Tableau Resource Monitoring Tool には、RMT サーバーとエージェントという 2 つのコンポーネントがあります。

Resource Monitoring Tool の必須コンポーネントと RMT サーバーは、必要なリソースを確保し、他のプログラムやソフトウェアとの間でマシン リソースの競合がないことを保証するため、専用のハードウェアにインストールする必要があります。これらは、例外的な場合 (たとえば、本番以外の環境での限られたデモ目的の場合) を除いて Tableau Server PC にはインストールしないでください。

エージェントは、監視する必要がある Tableau Server のすべてのノードにインストールされます。

Power Tools for Tableau Server から Resource Monitoring Tool にアップグレードする方法については、Power Tools for Server の Tableau Resource Monitoring Tool へのアップグレードを参照してください。

Resource Monitoring Tool をインストールするためのインストーラーは Advanced Management 製品とリリース ノート サイト(新しいウィンドウでリンクが開く)にあります。Tabrmt で始まるすべてのファイルをダウンロードします。

当社の企業価値である「平等」に合致させるため、包括的ではない用語を可能な限り変更しました。場面に応じて用語を変更すると重大な影響につながる可能性があるため、既存の用語を維持します。そのため、CLI コマンドとオプション、インストール フォルダー、構成ファイル、その他のインスタンスには、これらの用語が引き続き使用されます。詳細については、Tableau ヘルプについてを参照してください。

インストールのバージョン履歴

このセクションでは、インストール プロセスに関する重要な変更点を取り上げます。このセクションをよく読み、現在のバージョンとアップグレード先のバージョンの変更内容を理解してください。

  • バージョン 2022.3 から、RabbitMQ メッセージング サービスとクラウド プラットフォームの Resource Monitoring Tool で使用する PostgreSQL データベースを構成するオプションを利用できます。現在、RabbitMQ には AWS AMQ、PostgreSQL データベースには Amazon RDS がサポートされています。今回の追加により、リポジトリとメッセージ キュー サービスを RMT サーバーとともに同じマシンにインストールするか、AWS プラットフォームに個別にインストールするかを選択できるようになりました。
  • バージョン 2020.4 以降では、Linux マシンに Resource Monitoring Tool をインストールできます。以前は、Resource Monitoring Tool インストールのみが Windows マシンでサポートされていました。
  • 2020.2 以降では、1 つのインストーラーで必須コンポーネントと RMT サーバーをインストールできます。必要なインストーラーは、1 つは前提条件を含む RMT サーバー用とエージェントのインストール用の 2 つのインストーラーだけです。

 

Resource Monitoring Tool をインストールする前に

  • 次の要件と手順を確認してください。
  • 監視予定の Tableau Server インストールが Advanced Management ライセンスにより認証されていることを確認します。Resource Monitoring Tool を使用するには、有効な Advanced Management ライセンスが必要です。
  • Tableau Server のログのサイズを確認します。エージェントをインストールして構成すると、Resource Monitoring Tool は Tableau Server ログの関連する履歴データを処理し、データを表示します。履歴ログ データが大量の場合は、情報処理にしばらく時間がかかる場合があるため、Server で新しいイベントを処理するのに遅延が発生する場合があります。

    遅延が懸念となり、履歴情報がなくても問題ない場合には、以下の手順で既存ファイルをクリーン アップできます。

    注: CPU 使用率やメモリ使用量などのパフォーマンス データは履歴ログ データを使用して収集されず、エージェントのインストールと構成が完了した後に収集されるため、履歴データをクリーン アップしてもパフォーマンス データへの影響はありません。

  • 読み取り専用の組み込みユーザーを Tableau Server リポジトリに対して有効にします。このユーザーは Resource Monitoring Tool エージェントのインストール時に使用します。これはバージョン 2022.3 から必要です。詳細については、Tableau Server リポジトリでデータを収集するを参照してください。
  • リポジトリとメッセージ キュー サービスを Resource Monitoring Tool の外部に構成するかどうかを決定します。

セットアップ アーキテクチャ

Resource Monitoring Tool セットアップの概要。この図は、RMT サーバーによって監視されている 2 つの Tableau Server クラスターを示しています。

 

RMT サーバーおよびエージェントにインストールされた Resource Monitoring Tool コンポーネントの詳細ビュー。

 

インストールの概要

RMT サーバーは、どちらのオペレーティング システムにもインストールでき、エージェントがインストールされているオペレーティング システムに依存しません。つまり、RMT サーバーとエージェントを異なるオペレーティング システムにインストールできます。

ただし、エージェントは Tableau Server クラスタ ノードにインストールされるため、エージェントのオペレーティング システムの選択は、Tableau Server のインストールに依存します。

同じ Resource Monitoring Tool を使用して、複数の Tableau Server クラスターを監視できます。各 Tableau クラスターは個別の環境としてセットアップする必要があります。

外部構成

リポジトリとメッセージ キュー サービスは、いずれも AWS プラットフォーム上で RMT サーバーの外部でホストすることができます。リポジトリのホスティングには AWS RDS インスタンスを、メッセージ キューには AWS AMQ を使用します。構成、手順、その他詳細については、次を参照してください。

Windows でのインストール

Web インターフェイスまたはコマンド ラインを使用して、RMT サーバーとエージェントをインストールできます。

Resource Monitoring Tool をインストールする手順は次のとおりです。

  1. Web インターフェイスを使用するか、コマンド ラインを使用して RMT サーバーをインストールします。

    Resource Monitoring Tool のインストーラーを起動すると、Resource Monitoring Tool を実行するために必要な特定のプログラムが最初にインストールされます。インストールされるプログラムには、RabbitMQ、Erlang、専用の PostgreSQL データベースが含まれます。その後、RMT サーバーのインストールに進みます。

  2. Web インターフェイスを使用するか、コマンド ラインを使用してエージェントをインストールします。

    エージェントは、すべての Tableau Server ノードにインストールします。エージェントは、Tableau Server の使用状況とパフォーマンスに関する情報をレポート作成用に RMT サーバーに送信します。

ウイルス対策

ウイルス対策ソフトウェアのスキャンから Tableau Resource Monitoring Tool ログ ファイルを除外することをお勧めします。これにより、Resource Monitoring Tool でログ ファイルへの書き込みが行われたときの競合を回避してパフォーマンスを向上させることができます。

HTTPS

ベスト プラクティスとして、機密情報やユーザー認証資格情報を保護するために HTTPS を使用することをお勧めします。

[サーバー] 構成の [HTTPSが必要] 設定をユーザーと RMT サーバー間の通信に使用します。エージェントを登録するときにも使用します。エージェントと RMT サーバーの間でデータを収集する定期的なエージェント通信は、Rabbit MQ を介して行われます。

既定では、自己署名証明書を使用して RMT サーバーをインストールし、エージェント登録時の通信を含む HTTPS 通信にその証明書を使用します。独自の証明書を使用して、自己署名証明書と置き換えることもできます。その置き換えは、RMT サーバーのインストール時に [サーバの設定] ページで行うか、インストールが完了した後に行うことができます。次のセクションでは、要件について説明します。

SSL 証明書のモードと要件

Resource Monitoring Tool では、SSL 証明書を使用する 3 つのモードがサポートされています。

  • 既定: このモードでは、インストーラーによって提供される既定の自己署名証明書が使用されます。
  • ストア: このモードでは、Windows 証明書ストアに証明書の指紋を入力できます。
  • ローカル: このモードでは、<installation directory>\config フォルダーにファイルベースの証明書を指定できます。既定の場所は C:\Program Files\Tableau\Tableau Resource Monitoring Tool\master\config です。

独自の証明書を使用している場合は、[ローカル] または [ストア] を選択できます。

  • [ローカル] を選択した場合は、グループ化されたファイルまたは単一のファイルに利用可能な証明書、証明機関、および秘密キーがある必要があります。
  • [ストア] オプションを選択した場合は、証明書と指紋を事前に保存して、インストール時に参照できます。証明書とプライベート キーはまとめてパッケージ化して、親指の指紋認証により参照できるようにする必要があります。パッケージ化された証明書は、.NET の要件で定義されている特定の場所 (Microsoft のこの Web サイトに記載されています) に保存する必要があります。証明書をマシンにインポートしたら、この証明書を使用して HTTPS を構成できます。

証明書の次のガイドラインと要件に従ってください。

  • 適切なドメインの HTTPS 証明書 (X.509 など) が必要です。これは、ローカルのセキュリティ ポリシーと証明書の要件によって異なります。たとえば、Resource Monitoring Tool で CName または SSL パススルー プロキシを使用している場合は、SAN 証明書を使用する必要がある場合があります。複数のサブドメインの場合は、ワイルドカード証明書がサポートされています。
  • Resource Monitoring Tool では、PKCS#12 および PEM 形式のみがサポートされています。
  • Resource Monitoring Tool Web サーバーには、証明書、プライベート キー、およびオプションで信頼チェーンが必要です。

    プライベート キーは RSA または DSA のいずれかです。

    これらは、単一のファイルまたはグループ化されたファイルで提供できます。

    • 単一のファイルの例:
      • PKCS #12:.pfx または.p12 ファイル拡張子を持つ単一のファイル。
      • PEM: .pem 拡張子を持つ単一のファイルに、PEM でエンコードされた証明書 + プライベート キー (およびオプションでルート CA にチェーンする中間 Ca)。ファイル内のアイテムは、特定の順序にする必要はありません。
    • グループ化されたファイルの例:
      • .crt または .cer file ファイルに PEM でエンコードされた証明書 +
      • .key ファイルに PEM でエンコードされたプライベート キー、+ (オプションで)
      • 1 つ以上の .ca ファイルに PEM でエンコードされた認証局

ファイルとディレクトリの既定の場所:

RMT サーバー:

  • インストール ディレクトリ: C:\Program Files\Tableau\Tableau Resource Monitoring Tool\master
  • 構成ファイル: C:\Program Files\Tableau\Tableau Resource Monitoring Tool\master\config.json
  • ログ ディレクトリ: C:\Program Files\Tableau\Tableau Resource Monitoring Tool\master\logs

エージェント:

  • インストール ディレクトリ: C:\Program Files\Tableau\Tableau Resource Monitoring Tool\agent
  • ログ ディレクトリ: C:\Program Files\Tableau\Tableau Resource Monitoring Tool\agent\logs

実行可能なユーザー

Resource Monitoring Tool をインストールするには、次のものがすべて必要です。

  • Resource Monitoring Tool をインストールするマシンでの管理者パーミッション。
  • Tableau Server の管理者サイト ロール
  • Resource Monitoring Tool 管理者アカウント。

次のステップ

RMT サーバーのインストール:

ありがとうございます!