データ品質に関する警告の設定

データ品質の警告は、Tableau Server および Tableau Cloud の データ管理 オファリングの一部である、Tableau Catalog の機能です。Tableau Catalog の詳細については、Tableau Server(新しいウィンドウでリンクが開く) または Tableau Cloud(新しいウィンドウでリンクが開く) ヘルプの「Tableau Catalog について」を参照してください。

お使いの環境で Tableau Catalog が有効になっている場合、データ アセットにデータ品質の警告を設定して、データのユーザーが問題を認識できるようにすることができます。たとえば、ユーザーに対して、データ ソースが廃止されていること、または抽出データ ソースの更新が失敗したことを知らせる必要があるとします。

データ品質の警告は、データ ソース、データベース、テーブル、フロー、仮想接続、仮想接続テーブル、および列に対して設定できます。

データ ソース、データベース、テーブル、およびフローのデータ品質の警告は、バージョン 2019.3 の Tableau Cloud と Tableau Server で導入されました。仮想接続と仮想接続テーブルのデータ品質の警告は、2022 年 3 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2022.1 で追加されました。列のデータ品質の警告は、2022 年 10 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2022.3 で追加されました。

データ品質に関する警告について

データ品質に関する警告には次の 2 種類があります。1 つはユーザーが設定する品質に関する警告であり、もう 1 つは 抽出を更新するときまたはフロー実行が失敗したときの品質に関する警告 (品質に関する警告の監視とも呼ばれます) で、Tableau が設定します。

  • ユーザーが設定する品質に関する警告: ユーザーが設定する品質に関する警告は、ユーザー自身または別のユーザーが削除するまでユーザーに表示されます。
  • 品質に関する警告の監視: 抽出またはフロー アセットの品質に関する警告の監視を有効にすると、抽出を更新するときまたはフロー実行が失敗したときに、Tableau によって品質に関する警告が自動的にアセットに追加されます。その後、抽出更新またはフロー実行が成功すると、Tableau は品質に関する警告を自動的に削除します。

2023 年 10 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2023.3 以降では、アセット レベルで監視警告を設定することに加えて、抽出更新とフロー実行の監視をサイト全体で一度にオンまたはオフにすることもできます。サイト全体の監視の詳細については、抽出更新とフロー実行の失敗をサイト全体で監視を参照してください。

注: REST API を使用して、両方の種類のデータ品質に関する警告を有効または変更することができます。詳細については、Tableau REST API ヘルプの「メタデータのメソッド」でラベルとデータ品質に関する警告を参照してください。

データ品質に関する警告が表示される場所

Tableau Cloud および Tableau Server では、データ ソース、フロー、データベース、テーブル、列、仮想接続、または仮想接続テーブルに警告を設定すると、その警告は、アセットおよびそのアセットからダウンストリームにあるアセットのユーザーに表示されます。たとえば、あるテーブルに設定されている警告セットは、そのテーブルに依存しているダッシュボードを見ているユーザーに表示されます。ユーザーには、ダッシュボードの [データの詳細] タブに警告アイコンが表示され、そのペインを開くと詳細を確認できます。

[データの詳細] ペインのデータ品質に関する警告

[リスト ビュー] でいくつかのタイプのコンテンツを探索すると、データ品質に関する警告が表示されます。

リスト ビューのデータ品質の警告列

注: データ品質に関する警告の列が表示されているが、データ管理を含むライセンスを持っていない場合は、列のヘッダーをクリックすると、データ管理のプロモーションが表示されます。このプロモーションは、アカウント設定で無効にすることができます。

データ品質に関する警告は、アセット ページの上部にも表示されます。

アセット ページのデータ品質に関する警告

Tableau Desktop および Tableau Web 作成では、次のいずれかの場合に、ワークブック シートの [データ] タブに警告アイコンが表示されます。

  • ワークブックで使用しているデータ ソースのアップストリームに警告がある場合に、
  • ワークブック シートの [データ] タブに警告アイコン (青色の円または感嘆符付きの黄色い三角形) が表示されます。

注: 列および仮想接続のデータ品質に関する警告は、Tableau Desktop には表示されません。

警告の詳細を表示するには、警告アイコンの上にカーソルを合わせます。

データ ペインのデータ品質の警告ツールヒント

さらに、Tableau Cloud Web 作成では、データ接続またはフィールドで [カタログの詳細] を選択することで、[データ] ペイン (データ接続またはフィールド) 内のオブジェクトのすべてのラベルのプロパティを確認できます。

視認性

データ品質に関する警告は、視認性の高い警告として分類できます。視認性の高い品質に関する警告は、より緊急性が高く、より多くの場所に表示されます。たとえば、データ ソースに関する視認性の高い警告は、誰かがそのデータ ソースに依存するビューを開いたときに通知を生成します。

データ品質に関する警告の使用不可能な情報を含むパブリッシュ済みビュー

視認性の高い品質に関する警告の場合、アイコンとバッジは黄色またはオレンジ色ですが、標準的な視認性の警告は青色です。

1 つ以上の品質に関する警告がアセットに適用される場合 (継承によって適用される、またはアセットに品質に関する警告が複数あるため)、バッジには番号が含まれ、色は最も視認性の高いラベルの色になります。たとえば、品質に関する警告が 2 つアセットに適用されていて、1 つが標準的な視認性の警告で、もう 1 つが視認性の高い警告の場合、バッジは黄色またはオレンジ色になります。

サブスクリプションのデータ品質に関する警告

管理者は、メール サブスクリプションのデータ品質に関する警告をオンにして、ユーザーがビューをサブスクライブしたときに、そのビューに関連付けられた視認性の高いデータ品質に関する警告を受信メールに含めることができます。視認性の高いデータ品質に関する警告のメールには、以下が含まれます。

  • [データの詳細] ペインが開いている状態の関連するビューまたはワークブックへのリンク
  • データ ソース、テーブル、データベースなど、関連するアップストリーム アセットへのリンク

管理者は、Tableau Server または Tableau Cloud サイトの設定ページで [サブスクリプションのデータ品質に関する警告] オプションを選択することにより、メール サブスクリプションのデータ品質に関する警告をオンにできます。詳細については、サイト設定リファレンスの[サブスクリプションのデータ品質に関する警告]を参照してください。

データ品質に関する警告の設定方法

アセットには複数の異なるデータ品質に関する警告を設定できます。2023 年 6 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2023.3 以降では、管理者はデータ ラベルをカスタマイズすることで、利用可能なデータ品質に関する警告のリストに追加できるようになりました

2023 年 6 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2023.3 以降では、「機密データ」はデータ品質に関する警告ではなくなり、代わりに機密度ラベルになりました。詳細については、「機密度ラベル」を参照してください。Tableau Server 2023.1 以前のバージョンでは、「機密データ」はデータ品質に関する警告のままです。

データ品質に関する次の警告が組み込まれています。

  • 警告
  • 非推奨
  • 古いデータ
  • メンテナンス中

アセットにデータ品質に関する警告を設定するには、次の操作を行います。

注: Tableau Cloud 2024 年 2 月以降では、ラベルのタイプごとに個別のダイアログを使用するのではなく、統合されたデータ ラベル ダイアログを使用して品質に関する警告を追加および削除します。データ ラベル ダイアログの詳細については、「データ ラベル ダイアログ」を参照してください。統合されたデータ ラベル ダイアログは Tableau Server では使用できません。

  1. アセットを検索するか、アセットに移動します。移動するステップは、データ品質に関する警告を追加するアセットのタイプによって異なります。
    • データ ソースまたは仮想接続 - [探索] ページで、[すべてのデータ ソース] または [すべての仮想接続] を選択します。
    • 仮想接続テーブル - [探索] ページで、[すべての仮想接続] を選択し、認証する仮想接続テーブルを含む仮想接続を選択します。次に、仮想接続テーブルを選択します。
    • データベースまたはテーブル - [探索] ページで、データベースまたはテーブルに移動します。または [外部アセット] ページで、[データベースとファイル] または [テーブルとオブジェクト] を選択します。
    • 列 - [探索] ページで、テーブルに移動します。または [外部アセット] ページで [テーブルとオブジェクト] を選択して、テーブルに移動します。次に、リスト内で列を見つけます。
  2. アセットの横にある [アクション メニュー(...) を選択し、[データ ラベル] > [データ品質に関する警告] の順に選択します。(Tableau Server 2022.3 以前の列の場合は、代わりに列を選択してから、アクションのドロップダウンをクリックして [品質に関する警告] を選択します)。
    品質に関する警告のメニュー
  3. アセットにアタッチする品質に関する警告の横にあるチェックボックスをオンにします。品質に関する警告の名前がわかっている場合は、ダイアログの上部で名前を検索し、その横にあるチェックボックスを選択できます。(Tableau Server 2023.3 以前では、各アセットにアタッチできる品質に関する警告は 1 つだけです。[警告の表示] トグル、または [警告の有効化] チェックボックスを使用して、そのアセットの品質に関する警告をオンにし、ドロップダウン リストから目的の警告を選択します)。
  4. 視認性レベルを設定します。
  5. 必要に応じて、ユーザーに表示するメッセージを入力します。(Tableau Server 2023.3 以前では、メッセージが必要です。) メッセージのテキストの書式を太字、下線、斜体に設定したり、リンクや画像を含めたりすることもできます。テキストの書式設定のヒントを表示するには、[保存] ボタンの上にある情報 (i) アイコンをクリックします。
    [品質に関する警告] タブが選択された [データ ラベル] ダイアログ
  6. [保存] を選択します。

データ品質に関する警告を削除する

警告が適用されなくなった場合は、その警告を使用しているデータ アセットに移動して削除できます。

注: Tableau Cloud 2024 年 2 月以降では、ラベルのタイプごとに個別のダイアログを使用するのではなく、統合されたデータ ラベル ダイアログを使用して品質に関する警告を追加および削除します。データ ラベル ダイアログの詳細については、「データ ラベル ダイアログ」を参照してください。統合されたデータ ラベル ダイアログは Tableau Server では使用できません。

  1. アセットの横にある [アクション メニュー(...) を選択してから、[データ品質に関する警告] を選択します (Tableau Server 2022.3 以前の列の場合は、代わりに列を選択してから、アクションのドロップダウンをクリックして [品質警告] を選択します)。
  2. アセットから削除したい品質に関する警告の横にあるチェックボックスをオフにします。(Tableau Server 2023.3 以前では、[警告の表示] トグル、または [警告の有効化] チェックボックスを使用して、そのアセットの品質に関する警告をオフにします。)
  3. 警告をオフにします。
  4. [保存] を選択します。

品質に関する警告の監視をオンにするには

抽出データ ソースの更新失敗とフロー実行の失敗の 2 つのイベントを監視するように Tableau を設定できます。イベントが発生すると、Tableau によってデータ品質に関する警告が生成され、手動で表示する場合と同じ場所に表示されます。

抽出またはフローで明示的に監視を有効にすることも、2023 年 10 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2023.3 以降では、すべての抽出更新とフロー実行の失敗に対してサイト全体の監視を有効にすることもできます。サイト全体の監視の詳細については、抽出更新とフロー実行の失敗をサイト全体で監視を参照してください。

抽出更新またはフロー実行の失敗を明示的に監視するには、次の操作を行います。

  1. 警告を作成する抽出データ ソースまたはフローの横にあるアクション メニュー (...) を選択し、次の中から適切なオプションを選択します。
    • Tableau Cloud および Tableau Server 2023.3 以降の場合:
      • [データ ラベル] > [抽出更新の監視]
      • [データ ラベル] > [フロー実行の監視]
    • Tableau Server 2023.1 以前の場合:
      • [データ品質に関する警告] > [抽出更新の監視]
      • [データ品質に関する警告] > [フロー実行の監視]
  2. 警告を有効にします。
  3. 視認性レベルを設定します。 (古いバージョンのダイアログには、視認性を高めるためのチェックボックスがあります)。
  4. 必要に応じて、抽出更新またはフローの実行に失敗した場合に、ユーザーに表示されるメッセージを警告の詳細に入力します。メッセージのテキストの書式を太字、下線、斜体に設定したり、リンクや画像を含めたりすることもできます。テキストの書式設定のヒントを表示するには、[保存] ボタンの上にある情報 (i) アイコンをクリックします。
  5. [保存] をクリックします。

フロー実行監視ダイアログ

品質に関する警告の監視をオフにするには

抽出更新またはフロー実行の失敗のいずれかの監視をオフにするには、次の操作を行います。

  1. 警告を作成する [抽出データ ソース] または [フロー] の横にある [アクション メニュー(...) を選択し、次の中から適切なオプションを選択します。
    • Tableau Cloud および Tableau Server 2023.3 以降の場合:
      • [データ ラベル] > [抽出更新の監視]
      • [データ ラベル] > [フロー実行の監視]
    • Tableau Server 2023.1 以前の場合:
      • [データ品質に関する警告] > [抽出更新の監視]
      • [データ品質に関する警告] > [フロー実行の監視]
  2. 警告をオフにします。
  3. [保存] をクリックします。

抽出更新とフロー実行の失敗をサイト全体で監視

2023 年 10 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2023.3 以降、管理者はサイト全体の監視を有効にして、抽出更新の失敗やフロー実行の失敗に対するデータ品質警告を追加または削除できるようになりました。この機能は、[設定] ページの [抽出更新とフロー実行の監視] セクションで制御できます。

抽出更新とフロー実行の監視の設定

これらの設定は、すべての新しいサイトでデフォルトでオンになっています。変更前に存在していたサイトでは設定がオフになりますが、管理者は設定をオンにすることができます。

: データ品質に関する警告の通知は、Tableau Bridge を使用する抽出更新では表示されません。

サイト全体の監視と明示的な監視の関係

アセットの監視を明示的に行う設定とサイト全体で行う設定の関係は次のとおりです。

  • アセットの監視が明示的に有効になっており、かつ、サイト全体でも有効になっている場合、そのアセットの明示的な設定がサイト全体の設定より優先されます。これには、視認性レベルやメッセージなどのプロパティが含まれます。
  • サイト全体の監視をオフにすると、次のようになります。
    • 監視明示的に有効になっているアセットは変更されません。
    • 監視が明示的に有効になっていないアセットは、抽出更新またはフロー実行の失敗の監視を停止し、それらのアセットで抽出更新やフロー実行の失敗から発生した警告は削除されます。
    • 警告ラベルが付けられなくなったアセットをカタログがもう一度取り込むため、カタログ取り込みのパフォーマンスが一時的に低下する可能性があります。

サイト全体の監視は、2023 年 10 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2023.3 でリリースされました。以前のバージョンでは、明示的な監視とサイト全体の監視に相互関係はありません。

実行可能なユーザー

データ品質に関する警告を設定するには、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • サーバー管理者またはサイト管理者である、または
  • アセットに上書きできる権限がある。

データ品質に関する警告のカスタマイズ

2023 年 6 月の Tableau Cloud と Tableau Server 2023.3 以降では、管理者は [データ ラベル] ページのラベル マネージャーまたは REST API を使用して、[データ品質に関する警告] ダイアログでユーザーに表示されるデータ品質に関する警告を変更したり、新しい警告を作成したりすることができます。詳細については、「データ ラベルの管理」を参照してください。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!