Tableau Advanced Management は、セキュリティ、管理性、拡張性の機能が強化された、Tableau Server の機能の集合体であり、個別にライセンスされています。

注: Tableau Advanced Management には、いくつかの Tableau Server 機能と、個別にインストールされている 2 つのツール、Tableau Content Migration ToolTableau Resource Monitoring Tool が含まれています。詳細については、このトピック後半の機能に関する表を参照してください。

Advanced Management のライセンス要件

Advanced Management は展開ごとにライセンスされ、これにはユーザーベースまたはコアベースの場合があります。展開には、ライセンスされている本番環境の Tableau Server インストールのほか、実稼働環境のインストールをサポートし、ライセンスされている非本番環境の Tableau Server インストールが 2 つ含まれています。展開の詳細については、エンドユーザーライセンス契約に関する文書(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

  • Advanced Management は、ライセンスを認証された Tableau Server 展開でのみアクティベートできます。つまり、Advanced Management プロダクト キーを適用する前に、ユーザーベースまたはコアベースの有効なキーを使用して Tableau Server をまずライセンス認証する必要があります。Advanced Management を購入してプロダクト キーを取得する方法の詳細については、アカウント マネージャーに問い合わせてください。

  • プロダクト キーがアクティブで有効な場合は、Advanced Management に含まれているすべての機能を使用できます。

  • Advanced Management のプロダクト キーを削除または非アクティブ化すると、有効な Advanced Management ライセンスを必要とする機能を使用できなくなります。関連付けられたデータは削除されません。ライセンスの有効期限が切れる場合の状況については、各機能にわずかな違いがある場合があります。個々の機能の詳細については、以下の表のリンクを参照してください。

次の表では、有効な Advanced Management ライセンスを必要とする含まれている機能を示しています。

機能 説明 機能を使用する要件 バージョン
Tableau Resource Monitoring Tool について Tableau Server の正常性を包括的に確認できます。Resource Monitoring Tool を使用すると、読み込み時間の遅延、抽出の失敗、その他の重要な問題を引き起こす原因を特定でき、エンド ユーザー エクスペリエンスに影響を与える問題に前もって対応するのに役立ちます。 監視している Tableau Server インストール には Advanced Management ライセンスが必要です。

2019.3 以降で利用可能です。

Linux のサポートは、バージョン 2020.4 で導入されました。

Tableau Content Migration Tool について Content Migration Tool を使用すると、Tableau Server のプロジェクト間、サイト間、展開間でコンテンツを簡単にコピーまたは移行できます。独立した Tableau Server インストールにあるプロジェクト間 (Tableau Server の開発インスタンスと本番インスタンスの間など)、または単一の Tableau Server インストールにあるプロジェクト間で実行可能です。
  • 移動元の Tableau Server (コンテンツの移動元である Server) と移動先の Tableau Server (コンテンツの移動先である Server) の両方には、有効な Advanced Management ライセンスが必要です。
  • Content Migration Tool は .NET 4.6.1 をサポートするバージョンの Microsoft Windows (Windows 7 以降、Windows Server 2008R2 以降) にインストールされる必要があります。
バージョン 2019.3 以降で利用可能です。
Tableau Server 外部リポジトリ Tableau Server リポジトリを Tableau Server 外部に展開できます。Tableau Server リポジトリは、すべてのユーザー インタラクション、抽出の更新などに関するデータを格納する PostgreSQL データベースです。 外部リポジトリを使用している Tableau Server には Advanced Management ライセンスが必要です。

バージョン 2019.3 以降で利用可能です。

- AWS は、Tableau Server バージョン 2019.3 以降でサポートされています。

- Azure は Tableau Server バージョン 2020.4 以降でサポートされています。

ノード ロールによるワークロード管理 ノード ロールを使用すると、Tableau Server インストールで特定のタイプのワークロードが処理される場所を構成できます。ノード ロール機能を使用すると、リソースを特定のワークロード (抽出更新、サブスクリプションなど) 専用にしたり、ワークロードに合わせて拡張したりできます。 Tableau Server には有効な Advanced Management ライセンスが必要です。 バージョン 2019.3 以降で利用可能です。
Tableau Server のキー管理システム Tableau Server で抽出暗号化のために AWS と KMS を使用するように構成する追加機能が得られます。 Tableau Server には有効な Advanced Management ライセンスが必要です。

バージョン 2019.3 以降で利用可能です。

- AWS は、Tableau Server バージョン 2019.3 以降でサポートされています。

- Azure は Tableau Server バージョン 2021.1 以降でサポートされています。

Tableau Server 外部ファイル ストア ネットワークに接続されているストレージ (NAS) をファイル ストアとして使用できます。これにより、ファイル ストアを Tableau Server でローカルに実行する必要がなくなりました。 Tableau Server には有効な Advanced Management ライセンスが必要です。 バージョン 2020.1 以降で利用可能です。
Tableau バックグラウンダーのリソース制限 Tableau Server リソース制限マネージャーは、設定されたリソース制限に対するバックグラウンダー リソースの使用状況を追跡し、リソース制限が正しく適用されていることを確認します。 Tableau Server には有効な Advanced Management ライセンスが必要です。 バージョン 2022.1 以降で利用可能です。
Tableau Server の独立したゲートウェイ Tableau Server の独立したゲートウェイを使用すると、Tableau Server が管理するリバース プロキシを別のコンピューターにインストールできます。DMZ に独立したゲートウェイをインストールして、サーバーのインストールとすべてのデータのセキュリティを確保します。独立したゲートウェイはさまざまな構成で使用でき、クライアント接続の要求に合わせて拡張できます。 Tableau Server には有効な Advanced Management ライセンスが必要です。 バージョン 2022.1 以降で利用可能です。

Advanced Management ライセンスの認証

Advanced Management ライセンスは Tableau Server インストールに適用され、ユーザーベースとコアベース両方のインストールに使用できます。

ここでは、Tableau Server インストールで Advanced Management ライセンスを認証する方法の概要を説明します。

TSM Web インターフェイスの使用
  1. ブラウザーで TSM を開きます。

    https://<tsm-computer-name>:8850

  2. [構成] タブで [ライセンス発行] をクリックします。[ライセンス認証] をクリックします。

  3. Advanced Management プロダクト キーを入力するか貼り付けて、[アクティブ化] をクリックします。

  4. [登録] ページで登録情報を入力し、[登録] をクリックします。

  5. 登録が完了したら、プロンプトに従って Tableau Server を再起動します。

    注: これが新しい Tableau Server のインストールであり、Tableau Server プロダクト キーを適用する前に Advanced Management キーを適用する場合、エラーが表示されます。とはいえ、上記の手順でインストールを続行し、Tableau Server プロダクト キーを適用してかまいません。

TSM CLI の使用
  1. Tableau Server クラスタ内のノードでコマンド プロンプトを管理者として開きます。

  2. ライセンスを認証するには、次のコマンドを Advanced Management プロダクト キーと一緒に実行します。

    tsm licenses activate -k <server-management-add-on-product key>

    注: これが新しい Tableau Server インストールの場合、コマンドを 2 回実行してください。1 回目は Tableau Server プロダクト キーと一緒に、次に Advanced Management のプロダクト キーと一緒に実行します。

  3. 変更を適用し、サーバーを再起動します。

    tsm pending-changes apply

実行可能なユーザー

Advanced Management ライセンス キーを認証できるのは、サーバー管理者だけです。

ありがとうございます!