタ

Google Drive

OData

接続後

Tableau でデータへの接続を行うと [データ ソース] ページが開かれ、分析用データの準備を行ったり、ビューの構築を開始できます。詳細については、「Creators: Web 上のデータの準備」を参照してください。

Web 作成でデータを最新に保つ

Tableau Online または Tableau Server のアップロード済みファイルを更新する: Web 作成用のファイル (Excel またはテキスト) を手動でアップロードする場合、Tableau ではそのファイルを自動的に更新できません。データを更新するには、[接続の編集] を選択して新しいバージョンのファイルをアップロードします。

Tableau Public で Vz に移動し、[更新の要求] をクリックします。Tableau Desktop Public Edition で [Keep this data in sync (このデータを同期)] を選択して、データを自動的に最新の状態に保つこともできます。

Tableau Online のファイルベースのパブリッシュ済みデータ ソースを更新する: ファイルベースのデータを使用するパブリッシュ済みのデータ ソース (Tableau Desktop よりパブリッシュ) が Tableau Online にある場合は、Tableau Bridge を使用して最新に保つことができます。詳細については、「Tableau Bridge を使用したデータの鮮度に関するオプションの拡張」を参照してください。

ありがとうございます!