数値関数

この記事は、数値関数と Tableau での用途について紹介します。また、例を使用して数値計算を作成する方法を示し。

数値関数を使う理由

数値関数により、フィールド内のデータ値で計算することが可能になります。数値関数は、数値を含むフィールドでのみ使用することができます。詳細については、データ型を参照してください。

たとえば、「予算分散」という名前の、予算の分散の値を含むフィールドがあるとします。値の一つが -7 とします。ABS 関数を使って、その数値と、そのフィールド内のその他すべての数値の絶対値を返すことができます。

計算結果は次のようになります。

ABS[Budget Variance]

そのため、ABS(-7) = 7 となります。

Tableau で利用可能な数値関数:

関数

構文

説明

ABS

ABS(number)

指定された数値の絶対値を返します。

例:

ABS(-7) = 7
ABS([Budget Variance])

2 番目の例では、Budget Variance フィールドに含まれているすべての数値の絶対値を返します。

ACOS

ACOS(number)

指定された数値の逆余弦を返します。結果はラジアン単位です。

例:

ACOS(-1) = 3.14159265358979

ASIN

ASIN(number)

指定された数値の逆正弦を返します。結果はラジアン単位です。

例:

ASIN(1) = 1.5707963267949

ATAN

ATAN(number)

指定された数値の逆正接を返します。結果はラジアン単位です。

例:

ATAN(180) = 1.5652408283942

ATAN2

ATAN2(y number, x number)

指定された 2 つの値 (x と y) の逆正接を返します。結果はラジアン単位です。

例:

ATAN2(2, 1) = 1.10714871779409

CEILING

CEILING(number)

数字を、同等またはより大きい値である最も近い整数に丸めます。

例:

CEILING(3.1415) = 4

データ ソース別の可用性:

データ ソース サポート
Microsoft Access サポートされていない
Microsoft Excel サポート済み
テキスト ファイル サポート済み
統計ファイル サポート済み
Tableau Server サポート済み
Actian Vector サポートされていない
Amazon Aurora サポートされていない
Amazon EMR Hadoop Hive サポート済み
Amazon Redshift サポートされていない
Aster Database サポートされていない
Cloudera Hadoop サポート済み
DataStax Enterprise サポート済み
EXASOL サポートされていない
Firebird サポートされていない
Google Analytics サポート済み
Google BigQuery サポート済み
Google Cloud SQL サポートされていない
Hortonworks Hadoop Hive サポート済み
IBM BigInsights サポートされていない
IBM DB2 サポートされていない
IBM PDA (Netezza) サポートされていない
MapR Hadoop Hive サポート済み
MarkLogic サポートされていない
Microsoft Analysis Services サポートされていない
Microsoft PowerPivot サポートされていない
Microsoft SQL Server サポートされていない
MySQL サポートされていない
Oracle サポートされていない
Oracle Essbase サポートされていない
Actian Matrix (ParAccel) サポートされていない
Pivotal Greenplum サポートされていない
PostgreSQL サポートされていない
Progress OpenEdge サポートされていない
Salesforce サポート済み
SAP HANA サポートされていない
SAP Sybase ASE サポートされていない
SAP Sybase IQ サポートされていない
Spark SQL サポート済み
Splunk サポートされていない
Teradata サポートされていない
Teradata OLAP Connector サポートされていない
Vertica サポートされていない

COS

COS(number)

角の余弦を返します。角を弧度で指定します。

例:

COS(PI( ) /4) = 0.707106781186548

COT

COT(number)

角の余接を返します。角を弧度で指定します。

例:

COT(PI( ) /4) = 1

DEGREES

DEGREES(number)

ラジアン単位の指定された数値を度単位に変換します。

例:

DEGREES(PI( )/4) = 45.0

DIV

DIV(integer1, integer2)

integer1 を integer2 で割った除算演算の整数部分を返します。

例:

DIV(11,2) = 5

EXP

EXP(number)

指定された数値で累乗した e の値を返します。

例:

EXP(2) = 7.389
EXP(-[Growth Rate]*[Time])

FLOOR

FLOOR(number)

数字を、同等またはより小さい値である最も近い整数に丸めます。

例:

FLOOR(3.1415) = 3

データ ソース別の可用性:

データ ソース サポート
Microsoft Access サポートされていない
Microsoft Excel サポート済み
テキスト ファイル サポート済み
統計ファイル サポート済み
Tableau Server サポート済み
Actian Vector サポートされていない
Amazon Aurora サポートされていない
Amazon EMR Hadoop Hive サポート済み
Amazon Redshift サポートされていない
Aster Database サポートされていない
Cloudera Hadoop サポート済み
DataStax Enterprise サポート済み
EXASOL サポートされていない
Firebird サポートされていない
Google Analytics サポート済み
Google BigQuery サポート済み
Google Cloud SQL サポートされていない
Hortonworks Hadoop Hive サポート済み
IBM BigInsights サポートされていない
IBM DB2 サポートされていない
IBM Netezza サポートされていない
MapR Hadoop Hive サポート済み
MarkLogic サポートされていない
Microsoft Analysis Services サポートされていない
Microsoft PowerPivot サポートされていない
Microsoft SQL Server サポートされていない
MySQL サポートされていない
Oracle サポートされていない
Oracle Essbase サポートされていない
ParAccel サポートされていない
Pivotal Greenplum サポートされていない
PostgreSQL サポートされていない
Progress OpenEdge サポートされていない
Salesforce サポート済み
SAP HANA サポートされていない
SAP Sybase ASE サポートされていない
SAP Sybase IQ サポートされていない
Spark SQL サポート済み
Splunk サポートされていない
Teradata サポートされていない
Teradata OLAP Connector サポートされていない
Vertica サポートされていない

HEXBINX

HEXBINX(number, number)

x、y 座標を最も近い六角形のビンの x 座標にマップします。ビンの横幅は 1 です。入力時には適切に拡大縮小する必要があります。

HEXBINX と HEXBINY は六角形のビン用のビニング関数とプロット関数です。六角形のビンは、マップなどの x/y 平面内でデータを可視化するための効率的で洗練されたオプションです。ビンは六角形なので、各ビンは円に近似し、データ点からビンの中心への距離のばらつきを最小限に抑えます。これにより、クラスタリングがより正確かつ有益なものになります。

例:

HEXBINX([Longitude], [Latitude])

HEXBINY

HEXBINY(number, number)

x、y 座標を最も近い六角形のビンの y 座標にマップします。ビンの横幅は 1 です。入力時には適切に拡大縮小する必要があります。

例:

HEXBINY([Longitude], [Latitude])

LN

LN(number)

数値の自然対数を返します。数値が 0 以下の場合は、Null を返します。

LOG

LOG(number [, base])

指定された基底について数値の対数を返します。基底値が省略された場合は、10 を使用します。

MAX

MAX(number, number)

2 つの引数の最大値を返します (2 つの引数は同じ型でなければなりません)。いずれかの引数が Null の場合は、Null を返します。MAX は集計関数の単一フィールドに適用することもできます。

例:

MAX(4,7)
MAX(Sales,Profit)
MAX([First Name],[Last Name])

MIN

MIN(number, number)

2 つの引数の最小値を返します (2 つの引数は同じ型でなければなりません)。いずれかの引数が Null の場合は、Null を返します。MIN は集計関数の単一フィールドに適用することもできます。

例:

MIN(4,7)
MIN(Sales,Profit)
MIN([First Name],[Last Name])

PI

PI( )

数値定数 pi (3.14159) を返します。

POWER

POWER(number, power)

指定された回数、数値を掛け合わせます。

例:

POWER(5,2) = 52 = 25
POWER(Temperature, 2)

^ 記号を使用することもできます。

5^2 = POWER(5,2) = 25

RADIANS

RADIANS(number)

指定された数値を度単位からラジアン単位に変換します。

例:

RADIANS(180) = 3.14159

ROUND

ROUND(number, [decimals])

指定された桁数に数値を丸めます。decimals 引数は、最終結果に含める小数点以下の桁数 (精度) を指定します。decimals を省略した場合、number は最も近い整数に丸められます。

例:

この例では、すべての Sales の値が整数に丸められます。

ROUND(Sales)

MS SQL Server などの一部のデータベースでは、length に負の値を指定できます。たとえば、-1 は number を十の位で丸め、-2 は百の位で丸めます。このことは、すべてのデータベースに当てはまるわけではありません。たとえば、Excel と Access には当てはまりません。

SIGN

SIGN(number)

数値の符号を返します。数値が負の場合は -1、数値がゼロの場合は 0、数値が正の場合は 1 が返されます。

例:

Profit フィールドの平均が負の値の場合は、次のようになります。

SIGN(AVG(Profit)) = -1

SIN

SIN(number)

角の正弦を返します。角を弧度で指定します。

例:

SIN(0) = 1.0
SIN(PI( )/4) = 0.707106781186548

SQRT

SQRT(number)

数値の平方根を返します。

例:

SQRT(25) = 5

SQUARE

SQUARE(number)

数値の平方を返します。

例:

SQUARE(5) = 25

TAN

TAN(number)

角の正接を返します。角を弧度で指定します。

例:

TAN(PI ( )/4) = 1.0

ZN

ZN(expression)

式が NULL でない場合は式を返し、それ以外は 0 を返します。NULL 値の代わりにゼロ値を使用するには、この関数を使用してください。

例:

ZN([Profit]) = [Profit]


数値計算の作成

次の手順に従って、数値計算の作成方法を学習してください。

  1. Tableau Desktop で、Tableau に付属の "Sample - Superstore (サンプル - スーパーストア)" 保存済みデータ ソースに接続します。

  2. ワークシートに移動し、[分析]> [計算フィールドの作成]を選択します。

  3. 開いた計算エディターで、次の操作を実行します。

    • 計算フィールドに "Minimum Sales transaction (最小売上トランザクション)" と名前を付け

    • 次の式を入力します。

      MIN(Sales)

    • 完了後、[OK] をクリックします。

新しい数値フィールドは、[データ] ペインの [メジャー] に表示されます。他のフィールドと同様に、このフィールドを 1 つ以上のビジュアライゼーションで使用できます。

最小売上がワークシートの [マーク] カードの [テキスト] に配置されると、すでに最も詳細なレベル (全レコードの最も小さな売上値) まで集計されているので、名前が AGG (最小売上) に変更され、それ以上集計できないことを示します。

この例は、カテゴリごとの最小売上を示しています。

サブカテゴリがビューに表示されると、サブカテゴリの最小売上が示されます。

次も参照してください。

Tableau で使用する関数

Tableau 関数 (アルファベット順)

Tableau 関数 (カテゴリ別)

Tableau での計算の書式設定

フィードバックをくださりありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください