Tableau Online でのバックグラウンド ジョブの管理

Tableau Online では、定期的に実行される抽出更新、サブスクリプション、またはフローをユーザーがスケジュールできます。これらのスケジュールされた項目はタスクと呼ばれます。バックグラウンダー プロセスは、これらのタスクの固有のインスタンスを開始して、スケジュールされた時刻に実行します。結果として開始されたタスクの固有インスタンスはジョブと呼ばれます。Web インターフェイスで [今すぐ実行] オプションをクリックしたり、プログラムで REST API を使用したり、tabcmd コマンドを使用したりして手動で実行を開始した場合も、ジョブが作成されます。

たとえば、毎日午前 9 時に実行される抽出更新タスクを作成するとします。この抽出更新タスクについて、毎日午前 9 時にバックグラウンダーが実行するジョブが作成されます。

これらのジョブをすべて実行するため、バックグラウンダーは日中のさまざまな時刻に多くのリソースを使用する可能性があります。ジョブ管理機能を使用すると、サイトの管理者は自身のサイトで実行されるジョブの詳細を取得し、それらのジョブに対してアクションを実行してリソースの使用量をより適切に管理できます。

[全般] 設定ページの [今すぐ実行] 設定でユーザーによるジョブの手動実行を許可またはブロックすることによっても、リソースを管理できます。 既定では、このオプションはユーザーが手動でジョブを実行できるように設定されています。ユーザーによるジョブの手動実行を防止するには、このチェック ボックスをオフにします。

ジョブに関する情報を含まれる [ジョブ] ページには、左側のナビゲーション メニューの [Existing Tasks (既存のタスク)] メニューに移動してアクセスできます。

ジョブに関する情報は、サイトの管理者だけが表示できます。

概要

このトピックでは、[ジョブ] ページに表示される情報を理解する方法について説明します。

ページの最上部には、過去 24 時間内に失敗したジョブ、完了したジョブ、およびキャンセルされたジョブの数を示す高度な統計が表示されます。フィルターを適用してもこれらの値は変化しません。

生成されたジョブごとに、ジョブ ID、ジョブのステータス、優先度、ジョブが生成されたタスクのタイプ、現在の実行時間、ジョブが進行中の場合は現在までのキュー時間、キューに入っている場合は平均実行時間と平均キュー時間が示されます。Tableau は、過去の実行時間とキュー時間を記録し、平均実行時間と平均キュー時間を計算します。

ジョブ ID は管理ビューでジョブを表示する際に役立ち。ジョブ ID をクリックすると、ジョブに関する詳細情報 (ジョブ LUID、プロジェクト名、スケジュール、コンテンツ名、コンテンツ所有者、ジョブ作成者、最後に成功したジョブ実行時間) が表示されます。

 

注: [データ ソース] ページから [今すぐ更新] を実行すると、[Job Details (ジョブの詳細)] ダイアログ ボックスに LUID のみが表示されます。

 

タスクのタイプ

タスクには次の 5 つのタイプがあります。

  • Bridge の更新: 推奨スケジュールを使用する完全抽出および増分抽出の更新が含まれます。詳細については、Bridge の更新ジョブについてを参照してください。

  • 抽出: これには抽出の作成、増分抽出の更新、完全抽出の更新が含まれます。。

  • サブスクリプション:

  • フロー: 詳細については、「フロー タスクのスケジュールを設定する」(Link opens in a new window)を参照してください。

  • 暗号化: 次のものが含まれます。

    • 抽出の暗号化と復号化
    • フローの暗号化と復号化
    • 抽出とフローのキー更新

フィルター

フィルターを実行すると、特定のジョブだけを表示できます。使用できるフィルターは、ジョブのステータスのタイプ、タスクのタイプ、および時間範囲です。時間範囲フィルターでは、過去 1 ~ 24 時間を 4 時間ごとに区切った時刻から選択できます。

ジョブのキャンセル

抽出更新、サブスクリプション、およびフロー実行ジョブはキャンセルできます。一度にキャンセルできるのは 1 つのジョブだけであり、一度に複数のジョブをキャンセル用に選択することはできません。

ジョブをキャンセルすると、ジョブがキャンセルされた時刻、影響を受けたコンテンツ、キャンセル前のジョブ実行時刻が記載されたメールが、[ジョブのキャンセル] ダイアログ ボックスで選択した受信者に送信されます。さらに、メールに含めるカスタマイズした注記を追加することができます。

受信者を選択しない場合、ジョブはキャンセルされますが、メールは送信されません。

 

ジョブをキャンセルするには、ジョブ ID の横にある省略符号 (...) をクリックし、ダイアログを使用してジョブをキャンセルします。

ステータス

ジョブには 7 種類のステータスがあり、各ステータスにカーソルを合わせるとより多くの関連情報が表示されます。

  • 完了しました: このジョブは正常に完了しました。ステータスにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントでジョブの完了時刻を確認できます。

  • 進行中: このジョブは進行中です。ステータスにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントには、ジョブがこれまでの実行された時間が表示されます。

  • 進行中: このジョブは進行中ですが、遅れて実行されています。Tableau では同じジョブの平均実行時間が追跡されており、現在の実行時間が平均実行時間より長い場合は遅れて実行されているとみなされます。ステータスにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントには、ジョブの平均実行時間と、ジョブが現在平均よりどれほど長く実行されているかが表示されます。

  • 保留中: このジョブは現在保留中であり、使用可能なバックグラウンダーの容量が確保されたときに実行されます。 ステータスにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントには、ジョブがキュー内にある時間が表示されます。

  • 保留中: このジョブは現在保留中ですが、遅れて実行されています。Tableau では同じジョブの平均キュー時間が追跡されており、現在のキュー時間が平均キュー時間より長い場合は遅れて実行されているとみなされます。ステータスにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントには、ジョブが現在平均よりどれほど長くキューに入っているかが表示されます。

  • キャンセルされました: このジョブはサイトの管理者によってキャンセルされました。ステータスにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントには、ジョブがキャンセルされた時刻と、キャンセルされるまで実行された時間が表示されます。

  • 失敗しました: このジョブは失敗しました。 ステータスにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントには、ジョブが失敗した時刻、失敗するまで実行された時間、および失敗した理由が表示されます。

  • 一時停止: このジョブには一時停止アイコンと一緒に [失敗しました] との表示がされます。ジョブが 5 回連続して失敗すると、ジョブは一時停止します。一時停止したタスクは引き続き使用できますが、ユーザーがそれらのタスクを再開するまで、バックグラウンダーによりそのタスクのジョブが作成されることはありません。

Bridge の更新ジョブについて

Bridge の更新ジョブは他のジョブ タイプと同じステータスを生成できますが、他のジョブ タイプとは次の点で異なります。

  • ジョブのキャンセル: Bridge の更新ジョブは、[ジョブ] ページからはキャンセルできません。代わりに、更新の誤用を防ぐために Bridge クライアントに適切なタイムアウト制限が構成されていることを確認します。詳細については、更新のタイムアウト制限の構成を参照してください。

  • ジョブの "完了" ステータス: Bridge の更新ジョブの完了は、更新ジョブがプール内の Bridge クライアントに正常に送信されたことを示します。Bridge の更新ジョブの完了は、更新自体が正常に完了したかどうかを示すものではありません。何らかの理由で更新が失敗した場合、パブリッシャー (データ ソースの所有者) は、アカウントのアラートおよび更新失敗のメール アラートの両方により通知されます。これらのアラートには、パブリッシャーに問題を解決するトラブルシューティングの手順が示されています。

注: 

  • Bridge (レガシー) スケジュールから発生した更新ジョブは、[ジョブ] ページでは取り込まれません。Bridge (レガシー) スケジュールの更新ジョブを監視するには、Bridge 抽出管理ビューを参照できます。詳細については、Bridge の抽出を参照してください。
  • [ジョブ] ページに表示される Bridge エラーのトラブルシューティングについては、プールのトラブルシューティングを参照してください。
ありがとうございます! フィードバックの送信中にエラが発生しました。もう一度やり直すか、メッセージをお送りください