アイデンティティの移行に関する問題をトラブルシューティングする

バックアップを復元できません

Tableau Server 2022.1 (またはそれ以降) にアップグレードした後に、Tableau Server のバックアップを復元すると、次のエラーが発生します。

“Tableau Server は既定で新しいアイデンティティ サービスのテーブルを使用するため、バックアップを復元できません。”

この問題は、Tableau Server がアイデンティティの移行を実行する必要があるときに発生します。Tableau Server 2022.1 (およびそれ以降) がユーザーのプロビジョニングと認証に使用するアイデンティティ スキーマであるアイデンティティ サービスにデータを取り込むには、移行を実行する必要があります。Tableau Server のバックアップで Tableau Server 2022.1 (またはそれ以降) と異なるアイデンティティ スキーマが使用されていることが検出された場合、潜在的な問題を回避するため、アップグレード プロセスは続行できません。

この問題を解決するには、以下に説明するステップを実行します。

ステップ 1: legacy-identity-mode を有効にして、バックアップを復元する

  1. クラスターの初期ノード (TSM がインストールされているノード) で、管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
  2. 次のコマンドを実行して、従来のアイデンティティ ストア モードを使用するように Tableau Server 2022.1 (またはそれ以降) を設定します。

    tsm authentication legacy-identity-mode enable
    tsm pending-changes apply

    Tableau Server は、従来のアイデンティティ ストア モードを使用して、アイデンティティ サービスにデータを取り込む必要があります。tsm コマンドの詳細については、tsm authentication legacy-identity-mode を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行して、バックアップをもう一度復元し、移行を開始できるようにします。

    tsm maintenance restore --file <file_name>
    tsm start

    重要: バックアップの復元後、移行によって、アイデンティティ サービスにアイデンティティ情報が入力されます。バックアップからの復元の概要については、バックアップからの復元を参照してください。

ステップ 2: アイデンティティの移行を検証して完了する

  1. Tableau Server に管理者としてサインインします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[ユーザー] (またはマルチサイト Tableau Server の場合は [すべてのサイト] > [ユーザー] を選択し、[Identity Migration (アイデンティティの移行)] ページをクリックして、移行が開始されたことを確認します。

    Tableau Serverの [ユーザー] ページから、専用の [アイデンティティの移行] ページを使用して、進行状況を監視および管理できます。詳細については、「アイデンティティの移行を管理する」を参照してください。

  3. ID 移行時の競合の解決」の説明に従って、すべての ID 競合を解決または確認して、下の画像のように [All failures (すべての失敗)] タブに「0」が表示されるようにします。

  4. 次のいずれかを実行します。

    • アイデンティティの移行ジョブを今すぐ実行するには、[Migration Overview (移行の概要)] 見出しの横にある [Edit Schedule (スケジュールの編集)] ドロップダウン矢印をクリックし、[今すぐ実行] を選択します。

    • または、次にスケジュールされた時間に移行ジョブが実行されるのを待つこともできます。
  5. 移行が完了したら、[アイデンティティの移行] ページで、[移行の概要] に [100% 完了] が表示されていることを確認します。

ステップ 3: アイデンティティ サービスを使用するように Tableau Server を構成する

  1. クラスターの初期ノード (TSM がインストールされているノード) で、管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。

    tsm authentication legacy-identity-mode disable
    tsm pending-changes apply

    注: 上記のコマンドを実行すると、専用の [ID 移行] ページが削除され、アクセスできなくなります。ページにアクセスできるのは、tsm authentication legacy-identity-mode が有効になっている場合のみです。

Tableau Server をアイデンティティ サービスを使用するように構成した後、ユーザーが Tableau Server にサインインすると、Tableau Server は構成されたアイデンティティ ストア内の識別子を使用してユーザー アイデンティティを検索します。識別子からユニバーサル一意識別子 (UUID) が返され、既存の Tableau Server ユーザー アイデンティティと照合するために使用されます。次に、このプロセスはユーザーのセッションを生成し、認証ワークフローを完了します。

[アイデンティティの移行] ページの “予期しないエラー”

[アイデンティティの移行] ページからすべてのユーザー アイデンティティを解決または確認すると、“予期しないエラー” メッセージが表示されます。このメッセージは、一度に 1,000 を超えるユーザー アイデンティティを解決または確認しようとしたときに表示されることがあります。

この問題を解決するには、1,000 以下のユーザー アイデンティティを選択して解決または確認してから、もう一度やり直してください。

ID の競合の管理の詳細については、「ID 移行時の競合の解決」を参照してください。

移行の進行状況が応答しないか動いていない

移行ステータスまたは移行進行状況バーが応答しないか動いていない場合は、[Migration failures (移行の失敗)] ですべてのユーザーの競合を解決して承認していることを確認します。

この問題を解決するには、[すべての失敗] タブで 1 つ以上のユーザー ID を選択し、[アクション] ドロップダウン メニューから [承認] をクリックして、すべての競合が解決され、承認されている状態にします。[すべての失敗] タブに「0」が表示されるまで、このタスクを実行します。ID の競合の管理の詳細については、「ID 移行時の競合の解決」を参照してください。

注: すべての ID の競合を解決または対処したら、Tableau Server の Identity Service を有効にする前に、すべての移行ジョブを実行する必要があります。移行ジョブを今すぐ実行するには、[移行の概要] 見出しの横にある [スケジュールの編集] ドロップダウン矢印をクリックし、[今すぐ実行] を選択します。[移行の概要] に [100% 完了] と表示されたら、Identity Service を使用するように Tableau Server を構成できます。詳細については、「ステップ 3: ID の移行を完了する」を参照してください。

「ID の移行が進行中です」というポップアップが表示され続ける

ID サービスがまだ有効になっていない場合、ID の移行が完了したにもかかわらず、「ID の移行が進行中」という通知が表示され続けます。ID の移行を完了するには、ID サービスを有効にして、Tableau Server が ID プール機能を有効にするための ID 構造を使用できるようにする必要があります。詳細については、ステップ 4: ID サービスを使用するように Tableau Server を構成するを参照してください。

ID 移行ページが消える

ID 移行が完了し、Tableau Server がアイデンティティ サービスを使用するように構成されている場合、専用の[ID 移行] ページは削除され、アクセスできなくなります。[ID の移行] ページは、ID を移行する場合、または tsm authentication legacy-identity-mode が有効になっている場合にのみ必要です。

ユーザーがサインインできない

ID の移行が完了し、ID サービスが有効になっていても、Tableau Server にサインインできないユーザーがいる場合があります。ほとんどの場合、この問題は、ID が競合していて、ID の移行中に後で確認されたユーザーに発生します。確認されたユーザー ID は ID サービスに移行されず、その後の Active Directory (AD) または LDAP のグループ同期中に無視されます。

これらの確認されたユーザー ID に関連付けられたユーザーが Tableau Server に再度アクセスする必要がある場合は、ユーザーを Tableau Server に手動で追加します。ユーザーを手動で追加すると、後続の AD または LDAP のグループ同期ではユーザー ID が認識され、期待どおりに同期されます。

アイデンティティの移行を元に戻す

特定のユーザーが Tableau Server にサインインできないなど、アイデンティティ サービスが原因であると思われる問題がある場合は、tsm authentication legacy-identity-mode コマンドを使用して、従来のアイデンティティ ストア モードを使用するように戻すことができます。元に戻した後は、アイデンティティの移行後に追加された新しいユーザーと、移行前に Tableau Server にのみサインインできたユーザーの両方が、問題なく Tableau Server にサインインできます。

アイデンティティ サービスから従来のアイデンティティ ストア モードに戻したら、[アイデンティティの移行] ページを使用して、問題のあるユーザー アイデンティティの移行を実行できます。ID の競合の管理の詳細については、「ID 移行時の競合の解決」を参照してください。

フィードバックをありがとうございます。フィードバックは正常に送信されました。ありがとうございます!