tsm licenses

tsm licenses コマンドを使用して、サーバー ライセンス タスクを管理します (例:Tableau Server プロダクト キーのオンラインまたはオフラインでのライセンス認証/ライセンス認証解除、オフラインでのライセンス認証/ライセンス認証解除でのファイルの関連付け)。

tsm licenses activate

Tableau Server プロダクト キーをライセンス認証します。

Tableau Server を実行しているコンピューターがフォワード プロキシを使用してインターネットに接続するよう構成されている場合、このコマンドを実行する前に、フォワード プロキシを使用したプロダクト キー操作の構成のトピックの手順に従ってください。

シノプシス

tsm licenses activate --license-key <product-key> [global options]

オプション

-f, --license-file <file.tlf>

オフラインでのライセンス認証を実行する場合は必須。

オフラインでのライセンス認証に使用するライセンス ファイル (<file>.tlf) を指定します。

-k, --license-key <product-key>

有効なプロダクト キーをライセンス認証する場合は必須。

オンラインでのライセンス認証に使用するプロダクト キーを指定します。

-t, --trial

試用版をライセンス認証する場合は必須。

試用版をライセンス認証します。

tsm licenses deactivate

Tableau Server プロダクト キーをオンラインまたはオフラインでライセンス認証します。

Tableau Server を実行しているコンピューターがフォワード プロキシを使用してインターネットに接続するよう構成されている場合、このコマンドを実行する前に、フォワード プロキシを使用したプロダクト キー操作の構成のトピックの手順に従ってください。

シノプシス

tsm licenses deactivate --license-key <product-key> [global options]

オプション

-f, --license-file <return_file.tlr>

オフラインでのライセンス認証の解除を実行する場合は必須。

オフラインでのライセンス認証の解除に使用するライセンス ファイル (<file>.tlf) を指定します。

-k, --license-key <product-key>

プロダクト キーのライセンス認証を解除する場合は必須。

オンラインでのライセンス認証の解除に使用するプロダクト キーを指定します。

tsm licenses get-offline-activation-file

Tableau Server のオフラインでのライセンス認証に使用するオフラインのライセンス認証ファイルを生成します。詳細については、オフラインでの Tableau Server のライセンス認証 - ライセンスの追加を参照してください。

シノプシス

tsm licenses get-offline-activation-file --license-key <product-key> --output-dir <path> [global options]

オプション

-k, --license-key <product-key>

必須。

オフラインでのライセンス認証に使用するプロダクト キーを指定します。

-o, --output-dir <path>

必須。

オフラインのライセンス認証ファイルを保存する場所。この場所を設定する必要があります。

tsm licenses get-offline-deactivation-file

Tableau Server のオフラインでのライセンス認証解除に使用するオフラインのライセンス認証解除ファイルを生成します。詳細については、オフラインでの Tableau Server のライセンス認証解除を参照してください。

シノプシス

tsm licenses get-offline-deactivation-file --license-key <product-key> --output-dir <path> [global options]

オプション

-k, --license-key <product-key>

必須。

オフラインでのライセンス認証の解除に使用するプロダクト キーを指定します。

-o, --output-dir <path>

必須。

オフラインのライセンス認証解除ファイルを保存する既存の場所。

tsm licenses list

Tableau Server の展開でライセンス認証されたライセンスを一覧表示します。

たとえば、5 つの Creator ライセンス、5 つの Explorer ライセンス、100 個の Viewer ライセンス、および Data Management アドオンを持つサーバーは、次のようなコマンド出力を指定します。

次のフィールドが返されます。

  • KEY: ライセンスを識別するグローバルに一意の 16 文字の文字列。
  • TYPE: ライセンスの種類についての説明。
    • 期間: 期間ライセンスはサブスクリプション スケジュールにマップされ、更新する必要があります。有効期限は、[LIC EXP] フィールドに一覧表示されます。
    • 永続: 永続ライセンスは一度購入したら更新する必要はありませんが、MAINT EXP (メンテナンスの有効期限) は更新する必要があります。
    • コア: コア ライセンスは、特定の Tableau Server サービスを実行しているコンピューター上のコアの数にマップされるライセンスです。コア ライセンスを使用すると、ゲスト ユーザーがサーバー上のビューにアクセスしたり、他の Web サーバーに埋め込んだりできます。また、コア ライセンスでは、Explorer ユーザーと Viewer ユーザーを無制限に許可できます。
  • CREATOR: Tableau Server の展開で発行された Creator ライセンスの数。
  • EXPLORER: Tableau Server の展開で発行された Explorer ライセンスの数。
  • VIEWER: Tableau Server の展開で発行された Viewer ライセンスの数。
  • DATA MANAGEMENT ADD-ON: Tableau Server が Data Management アドオン (True/False) に対してライセンスされています。Data Management アドオンについてを参照してください。
  • GUEST ACCESS: Tableau Server がゲスト ユーザーに対してライセンスされています。ゲスト ユーザーを参照してください。ゲスト ユーザーを利用するには、コア ライセンスが必要です。[TYPE] フィールドを参照してください。
  • LIC EXP: ライセンスの有効期限が切れ、Tableau Server が動作を停止する日付。期間ライセンスの有効期限が切れます。[TYPE] フィールドを参照してください。ライセンスを更新するには、Tableau のカスタマー ポータル(Link opens in a new window)にアクセスしてください。
  • MAINT EXP: レガシー永続ライセンス (TYPE = 永続) にのみ適用されます。期間ライセンスの場合、このフィールドは N/A と出力されます。[MAINT EXP] には、Tableau Server 展開に対するメンテナンス契約の有効期限が切れる日付が表示されます。ライセンスのメンテナンス キーを更新するには、プロダクト キーの有効期限の更新を参照してください。Tableau のカスタマー ポータル(Link opens in a new window)にアクセスしてメンテナンスの購入履歴を表示し、追加のメンテナンスを購入してください。
  • UPDATABLE:更新可能なサブスクリプション ライセンスかどうかを指定します (True/False)。
  • LBLM: Tableau Server の展開に対してログインベースのライセンス管理 (LBLM) が有効かどうかを指定します (True/False)。有効にすると、ユーザーはプロダクト キーを入力するのではなく、Tableau Server にログインすることで、Tableau Desktop または Prep のインスタンスのライセンスを取得できます。LBLM の詳細については、ログインベースのライセンス管理を参照してください。
  • SERVER MANAGEMENT ADD-ON: Tableau Server が Server Management アドオン (TrueFalse) にライセンスされています。Server Management アドオンの詳細については、Tableau Server Management アドオン についてを参照してください。

シノプシス

tsm licenses list [global options]

 

tsm licenses refresh

Tableau Server ですべてのプロダクト キーのメンテナンス有効期限を更新します。

Tableau Server を実行しているコンピューターがフォワード プロキシを使用してインターネットに接続するよう構成されている場合、このコマンドを実行する前に、フォワード プロキシを使用したプロダクト キー操作の構成のトピックの手順に従ってください。

シノプシス

tsm licenses refresh [global options]

グローバル オプション

-h, --help

オプション。

コマンドのヘルプを表示します。

-p, --password <password>

アクティブなセッションがない場合は、必要に応じて -u または --username と一緒に使用します。

-u または --username で指定されたユーザーのパスワードを指定します。

パスワードにスペースや特殊文字が含まれる場合、パスワードを引用符で囲みます。

--password "my password"

-s, --server https://<hostname>:8850

オプション。

Tableau Services Manager で指定したアドレスを使用します。URL は https で始まる必要があります。また、ポート 8850 を含めるとともに、IP アドレスではなくサーバー名を使用します。例: https://<tsm_hostname>:8850。サーバーが指定されていない場合は、仮に https://<localhost | dnsname>:8850 とします。

--trust-admin-controller-cert

オプション。

このフラグは、TSM コントローラで自己署名証明書を信頼するために使用します。証明書の信頼および CLI 接続の詳細については、TSM クライアントの接続を参照してください。

-u, --username <user>

アクティブなセッションがない場合は、必要に応じて -p または --password と一緒に使用します。

ユーザー アカウントを指定します。このオプションが含まれていない場合は、コマンドがサインインに使用した認証資格情報を使用して実行されています。

ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直してください。