高度な分析のビューへの適用 ([アナリティクス] ペイン)

ワークスペースの左側に表示されている [アナリティクス] ペインから、リファレンス ライン、ボックス プロット、傾向線、予測などのオブジェクトをビューにドラッグできます。[データ] ペインと [アナリティクス] ペインを切り替えるには、サイド バーの上部にあるタブをクリックします。

Tableau Desktop の [アナリティクス] ペイン

Tableau Desktop では、アナリティクス オブジェクトをビューに追加するオプションを [アナリティクス] ペインまたはメニュー、あるいはビューのコンテキストで使用できます。たとえば、軸を編集するときはリファレンス ラインおよびバンドを使用でき、傾向線と予測値は [アナリティクス] メニューから使用できます。

[アナリティクス] ペインでは、ドラッグ & ドロップでさまざまなオプションにアクセスできます。

Web では、ほとんどのアナリティクス オブジェクトを [アナリティクス] ペインから使用できます。

ビデオを視聴する: Tableau のビジュアル分析に関連する概念について説明した無料トレーニング ビデオ「ビジュアル分析入門トレーニング」(新しいウィンドウでリンクが開く) (6 分間) および「計算入門トレーニング」(新しいウィンドウでリンクが開く) (3 分間) をご覧ください。お使いの tableau.com(新しいウィンドウでリンクが開く) アカウントを使用してサインインします。

アナリティクス オブジェクトのビューへの追加

[アナリティクス] ペインからアイテムを追加するには、アイテムをビューにドラッグします。[アナリティクス] ペインからアイテムをドラッグすると、Tableau によって、そのアイテムをドロップできる場所が表示されます。選択の範囲は、アイテムの種類と現在のビューによって異なります。

単純なケースでは、ドロップ ターゲット領域で次の 3 つのオプションが提供されます。

ペイン、およびセルという各用語は、アイテムのスコープを定義します。

折れ線グラフと複数の軸や二重軸を含むビューなど、より複雑なビューの場合は、次のようなドロップ ターゲット領域が表示されます。

ドロップ ターゲット領域の上部にあるヘッダーの 3 つの大きなボックスのいずれかに (たとえば、表ボックスに) アイテムをドロップすると、四分位数付き中央値のそれぞれが各軸に対して追加されます。

特定のメジャーを基準にして整列する下の 6 つのボックスのいずれかにアイテムをドロップすると、四分位数付き中央値は、指定されたスコープで対応する軸に対してのみ追加されます。

アナリティクス オブジェクトをビューから削除

[元に戻す] をクリックしてビューからアナリティクス オブジェクトを削除するか、オブジェクトをビューの外にドラッグして削除できます。

また、アイテムをクリックし、ツールヒントから [削除] を選択することもできます。

: いくつかの [アナリティクス] ペイン アイテムは (四分位数付き中央値および 95% 信頼区間の平均)、リファレンス ラインとリファレンス分布を追加します。[元に戻す] を使用しない場合は、これらのアイテムを個別に削除する必要があります。

アナリティクス オブジェクトのビューでの編集

[アナリティクス] ペインから追加したアイテムを編集するには、アイテムをクリックし、ツールヒントから [編集] を選択します。編集オプションの詳細については、下の「アナリティクス オブジェクトの定義」の特定のアイテムの種類に関するセクションを参照してください。

アナリティクス オブジェクトの定義

次のアイテムは、[アナリティクス] ペインからドラッグしてビューにドロップできます。アナリティクス オブジェクトをビュー内のフィールドの現在の構成に適用できない場合は、このオブジェクトを使用できません。

定数線

1 つもしくは複数の定数線をビューに追加します。定数線を、特定のメジャー、すべてのメジャー、または日付ディメンションに追加できます。定数線を追加すると、Tableau で Value プロンプトが表示され、定数の値を指定するように求められます。

Tableau Desktop では、日付値の Value プロンプトがカレンダー コントロールになります。

表示される定数線をクリックし、[編集] または [削除] を選択できます。Tableau Desktop には、3 つ目のオプションとして [書式設定] があります。[編集] を選択すると、[リファレンス ラインの編集] ダイアログ ボックスが開きます。詳細については、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事の既存のリファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布の編集を参照してください。Tableau Desktop でラインを編集するもう 1 つの方法は、関連する軸を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[リファレンス ラインの編集] を選択することです。

平均線

1 つもしくは複数の平均線をビューに追加します。平均線を特定のメジャーまたはすべてのメジャーに追加できます。

追加された平均線をクリックし、総計や合計など、別の集計を選択することができます。[編集] または [削除] を選択することもできます。Tableau Desktop には、3 つ目のオプションとして [書式設定] があります。[編集] を選択すると、[リファレンス ラインの編集] ダイアログ ボックスが開きます。詳細については、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事の既存のリファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布の編集を参照してください。Tableau Desktop でラインを編集するもう 1 つの方法は、関連する軸を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[リファレンス ラインの編集] を選択することです。

四分位数付き中央値

1 つまたは複数の中央値の線と分布バンドをビューに追加します。四分位数付き中央値を特定のメジャーまたはすべてのメジャーに追加します。

分布バンドは、四分位数として計算されます。中央の 2 つの四分位数が網掛けされます。

表示される中央値の線または分布をクリックして [編集] または [削除] を選択できます。Tableau Desktop には、3 つ目のオプションとして [書式設定] があります。中央値の線と分布は、別々に編集、書式設定、または削除する必要があります。[編集] を選択すると、[リファレンス ラインの編集] ダイアログ ボックスが開きます。オプションを表示するには、分布バンドの外縁をクリックする必要があります。バンドの中央をクリックしても何も起きません。詳細については、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事の既存のリファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布の編集を参照してください。Tableau Desktop で線または分布を編集するもう 1 つの方法は、関連する軸を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[リファレンス ラインの編集] を選択することです。サブメニューには 2 つの選択肢があります。[四分位数][中央値] です。

四分位数を含む分布の種類については、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事のリファレンス分布の追加を参照してください。

ボックス プロット

1 つもしくは複数のボックスプロットをビューに追加します。ボックスプロットを特定のメジャーまたはすべてのメジャーに追加できます。ボックスプロットのスコープは、常に [セル] です ([表] または [ペイン] ではありません)。

ボックス プロットのいずれかの横線をクリックまたはポイントすると、ヒゲ、四分位数、中央値についての統計情報が表示されます。

線をクリックしたときに、[編集] または [削除] を選択することもできます。Tableau Desktop には、3 つ目のオプションとして [書式設定] があります。[編集] を選択すると、[リファレンス ラインの編集] ダイアログ ボックスが開きます。Tableau Desktop でボックス プロットを編集するもう 1 つの方法は、関連する軸を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[リファレンス ラインの編集] を選択することです。

: Tableau Desktop では、[アナリティクス] ペインに "ボックス プロット" という名前の 2 つのアイテムがあります。[要約] セクションの [ボックス プロット] オプションでは、指定されたターゲットに対してボックス プロットが自動的に追加されます。[カスタム] セクションの [ボックス プロット] オプションでは、ターゲットを指定すると [リファレンス ライン、バンド、またはボックスの編集] ダイアログ ボックスが開きます。

合計

合計をビューに追加します。合計を追加すると、ドロップダウン リストには [小計][列の総計]、および [行の総計] が表示されます。

詳細については、ビジュアライゼーションでの合計の表示を参照してください。

合計を削除するには、関連する列または行ヘッダーをクリックし、[削除] を選択します。

Tableau Desktop では、合計を追加した後で、合計の列見出しまたは行見出しをクリックし、その行または列の集計をツールヒントから設定することもできます。

95% 信頼区間の平均

分布バンドと共に 1 つまたは複数の平均線のセットを追加します。分布バンドは、95% の信頼区間で構成されます。これらのアイテムを特定のメジャーまたはすべてのメジャーに追加できます。

信頼区間の分布バンドは、母集団平均が 95% の確立で入る範囲を網掛けします。

表示された平均線または分布をクリックし、[編集] または [削除] を選択します。Tableau Desktop には、3 つ目のオプションとして [書式設定] があります。[編集] を選択すると、[リファレンス ラインの編集] ダイアログ ボックスが開きます。平均線と分布は、別々に編集、書式設定または削除する必要があります。オプションを表示するには、分布バンドの外縁をクリックする必要があります。バンドの中央をクリックしても何も起きません。Tableau Desktop で線または分布を編集するもう 1 つの方法は、関連する軸を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[リファレンス ラインの編集] を選択することです。サブメニューには 2 つの選択肢があります。[平均][95% 信頼区間] です。

線やバンドは、ビューの外側にドラッグして削除することもできます。

95% 信頼区間の中央値

分布バンドと共に 1 つまたは複数の中央値の線のセットを追加します。分布バンドは、95% の信頼区間で構成されます。これらのアイテムを特定のメジャーまたはすべてのメジャーに追加できます。

信頼区間の分布バンドは、母集団の中央値が 95% の確率で入る範囲を網掛けします。

表示される中央値の線または分布をクリックして [編集][書式設定]、または [削除] を選択できます。Tableau Desktop には、3 つ目のオプションとして [書式設定] があります。[編集] を選択すると、[リファレンス ラインの編集] ダイアログ ボックスが開きます。中央値の線と分布は、別々に編集、書式設定、削除する必要があります。オプションを表示するには、分布バンドの外縁をクリックする必要があります。バンドの中央をクリックしても何も起きません。Tableau Desktop で線または分布を編集するもう 1 つの方法は、関連する軸を右クリック (Mac では Control を押しながらクリック) し、[リファレンス ラインの編集] を選択することです。サブメニューには 2 つの選択肢があります。[中央値][95% 信頼区間] です。

線やバンドは、ビューの外側にドラッグして削除することもできます。

傾向線

1 つもしくは複数の傾向線をビューに追加します。傾向線を追加する時に、ドロップダウン メニューには Tableau で使用できる傾向線モデルの種類が表示されます。線形対数指数、および多項です。いくつかのビューでは、これらのオプションのサブセットのみを使用できます。

詳細については、傾向線モデル タイプを参照してください傾向線モデル タイプ

傾向線をクリックして削除または編集するか、統計的定義を表示します。傾向線は、ビューの外側にドラッグして削除することもできます。

予測

予測をビューに追加します。このオプションは Tableau Desktop でのみ使用可能で、Web 上のビューで編集している場合は使用できません。予測は、ビューに少なくとも 1 つのメジャーがあるときにのみ可能です。

多次元データ ソースに基づくビューでは、予測はサポートされていません。また、ビューには次のいずれを含めることもできません。

  • 表計算

  • 非集計メジャー

  • 割合計算

  • 総計または小計

  • 集計が [正確な日付] に設定された日付値

NULL 値を含む時系列には制約もあります。

詳細については、予測を参照してください。

現在の予測の説明を削除、編集、または読み取るには、[分析] メニューから [予測] を選択します。

カスタム リファレンス ライン

ビュー内の特定のメジャーまたはすべてのメジャーに対してリファレンス ラインを追加できます。

リファレンス ラインを [アナリティクス] ペインからドラッグしてターゲットにドロップすると、Tableau で自動的に編集ダイアログ ボックスが開かれます。使用可能なオプションについては、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事のリファレンス ラインの追加を参照してください。後でこのダイアログ ボックスに戻るには、線をクリックして、[編集] を選択します。

カスタム リファレンス バンド

ビュー内の特定のメジャーまたはすべてのメジャーに対してリファレンス バンドを追加できます。

リファレンス バンドを [アナリティクス] ペインからドラッグしてターゲットにドロップすると、Tableau で自動的に [リファレンス ライン、バンド、またはボックスの編集] ダイアログ ボックスが開かれます。使用可能なオプションについては、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事のリファレンス バンドの追加を参照してください。後でこのダイアログ ボックスに戻るには、バンドをクリックして [編集] を選択します。オプションを表示するには、リファレンス バンドの外縁をクリックする必要があります。バンドの中央をクリックしても何も起きません。

カスタム分布バンド

ビュー内の特定のメジャーまたはすべてのメジャーに対してリファレンス分布を追加できます。

リファレンス分布を [アナリティクス] ペインからドラッグしてターゲットにドロップすると、Tableau で自動的に [リファレンス ライン、バンド、またはボックスの編集] ダイアログ ボックスが開かれます。使用可能なオプションについては、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事のリファレンス分布の追加を参照してください。後でこのダイアログ ボックスに戻るには、バンドをクリックして [編集] を選択します。オプションを表示するには、分布バンドの外縁をクリックする必要があります。バンドの中央をクリックしても何も起きません。

カスタム ボックス プロット

Tableau Desktop では、[アナリティクス] ペインの [カスタム] セクションからボックス プロットをドラッグしてターゲットにドロップできます。Web でビューを編集している場合は実行できません (ただし、Web 上では、ボックス プロットを [アナリティクス] ペインの [要約] セクションから追加できることを覚えておいてください)。ボックス プロットを [カスタム] セクションからドラッグすると、Tableau で自動的に [リファレンス ライン、バンド、またはボックスの編集] ダイアログ ボックスが開きます。使用可能なオプションについては、「リファレンス ライン、リファレンス バンド、リファレンス分布、およびリファレンス ボックス」記事のボックス プロットの追加を参照してください。ボックスプロットのスコープは、常に [セル] です ([表] または [ペイン] ではありません)。

ボックス プロットのいずれかの横線をクリックすると、ヒゲ、四分位数、中央値についての統計情報が表示されます。

後でこのダイアログ ボックスに戻るには、バンドをクリックして [編集] を選択します。

ありがとうございます!