仮想デスクトップ サポートの構成

仮想デスクトップ サポートは Tableau Desktop 10.5 以降および Tableau Prep Builder 2018.2.1 以降のオプトイン機能であり、持続しない仮想デスクトップまたは定期的にイメージの再適用が実行されるコンピューターで Tableau のインストールを最適化できるようにします。

バージョン 2020.1 以降では、仮想デスクトップを ログインベースのライセンス管理 で構成できます (プロダクト キーは不要)。これは、多数のエンド ユーザーに Tableau Desktop の仮想展開を実装するために推奨される方法です。詳細については、「ログインベースのライセンス管理を使用した Tableau のライセンス認証」(Link opens in a new window)を参照してください。

仮想デスクトップ サポートが有効になっている場合、事前に定義した時間が経過すると Tableau ライセンスは自動的に認証解除されます。つまり、プロダクト キーを手動で更新またはライセンス認証解除する必要はありません。Tableau がホストされたサービスと通信するという要件は、定期的にインターネットに接続しなければならないということを意味しています。

仮想デスクトップサポートがなければ、明示的にライセンス認証を解除しない限り、認証された Tableau ライセンスは認証されたままになります。つまり、頻繁にリサイクルされる VM と定期的にイメージが再適用される PC があるため、システムが再作成されるまで、ライセンス認証を解除する機会がなく、ライセンス認証が有効であり続け、ライセンス認証の最大数に関するエラーが発生するかもしれません。

仮想デスクトップサポートの仕組み

仮想デスクトップ サポートが有効になっているとき、Tableau Desktop や Tableau Prep Builder は定期的に Tableau にホストされた実行の承認 (Authorize to Run、ATR) サービスに連絡を取り、ライセンスに基づいて Tableau の実行が承認されていることを確認します。仮想デスクトップが ログインベースのライセンス管理 も使用するように構成される場合、Tableau OnlineTableau Server は ATR サービスのプロキシとして動作します。

ATR サービスはライセンスと認証ウィンドウの長さを検証します。この通信が成功している限り、Tableau はユーザーに影響することなく実行されます。次の図は、クライアントとライセンス コンポーネント間の通信プロセスを示しています。

ログインベースのライセンス管理 を使用しない仮想デスクトップ サポートと ATR サービス

  1. Tableau Desktop または Tableau Prep Builder は ATR サービスに連絡し、Tableau Desktop または Tableau Prep Builder が実行の許可を受けているかを確認します。

  2. ATR サービスは Tableau ライセンス サービスに連絡し、ライセンスが有効であることを確認します。

  3. ATR サービスは、実行の承認ウィンドウの長さを決定します。

  4. 有効な場合、ATR サービスで Tableau Desktop または Tableau Prep Builder の使用が許可されます。

ログインベースのライセンス管理Tableau Online

ログインベースのライセンス管理Tableau Server

  1. Tableau Desktop または Tableau Prep Builder をインストールし、[Activate with your credentials (認証資格情報を使用してライセンス認証する)] を選択します。Tableau Online または Tableau Server サイトにサインインします。

  2. Tableau Online または Tableau Server により、ユーザーが Creator であることが確認されます。該当しない場合、エラーが表示されます。該当する場合、 Tableau Online または Tableau Server は ATR サービスと通信します。

  3. ATR サービスは ATR リースを Tableau Online または Tableau Server に返します。

  4. Tableau Online または Tableau Server は ATR リースを Tableau Desktop または Tableau Prep Builder に提供し、ライセンス認証を終了します。

リクエストされた期間

既定では、Tableau Desktop または Tableau Prep Builder のインスタンスは 14 日間の認証期間を与えられ、その期間中は実行が承認されています。つまり、最初の認証からライセンス認証の有効期限が切れるまでに、Tableau をネットワーク接続なしで 14 日間使用できます。認証チェックは定期的に行われ、チェックに成功すると、認証ウィンドウが元の長さにリセットされます。これはユーザーに影響を与えることなく行われます。ただし、チェックがすべて失敗し、その期間の有効期限が近づいている場合を除きます。その場合は、認証を確認できるように、ユーザーに Tableau をネットワークに接続する必要があることを知らせる警告メッセージが表示されます。14 日間という既定値は通常、毎回の使用で新しい VM を受信する仮想デスクトップの展開に適した値ではありません。詳細については、リクエスト期間の設定を参照してください。

認証ウィンドウの長さは、リクエストされた期間の値によって決まります。既定では、リクエストされた期間は 14 日間 (1,209,600 秒) ですが、ユーザーが新しい VM を受信する頻度や Tableau Desktop が永続的な性質かに応じ、お使いの環境に合わせてこれを構成できます。

: Tableau DesktopTableau Prep Builder の両方を使用する場合、リクエストされた期間を Tableau Desktop で設定すると、同じ期間が Tableau Prep Builder にも適用されます。また、逆も同様です。

リクエスト期間の設定

リクエスト期間を秒単位で設定します。設定可能な最小リクエスト期間は 4 時間 (14,400 秒) で、最大は 6 か月 (15,552,000 秒) です。次のガイドラインを使用して、ユーザーのリクエスト期間の設定方法を決定します。

  • 非共有で一度に数週間オフラインになることがあるような PC では、多くの場合リクエスト期間を 3 ~ 6 か月 (7,776,000 ~ 15,552,000 秒) に設定します。期間を長くすると、ユーザーはインターネットに接続せずに延長された期間 Tableau を使用し続けることができます。

  • 1 か月に 1 回程度イメージの最適用が実行されるコンピューターでは、リクエスト期間を 30 日 (2,592,000 秒) に設定します。

  • 毎晩リサイクルを行う仮想デスクトップでは、リクエスト期間を最小の 4 時間 (14,400 秒) に設定します。これによりプロダクト キーを毎朝再利用できるため、毎晩仮想デスクトップがリサイクルされる前にキーを無効化する手間を省略できるようになります。

仮想マシンとプロダクト キー

仮想デスクトップ サポートを使用する利点は、VM を定期的にリサイクルする環境では、デスクトップが再利用される前にライセンス認証が期限切れになるくらい短く期間を設定することが可能です。つまり、ライセンス認証をすべて使いきることがなくなります。デスクトップがリサイクルされた後に Tableau を実行するために、プロダクトキーを入力する必要はあります。このシナリオでは、ログインベースのライセンス管理Tableau OnlineTableau Server へのサインインを要求し、プロダクト キーを入力するのではなく Tableau DesktopTableau Prep Builder のライセンス認証を要求することで、エンド ユーザーのエクスペリエンスを向上させることができます。

仮想デスクトップサポートの使用方法

仮想デスクトップ サポートはオプトイン機能ですので、使用するには機能を有効化する必要があります (既定では無効になっています)。ログインベースのライセンス管理 を使用している場合には、「ログインベースのライセンス管理を使用した Tableau のライセンス認証」(Link opens in a new window)を参照してください。ログインベースのライセンス管理 を使用していない場合に仮想デスクトップを有効にする方法は、Tableau を Windows または Mac のどちらで実行しているかにより異なります。

Windows では、次のタイミングで仮想デスクトップ サポートを有効にし構成できます。

  • Tableau Desktop および Tableau Prep Builder のインストール時に、コマンド ライン インストール スイッチを使って仮想デスクトップサポートを有効にし、リクエスト期間を指定します。

  • インストール後、Windows レジストリを編集して仮想デスクトップ サポートを有効にし、リクエスト期間を指定します。

Mac では、次のように仮想デスクトップサポートを有効にし構成できます。

  • Tableau Desktop と Tableau Prep Builder のインストール後に sudo defaults write コマンドを使用します。

Windows 上の Tableau Desktop および Tableau Prep Builder

仮想デスクトップのフラグ設定には、次の 3 つの方法があります。

インストール時に仮想デスクトップ サポートを有効にする

ログインベースのライセンス管理 を使用していない場合 (バージョン 2019.4 以前か、手動で無効にしている場合)、コンピューターのコマンド ラインからインストーラー .exe を管理者として実行し、ATRENABLED スイッチを含めます。Tableau Desktopログインベースのライセンス管理 を構成している場合、ATRENABLED スイッチは不要です。既定の 14 日以外の期間を使用するには、ATRREQUESTEDDURATIONSECONDS スイッチを含めます。msi ファイルを抽出する必要がある場合は、Windows (MSI) インストーラーの抽出および実行の手順を実行します。

ファイルが格納されているディレクトリからコマンドを実行するか、コンピューターの .exe ファイルへの完全パスを指定する必要があります.exe。ネットワーク上の共有ディレクトリからセットアップ プログラムを実行しないでください。代わりに、インストールしようとしているコンピューターのディレクトリに .exe ファイルをダウンロードします。

ATRREQUESTEDDURATIONSECONDS の最小設定期間は、4 時間 (14,400 秒) です。次の例は、自動的なライセンス認証の解除を有効化し、期間を 12 時間 (43,200 秒) に設定する Windows インストーラー コマンドを示します。

tableauDesktop-64bit-2019-1-0.exe /quiet /norestart ACCEPTEULA=1 ATRENABLED=1 ATRREQUESTEDDURATIONSECONDS=43200

または

tableauPrepBuilder-64bit-2019-1-2.exe /quiet /norestart ACCEPTEULA=1 ATRENABLED=1 ATRREQUESTEDDURATIONSECONDS=43200

大規模な仮想展開のマスター イメージを作成する場合、上記の設定は適切であり、プロダクト キーのライセンス認証を完了する必要はありません。各エンド ユーザーは新しい VM を使用するときに、プロダクト キーを入力するか、ログインベースのライセンス管理 が有効になっている場合は、Tableau DesktopTableau Prep Builder にサインインします。

レジストリを編集して仮想デスクトップ サポートを有効にする

Tableau Desktop あるいは Tableau Prep Builder が既にインストールされている場合でも、Windows レジストリを編集し、ATREnabled にエントリを追加することで仮想デスクトップ サポートを有効化できます。ATRREQUESTEDDURATIONSECONDS にエントリを追加して、ライセンス認証が承認される既定の期間を変更する事ができます。

  1. Tableau Desktop あるいは Tableau Prep Builder を実行しているコンピューターの管理者として、変更を加える前にレジストリ ファイルのバックアップを作成してください。

  2. レジストリを編集し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Tableau で、これらの値を使用して ATR という名前の新しいハイブを作成します。

    • 名前:ATREnabled」という名前の文字列値を追加します。

    • データ: 1 を追加します。

    • 名前:ATRRequestedDurationSeconds」という名前の文字列値を追加します。

    • データ: 期間が持続すべき秒数を追加します。たとえば、43200 を追加して 12 時間の期間を設定します。

    以下の図は、レジストリ エディターで ATR ハイブがどのように表示されるかを示します。

  3. Tableau を再起動して変更を有効にします。

atr ツールを使用して仮想デスクトップ サポートを有効にする

Tableau Desktop あるいは Tableau Prep Builder が既にインストールされている場合でも、Windows コマンド プロンプトから仮想デスクトップ サポートを有効化できます。atrdiag.exe プログラムは、Windows では \bin ディレクトリ内にあり、仮想デスクトップと ログインベースのライセンス管理 の設定に固有のツールです。atrdiag.exe プログラムでは、選択した値の報告、仮想デスクトップの構成設定の変更のほか、仮想デスクトップの初回構成を行うことができます。Tableau テクニカル サポートが必要な場合、多くの場合には atr ツールからの出力を提供すると役立ちます。

注: Tableau Prep Builder で atrdiag.exe を使用するには、Tableau Desktop を使用しているコンピューターに Tableau Prep Builder をインストールする必要があります。

  1. Tableau Desktop を実行しているコンピューターに、管理者としてサインインします。

  2. コマンド プロンプトで、Tableau Desktop がインストールされているディレクトリに移動します。

    cd C:\Program Files\Tableau\<version>\bin

  3. コマンド プロンプトで、ATR サービスを有効にします。

    atrdiag.exe -enableATRFeature

  4. ライセンス認証の承認期間を秒単位で設定します。たとえば、43200 と指定して 12 時間の期間を設定します。

    atrdiag.exe -setDuration 43200

  5. Tableau を再起動して変更を有効にします。

atr ツールを使用して仮想デスクトップ サポートを無効にする

仮想デスクトップ サポート機能を使用しなくなった場合は、無効にできます。

  1. 仮想デスクトップ サポートを無効にするコンピューターで、Tableau Desktop をシャットダウンします。

  2. 管理者として Windows コマンド プロンプトを開き、Tableau Desktop がインストールされているディレクトリに移動します。

    cd C:\Program Files\Tableau\<version>\bin

  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行し、ATR サービスをオフにします。

    atrdiag.exe -disableATRFeature

  4. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

    atrdiag.exe -deleteAllATRs

  5. Tableau Desktop を起動します。

  6. [ライセンスが変更されました] ダイアログが表示されたら、[終了] をクリックします。

  7. Tableau を再起動して変更を有効にします。

  8. [ヘルプ] メニューで [プロダクト キーの管理] をクリックし、プロダクト キーを非アクティブ化できるかどうか確認します。

Mac 上の Tableau Desktop および Tableau Prep Builder

設定ファイルの更新で有効化

Mac 上で仮想デスクトップ サポートを有効化するには、ターミナル ウィンドウで次のコマンドを実行した後に Tableau Desktop や Tableau Prep Builder をインストールまたは再起動します。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.tableau.ATR ATREnabled "1"

sudo defaults write /Library/Preferences/com.tableau.ATR ATRRequestedDurationSeconds -string "43200"

仮想デスクトップのトラブルシューティング

仮想デスクトップを構成または使用しているときに問題が発生する場合は、仮想デスクトップの診断ツール (atrdiag) を使用し、Tableau Prep Builder または Tableau Desktop を実行中の PC に関して診断情報を収集することができます。

仮想デスクトップが有効になっていることを確認し、Tableau Desktop のライセンス認証で使用中のリクエスト期間の秒数に関する設定値を表示できます。以下に示すコマンドは、インストールしたのが Tableau DesktopTableau Prep Builder かに関わりなく、仮想デスクトップ サポートのインストールに関する状態をキャプチャします。

Windows での仮想デスクトップによる診断の収集

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
  2. 以下のコマンドを使用し、Tableau バイナリ (\bin) ディレクトリに移動します。

    cd Program Files\Tableau\Tableau <version>\bin

  3. 次のコマンドを実行します。

    atrdiag.exe

    オプションで出力をファイルに保存するには、次を実行します。

    atrdiag.exe > AtrOutput.txt

Mac での仮想デスクトップによる診断の収集

  1. ターミナル アプリを開きます。
  2. 以下のコマンドを使用し、atrdiag ツールを含むディレクトリに移動します。

    cd /Applications/Tableau Desktop <version>.app/Contents/MacOS

  3. 次のコマンドを実行します。

    ./atrdiag.exe

    オプションで出力をファイルに保存するには、次を実行します。

    ./atrdiag.exe > AtrOutput.txt

Tableau Desktop のインストールに関する問題の解決の詳細については、Tableau Desktop または Tableau Prep Builder のインストールのトラブルシューティングを参照してください。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください