Tableau Desktop と Tableau Prep Builder の導入

このコンテンツは、Tableau Blueprint の一部です。Tableau Blueprint は、組織がデータの活用方法を拡大および改善して、影響力を強化できるよう支援する成熟したフレームワークです。使用を開始する前に、まず評価(新しいウィンドウでリンクが開く)を受けてください。

管理者は Creator ライセンスを持つユーザーに対し、Tableau Desktop と Tableau Prep Builder の配布やインストールを行います。パッケージ化したインストールファイルを作成する場合、インストールをカスタマイズし、インストール作業中にエンドユーザーに対してメッセージを表示しないようにすることができます。また、Windows や Mac の PC に Tableau Desktop か Tableau Prep Builder をインストールする場合は、既定のデータベース接続のドライバーもインストールされます。既定のドライバーの一覧は、「インストールの前に」をご覧ください。これらの一部またはすべてのドライバーをインストールしない場合は、Tableau Desktop のインストール プログラムの [カスタマイズ] ペインでリストをカスタマイズすることができます。既定のドライバー以外のドライバーが必要な場合は、各 PC にインストールする必要があります。

仮想デスクトップサポートの機能を使うと、非永続仮想デスクトップや定期的にイメージの再適用を行う PC で、Tableau 導入環境を最適化することができます。仮想デスクトップサポートを有効にした場合、Tableau がホスティングするライセンス有効性確認のサービスに Tableau Desktop や Tableau Prep Builder が接続できないと、所定の時間後に Tableau ライセンスのプロダクトキーやログインベースのライセンス管理は自動的に認証が解除されます。つまり、Tableau ライセンスのプロダクトキーやログインベースのライセンス管理を使用している場合は、更新やライセンス認証解除を行う必要はありません。なお、Tableau ライセンスのプロダクトキーを使用している PC では、定期的にインターネットに接続する必要があります。また、ログインベースのライセンス管理が行われている仮想デスクトップでは、Tableau Server と通信する必要があります。詳しくは、「仮想デスクトップサポートの構成」をご覧ください。

ベストプラクティスによる推奨事項

ログインベースのライセンス管理を強く推奨します。ライセンス認証の最大数に達したことによるエラーを減らし、仮想デスクトップのユーザーエクスペリエンスを強化できるうえ、プロダクトキーを管理する必要もありません。

ログインベースのライセンス管理の場合、Desktop 使用状況は Tableau Server の既定の管理ビューで見ることができます。またプロダクトキーを使用している場合は、Desktop ライセンスレポートの構成の手順に従って Desktop ライセンスレポートを設定した後、ライセンス追跡のセクションに記載されている通りサーバーを構成することができます。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!