バージョン 2021.3 以降、Tableau Server と Tableau Online は Slack と統合することができ、ライセンスを持つ Tableau ユーザーであれば Slack ワークスペースで Tableau 通知を利用できるようになりました。

Tableau と Slack を統合すると、Tableau サイトを Slack ワークスペースに接続できます。この統合を有効にすると、Tableau ユーザーは、チームメートがコンテンツを共有したとき、コメントでメンションされたとき、またはデータがデータ駆動型アラートで指定されたしきい値に達したときなどに、Slack で通知を表示できます。Tableau Online のサイト管理者または Tableau Server のサーバー管理者がサイトで通知を有効にしていれば、ユーザーはアカウント設定(新しいウィンドウでリンクが開く)を構成することで、どの通知を Slack で受信するかを制御できます。詳細については、「Slack での Tableau 通知」参照してください。

Tableau サイトと Slack を統合するには、いくつかの設定手順を実施する必要があります。手順のいくつかは Tableau サイト側で必要であり、いくつかは接続先の Slack ワークスペース側で必要です。この概要では、Tableau Online のサイト管理者または Tableau Server のサーバー管理者と、Slack ワークスペースの管理者の両方の手順を説明します。

要件

Slack で Tableau を有効にするには、Slack ワークスペースの管理者と、Tableau Online のサイト管理者または Tableau Server のサーバー管理者の両方が必要です。

Tableau Server サイトを Slack ワークスペースと統合する

Tableau Server の管理者は、Slack ワークスペースを 1 つの Tableau Server サイトに接続できます。Tableau サイトを Slack ワークスペースに接続するには 3 つタスクを実施します。

  • Slack ワークスペース管理者: Slack API プラットフォームでプライベートの Slack アプリケーションを作成します
  • Tableau 管理者: アプリ情報を使用して OAuth クライアントを追加します
  • Tableau 管理者: Tableau サイトを Slack に接続します

Slack アプリの作成については、Slack の「Slack プラットフォームに関するベスト プラクティスとガイドライン」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

: 接続できる Slack ワークスペースは、Tableau サイトごとに 1 つに制限されています。

ステップ 1: Tableau Slack アプリを作成する

Slack ワークスペース管理者

  1. Slack の「API ドキュメント」(新しいウィンドウでリンクが開く)に移動し、[新しいアプリの作成] を選択します
  2. [最初から] を選択し、アプリ名とアプリが存在するワークスペースを追加します。[新しいアプリの作成] を選択します。
  3. アプリに名前を付けて、Slack ワークスペースを選択します。
  4. アプリの基本情報設定が表示されます。ここで、アプリの権限や説明などを変更できます。
  5. [機能の追加] セクションで [ボット] を選択し、[追加するスコープの確認] を選択します。
  6. [ボット トークン スコープ] で、次のスコープを追加します。
    • chat:write
    • files:write
    • users:read
    • users:read.email
  7. ナビゲーション メニューで [OAuth とパーミッション] を選択します。

    重要: Tableau Slack アプリのトークン ローテーションをオプトインすると、Slack での通知機能が停止します。トークン ローテーションを追加した後は削除できません。

  8. [新しいリダイレクト URL の追加] を選択します。
  9. 完全修飾 URL https://<url>/auth/add_oauth_token を追加します。
  10. ナビゲーション メニューで [基本情報] を選択します。
  11. クライアント ID、クライアント シークレット、およびリダイレクト URL を Tableau Server 管理者に伝えます。
  12. [設定] メニューから [基本情報] を選択して [インストール] を選択し、Tableau アプリを Slack ワークスペースに追加します。

: 管理者は、配布オプションを有効にすることで、他の Slack ワークスペースとアプリを共有できます。詳細については、Slack のドキュメントの「配布の管理」(新しいウィンドウでリンクが開く)を参照してください。

ステップ 2: Tableau サイトに OAuth クライアントを追加する

Tableau Server 管理者:

Tableau Server 管理者は、Slack ワークスペース管理者から入手した Oauth クライアントを追加し、Tableau サイトを Slack に接続します。

  1. Slack に接続しようとしているサイトにサインインします。サイトの [設定] ページで、[統合] タブを選択します。

    Tableau サイト設定の [統合] タブ

  2. [Slack 接続] で、[OAuth クライアントの追加] を選択します。
  3. Slack ワークスペース管理者から入手したクライアントIDクライアント シークレットリダイレクト URL を追加し、ダイアログで [OAuth クライアントの追加] を選択します。
  4. 接続タイプとクライアント ID がテーブルに表示されます。

ステップ 3: 接続を完了する

OAuth クライアントが [Slack 接続] に追加されたら、以下を実施します。

  1. [Slack に接続] を選択します。
  2. プロンプトに従って、Slack ワークスペースにサインインします。
  3. [許可] を選択して、Tableau サイトが Slack ワークスペースにアクセスできるようにします。

これで、Tableau サイトと Slack ワークスペースが接続されました。Slack ワークスペースで、誰かが Tableau コンテンツを共有したとき、データ駆動型アラートがトリガーされたとき、ビューやワークブックのコメントで誰かに @ メンションされたときなどに、ライセンスのある Tableau ユーザーは Slack 通知を受け取ることができます。

Tableau Server サイトを Slack から切断する

サイト設定の [統合] タブで [Slack から切断] を選択すると、Tableau サイトを Slack ワークスペースから切断できます。ユーザーはしばらくの間、通知を受け取り続けます。ステップ 2 で追加した OAuth クライアントの情報は保持され、必要に応じて新しいワークスペースに接続するために使用できます。

Tableau Slack アプリケーションを更新する

Tableau Slack アプリケーションの新しいバージョンが利用可能になった場合、アプリのパフォーマンスを維持し、新しい機能を使用するために、アプリケーションを再インストールすることをお勧めします。

Tableau for Slack アプリを再インストールするには、サイト設定の [統合] タブで Slack からの [切断] を選択し、Tableau と Slack ワークスペースの統合 の接続手順を実行します。

ありがとうございます!