組み込まれているアラート機能

このコンテンツは、Tableau Blueprint の一部です。Tableau Blueprint は、組織がデータの活用方法を拡大および改善して、影響力を強化できるよう支援する成熟したフレームワークです。使用を開始する前に、まず評価(新しいウィンドウでリンクが開く)を受けてください。

Tableau Server

Tableau Server のプロセスがダウンした場合、ダウンしたプロセスによっては Tableau Server が縮退状態になり、障害が発生することもあります。Tableau Server ではインストールと構成 (Windows | Linux) の時点で、指定されたメール配信リストにシステムのアラートや障害に関して通知できるように、SMTP メールサーバーの構成が行われます。システムのアラートを有効にすると、プロセスの開始、ダウン、フェールオーバーのイベントや、ドライブ空き容量の制限についてメールで通知されます。推奨設定は以下をご覧ください。

ベストプラクティスによる推奨事項

Tableau サービスマネージャーでシステム健全性の監視を有効にして、プロセスの開始、ダウン、フェールオーバーのイベントや、ライセンスの使用状況、ディスク空き容量に関する通知を受けるようにします。通知先には個人のメールアドレスではなく、管理者のメール配信グループを使用しましょう。Resource Monitoring Tool を使用している場合は、しきい値を常に同期しておいてください。

Tableau Cloud

Tableau Cloud サイト管理者には、Tableau がインシデントを作成、更新、解決した場合にメール、テキスト、Atom フィードまたは RSS フィードの通知を受け取れるよう、Tableau トラストに登録することを推奨します。システムのステータスは、Tableau トラストページにアクセスすることでいつでも確認できます。

Tableau Cloud サイト管理者は抽出更新の失敗に備えて、スケジュールされていた抽出更新が正常に完了しなかった場合に、Tableau Cloud がデータソースの所有者にメールを送信するよう設定しておいてください。その後、データ ソース所有者は、アカウント設定で個別にオプト アウトできます。詳しくは、「抽出の更新に失敗した場合に所有者に通知する」をご覧ください。Tableau Bridge を通して更新されるデータ ソースの場合、複数の通知方法があります。詳細については、「Bridge の電子メール アラートの管理」を参照してください。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!