トラブルシューティング

Tableau Server

トラブルシューティングを行い (Windows | Linux)、サーバープロセスを詳しく分析するには、Tableau Server ログを用います。サポートケースを作成しなければならない場合は、ログファイルを送信する必要があります。Tableau サポートはログファイルを使って問題を診断します。ログファイルのスナップショットを作成して Tableau サポート宛てにアップロードする際は、所定の手順に従ってください (Windows | Linux)。

2019.3 以降、Tableau Server Management Add-on の一部としてライセンスされる Resource Monitoring Tool を利用すると、全機能の Web ユーザーインターフェイスで Tableau Server の健全性を総合的に調べることができます。Resource Monitoring Tool Agent は Tableau クラスターの各ノード上で実行されてハードウェアの使用状況、パフォーマンス、アクティビティを監視し、それを照合するのは Resource Monitoring Tool Master Server です。これには、ほぼリアルタイムの Tableau のログファイルが含まれており、処理とレポート、特定のユーザーに対する低速ビューの記録、セッションレベルまでのトレースに関するメッセージをマスターサーバーに送信します。

他にも、無料のオープンソースツールの Logshark (英語) が利用できます。このコマンドラインユーティリティを Tableau Server ログに対して実行すると、システムのパフォーマンス、コンテンツの使用状況、エラー状態に関するインサイトを得られる、一連のワークブックが生成されます。Tableau の問題の視覚化、調査、解決に Logshark を活用してください。Logshark の一般的な利用例として、次のものが挙げられます。

  • ログに記録された問題をトラブルシューティングする
  • ログデータのシステム指標を分析する
  • 新しいビルドを利用する場合やシステムに変更を加える場合に、Tableau Server アプリケーションの挙動を履歴データに対して定期的に検証する

ベストプラクティスによる推奨事項

Logshark (英語) は、作成される Tableau ログファイル (zip 形式) のセット全体を使用します。ログは、1 日分のみでも数日分でもかまいません。Logshark には、ログファイルのセットに対応する数多くのプラグインがあり、Tableau ワークブックがテンプレートから自動的に生成されます。

個々のログファイル (Windows | Linux) を表示する場合は、Tableau Log Viewer (英語) が使用できます。このクロスプラットフォームの無料オープンソースツールはシンプルなインターフェイスを持ち、カラム型のレイアウトで Tableau ログファイルを表示します。

TLV Screenshot

Tableau Online

Tableau Online サイト管理者には、Tableau がインシデントを作成、更新、解決した場合にメール、テキスト、Atom フィードまたは RSS フィードの通知を受け取れるよう、Tableau トラストのアップデートに登録することが推奨されます。問題がある場合は、まず Tableau トラストを参照して、解決待ちのインシデントがないか確認してください。それでも問題が解決されない場合は、サポートケースを作成する必要があります。

 

ありがとうございます!